目次
(借景資料集)
【速報!】 第2回 「青い鳥文庫小説賞」
(第4稿)
(第4稿)as(最終稿)
(添付挨拶状)
(あらすじ) (2018年9月23日)
序章 《 朝日ヶ森 》
第1章 リツコ、異世界へ行く。
第2章 リツコ、異世界で目覚める。
第3章 リツコ、皇女様にあう。
第4章 リツコ、仲良しができる。
第5章 リツコ、旅に出る。
第6章 リツコ、旅をする。
第7章 リツコ、取材する。
第8章 リツコ、囚われてはいないお姫様にあう。
第9章 リツコ、役に立つ。
終章 リツコ、地球に帰る。
(第3稿)
(第3稿)
(表紙)
(あらすじ) (2018年9月16日)
序章 朝日ヶ森 学園
第1章 リツコ、異世界へ行く。 (2018年9月16日)
第2章 リツコ、異世界で目覚める。 (2018年9月16日)
第3章 リツコ、皇女様にあう。
第4章 リツコ、仲良しができる。
第5章 リツコ、旅に出る。
第6章 リツコ、旅をする。
第7章 リツコ、囚われてはいないお姫様にあう。
第8章 リツコ、戦う。
第9章 リツコ、地球に帰る。
(第2稿)
(第2稿)
(あらすじ) (2018年9月8日)
1-0-0.朝日ヶ森「学苑」(おもて)
1-0-1.朝日ヶ森(うら) (2018年9月8日)
1-1-0.リツコ、呼ばれる。 (2018年9月8日)
1-1-1. リツコ、出かける (2018年9月8日)
2-0-1.リツコ、異世界に着く。 (2018年9月9日)
2-0-2.リツコ、挨拶する。
2-1-1.リツコ、清峰鋭にあう。
2-1-2.リツコ、異世界の村へ行く (2018年9月9日)
2-1-3. リツコ、空を飛ぶ。 (2018年9月9日)
3-0-0. リツコ、悪夢をみる (2018年9月10日)(加筆)
3-0-1.リツコ、起こしてもらう。
3-0-2. リツコ、情報交換する
3-1-0.リツコ、朝寝坊する。
3-1-1.リツコ、右将軍にあう。
3-1-2.リツコ、皇女に会う
3-1-3.リツコ、マシカとあう。
3-1-4. リツコ、市場へ行く。
3-1-5. リツコ、天幕に泊まる。 (2018年9月11日)
4-0. リツコ、早起きする。
4-1. リツコ、パレードに参加する。
4-2. リツコ、誇大広告される。
5-1. リツコ、旅をする。
5-2. リツコ、記録する。 (2018年9月12日)
5-2. リツコ、話せるようになる。
6-1. リツコ、囚われてはいないお姫様にあう。
第6章 リツコ、旅をする。
(第1稿)
(第1稿)
(あらすじ) (2018年8月17日)
( 目次 ) (2018年8月18日)
0-1.(おもて) (2018年8月18日)
0-2.(うら) (2018年8月18日)
1.リツコ、親善大使になる (2018年8月18日)
1-1. リツコ、出かける
2. リツコ、異世界へ行く。
2-1.リツコ、挨拶する。
2-2.リツコ、清峰鋭にあう。 (2018年8月19日)
2-3.リツコ、運ばれる。
3.リツコ、白王都へ着く。 (2018年8月22)
3-1-0.リツコ、寝坊する。 (2018年8月22日)
3-1-1.リツコ、皇女に会う (2018年8月22日)
3-1-2.リツコ、マシカにあう。 (2018年8月24日)
3-1-3. マシカ、市場へ行く。 (2018年8月24日)
3-1-4. マシカ、天幕に泊まる。 (2018年8月24日)
4-0. リツコ、目覚める。
4-1. リツコ、行列に参加する。
4-2. リツコ、センデンされる。
5-1. リツコ、記録する。
5-2. リツコ、観察する。
6-1. リツコ、囚われてはいないお姫様にあう。 (2018年8月26日)()
6-2. リツコ、小鬼を救う。 (2018年8月26日)
7. リツコ、まきこまれる。 (2018年8月26日)
8-1. リツコ、魘される。
8-2. リツコ、龍にのる。
9. リツコ、会議にでる
10-1. リツコ、よばれる。
10-2. リツコ、地球にかえる。 (2018年8月26日)
(草稿&没原稿)
(草稿&没原稿)
(1) 朝日ヶ森 (2018年6月3日)
『 リツコへ。 第一日 』 (@中学……1年か2年?) 
(あらすじ) (プロット&目次)
(あらすじ) (プロット&目次)
【投稿用】プロットメモ (2018年7月22日)
400字~800字程度のあらすじ。 (2018年8月17日)
(設定資料集)
(設定資料集)
このコだ! 「鍵になるキャラ」…っ!www (2018年6月30日)
(( ことばよ、つうじよ! ))  (2018年8月9日)
(サ行前の雑談など)
(サ行前の雑談など)
【ぐれてる理由】。(--;)。 (2018年5月13日)
『 リツコ 冒険記 』 ~ 夏休み ・異世界旅行 ~ (1) (2018年6月3日)
(案の定【天中殺中】で頓挫している) (2018年7月22日)
…ちっ! …やっぱり…『落ちた』か…★ (2018年8月12日)
次ぃ征くぞ! 次っ! (2018年8月12日)
★ 【講談社 『 青い鳥文庫 』 の呪い!?】の謎。 ★
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

80 / 104ページ

6-1. リツコ、囚われてはいないお姫様にあう。 (2018年8月26日)()

http://85358.diarynote.jp/201808261445484961/

 

6-1. リツコ、囚われてはいないお姫様にあう。

 なにしろリツコは元々かなりのおしゃべりの質問魔で、好奇心旺盛だ。今までは人が勝手に言ってくることを一生懸命聞きとるだけで、こちらから質問できる相手は主にマシカと鋭だけだった(日本語が通じるもう二人のうち雄輝は周辺警備の任務に就いていたので基本不在だったし、そのせいで?なのか、皇女サマは恐かった!)が、今度からは、自分が知りたいことについて、積極的に聞いて回れる!
 大喜びで鉛筆と鉛筆削りと沢山のノートを持って、キャラバン中を前から後ろまで、そして朝から晩まで、雑用があればちゃんと手伝いもしながらだが、すべての人を質問攻めにして歩く姿が、旅の名物のひとつになった。
 行列の順番は日によってかなり変化した。特にマシカたち薬師の一行はその日によって、病気や怪我の人間や獣がいれば看護を先にして半日遅れで追いかけたりもするし、先発して地元の村の広場に乗り入れて出張往診大会?的なものを開催したりもしていた。
 が、だいたい鋭たちヨーリア学派やその他の学者さんや役人さん?たちが普段から整理整頓が良くて身支度が簡単なせいか朝一番に出発することが多く、ほぼ同時に旅慣れていて気の短い皇女サマと侍女や侍従たちの一行が続き、続いて軍臣たちと重臣たちとその家臣と侍従たちが続き、それから何故か家柄のいいお嬢様たちらしい美人の集団が、いつもきゃあきゃあと賑やかに遅れがちに続き、その侍女たちと賑やかな掛け合いをしながら商人組合と職人組合の代表者たちや手伝いの見習いさんたちが続き、そのまた最後から列の後ろをゆっくりついてくるのが、その土地ごとに一日二日交代ぐらいで参加してくる応援の人たちが多くいる荷駄隊だった。
 さて。
 なぜこの旅に参加しているのかが不思議で尋ねると皆一様に、『さて、何故でしょうね?』と含み笑いをして答えをはぐらかす深窓の令嬢風な着飾った美姫たちの車列の前、重臣たちの車列との間に。
 いつもひっそりとついてくる、謎の馬車隊があるので、リツコはとても気になっていた。
 他の大地世界の学者や家臣や美女たちからは、なんだか距離を置かれている。
 リツコがそこへ話しかけに行こうとすると、なんだかやんわりと引きとめられたりもする。
「ねぇ鋭? あの馬車の中の人に話しかけてはダメなのかしら?」
 思い切って、リツコの行動の管理責任者、ということになっているらしい鋭に質問してみる。
「うーん。悪いってことは何もないよ?彼女も退屈しているだろうし…ただ。」
「ただ、なに?」
「ボルドムのね。敵国の御姫様なんで…見た目がちょっと。こっちの人たちには怖いらしくって。」
「…見た目ー? だってこっちの人って普通に、毛皮だったり四足だったり羽根が生えてたり…」
「まぁ、ぼくら地球人からすると、区別が判らないんだけどねー。」
 苦笑して、うんうんとうなずきながら、鋭がべつに話しかけに行っても誰からも怒られはしないと保証してくれたので、リツコは早速、昼ごはんが終わった頃合いらしくてゆっくり動き始めたばかりの馬車に、正面から訪問してみた。
「こんにちわー!」
 他の美女たちの馬車群とは違って、この馬車隊だけはキャラバン全体の護衛とは別に、皇女サマ直属隊の兵士たちが交代で護衛についている。侍女や従僕もみんな大地世界の人たちだけで、ボルドム人なのは客分の姫様ひとりだけ?らしい。
 取次を頼むと、
【だれか?】
 それまで聞いたことのないシュウっとした音の多い言葉で、馬車の奥から低めの女のひとの声がきこえた。
「リツコっていいますー! あのね、退屈じゃないかと思って、遊びに来たんですけど!」
【おや?あの地球人の子どもか?】
 声の感じはむしろ嬉しそうだった。
【マーライシャにでも言われたか? よければ上がっておいで。】
 リツコはむろん大喜びで豪華な箱馬車に上がり込む。
 どのくらい豪華かというと皇女サマのより手が込んだ細工で値段が高そうだ。
 お姫さまはそれまでは脱いでいたらしい大きな布をするりとかぶってリツコから視えないように姿を隠したところだった。
「えーと…見たらまずいのかしら?」
 リツコはちょっと遠慮しながら聞いてみる。
「あたしボルドムの人ってまだ見たことがなくて~」
【…大地世界人と同じで、焔洞界の者の姿も、千差万別なれど。】
 するりと布がはずされた。
【怖くなければ見るが良い。】
 七色に光る鱗に覆われて、縦長に切れた大きな瞳の、なんというか…巨大トカゲに似た感じの、だいたいは人型で黒髪の姫様だ。良の手の爪が長くてとがっていて、何て言うか…キラキラしたネイルアートがしてある。
 怖いと言えばその眼と爪は恐いかもだったが、同行者の中には横長に切れた山羊目の人だっているし、とんでもない爪飾りの人は、地球には多い。
「……………キラキラしてて、きれいなウロコね!」
 すなおにリツコは褒めた。
 こちらの世界での唯一の友人であるマーライシャの機嫌が悪くて話し相手に餓えていた敵国からの亡命姫さまは、すっかりリツコが気に入ってしまって、それから長い旅の間、しょっちゅう一緒におしゃべりをした。


6-2. リツコ、小鬼を救う。 (2018年8月26日)

http://85358.diarynote.jp/201808261541145181/

 

6-2. リツコ、小鬼を救う。

 長くゆるやかな下り坂が続いた山岳地帯を抜けて大平原の太湖を何艘かの大きな船に分かれて渡ると、対岸の都城には諸侯会議の開催地である《西皇国》からの使者と護衛隊が待っていた。
 どうも雰囲気が剣呑だ。和平交渉とか友好親善とか、そういう印象ではない。
 リツコが挨拶するとぎろりと睨まれたし、鋭も雄輝も『…地球人が!』とか、陰口をたたかれている。
「…俺ここで帰ろっかなー。」
 陰険な扱いに閉口したらしい雄輝が歓迎の宴から息抜きに逃げて来て半分本気でぼやく。
「おいおい。」鋭が顔をしかめる。
「まぁ約束通り、沙漠までは送るけどな。」
「とにかく逆に彼らにボルドム公女を暗殺されたら最悪なわけだから…」
(………暗殺?)
 目を丸くしてリツコが聞いていたのに気がついた鋭は慌てたように口をつぐんだ。
「…何でもないよ。心配ないから…」
「…でも一応、いつも鋭か俺かマシカのそばに居たほうがいいなー。」
「…うん解った。」
 リツコは慎重にうなづいた。
 天幕に戻ってからマシカに聞いてみる。
「あたしもよくは知らないのよ。まぁ元々、西皇家のかたがたは女神の血が薄い白皇家を見下しているそうだし、そもそも西皇子の誰かがマーシャと結婚するはずだったって話らしいし。」
「え、そうなの?」
「本人は小さかった時に、親同士が話し合ってたんですって」
「えー、そんなの無効!」
「でも戦争も終わったしそろそろ婚約の話を、とか今になって蒸し返されたらしいわ」
「でも皇女サマの好きな人って…」
「…どうもやっぱり、雄輝が本命みたいよねー?」
 最近もう誰の目にも明らかなので、実は婚約者がいたとか今頃になって急に言われたら、そりゃもうアノ不機嫌の謎にも説明がつく。
「…でも雄輝はたぶん、そうじゃないよねー??」
 とても気の毒な話で、さらに皇女サマは片想いというかフラレているらしい。
「それにしても会ったこともない人と結婚話って、ふつうダレムアスでは言わないし。…地球ではよくある話なんですって?」
「うーーん…昔はね? たぶん。」
 そんな話をした後、歓迎の宴には参加せずにひっそりと籠っているボルドム皇女の馬車へ、状況説明係として行く。
 その途中で、馬車のまわりで騒動が起こっているのに気がついた。
『こいつ!やはりボルドムの間者か!』
『えッ!…待って違うっ ………誰かー! 鋭ッ! 雄輝ッ!!』
 小鬼が公女の馬車にしのびこもうといていた。

 


7. リツコ、まきこまれる。 (2018年8月26日)

http://85358.diarynote.jp/201808261627285233/

 

7. リツコ、まきこまれる。

 驚くほどあっという間に、鋭と雄輝と、率いられた数人の部下たちが馬を駆っててやってきた。
『キサマやはり裏切者!皇女殿下をたぶらかし、地球人とボルドムと結託して大地世界を裏切るつもりであろう!』
 決めつけられて雄輝はげんなりする。
「ち~が~う~って。おれは文字通り背中のハネも自由に伸ばせない地球に戻るつもりはもうないの! こっちに帰化して骨をうずめるつもりなんだよ!…でもマーシャを嫁にもらう気はないけどな!」
「雄輝いまそれ言ってもこいつらには通じない!」
「あいつはおれにとっちゃ妹なんだよ!あくまでっ!」
 知ったことかという感じで敵が白刃を抜いて斬りかかり、金属音が鳴り響き、敵味方ともに剣を抜いて戦闘が始まった。
「マシカ、リツコを頼む!」
 反対側から来たマシカのほうにリツコを押しやって、鋭と部下の一人が公女の馬車の両脇の護衛につく。
 他の部下たちは雄輝にならって敵の群れに正面から突っ込んで行った。
『マルレエッタ! ボグン! エ! カ!』
 どうやら向こうの皇族関係者らしい人の何かの呪文が響く。
 激しい衝撃音がして何人かが馬ごと吹っ飛んだ。
 見たかんじ味方のほうが苦戦を強いられている?
 リツコはマシカの背中にかばわれながら焦った。
 『四軍神』の一人に数えられているマシカは短い弓を構えていて、たぶん戦列に加われば、もっと力になれるはず。
 …リツコがいるせいで見方が一人減ってるんだ…
 足手まといになっていることに気づいて、リツコは激しく落ち込んだ。
「…あたしを公女の馬車に入れて!そうしたらマシカも戦えるでしょう?」
【…良い案だが、少し無駄じゃな】
 そう言って、公女自身が中から箱馬車の扉を開いた。
【仔細が判らぬが、我も闘おう… カ!】
 彼女が気合をこめて念じると同時に、その右腕に巨大な武器が現われていた。
 そんな場合じゃない、と思いながらもリツコは目を丸くする。
【誰ぞ! 我の敵手を務めよ!】
 箱馬車や天幕の中ではいつもずっと膝を抱えるようにうずくまっていたけれども…外に出て背すじを伸ばすと、公女はとても長身なのだった…
 そう。馬に乗った大地世界人と、対等に、渡りあえるほどに…
『まぁびっくり。』
 リツコと同じく、知らなかったらしいマシカが呟いた。
 乱戦。
 敵の動きをおちついて観察すると、明らかに「殺すつもり」で襲われているのはボルドム公女と地球人マダロ・シャサの二人だけで、大地世界人には手加減している。
 とはいえ敵のほうが魔力がある分、絶対に優勢だった。
 しかも…
「雄輝!危ない!」
 敵の一人が手近の樹に登り、短矢に何かを塗りつけた上で、雄輝に向かって弓を構えた。
 雄輝は敵隊長と激しく斬りあっていて、リツコの声には気がつかない。
 リツコはウェストバッグからパチンコを取り出した…
 枝が邪魔で、狙撃兵を狙えない。
 後ろの樹上に身軽に駆けあがった。
 銀玉をこめて狙う。撃つ!
『キサマぁッ!』
 戦闘員と見なして、敵が下から突き上げてきた。
『リツコ!』
 斬られて真っ逆さまに墜ちるリツコを見てマシカと鋭が悲鳴を上げる。
『…そこまで!』
 マーライシャの気勢の籠った制止の声が響いた。
『双方、剣を引きなさい! 何の騒ぎなの、これはッ!』
『…リツコ! リツコ! …大変!』

 …マシカの悲鳴を聴きながら、リツコは、気を失った…

 


8-1. リツコ、魘される。

http://85358.diarynote.jp/201808261839172015/

 

8. リツコ、夢を視る。

8-1. リツコ、魘される。

 リツコは夢を見ていた。またあの夢だ。
 お母さんとお父さんが捕まりかけている。
 お姉ちゃんが泣いている。腕をガッチリ掴まれていて逃げられない。
「逃げて!」
 リツコが叫ぶと、お母さんとお父さんが首をふった。
「カノコを置いては行けない…。おまえは逃げなさい!」
「逃げて!」
 …あの時、リツコは何も出来なかった。何も…
 うなされているリツコの額の汗を拭いてくれているのは、マシカだ。
 ぼんやりと目を覚ますたびに、それは他の薬師の人だったり鋭だったりした。
 リツコのスリングショットの弾は当たった。みごとに命中した。
 狙っていた奴はギャッと悲鳴をあげて毒矢の弓を取り落とした。
 それは、覚えている…
「逃げて!」
 …夢の中で、リツコはスリングショットを構えた。
 もちろん、あの時は遠すぎた。弾もショットも持ってはいなかった。
 でも、もし…
 ビシっと、スリングショットを構えて放つ。
 ギャッと悲鳴を上げて、緑の制服のやつらが次々と倒れる。
「逃げて!」と、また叫ぶ。
 お父さんとお母さんと御姉ちゃんが声をそろえて、「ありがとうリツコ!」
 一目散に、逃げ出す…

 逃げて、逃げて、無事で…

 …もう、会えなくてもガマンするから、生きのびて…!

「…リツコ! …リツコ!」

 うなされている。夢をみている。
 そうだった。
 下から短剣を投げられて…左胸に真っ直ぐ刺さりそうになったのを危うく避けて、バランスを崩して…
 墜ちる途中で木の枝に後頭部を打った。それから真っ逆さまに、地面に落ちた…
「リツコ!」
 胸の切り傷と全身の打撲で、リツコは何日も、熱を出して眠っていたらしい。
 はっと目が覚めると、枕元で心配そうにのぞき込んでいたのは…
 ずっとついて居てくれると思っていたマシカでも鋭でも薬師の人でもなくて…
 驚いたことに、皇女サマ、その人だった。
「…………あぁ良かった! 起きたわね!」

「…あたし… 死にかけてた…??」
 かすれた声で、ぼんやりきいてみる。
「危ないところだったわね… もう大丈夫よ。鋭たち交代で、ずっと心配して徹夜で付き添ってたんで、もういい加減に寝かせたわよ」
 半分涙目で、皇女サマが答える。
「悪かったわね? 私で!」
 ううん。とリツコはにやりと笑った。案外、この性格、可愛いかも、しれない…?
「雄輝は?」
「無事だったわ。あなたのおかげよ。猛毒でね。矢に塗ってあったの。いくら雄輝でも、あれが当たってたら、私でもマシカでも、治療をする暇もなく死んでるところだったわ。」
「そうなんだ。…あたし、役に立った…?」
「えぇ!とても!」
 ずっと苦手と思っていた皇女サマが、ぎゅぎゅっとリツコの手を握ってくれた。
「彼を救けてくれてありがとう!」

「…………えへ~。」

 照れて笑うと、リツコは、再び眠った…。

 


8-2. リツコ、龍にのる。

http://85358.diarynote.jp/201808261901124456/

 

8-2. リツコ、龍にのる。

 それからまた何日か、眠ったり起きたりして、熱が下がって傷の腫れがひいたら、とたんに食欲がもりもり湧いてきたので、がつがつ食べた。
「よかった~!」
 マシカがどんどんお代わりをよそってくれながら、それにしてもすごい勢いねと、ほっとした声でけらけら笑った。鋭も何度も、様子を見にきてくれた。
 ようやく起き出して歩きまわれるようになったころ。
 何だかんだでずいぶん行列は遅れてしまっていた。
「足ののろい連中は先に行かせたわよ!」
 皇女サマがにやりと笑って言う。
「要するに白皇家の血をひく姫が誰か西皇家に嫁げばいいわけなんだから!私が着く前にちゃっかり皆で西の三皇子を攻略しておいてくれるといいんだけど!」
「………あ、あの人たち、そーいう目的で…」
「むちゃくちゃ着飾ってたでしょー? そうよ、玉の輿狙いよ!」
 リツコは納得した。…なるほど、『オトナの事情』だ…。
 そして西皇家よりのあの使者たちはしっかりろ叱責された上で、追い返されていた。
 残っていたのは皇女の一番の側近の精鋭数十名ばかりで、それもリツコが死なずに済んだことを確認するのとほぼ同時に、かわるがわるで枕元に挨拶に来て、徒歩での砂漠越えに出発してしまった。
 リツコの体力ではまだ歩いたり駱駝に乗っての砂漠越えは無理なので。
 行程ははしょって、最後に残った一行はみんなで空を飛ぶことにしたという。
 また鳥人の籠で運んでもらうのかと思っていたら、なんと!先日みたあの龍が背中に載せてくれた。
 飛仙族と呼ばれるフェルラダル様と手をつないでもらってマシカはそのまま宙に浮かんで、飛んでいくという。それを悔しそうな横目で見やって、兄上マリシアル様は皇女サマと手をつないで飛んでいった。
 鋭が一緒に龍に乗ってくれて、リツコの後ろでしっかり背中をささえてくれる。
「きゃーーーーー!最高!」
 はるか眼下の広大な砂漠と岩山とオアシスと、霞む広大な地平線(丸くない)を眺め渡して叫んでいるうちに、わずか半日ほどで、半月前に出た一行の後に追いついた…。



読者登録

霧樹 里守 (きりぎ・りす)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について