閉じる


試し読みできます

条件が悪いほど、チャンスは大きい。

“こんな場所じゃ、お客さんなんか来てくれないよ”
“宣伝にお金ばかりかかって、儲からないね”
“人通りがないのに、どうやって誘うんだよ”
“あぁ、いい場所に引っ越したいなぁ”

口を開いては、こんな愚痴ばかりを言っている店主が、
どれほど多いことでしょう。
「いい場所に引っ越したい」なんて、考えるだけ無駄です。
愚痴ばかり言うような、後ろ向きの店主では、
どこに行ったって失敗します。
マイナス要因ばかり探し出すクセがついているのです。
自分のお店のいいところが見えていません。
また、いいところを創ろうとしていません。
自分の努力の足りなさを棚に上げて、
条件が悪いことを言い訳にしているだけです。
 
立地の悪さは、「努力と工夫」によって、いくらでもカバーできます。
キレイごとを言っているのではありません。
立地の悪さを逆手に捉えて、プラス面を探すのです。

繁華街なら、簡単に売れる商品でも、
二等地・三等地では難しくなります。
すると、工夫したり、オリジナリティを出そうと努力します。
努力していれば、お客さまは見てくれます。
場所が悪いことに、かえって興味を示してくれ、“わざわざ”来てくれます。
それが、口コミで広がっていきます。
路地裏にあるほど、その口コミの力は大きくなります。
“面白そうだ”と、お客さまの想像が膨らむからです。
やがて、少しずつでも、繁盛店へと変わっていくのです。

また、立地の悪さは、「家賃が安い」という、大きなメリットがあります。もっとも大きな固定費が抑えられるのです。
経費が少なければ、利益が大きくなることは、わかりきったことです。
このメリットを忘れないでください。

駅前に出店したところで、経費が何倍もかかっていたら、
売り上げが伸びても、結局は利益が少なくなることもあり得ます。
つまり、大きく儲かっても、
大きく経費がかかっていては、意味は無いということです。
多少小さな儲けでも、経費が少なければ、
利益としては大きくなるのです。

いま置かれているお店の状況の中で、
売り上げを上げていけば、自然と利益は高くなっていくのです。
ほんの少しの工夫・アイデアを考えれば、
いまの条件のままで、儲かるお店へと変身させることができるのです。
これは、大きなチャンスなのです。
もし、いまあまり儲かっていないのであれば、失敗しても怖くはないはず。あらゆる“手”を試してみましょう。

この書籍で、路地裏繁盛店のやり方を学んでください。
路地裏だからこそ、儲かる方法を。


試し読みできます

■地域に根ざしたお店になるために。

地元住民に親しまれているお店。
地元にとって、なくてはならない存在。

そんなお店になるためには、
地元の人びとが望んでいる商品・サービスを提供し続けることが重要です。
他にお店がないからと、甘えてはいけません。
いつライバルが現われるかもしれませんし、
大型店がやって来るかもしれません。
その時に備えて、万全の体制を作り上げておくことが肝心です。

大切なことは、地域に根ざしたお店ならではの強みを持つことです。
地域の特性、住民の志向を一番よく知っているのは、
その土地で長年営んでいるお店なのです。

あなたのお店はどうでしょう?

地元のことを本当に理解していますか。
最近、お客さまが減ったと感じませんか。
もう一度、地域・住民の特性を分析し直してみましょう。

具体的には、世代別・職業別の人口や伸び率、分布状態、
住居の形態、所得水準、買い物行動などのお客さま情報。
鉄道やバス、道路などの交通状況。
大型店・専門店の性格、他の商店の数、競合店の品揃え、通行量など、
人の集まる場所のデータ。
これらのデータを集め、分析し、
お店の立地が持つ特性を浮き彫りにするのです。
面倒なことのようですが、こうした作業をすることで、
地域や住民が求めている商品・サービスが見えてきます。
求めるものがわかれば、あとは簡単です。


試し読みできます

■大型店の弱点を攻めろ。

大型店に無くて、小さなお店にはあるもの。
それは、何でしょうか。
ずばり、「小回りがきく」ということです。

●流行りの商品を扱う場合でも、小さなお店なら、
 様子を見るために少量をすぐに仕入れることができます。
●お店の魅力が無いと感じたら、すぐ改装したり、
 レイアウトを変えたりできます。
●店員が少なければ、接客マナーの徹底もしやすくなります。
●お客さまに合わせた、営業時間の変更も容易ですし、
 年中無休にだってすぐにできます。
●利益率を下げて、大量に売りさばくことも可能です。

お客さまの要望に合わせて、すばやく柔軟な対応ができるのです。
ここが、大型店の弱点なのです。

●大型店では、お客さまを奥の方へ誘導することに苦労します。
●売れにくい商品は置かないので、
 意外と品揃えできていない場合があります。
 これを調べて、そこに無い商品を扱えばいいのです。
●大きいが故に、経費も莫大なものです。
 小さければ、経費も少ないのです。

つまり、大型店と競う基準は、「1坪当たりの平均売上高」なのです。
こう考えると、勝つ見込みは充分にあります。

あとは、いかにお客さまのニーズを的確につかみ、
価値観の変化を先取りし、対応していくかです。
お客さまの価値観に合った品揃えやお店づくりができれば、
口コミも期待でき、お客さまはどんどん増えていきます。

こう書くと、“ニーズを読むのが難しいんだよ”
という方がおられるかもしれませんが、
ハッキリ言って、努力していないだけです。

新聞・雑誌に目を通す。流行の音楽に興味を持つ。
話題の映画を観る。街を歩く。いろんなお店を見る。

情報収集の方法は、いくらでもあります。
まず、そこから始めてください。


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格400円(税込)

読者登録

佐藤きよあきさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について