目次
(借景資料集)
【速報!】 第2回 「青い鳥文庫小説賞」
(第4稿)
(第4稿)as(最終稿)
(添付挨拶状)
(あらすじ) (2018年9月23日)
序章 《 朝日ヶ森 》
第1章 リツコ、異世界へ行く。
第2章 リツコ、異世界で目覚める。
第3章 リツコ、皇女様にあう。
第4章 リツコ、仲良しができる。
第5章 リツコ、旅に出る。
第6章 リツコ、旅をする。
第7章 リツコ、取材する。
第8章 リツコ、囚われてはいないお姫様にあう。
第9章 リツコ、役に立つ。
終章 リツコ、地球に帰る。
(第3稿)
(第3稿)
(表紙)
(あらすじ) (2018年9月16日)
序章 朝日ヶ森 学園
第1章 リツコ、異世界へ行く。 (2018年9月16日)
第2章 リツコ、異世界で目覚める。 (2018年9月16日)
第3章 リツコ、皇女様にあう。
第4章 リツコ、仲良しができる。
第5章 リツコ、旅に出る。
第6章 リツコ、旅をする。
第7章 リツコ、囚われてはいないお姫様にあう。
第8章 リツコ、戦う。
第9章 リツコ、地球に帰る。
(第2稿)
(第2稿)
(あらすじ) (2018年9月8日)
1-0-0.朝日ヶ森「学苑」(おもて)
1-0-1.朝日ヶ森(うら) (2018年9月8日)
1-1-0.リツコ、呼ばれる。 (2018年9月8日)
1-1-1. リツコ、出かける (2018年9月8日)
2-0-1.リツコ、異世界に着く。 (2018年9月9日)
2-0-2.リツコ、挨拶する。
2-1-1.リツコ、清峰鋭にあう。
2-1-2.リツコ、異世界の村へ行く (2018年9月9日)
2-1-3. リツコ、空を飛ぶ。 (2018年9月9日)
3-0-0. リツコ、悪夢をみる (2018年9月10日)(加筆)
3-0-1.リツコ、起こしてもらう。
3-0-2. リツコ、情報交換する
3-1-0.リツコ、朝寝坊する。
3-1-1.リツコ、右将軍にあう。
3-1-2.リツコ、皇女に会う
3-1-3.リツコ、マシカとあう。
3-1-4. リツコ、市場へ行く。
3-1-5. リツコ、天幕に泊まる。 (2018年9月11日)
4-0. リツコ、早起きする。
4-1. リツコ、パレードに参加する。
4-2. リツコ、誇大広告される。
5-1. リツコ、旅をする。
5-2. リツコ、記録する。 (2018年9月12日)
5-2. リツコ、話せるようになる。
6-1. リツコ、囚われてはいないお姫様にあう。
第6章 リツコ、旅をする。
(第1稿)
(第1稿)
(あらすじ) (2018年8月17日)
( 目次 ) (2018年8月18日)
0-1.(おもて) (2018年8月18日)
0-2.(うら) (2018年8月18日)
1.リツコ、親善大使になる (2018年8月18日)
1-1. リツコ、出かける
2. リツコ、異世界へ行く。
2-1.リツコ、挨拶する。
2-2.リツコ、清峰鋭にあう。 (2018年8月19日)
2-3.リツコ、運ばれる。
3.リツコ、白王都へ着く。 (2018年8月22)
3-1-0.リツコ、寝坊する。 (2018年8月22日)
3-1-1.リツコ、皇女に会う (2018年8月22日)
3-1-2.リツコ、マシカにあう。 (2018年8月24日)
3-1-3. マシカ、市場へ行く。 (2018年8月24日)
3-1-4. マシカ、天幕に泊まる。 (2018年8月24日)
4-0. リツコ、目覚める。
4-1. リツコ、行列に参加する。
4-2. リツコ、センデンされる。
5-1. リツコ、記録する。
5-2. リツコ、観察する。
6-1. リツコ、囚われてはいないお姫様にあう。 (2018年8月26日)()
6-2. リツコ、小鬼を救う。 (2018年8月26日)
7. リツコ、まきこまれる。 (2018年8月26日)
8-1. リツコ、魘される。
8-2. リツコ、龍にのる。
9. リツコ、会議にでる
10-1. リツコ、よばれる。
10-2. リツコ、地球にかえる。 (2018年8月26日)
(草稿&没原稿)
(草稿&没原稿)
(1) 朝日ヶ森 (2018年6月3日)
『 リツコへ。 第一日 』 (@中学……1年か2年?) 
(あらすじ) (プロット&目次)
(あらすじ) (プロット&目次)
【投稿用】プロットメモ (2018年7月22日)
400字~800字程度のあらすじ。 (2018年8月17日)
(設定資料集)
(設定資料集)
このコだ! 「鍵になるキャラ」…っ!www (2018年6月30日)
(( ことばよ、つうじよ! ))  (2018年8月9日)
(サ行前の雑談など)
(サ行前の雑談など)
【ぐれてる理由】。(--;)。 (2018年5月13日)
『 リツコ 冒険記 』 ~ 夏休み ・異世界旅行 ~ (1) (2018年6月3日)
(案の定【天中殺中】で頓挫している) (2018年7月22日)
…ちっ! …やっぱり…『落ちた』か…★ (2018年8月12日)
次ぃ征くぞ! 次っ! (2018年8月12日)
★ 【講談社 『 青い鳥文庫 』 の呪い!?】の謎。 ★
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

17 / 104ページ

(第3稿)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(第3稿)

 

 

 

 


(表紙)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リツコ冒険記

 

…夏休み・異世界旅行…

 

 

霧樹里守

(きりぎ・りす)


(あらすじ) (2018年9月16日)

 『 リツコ冒険記 』 …夏休み・異世界旅行…

               霧樹里守(きりぎ・りす)

(あらすじ)

 高原リツコは家族の事情で、私立学園の寮に住んでる。
 その学長から「夏休みの手伝い」を頼まれた。
 なんと、「異世界への親善大使」!
 えぇ?! …っと思ったけど大人たちや先輩たちはみんな忙しくて行けないらしい。

「行って、みんなと仲良くして、まわりをよく観察して、レポートを書いてきてくれれば、それだけでいいのよ。
 行ってくれたら他の夏休みの宿題は、ぜんぶ免除してあげる!」
 大好きな学長がそう言ってくれたので、喜んで引き受けた。

「姉弟世界」と呼ばれる大地世界《ダレムアス》では、漫画かアニメの王子様?…かと思うような超美形!の、優しいお兄さんに世話してもらっちゃうしぃ ♡
 食べ物は美味しいし、お祭りは楽しいし…、
 …あいにくながら残念な性格の皇女サマには、意地悪されたけど…。

 もうひとつの異世界《ボルドム》との戦争終結のための講和準備会議?とか、
 同じ大地世界のなかでも、民族紛争とか、皇位継承争い?とか…
 そういう深刻な問題には、ショックを受けたけど…。

 たっぷりのレポートを抱えて、友達と涙でお別れして、
 リツコは夏休みの終わりとともに、元気に帰国しました。

 


序章 朝日ヶ森 学園

『 リツコ冒険記 』…夏休み・異世界旅行…

 

          霧樹里守(きりぎ・りす)

 

 

序章 朝日ヶ森 学園

序章 1 (おもて)

 朝日ヶ森学園。
 知ってるかな?
「天才児が集まる」ので秘かに有名。
 超のつく贅沢な校舎と独特の自由奔放なカリキュラムの秀逸さ、そして学費の高さでも知られていて、我が子を名門私立に進学させたい親たちにとっては、憧れの学園だ。

 基本は全寮制だけど、都心から遠距離通勤・通学してくる生徒や先生もいる。
 緑の豊かな地方の新幹線の停車駅から、自動車なら迂回ルートで二十分くらい。
 歩くなら、県立公園のなかの遊歩道をまっすぐ抜けてくるほうが速い。
 自転車? …まぁ、モトクロスを乗りこなせる人なら、抜けられる道だと思うよ…?

 学園の敷地は広くて、一見すると壁とか塀とか柵とかの仕切るようなものは何もない。
 でもセキュリティは万全で、目立たないところに監視カメラ網がばっちり。
 不審者は入り込めないけど、内部の見学とかは許可制の予約ツアーに参加すれば入れる。
 校舎や講堂や寮の建物は、一見シンプルだけどしっかりお金のかかった造りで、見た目は繊細で温和な感じだけど、どんな災害にもまけない頑丈な耐震骨格なんだって。
 もちろん、屋外と屋内の両方に冷水と温水の競技用プールがあるし、体育館とか柔道場とか剣道場とか弓道場とか、もちろんスケートリンクもテニスコートも、全天候対応型のやつが、それも学年別とかで、複数個所にある。
 さすがにサッカーコートとラグビー場とスキー場は屋外だけ。らしいけど。
 図書館ときたら外部の大人が泊りがけで調べものしにくるほど、質量ともに充実した蔵書数を誇る。
 広大な敷地はゆるやかな起伏があって、種々沢山の緑が豊か。
 天気のいい日は生徒たちがあちこちの芝生や木の下で、ゆったり寝ころがったりグループ課題を片づけていたりする。
 もちろん複数個所にある学内食堂も合計すれば二十四時間営業で、メニューはもちろん好きに選べる上に、無添加とか有機栽培とかのこだわり素材を使って健康に配慮した栄養管理がされていて、しかも一流シェフによる監修で、国際級のホテルのレストランなみに充実したラインナップで美味しいらしい。
 時間割は自学自習に重きを置いていて選択科目が多くて自由。

 生徒のうちで都心から新幹線で週1のスクーリング等にくる通信制の生徒たちには芸能関係の子役とかアイドルの卵とかが多い。学内ではおもに「タレ組」と俗称されている。

 それから特徴的なのは全寮制の一番奥の建物にいる「天才組」と呼ばれる、生まれつき知能指数が平均よりもはるかに高い、ちょっとかなり変人で専門バカな連中。
 そして生徒のなかで数が多いのは、やはり親が金持ちとか有名人とかのセレブで、コネと金を可能なかぎり使いまくってお受験資格をとって我が子をここに「押し込んだ!」という家の子たち。なんだけど…
 それ、本当はちょっとだけ、気の毒な話なんだ。
 なんでかって…?
 ここはあくまでも、関係者からは「おもて」と呼ばれている場所(学苑)で…
 本当の朝日ヶ森「学園」は、「うら」とか「真」とか呼ばれていて、別の場所にあるから。
 なんだ… 

 

 

序章 2 (うら)

 さて。
「うら」とか「真」とか呼ばれている、「ほんとうの」朝日ヶ森について…
 説明するのは、難しい。
 場所は秘密で、首都圏からは「裏日本」なんて蔑称されている地域の、辺鄙な山の奥にある。
 こちらも敷地は広大だけど、目立たないように全域が頑丈なレンガの壁できっちり囲われていて、特殊な警護部隊が昼夜をわかたず厳重な監視をしている。

 さらに点在して見えるまばらな建物群は主に地下通路で緊密につながっていて、むしろ地上部分よりも地下部分のほうが質量ともに広壮な本体だ、とも噂されているが、実は在学生でも現職の職員でも、全貌をきちんと把握している存在は、ほとんど居ないらしい。

 ほとんど「秘密基地」という感じの場所だ。
 こちらに在学する生徒の種類も、おもに三つに分かれる。

 ひとつは国内外の要人、つまり政治・経済的なVIPの子どもたちで、なんらかの事情で家族とは一緒にいられない者…生まれつき病弱とか、テロや誘拐の対象にされる心配があるとか、相続争いによる暗殺の危険を避けるためとか、はたまた、隠し子で正妻には内緒でないとまずい存在とか…そんな感じの。
 だからちょっとひねた性格のやつらが多い。

 ふたつめのグループは、もっと特殊で…
「ふつうの人間じゃない」能力や外見を持って生まれた、「特別な家柄」の、跡継ぎとか先祖返りとか…
 角や牙があったり、鱗や翼があったり、魔術や呪術が使えたり、過去や未来や、人の心が読めたり、操れちゃったり。
 本人たちはそれでも「神でも悪魔でもないから、いちおう人間なんだけどー」と主張する場合が多いが、今の世の中ではうっかり一般社会を出歩くことができない。
 それで、「一族だけしかいない隠れ里に閉じこもってばかりでは世間にうとくなるし、幼なじみと親戚以外は友だちも恋人も探せない人生なんて!」…という理由で「社会体験」と称して「朝日ヶ森学苑に遊学」しに来て、広い構内で文字通り「翼(はね)を伸ばして」学園生活を楽しんでいたり…する。

 生徒の内の三つめのグループについては…長くなるので、また後で説明しよう。

 まぁそんなふうに、観た感じからして不思議な…秘密の、「地球内・治外法権」とも呼ばれる…

 「朝日ヶ森・学園」。 

 このお話は、そんな場所から始まる。

 


第1章 リツコ、異世界へ行く。 (2018年9月16日)

第1章 リツコ、異世界へ行く。

 

 1-1.リツコ、召喚される。

 朝日ヶ森学園の生徒たちのうち三つめのグループ通称「ただびと組」に属する普通人のリツコは平凡な子どもで、セレブの子でも天才児でもなく、美少女戦士でも子役アイドルでもないかわりに、妖怪変化の類でもなかった。(こう書いたら「失礼ね!」と、妖怪変化な学友たちから怒られた。)
 しいて言うなら特技は木登り。

 親から教わって育ったのでキャンプとか大好きで、野外炊飯とか年齢のわりに得意。
 虫とか蛇とか平気で、まぁ女子からは引かれるけど、いざって時のサバイバルには向いてる。
 見た目は十人並。顔はのっぺりしてハナはちんまりして、日焼けして真っ黒で、鼻のまわりとかソバカスだらけ。へろへろのくるくるの天パの髪がコンプレックスで、黒目がキョロっとでかくて、歯並びだけは自慢で真っ白で、まぁ時々「笑うと可愛い」くらいは褒めてもらえる。

 ご飯はよく食べるけど、それ以上に暴れてる。から、まだそんなに太ってはいない… たぶん。
 前いた学校では野球部のピッチャーでいいセンいってた。

 投げたら当たる。これはけっこう、長所?
 まぁそんな程度のリツコが「うら」朝日ヶ森にいるのには…
 事情があった。

 そんな事情のひとつ、「大叔母様」からの呼び出しがあったので、とある七月の昼下がりに学長室までとことこ歩いて行った。
 全寮制の学園はすでに夏休みに入っていて、家のある生徒たちの大半は帰省か家族旅行に行ってしまった。
 今を盛りと鳴きすだくセミ時雨のほかはしんと静かな構内の、広壮な芝生の起伏と緑陰の濃い木立ちの数々と、英国庭園風のベンチをしつらえた花壇や植え込み迷路やらの中を、小汗をかきながら十数分ほど、えんえん歩いて歩いて、ようやく重厚なレンガ造りの事務室棟に辿りつくと、勝手知ったる建物内には無言のまま入って、こんこんと学長室のドアを叩いた。
「はい。どうぞ!」
 若々しい声の大叔母様の返事を聞いてからドアを開け、一応「失礼します」と頭を下げる。
 大叔母様というのは都合上の呼称で、本当は、祖母のイトコだ。
「なんですかー?」
「お願いがあるのよ!」
 元気な声でいきなり言われて、リツコは面食らった。
「欠員が出ちゃってね! 代わりに行ける人が他にいないの。バイトと思って引き受けてくれないかな? お礼として、夏休みの宿題ぜんぶ免除するから!」
 …この「大叔母様」の名前は清瀬律子という。リツコと同じ「りつこ」だ。
 やはり美女でも妖怪でも天才でもない「ただびと組」のはずだが、ここの卒業生で、なぜか学園長まで務めてる。
 リツコの母はこの気さくな美人叔母(ほんとうは母の母の従妹だ)が大好きで、たまたま彼女が事故で行方不明になって死んだかと思われていた頃にリツコを身籠ったので、思わず名前をもらって付けてしまった。という話…(そしてその後で本人がけろっと生還したので、親族一同は呼び名に困った。)
 …まぁその話はいいけど。
「…朝日ヶ森『学園』の生徒の、欠員の代理って… それ、『ただびと』のあたしでも務まる用事?」

 そっちのほうが当面の大問題だ。
「だいじょうぶよ! なんて言うか…そう! 親善大使! みたいな役目なの。行って、しばらく滞在して、まわりの皆さんと仲良くして… 最後の会議で、コレを私の代理で音読してくれればいいの!」
 渡された手書きの便せんにざっと目を通して、それから声に出して読んでみた。

「…”みなさん、おまねきありがとうございます。今日のこの会議の”…」
 ちょっと長いけど… べつに、読めないほど難しい漢字とかは、無いよね…?
「…行っても、いいけど… どこ…??」
「異世界よ!」
 大叔母さんの無邪気な一言に、リツコは「はぁ?」と口を開け、目を点にした…。

 

 

 1-2. リツコ、旅支度をする。


「…あ、あらっ? ウケなかったかしらっ? イマドキの『ただびと』…いえ、ふっ、『普通世界』で育った子どもには、こういう言い方のほうがウケ…いえ、判りやすいかな~と、…思ったんだけど…っ!?」
 いつも穏やかでニコニコしている大叔母様が、真っ赤になってわたわた取り繕うという珍しい光景を、リツコは口をあけたままあんぐり眺めた。
「…べつに危ないこととかは無いと思うのよ? 戦争は終わったっていうし、和平会議なんだし、おばさまの初恋の人とか、向うに行ってるしっ」
「はぁ?」
「だからねっ! …だから、私と同じ名前の血のつながったあなたが、向うであの人に会ってきてくれたら… 本当に、わたし、嬉しいのよ…っ!」

 …とりあえず、何も解らないけど、断れないらしい。ということだけはリツコにも判った。
「…………わかった。とにかく、行ってくるから…………。」
「ほんとっ?」
 としがいもなく頬なんか染めちゃった大叔母様(たしか七十歳は過ぎているはずだ…)が、慌てて咳払いなんかしながら色々と説明してくれた。

「…持って行ってほしいものはもう購買に頼んで取り寄せてもらってあるから、部屋に戻る前に受け取って行ってね。それから、旅仕度に必要なものは何でも『おばさまの支払いで。』って言って、好きなだけ買ってくれていいから。」

 そう言いながら渡された「絶対に!持っていくもの」リスト。

 

 ・計算尺 1つ (購買にもう頼んであります。)

・ノギス 1つ      〃

・大学ノートかリングノート(リツコの好きなほうで)

 10冊くらい(持てて書けるだけなるべくたくさん)

・鉛筆(ポールペンやシャーペンじゃなくて) 1ダース(1箱)か、もっと。なるべくたくさん。

・色鉛筆(カラーペンじゃなくて) 1セットかもっと。

・消しゴム(多めに)

・鉛筆削り(忘れないで!)

 

「…この計算なんとかと、ノギスってなに?」

「それは向こうからのお土産のリクエストなの。着いたら渡してあげてね。」

「…わかった。…ねぇねぇ。色鉛筆って、二十四色のやつ買ってもいい?」

 思わず目をきらっと光らせながら聞くと、

「四十八色のでもいいわよ!」

 大叔母様が笑って言い切ってくれたので、リツコは大いに気をよくした。

(自分のおこづかいだけじゃ買えないやつだー!)

 それからこまごまと書いてくれた行先への道順の説明をよく読んで、解らないところは質問して、細かい打ち合わせもして。

 その後でひとりで購買に寄って、言われたものと、リュックとか下着とか、要りそうなものを選んで買って。

 それから夜遅くまでうんと考えて、必要最低限の着替えと小物だけをしっかり厳選してリュックに詰めて、翌朝、列車内で食べるお弁当と飲み物を、予約しておいた食堂で受け取って、お気に入りの藤のバスケットに詰めて…
 用意した荷物を大叔母様にチェックしてもらってOKをもらって挨拶してから、駅まで向かう朝一番の路線バスに、リツコはひとりで飛び乗った。

 

 

 1-3.リツコ、一人旅する。

 

  最寄駅から普通切符を買って鈍行に乗って、乗り換え駅から特急に乗り換えて、検札に来た車掌さんに目的地までの特急券を頼んだら、
「小学生が一人で?」と、やっぱり不審がられたから、教えられた通りに、
「ママのお墓参りに行くんだけど、パパは夏休みが取れなかったのー!」

 と無邪気なふりしてにこにこ返事して。

「降りる駅に着いたらおばあちゃんが迎えに来てくれてるから。」と言ったら車掌さんは安心して向こうへ行ってしまった。
 それから慣れない長距離列車に揺られていたら半袖ではクーラーが寒くて、鼻水垂らしてぐずぐず言いながら、ちょっとだけ窓枠に肘をついてもたれて、うとうと眠って。
 乗り降りする他の乗客たちのざわめきに、はたと目が覚めると、もうすぐ、降りる駅で…

 慌てて起きて、乗り換えて、また乗り換えて、乗り継いで…

 日暮れ前にようやくたどり着いた二面戸町駅のホームの待合室でくるりと三回転半して振り向いて、後ろの正面の七つと三番目にあった教えられたとおりの秘密のドアを特別なやりかたでひねって、くるっと開けると。
「高原リツコ様ですね? 多元旅行社の送迎サービスの者です~!」
 …どう見ても二足歩行の巨大なカエルの人?がいて、曲がりくねった不思議な山道を、おかしな形のタイヤのない車で案内されて…
 教えられた森の中のこぶこぶした不思議な形の大樹に、よじよじと必死で登って。

「今ですよ!」

「大地の端っこから、太陽の端っこが、完全に沈んで消える瞬間」…ちょうどに!
 教えられた通りの樹上の空洞から、えいっと、勇気を出して…
 目を閉じて、しっかり荷物を抱えて、真っ暗な穴のなかに…

 飛び降りて、どすんと…
 …いえ、ふわっと…
 なにか柔らかいものの上に、落ちて… 

 目を開けたら、そこは、異世界?

  だった…。



読者登録

霧樹 里守 (きりぎ・りす)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について