閉じる


5月

5月

 

2017年05月01日(月)

 

 

 

おは!twitter俳句(滝壺)と芭蕉の裏見の滝

 

 

 

今日の記事に日光の裏見の滝の事を書いた。

 

ここを訪れたときに作ったであろう芭蕉の句はこれである。

 

 

 

暫時は 滝にこもるや 夏の初(しばらくは たきにこもるや げのはじめ)

 

 

 

<句意> 折から、仏道の夏籠<げごも>りも始まろうととしているが、こうして裏見の滝の岩屋にこもり、しばらく清浄な気分で過ごすのも、いっそう精進の気持ちを高めることになるのだ。

 

芭蕉の文章はこれである。

 

二十余丁、山を登って滝有り。岩頭の頂より飛流して百尺(はくせき)、千岩(せんがん)の碧潭(へきたん)に落つ。 岩窟に身をひそめ入りて、滝の裏より見れば、うらみの滝と、申し伝え侍るなり。

 

<現代語訳>

 

 (東照宮から)二十余丁(注:2km強)ほど山を登ってゆくと滝がある。岩が洞穴のようにくぼんだところの頂上から百尺も飛ぶように流れて、たくさんの岩が重なり合っている青々とした滝壺に落ち込んでいる。岩屋になっているところに身をかがめて入り込んで滝の裏側から眺めるので、裏見の滝と言い伝えられているのである。

 

前に観た事があるが、ここの景色は山上なので当時とあまり変わっていないと思う。芭蕉が感激したのと同じ景色が見られるという幸せが日本にはある。

 

 

 

砂浜を唐鍬(とんが)で叩く馬刀(まて)拾い 公彦
★五島の馬刀貝採りの方法です。

 

 

 

20170502()

 

 

 

ごちゃまぜに花種蒔けば花群れる 公彦

 

★庭に適当に蒔いた種が芽吹き今百科繚乱である。

 

 

 

20170503()

 

 

 

仔馬立つ草原の上陽に押され 公彦

 

★今日は憲法記念日。

 

憲法を壊す予定表と憲法を守る団結がぶつかった日となった。

 

 

 

20170504()

 

 

 

逝く人の逝くばかりなり 春の果て 公彦
★この春に歌の仲間が二人、地元の友人が一人、そして昨日はネット上の友人だった泥さんが亡くなった。春は人の亡くなる季節なのだろうか?

 

 

 

20170505()

 

 

 

夏きたる草刈りし土手の匂いかな 公彦

 

★江戸川土手はジョギング道の両サイドの菜の花を除いて草が刈られ草の匂いがする。

 

 

 

20170506()

 

 

 

2017年啄木祭が終わりました。甲斐織淳さんの講談と碓田のぼるさんの講演が共に好評でした。赤旗の記者が見えてましたので4-5日後に掲載されるようです。新日本歌人に載ります。過去最高に並ぶ180人の参加でした。写真は受賞者記念撮影です。 https://pic.twitter.com/7J7obv5XVI

 

 

 

薄暑光「いちご白書」の朝談義 公彦
★坂本冬美の「いちご白書」では私が好きなフレーズ「僕は無精ヒゲと髪を伸ばして学生集会へも時々出かけた」が抜けています。最後の方の「就職が決まって髪を切ってきた時」との対応が無くなっています。事務所が「学生集会」を嫌ったのではないと思いたいですが。

 

 

 

20170507()

 

 

 

若夏(うりずん)や啄木の夢馳せる夜 公彦

 

★昨日は啄木祭があった。過去最高の180人の参加だった。二次会で碓田のぼるさんの碌山と啄木についての追加講演があった。暑い日だった。

 

 

 

 

 

20170508()

 

 

 

裏見の滝滝壺碧譚芭蕉詠む 公彦

 

今は崩落して通れませんが、43年前に行った日光の裏見の滝は裏から見れました。『奥の細道』には、こうあります。
「廿余丁山を登って滝有。岩洞の頂より飛流して百尺千岩の碧譚に落ちり。岩洞に身をひそめて入て滝の裏よりみれば、うらみの滝と申伝へ侍る也」

 

 

 

2017年05日(火)

 

 

 

山小屋の風に梳かれり洗い髪 公彦
★どこの山小屋だったか忘れたが露天風呂に吹くそよ風が洗い髪に爽快だった。

 

 

 

2017年05月10日(水)

 

  

 

目に菜の花山郭公に初鰹 公彦
★初鰹の句が出来ず一日呻吟して名句のパロディとは相成った。江戸川土手は花咲か爺さんが植えた菜の花で一杯です。

 

 

 

2017年05月11日(木)

 

 

 

啄木も見しや昆布刈る釧路 公彦
★啄木の勉強会の最中からです。

 

 

 

2017年05月12日(金)

 

 

 

黒鯛を捌く義弟の指早し 公彦
★五島に住む義弟は魚を捌くのが上手です。

 

 

 

2017年05月13日(土)

 

 

 

亡き友の円座の話朝に泣く 公彦
★亡き友の円座を準備しておくという話に感動した。

 

 

 

2017年05月14日(日)

 

 

 

夏の夜エクセルの数字追いかける 公彦
★夏の夜というには寒いが。

 

 

 

2017年05月15日(月)

 

 

 

まとわりて刺し来るは雌 山の蚋(ぶよ) 公彦
★雄は刺さないそうです。決して人間の事ではありません

 

 

 

2017年05月16日(火)

 

 

 

一夜酒父の始めし子ども会 公彦
★甘酒というと子ども会の甘酒祭りを思い出す。冬の行事ではあったが。思えば父は子育てに関わっていた。

 

 

 

2017年05月17日(水)

 

 

 

自信満ち風受け走るヨットかな 公彦
★ヨット体験は少ないがヨットが趣味の友人は何人かいる。ヨットのようにありたいものだ。

 

 

 

2017年05月18日(木)

 

 

 

鉱口は蝙蝠(かわほり)達が守りける 公彦
★鉱口とは足尾銅山の掘削穴の入口の事です。かわほりはこうもりの古語です。

 

 

 

2017年05月19日(金)

 

 

 

茨咲いて新しき道拓けたり 公彦
★来週より再就職が決まった。頑張るしかない。

 

 

 

2017年05月20日(土)

 

 

 

麻服の結婚式の息子かな 公彦
★娘の結婚式に息子は麻の背広を着ていた。

 

 

 

2017年05月21日(日)

 

 

 

小満や尾瀬木道に抜ける風 公彦
★一度だけ行った尾瀬の記憶です。尾瀬のハイシーズンは5月です。

 

 

 

2017年05月22日(月)

 

 

 

アイスティー飲み干し新たな闘いへ 公彦
★今日から新しい闘いが始まる。さあ行かん!

 

 

 

2017年05月23日(火)

 

 

 

花かつみ芭蕉のように惚れてみむ 公彦
★花かつみは万葉集などに歌われているが花は特定されてない。
東北で芭蕉はそれを探して回っている。菖蒲やあやめとも言われる。
郡山市がヒメシャガをハナカツミとして市の花に指定した。デンジソウという説もある。

 

 

 

2017年05月24日(水)

 

 

 

繍線菊(しもつけ)の五本の雄蕊屹立す 公彦
★繍線菊は難しい字だが他の花の漢字を当てたという説もある。いずれにせよゴージャスな花である。

 

 

 

2017年05月25日(木)

 

 

 

籐寝椅子ジャワの木陰は揺れており 公彦
★三十数年前のインドネシアにいた時の記憶である

 

 

 

2017年05月26日(金)

 

 

 

閑古鳥鳴け早番の通勤路 公彦
★この街には郭公が毎年来て木や鉄塔などの高い所から高い声で鳴くが今年はまだ聞かない。

 

 

 

2017年05月27日(土)

 

 

 

蟻の列土曜の朝に一列に 公彦
★蟻に曜日は関係ない。

 

 

 

2017年05月28日(日)

 

 

 

 柿若葉綺羅綺羅と陽を弾くなり 公彦
★柿の葉は大きくて強い。

 

 

 

2017年05月29日(月)

 

 

 

おは!twitter俳句(芒種)

 

 

 

土曜は文団連の総会があった。各文化団体の話は参考になった。

 

事務局長のまとめは次の5点だった。

 

他の分野の団体との協力

 

次代の担い手をいかに作って行くか

 

加盟団体の連携

 

共同が広がる中での既成組織の役割

 

行動して創造して組織を拡大する

 


文化の担う役割が今後大きくなると思います。

 

-大津留公彦の2016年の句集「蘖」(ひこばい)が完成しました。
#puboo http://p.booklog.jp/book/106918
句集『蘖』(hikobae)
#puboo http://p.booklog.jp/book/114805
--

 

烏賊釣火島のぐるりを幽玄に 公彦
★今年も南からの烏賊が届くかな?

 

 

 

20170530()

 

 

 

とんとんと夏葱刻む妻のよし 公彦

 

★妻は葱が大好きである。

 

 

 

20170531()

 

 

 

真清水をがぶ飲み頂きさあ行かん 公彦

 

★日本アルプス登山の記憶である。