目次
大阪府北部地震 - 2018.07.01 Sun
カクヨム甲子園のポスターを探せ - 2018.07.02 Mon
小説家になろうの求人 - 2018.07.03 Tue
83歳の通過者 - 2018.07.04 Wed
投稿スタイルの多様化 - 2018.07.05 Thu
ノベル大賞の4次結果 - 2018.07.06 Fri
アニマル天国 - 2018.07.07 Sat
妄想バブル小説賞の感想 - 2018.07.08 Sun
ビーンズ2次発表 - 2018.07.09 Mon
7月10日の怪現象 - 2018.07.10 Tue
らくだ図書館(75) - 2018.07.11 Wed
自作ゲームコンテスト2018 - 2018.07.12 Thu
最後の5分間コンテスト - 2018.07.13 Fri
カクヨム×魔法のiらんどコンテスト - 2018.07.14 Sat
艦これ氷祭り① - 2018.07.15 Sun
艦これ氷祭り② - 2018.07.16 Mon
艦これ氷祭り③ - 2018.07.17 Tue
ビーズログ大賞の1次発表 - 2018.07.18 Wed
蒼山サグ先生がキミの物語を添削 - 2018.07.19 Thu
第2回漫画脚本大賞 - 2018.07.20 Fri
つばさ文庫受賞者インタビュー - 2018.07.21 Sat
カクヨム甲子園インタビュー - 2018.07.22 Sun
権力者の犬小説賞 - 2018.07.23 Mon
ホラー小説短編賞R - 2018.07.24 Tue
【第2回】今の電撃に足りないのは - 2018.07.25 Wed
文学フリマ短編小説賞の1次発表 - 2018.07.26 Thu
《タイトル斬り!!》コンテスト - 2018.07.27 Fri
ファミ通文庫公式ブログ - 2018.07.28 Sat
eロマンスロイヤル大賞の1次発表 - 2018.07.29 Sun
ビーンズのジュニア部門 - 2018.07.30 Mon
【第3回】今の電撃に足りないのは - 2018.07.31 Tue

閉じる


大阪府北部地震 - 2018.07.01 Sun

6月18日の大阪府北部地震から2週間が経ちました。

ガスや水道や交通網は復旧しているし、身体に感じる余震も減ってきましたが、地元の図書館などはまだ再開していません。

そういえばふと思い出したんですが。
だいぶ前に北京で働いていた時、震度1のごく小さい地震があって。

でもまあ震度1だし、自分は構わず仕事を続けたんですが、周囲にいた中国人はみんな驚いて外に逃げたという。

彼らいわく、
「あんたなんで逃げないの!」
「何かあったらどうするんや!」
「仕事よりも命の方が大事だろ!」

って感じで本気で心配されました(汗)

こちらとしては「いや震度1だし」みたいな心境ですが、地震が少ない地域からすれば、地面が揺れるのはものすごい衝撃なんだろうと思います。

もちろん大騒ぎするのがいいわけじゃないですが、「そもそも揺れるのが当たり前」みたいな日本人の感覚って、もしかしたらちょっと特殊なのかも……と感じた出来事でした。

結論としては、
「非常時の備えはしつつ、でも過度の心配はしないで、心穏やかに日々過ごす」

これが実践できればいいですよね。
今はまだ正直不安もありますが落ち着いて過ごせるように努めたいです。

1
最終更新日 : 2018-07-31 13:55:54

カクヨム甲子園のポスターを探せ - 2018.07.02 Mon

こんにちは、らくだです。
今回はカクヨム甲子園の応援企画をご紹介。

前に応援ツイートのキャンペーンを紹介しましたが、それとは別口で、カクヨム甲子園2018のポスターを撮影する企画です。

詳細はカクヨム公式ブログをご覧ください。

【カクヨム甲子園2018を告知してね! キャンペーン】

・期間 7月2日(月)~7月31日(火)
・賞品 図書カード1,000円分(20名様)

<参加方法>
1.カクヨム公式アカウントをフォロー
2.カクヨム甲子園のポスターを貼る or 発見する
3.そのポスターを写真に撮って一言コメントを書く
4.ハッシュタグ「#カクヨム甲子園のポスター見たよ 」「#カクヨム甲子園のポスター貼ったよ 」をつけてツイート

ちなみに該当ポスターはまだ配布している模様。
積極的に応援したい場合は自分で申し込むのもいいですね。

なお配布が終わった後も、ポスターを見つけたら応募できるので、図書カードをもらうチャンスはあります。

狙って探すのはなかなか難しいと思いますが、学校や書店や図書館などに貼ってあるようなので、チェックしてみるのもいいかもしれません。

以上、「カクヨム甲子園2018を告知してね!」キャンペーンの紹介でした。

2
最終更新日 : 2018-07-31 13:55:54

小説家になろうの求人 - 2018.07.03 Tue

こんにちは、らくだです。

小説家になろうを運営する「株式会社ヒナプロジェクト」が求人募集をしているようです。

【求人情報】
https://hinaproject.co.jp/recruit/recruit.html

<概要>
・常勤17名
・平均年齢27歳
・なろうの月間PVは16億以上
・本社は大阪府枚方市(ひらかたし)
・社内は全体的に明るくキレイな印象

個人的には本社が枚方というのが軽く衝撃的でした。
地震会見の際、官房長官が「まいかた」と言って話題になった、あの枚方です。

実は近所だったのか!
てっきり東京だと思ってたのに!

それはそうと、上にも書きましたが、載っている写真が全部明るくキレイなのが印象的ですよね。

こういうオフィスって、せまくて散らかっているイメージ(偏見)だったので、見る目が変わりました。

肝心の求人については、書き手の皆様には直接関係ないかもですが、写真もたくさんあるのでサイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

3
最終更新日 : 2018-07-31 13:55:54

83歳の通過者 - 2018.07.04 Wed

こんにちは、らくだです。

話題が遅くてすみませんが、第14回MF文庫Jライトノベル新人賞(第4期)の1次発表が、6月25日にありました。

以下リンク。
通過者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://bc.mediafactory.jp/bunkoj/award/result/#fourth

・応募総数 521本
・1次通過 161本
・通過率 約31%

あまり人の年齢で騒ぐのも良くないですが、今回はなんと83歳の通過者がいて、その件が一部で話題になっているようです。

83歳というと昭和10年前後の生まれ。
自分の両親よりもさらに一回り上の世代です。

その年齢で小説を書くのはわかります。
書いた小説を投稿しようと思ったのもわかります。

だけど、応募先にわざわざMFを選び、しかも通過するとか何者なんだ!?(汗)

というわけで、この御大には是非とも受賞してもらい、MFのみならず最年長ラノベ作家の記録を更新して欲しいです。

以上、83歳の通過者の話題でした。

4
最終更新日 : 2018-07-31 13:55:54

投稿スタイルの多様化 - 2018.07.05 Thu

こんにちは、らくだです。
第8回講談社ラノベ文庫新人賞の1次発表がありました。

以下リンク。
通過者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://lanove.kodansha.co.jp/award/rookie/8/

・応募総数 432本
・1次通過 98本
・通過率 約23%

感想としては複数通過が目立ちます。
3作通過はかなりの人数で、4作通過もいて、中には5作通過という猛者も。

ちなみに自分は複数投稿については賛成派。
実際に複数投稿して複数通過していたような時期もありました。

ただ昔は複数投稿が一般的ではなかったので、「駄作を量産せず1作に集中するべき」という意見も多く、自分のような人間は割と少数派だった気が。

別に1作集中だからクオリティが高いとは限らないんじゃ……。
逆にたくさん書いたから駄作に決まっているとも限らないし……。
(という恨みがましいグチ)

とにかくそんな経緯がありましたが、今は昔と違って投稿スタイルが多様化しており、それこそ83歳のおじいちゃんもいるくらいですし、人それぞれ色々な向き合い方があっていいと思います。

以上、話が少々それましたが、講談社ラノベ1次発表の話題でした。

5
最終更新日 : 2018-07-31 13:55:55


読者登録

常木らくださんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について