目次
(りある?夢?日誌…)
(上旬)
(上旬)
(6月1日) 交響曲第1番「大地、水、太陽、風」。
(6月1日) 「きのうアルパカ成分補給済み」なので、
(6月1日) …でもこれはきっと間違いなく、エルさんだと思う…wwwww
(6月1日) とりあえず彼女とはこれからキャベツの価格の話しかしない。
(6月1日) 【ヤリキレナイ川(北海道夕張郡由仁町)】
(6月2日) もちろんワタクシ「霧樹りす」だけに?
(6月2日) なんとかなるかな?
(6月2日) 「登れるハズです。」
(6月2日) 物語はここにある。
(6月2日) お娯しみはこれからだ…( ̄ー+ ̄)ニヤリ
(6月2日) さっきまであのてっぺんに居たんだぜ♪
(6月3日) …藻岩山…「樹霊気」(神気)は皆無でした…(^^;)…ので、
(6月3日) 命と魂、連れて行け。
(6月3日) とりあえずコレはネタ帳で…/しかもそれ、マーライシャ(有澄 真里砂)の来歴じゃないか…??
(6月3日) 前世記憶?を総ざらえして、「文化と民族はつながってるけど、地域と時代が違う」エピソード、は分冊。
(6月3日) 「産業スパイ」疑惑をかけられたことが何度かあるんですが…w
(6月3日) 「筆名標記」をマイナーチェンジ…。
(6月3日) 半分ボツ設定…☆ アト(地)+ラン(人)+ティス(国・土地・世界)⇒「地人(ちびと)の国」。
(6月3日) リィってば「アマラーサの産みの母」だったんじゃん…☆彡
(6月3日) (「エルム書房 本郷台駅前店」のブックカバーに黒のボールペンで殴り書き~w)
(6月3日) (まだ漫画家になろう!と思っていた中学1年のラフ。)
(6月3日) おっと「ダレムアス」が混ざってた…w
(6月3日) タイトルで、苦戦しております…w
(6月3日) …ニョゼさん?を発見…www
(6月3日) なかなかUFO来ないね・・・
(6月4日) 星占いで双子座の運勢は11位。
(6月4日) 「恐れるな、未来は変えられる」。/う~ん「ネタ帳」な音楽…♪
(6月4日) 相変わらず霊性?と精神衛生に悪いバイトで、
(6月5日) 大切な秘密。
(6月5日) (※この場合アルパカ狼さんは必需品でなく贅沢品の扱い。)
(6月6日) 今日は確率論的に言うとアルパカ狼さん遭遇確率100%?のはずなので…
(6月6日) アルパカ狼さんと(ちょっとだけど)話せたから、
(6月7日)
(6月7日) アルパカ狼さん病欠決定という時点で私には厄日。(∋_∈)
(6月8日) 祝!52歳…♪
(6月8日) 「何てことない平凡で平穏な日常」。
(6月8日) 今の生活を1ミリも変えないでなんとか痩せたいのが人間なんだろうなぁ。
(6月8日) 私の人生にしては、贅沢三昧すぎる、幸運なサッポロ毎日…w
(6月8日) 原稿を書きたまえ。
(6月8日) しばらく「水の国」で遊びます…☆
(6月9日) 「トラブルに出会うたび、手近にある物を組み合わせて危機を乗り越える。こいつはある種の快感でもある。」/か弱い女ってのは架空の生物で実態は鋼の精神力だ。
(6月9日) ひたすら書き続けていた頃の、汚原稿…www
(6月9日) 「職場の裏紙無断借用・再利用」…www
(6月9日) 宇宙エレベーター、静岡に建造、ケーブルは僅か0.4ミリ。
(6月10日) 予定は炊事と掃除と洗濯もの干して銭湯出撃!
(中旬)
(中旬)
(6月11日) 【666】…(--;)…★
(6月11日) 現在ワタクシ「中の人」がウェイファン(某前世?)モードに自動で切り替わりました…
(6月11日) けっこう穴場w
(6月11日) 漫画読んで寝ますぅ…☆
(6月12日) 「ええじゃないか」。=地震や噴火を予言する踊狂(ようきょう)現象。
(6月12日) あるばか狼さんが居ない時点で、私には厄日。
(6月12日) そしてそしてワイン!
(6月12日)…例によって私が、完っ全に! 忘れていた瞬間に…(・ω・;)(;・ω・)…
(6月13日) 厄日(特に水難)満載の予感…
(6月13日) あるばか狼さんの風邪が、とりあえず治った?(^_^;)
(6月⒕日) I will survive .
(6月14日) …悪夢…(><。)。。
(6月⒕日) 残業のおかげで、めったに見れないアルパカ狼さんの超かっこいい「防御指揮官」モードが鑑賞できました…
(6月15日) 「夜間の阿寒湖で悪寒がする予感」。
(6月15日) 桐木りすさんを簡単に「天才」と表現できればいいのですが、
(6月15日) 脳貧血、はんぶん金縛り。
(6月15日) そのかみ《水の大陸》にトゥリアンギアなる富裕な王領ありき。
(6月15日) ディカールと呼ばれるその少年がトゥリアンギア公領を旅して行ったのは冬も近づこう枯雨月(かれうづき)。
(6月15日) 2人は火の傍に坐っていた。
(6月15日) 主神この地を遠去りまししより、神血王7代の後、
(6月15日) 古アトル・アンの地、当時はアトランと呼ばれていた世界。
(6月15日) 「ミトラ … の誓い、で御在ますか…」
生物は意思(意識)された方向に進化する。~【万物に意識がある】。
(6月16日) 雨が降ってたら原稿と家事。
(6月16日) …震度、6弱ゥ…!?(@@;)?!
(6月16日) 【 函 館 直 撃 】 地震じゃねぇか…!?
(6月16日) (地球上の、全生態系が滅ぶよ…?)
(6月16日) 「あんちジェンダー(性別役割分担強制反対)SF」の佳品。
(6月16日) アルマンディン兄にそっくり…www
(6月16日) 従順な罪人は困ったように口をつぐんでしまい、答えようとしなかった。
(6月16日) 「おかわいそうだわ。おかわいそうだわ。まだまだあんなに子供こどもしていらっしゃるのに、あんな… 」
(6月16日) 「不義のとは云い条、それでもわたしは正しく神王の血を継ぐ者なのだ。違うか?」
(6月16日) わ~い♪(^^)♪ ディカールが出てきた~♪♪ 
(6月17日) いきなり震度6弱! おとなしく原稿で遊びますぅ…
(6月17日) ポールシフト 今~3ヶ月の間にポールシフトは起こると専門家 NASAが発表しているが?
(6月17日) 原稿の、続き。かな~??
(6月17日) 公子の言葉にはわずかに悲しげな翳がおちていた。
(6月17日) お♪ リージアみたいな美女が…♪
(6月17日) ディカールもまた公子のひどく深い孤独感を知り、
(6月17日) ミアルド閣下、たんなるストーカーの、セクシャル(?)ハラスメント上司ですから…★
(6月18日) 今日は「アルパカ狼さん鑑賞」は出来そうにありません…★
(6月18日) 今日は休みかと思っていたアルパカ狼さんがいた! 元気で可愛くて人気者だったので、あとは赦す!
(6月19日)
(6月19日) アルパカ狼さんが今日は居なかった時点で機嫌は悪い。
(6月20日) …今日に限ってはアルパカ狼さんはいないほうがありがたいぞ…
(6月20日) アルパカ狼さん居ないし!
(下旬)
(下旬)
(6月21日) 「変顔」ですが、
(6月21日) せっかくアルパカ狼さん居るのに広大なフロアの対角線上。
(6月21日) バイト最終盤にちょっとだけどアルパカ成分も補給できたし、
(6月22日)
(6月22日) 【 LI’s TERA’s …??】
(6月22日) (これ以降、「男性同性恋愛ネタが苦手なかた危険地域」です。)
(6月22日) ミアルドは不思議そうな瞳をしてディカールを見つめた。
(6月23日) 「銭湯」出撃!
(6月23日) 超絶おすすめ録音スポットですよ~♪♪
(6月23日) 「どぉでもいいよ~♪」
(6月23日) ますます、「りある」世界は「どっち」なのか、分らなくなってきました…www
(6月24日) 夕方から原稿遊びの続き~♪
(6月24日) 明日、あなたの命が終わるとしたら、
(6月24日) ※これ以降、「男性同性恋愛ネタが苦手なかた危険地域」です。
(6月24日) 「おまえの言うことはしばしばひどく喰い違っている。…一体どれが真実なのだ?」
(6月24日) 脳内で大量に(^^;)書き散らしていたはずの、肝心の、
(6月24日) ちなみに、「西日本は水に沈む」から、「避難先としてお勧めしない」てのも2011年3月末くらいにmixiで書いてる。
(6月25日) 「西日本は水に沈む」から、「避難先としてお勧めしない」。
(6月25日) 希望と絶望の神アゾルディアド。
(6月25日) (それまで、日本国と気象庁が、あるのか…??)
(6月25日) アルパカ狼さん居ない。(-_-#) 目の前ずらっと私が勝手にソウルチームメイト?だと妄想してる人たち3人横並び。
(6月26日) 「天国のような天塩川」沿いは、「フクイチからの風と雨の通り道」…(><p)…
(6月26日) アルパカ狼さんに全然構ってもらえなかった。(;_;)
(6月27日) 肺が遺体…
(6月26日) アルパカ狼さんに構ってもらった〜♪へ(^o^ヘ)(ノ^o^)ノ♪
(6月28日) 「転生課題」。
(6月28日) 原稿書く時間を確保するため、
(6月28日) アルパカ【おか〜さん】狼さんが居ないよ…(;_;)…
(6月28日) …ナサケナイぞエルッ★
(6月29日) 私のカラダは既に「耐曝臨戦態勢」に、入ってますが…
(6月29日) 何をしているんだ……。原稿を書きたまえ。
(6月29日) イメージモデルとか、勝手に採用させていただいております…w
(6月29日) エロ要素含有「異世界?」ファンタジーの設定詰め。
(6月29日) 守ってあげたい - 松任谷由実(フル)
(6月29日) もし戦って勝てるものなら、
(6月29日) サタナクラは奴隷文化の地である。
(6月29日) 弥栄=ヤーサカ ヘブライ語で「神よ」を意味する根源語で。ここから杉原千畝が出た。
(6月30日) 『カルマ』
(6月30日) ( 天路歴程 )。
(6月30日) 近道のつもりで予定のルートを外れて真っ直ぐ走っていったら、
(6月30日) 山桑の実が、完全放置で、タダで!w
(6月30日) ダレムアスの白い街道。(^-^)g
(6月30日) 「役に立たない予知夢シリーズ」で視ていた景色…
(6月30日) ( 偶然の一致。)
(6月30日) 高島満兎(まと)。←りすの前世…?
(6月30日) 「時間のカミサマに愛でられて」いた一日。
(借景資料集)
(借景資料集)
(6月1日) 2016年6~8月の間にポールシフトが起きる、と緊急メッセージ。/「東京はもう危険なので熊本に引越する準備中」(2013年10月)
(6月2日) それをパワースポットとか呼んでたり?
(6月3日) 生命誕生における月が与える潮の干潮が与える影響はとても大きかったと推測されていて、その月ははるか昔地球に隕石が衝突した時に飛び散った破片が集まって出来ていてその衝撃で地軸が傾いているんだ
(6月4日) 太陽フレアの引き起こす磁気嵐に備えて頭にアルミホイル巻くのは社会人の常識であるが。
(6月5~6日) …やっぱオリジナルのほうが、ハチャメチャで面白いけどね…w
(6月7~8日) 災厄前最強のサイキッカーの確保に成功、予知能力を使わせてポールシフトを含む大災厄が起こるのを知り、世界にそれを一切明かさず動いたうえで大混乱期に最大利益回収、最強国家に成り上がった連
(6月8日) 老人たちは抵抗せず、中国を怒らせないようにやり過ごそうという。/戦うしかない、と答える若者は、金銭的に外国移住という選択肢がない階層。
(6月9日) 警察国家の誕生だ。/…だからそりゃSFネタだってば…
(6月10日) このカプセルがあれば、世界中どこででも暮らしていける。発電機能搭載型単身用移動カプセル住居。
(6月11日) 生き残ってやる(`・ω・´)ゞ
(6月13~⒕日) カリブの島でモンプレー火山が噴火、三万人が死んだのが1902年。それから20数年後、グスコンブトリを賢治が書いた。/いずれ地球は、生き物の痕跡もない火星のような「惑星」になる。
(6月15~16日) 常識を覆すカレイ。
(6月17~18日) 「地軸を変えるしかない。」/傾きすぎじゃない??
(6月19~20日) 地球の地磁気は過去100万年あたり1.5回程度の頻度で反転している。
(6月21~22日) (…あんまり情報量が壮絶すぎる。ので、東日本と西日本に分けてみました…★)
(6月23~24日) 今日は磁気嵐が発生しているようだな。
(6月25~26日) …「あんた、ばかぁ…?」…
(6月27~28日) シンセサイザー音楽は、宇宙っぽいですが、逆に宇宙からの波形やノイズを使ったのが、先日亡くなった #冨田勲 さんのドーン・コーラス。
(6月29~30日) 『 カルマ 』/元素が循環するってわからないのかな。
奥付
(…続きます…)
奥付

閉じる


<<最初から読む

77 / 163ページ

(6月16日) アルマンディン兄にそっくり…www

http://85358.diarynote.jp/201606162014131540/

(作業宙)

2016年6月16日 リステラス星圏史略 (創作) コメント (2)

 

https://www.youtube.com/watch?v=pvhMBf9wKf8&index=32&list=PLVBxO3o-avAcDIhDc2GVVdLkDh_BaoK2P
Gregorian - Wake Me Up When September Ends
 
あらためまして、おばんです。
20:00になっちゃいました。

半年間放置していた「メインの」メールアドレスを
(それ以外はすでに数年?以上?放置…)、

さすがにまずいだろうと思って、久~しぶりにチェックしてきたのですが…
見事に!(--;)!
例によって全て!DMだけで、知人や家族からの私用メールは一通も来ていない。という…www

ここまで非リア凹で愛別離苦?な人生で生きていられる人間はそうそう居ない?と思うんですが…

よく、生きて呼吸できてんなぁ、私…w(--;)w…★

ってことで、震度6弱ニュースのPTSDと、
雨で線量も湿度も上がっているおかげで、精神状態は大変よろしくありません。

すでに麻酔薬として缶ビール開けております。

美味い☆(^^;)美味い☆


…貼ってある漫画は、期待したほど薬草学のウンチクがメインではありませんでしたが…なかなか笑えたw

だって主人公がw

接触テレパスなのに、
超のつく世渡りベタ?で、
 
いささか常識に欠けてるという自覚がなくて、
むだに推理力?と行動力だけはあって、
 
正義感とサバイバル根性だけはあるんだけど、

本人ガンバッテるつもりがすべて裏目で、
…(^■^;)…

ストレート黒長髪まんなか分けで、
成長不良的な痩せっぽちの小柄で、
 
よく観りゃ、そこそこ美形?…

というねぇ…wwww

参照:http://76519.diarynote.jp/200605250006050000/
>なに不自由ないスペシャルA級特注オーダー遺伝子持ちで
>ありながら、D〜F級の犯罪者集団に紛れて育った天才の、

参照:http://85358.diarynote.jp/201312092153102544/
>超A級ハイクラス遺伝子保持者のルー・ウェイファン博士が辺境無法宙域放浪中にさんざん苦労し孤独をかこち、


…さて…。(^^;)

笑って仮眠して美味しいSAPPORO CLASSIC をかっくらって…

横目で地震の続報をにらみつつ。(--;)

原稿発掘!いきま~す…っ!

http://p.booklog.jp/book/107611/read
リステラス星圏史略
古資料ファイル 3-1-7
 『逆願樹の森』(仮題)


https://www.youtube.com/watch?v=_m15OA2N9CQ&index=33&list=PLVBxO3o-avAcDIhDc2GVVdLkDh_BaoK2P
Gregorian - Wonderwall

 

 

コメント

霧木里守≒畑楽希有(はたら句きあり)
2016年6月16日20:27

56

56
0☆

…惜しいっ5555は見損ねた…ッwww
霧木里守≒畑楽希有(はたら句きあり)
2016年6月16日20:44
 
あ、ちなみに、この漫画の宇佐美って、

アルマンディン兄にそっくり…www
 
http://85358.diarynote.jp/items/books-jp/4091355773/

(6月16日) 従順な罪人は困ったように口をつぐんでしまい、答えようとしなかった。

http://85358.diarynote.jp/201606162119474038/

(モチーフ I-II ) (1983年)

2016年6月16日 リステラス星圏史略 (創作)

 
https://www.youtube.com/watch?v=IJ6KqbL1he0&list=PLVBxO3o-avAcDIhDc2GVVdLkDh_BaoK2P&index=40
Gregorian - Meadows of Heaven (Nightwish cover)


(モチーフ I-II )


「どうしたのだ」
 公子が馬を寄せて行ってみると、人垣が割れて騒ぎの中心が見えた。

「これは閣下! 見苦しい騒ぎをお見せいたしまして…」
「かしこまらなくてもよいよ、隊長。何の騒ぎなのだ?」

「いえ、閣下、小官はただの士卒長でございますが…
何のと申しませばこの男、この、ここに捕えてござります罪人がでございますが、アセドの魔薬に関わっているのを昨夜おそくにつきとめましてございます」

「アセドの魔薬に?」
「はい。で、御在ますので第8代タンプゲイルト故王の定めましたる三身の法に従いてこの者の妻・親族をも引ったてようとここにこうして参りますれば、この者、大罪人の分際をして、女とは離縁した、既に離縁した者をまで累につかせようとするのは非法であろう、などとぬかしおりまして … まったく縛めを受ける分際で見の程知らずもはなはだしいへ理屈…」

「なるほど。」
 公子は官吏の言葉をさえぎって、純白の若馬を民草の遠巻きに見まもる中、更に数歩すすめ、馬上から罪人にかがみこんだ。

「男。名はなんと?」
「タンデでごぜえますだ領主さま」
 縛められた姿で、出来る限りの礼を尽くそうと努力しながら罪人は大人しく名乗った。

「タンデ、何故アセドの魔薬になど手を出した?」
「金が欲しかったからでごぜえます領主さま」
「…おまえは貧乏をしているのか」
「へえ。いえ。」
「どちらだ」
「急に… たくさんの金が要りようになったんで、領主さま」
「なぜ?」

 従順な罪人は困ったように口をつぐんでしまい、答えようとしなかった。公子は体を起こして村人達に、誰か理由を知る者はいないのか、と、豊かな落ちついた声で呼ばわった。

「あたしが…」
「てめえはすっこんでろこの女(アマ)!」
 唐突にわざとらしいあざとげな声で男は叫んだ。

 公子は首をめぐらせて、怒声にも怯えずに役人達のかげから歩み出て来ようとする、痩せて蒼白な顔の女を見つめた。

「おまえは?」
「これがこの者の女房でございまさ」
 士卒長が説明した。

「タンデ・タ。おまえは夫が金を必要とした訳を、知っているのか?」
「へえ。領主さま」
 なまりの強い農婦ことばのかげで、にも関わらず、城づとめのどんな貴婦人や官女達にも負けずしゃきりと女が首すじを持たげている様を、公子は注意深く観察し、尋ねた。

「おまえのためなのか?」
「へえ。よくおわかりで…」

「違えますだ領主さま! おらァ遊ぶ金欲しさにやったんで! そんな女とは何の関わりもねぇんで!」

「おまえは黙ってるんだっ!」

「士卒長、乱暴はするな」





https://www.youtube.com/watch?v=KYRNw-wOULM&index=41&list=PLVBxO3o-avAcDIhDc2GVVdLkDh_BaoK2P
Gloria ~ Gregorian

(6月16日) 「おかわいそうだわ。おかわいそうだわ。まだまだあんなに子供こどもしていらっしゃるのに、あんな… 」

http://85358.diarynote.jp/201606162144254848/

(sect.1 モチーフI.) (1983年)

2016年6月16日 リステラス星圏史略 (創作)

 

https://www.youtube.com/watch?v=yvthat7poF8&list=PLVBxO3o-avAcDIhDc2GVVdLkDh_BaoK2P&index=45
Gregorian - With Or Without You Live in Prague (U2)




sect.1 モチーフI.


 そこでまだ幼さの面影の残る利発な公子は尋ねた。
「それでは、おまえもわたしの "血縁以外の身内" (ミトラ・タ)とはみなされないのか、タイン伯?

 トゥリアンギアの実質的な宰領・タインジェント伯爵は、多忙な職務の合間に、しばしば直々に教育官の役を買って出ている程に、主人でもある少年の優秀さを愛でていたにも関ず、深い悲しみのような、痛ましさと自責のような、みじめな表情をかすかに浮かべて上体をひいた。

「お許しを、閣下。今までの所わたくしは閣下を守(も)り育てよとの王陛下の御命令(おいいつけ)以上の事は為しておりませぬし、また、今後も為すわけには決していきませなんだ。この限りではわたくしは閣下(あなたさま)と心を結んだ事には成り得ませぬで。如何にわたくしが閣下のお身上に御同情申し上げたとしても、ミトラ・タの誓いをたてるわけには… わたくしには妻も子も親兄弟も御在ます。家長は一族の者を守らねばいかんのです。」

「そうか…」
 王の血筋、生まれた時からのトゥリアンギア公主という肩書を持つ少年は、判っていた、というように少し弱々しく微笑した。

「そんなに自分を責めるような顔をしないでくれないか。昔から、わたしはいつも、伯のその顔の理由(わけ)を不思議に思っていたものだけれど… わたしももう12の大祭を過ぎた。自分の立場も血筋の意味も理解できるようになったよ。」

「ミトラにはなれないにしても、やはりわたしを教え育ててくれた伯の存在は… ええと… その… わたしには、貴重、いや、重要なんだ。…なにかわたしが伯のためにできることはないのかしら? たとえば… わたしの身に、なにかが起こった時、決して伯に累が及ばずにすませられる方法のような?」

 タインジェント伯は打たれたように痛々しい声で言った。

「閣下…おわかりでしょう。そのように個人的に気を使っていただいたりしない事が、最善の策だということは? わたくしは王妃陛下のお庭番を恐れているのです。」

 茶菓の給仕の当番にあたっていた少女のような若い低位の官女は、そこまでを同僚の台所女たちに語り終えてしまうと、おろおろと泣き始めた。

「おかわいそうだわ。おかわいそうだわ。まだまだあんなに子供こどもしていらっしゃるのに、あんな… あんな風に無理にお気を使いになって、心の中ではどんなにかお寂しく感じていらっしゃる事でしょうに…」

「幼なくいらっしても王家のお方だからね。」
 年の寄った炉火番の女が肯いた。

「いつでも先にわたしら臣下の者達の事を気遣って下さる。あの御気性は今の陛下よりも先代様に似ておいでだよ… ま、血筋の濃さを考えてみれば当然のことかも知れないがねェ」

 老婆がひとり首をふっているのへ、「しっ! めったな事をお云いでないよ」と、いま1人の女が口を出した。

「あんたはあたいの "友人" (ミトラ)って事に一応なってるんだからねぇ。ぼけて来たからといって不用心な事をくっちゃべるのはよしとくれ。

 さあさあ、あんたもだよ新米采女さん。あんたも親ご兄弟が大事なら… 公子様に親身になってさしあげようなんざ、考えないこった。」



(6月16日) 「不義のとは云い条、それでもわたしは正しく神王の血を継ぐ者なのだ。違うか?」

http://85358.diarynote.jp/201606162201045219/

「閣下、お許しを乞いに参りました。」 (1983年)

2016年6月16日 リステラス星圏史略 (創作)

 

https://www.youtube.com/watch?v=XZH5YipyRn4&index=48&list=PLVBxO3o-avAcDIhDc2GVVdLkDh_BaoK2P
Gregorian - The unforgiven




「閣下、お許しを乞いに参りました。」

「候?どうしたのだ」

「閣下お気に入りのあの娘、ヤタル家の、アルシアと申しましたか。些細な不始末を理由に、本日、宿下がりを申し付けました。既に城を出させて御在ます。」

「アルシアを!」

 年若い公子は椅子を蹴り、走り出すかのように見え…

 やがて、遠くを視ようとする目つきで、静かに腰を下ろした。

「有り難う。候。」

「閣下。」

「わたしからそれをしようと思っていた。言い出せずにいた。ズルズルと日のべをするというのは、潔くない真似だな。わたしは恥じるべきだ。」

「閣下。」

「不義のとは云い条、それでもわたしは正しく神王の血を継ぐ者なのだ。違うか?」

 一瞬、公子の背筋はひどく誇りやかに伸ばされ、白い額には自負と信念とが満ちた。だがしかし、雲間からのぞく太陽が直ぐに復た姿を隠してしまうように、輝きは表情から去り、ひどく青冷めて公子は震え始めた。

「閣下。」

「1人にしておくれ。候。」

 静かな絶望の涙をなおも隠そうとしながら、

「ここはひどく寒いのだ。どうせ、誰もわたしに触れる事が出来ないのなら。

 …孤独(ひとり)に、しておいてくれ。」





 南に下って色の白い娘は、肌に慣染んだ重い衣服をつけた。悲嘆にくれる愛娘の様子に、父も母も、一族の他の者も、誰もその送り帰されて来た罪条を尋ねようとはしなかった。
どのみちそれ以上のお咎めは無く、むしろ何事かに『巻き込まれた』だけ、望むならば一族から誰か他の者を、宮女または近衛士として受け入れようとまでの、同情と犒(ねぎら)いの伝奏をク・スールア候直々から届けられていたのだ。

 涙の涸れるまで泣き果てて、痩せて小柄な未だ少女とさえ呼べる若い貴女は、決然として面をあげた。

「公子様はまだ14祭礼よ。」(※)

 整えられた部屋の中で南国の涼やかな風がさやさや鳴った。 

「行ってくれるわね? リージア。
 行ってくれるわね。お願いよ…」

「ええ。義姉者(あねじゃ)。あなたが望むのなら。」



https://www.youtube.com/watch?v=CAGxQIG-IPM&list=PLVBxO3o-avAcDIhDc2GVVdLkDh_BaoK2P&index=49
Gregorian-Hell’s Bells


(6月16日) わ~い♪(^^)♪ ディカールが出てきた~♪♪ 

http://85358.diarynote.jp/201606162238332661/

(サムサラ地方出身のその若い騎士) (1983年)

2016年6月16日 リステラス星圏史略 (創作) コメント (1)

 

https://www.youtube.com/watch?v=e2qluTHhOSc&index=51&list=PLVBxO3o-avAcDIhDc2GVVdLkDh_BaoK2P
Gregorian - Arrival - Abba



 サムサラ地方出身のその若い騎士(デュアレスト・ダム=サムサーラ)が、これから自分の主となるべき貴人の名を聞かされた時、彼の胸には望外な喜びと光栄を感じる心とが一杯に満たされた。それ故に彼が…式に向かうあいだじゅう、その頬が幸福に生き生きと輝きっぱなしだったというのは、彼・ディカールにしてみれば当然至極のことであったのだ。

 しかしそれが彼をしていかに周囲の他の勲爵士(デュアレスト)から際立たせて見せた事か。それは、彼の新しい主人の視線が式典が初められて直ぐに式場のある一点、彼の占めている座席に注がれたまま動かなくなってしまった事実からも明らかだった。

 サムサラの若き騎士ディカール(ディカール・デュアレスト・ダム=サムサーラ)の、主人となり、彼の全てを握る権利を得た者の名を、トゥリアンギア領主ミアルドという。

 この未だ年若い公子の尊称は本来もっと長く、より輝かしくなるべきであるか、さもなくば、名の持ち主と共に初めからこの世に存在してはならぬかの、どちらかであった。

 つまりこうである。

 彼の母は現王の異母妹であり、その公(おおやけ)の夫は王の従兄であった。しかし彼の実父は現王その人なのだという事は、3歳の童児でも知らぬはないという "秘密" である。

 そして現王の正妃には彼と幾らも齢の違わぬ、体の弱い弟がいるという事も。

 現王は既にして高齢であった。そしてこの公子の麾下に毎年配属されて来る若騎士の殆どが、トゥリアンギア…王国随一の公領の守りにつける事を誇りにしながらも、王位継承第一位にしていつ何時、反逆者として現王妃から追われるやも知れぬ主を持ってしまった事への不安で、複雑な面持ちをして…式に臨むのが常の事となっていた。

 そのような事情があったからこそ若いディカールの姿、その、喜びと忠誠のみに満ち溢れた態度は式典の主催者の眼をかくみ魅きつけたのである。公子は、自分の微妙な立場というものを、平静な表情に隠された下で常に十二分に自覚させられ続けていたのだから。

 役人が、その年トゥリアンギアに配された数百名の若騎士たちの部署決定を読みあげている間に、ディカールはその視線に気がついて顔を上げたのだった。それまでは興奮していて解らなかったのだ。

 忠実に、見習い騎士の時代に受けた修行のままに跪(ひざまず)いていた市政から彼が顔を上げると、はるか遠く離れた壇上から今日より自分の主となった人が、敬愛すべき唯一無二の御方が、他ならぬ自分自身を注視しておられるのに気づいたのだった。

 ディカールは田舎士族の出で謙虚な若騎士らしい教育が良く身に染み通っている青年であったから、自分の何が他の者より秀でていて、それで主人の目にとまったのではないか、などという奢った考えは数瞬の間とて保たなかった。

 次いで彼は単に輝かしき公子は漠然とこちらの方を向いているだけなのか、さもなくば周囲にいる自分より優れた騎士たちの誰か…沢山いた、彼の考えでは…を見分しているのだろうと考え、その素晴らしい光栄に浴し得た者は誰なのかが知りたくて再び公子の尊顔を盗み見た。

 けれど主人の端正な眼差しは依然として彼に向けられ続けているようにしか思えず…

 彼はそのゆるやかに波打つ淡い黄金の髪を、秀麗な白い額を、以前にも見た事があった。

 士族の息子として騎士道修行所へと父と旅をしていた折に、ディカールは、野を駆ける、さながら精霊族のごとき美しさを持つ年若い貴公子を、遠目ながら拝した事があったのだ。

 見事な白亜の駿馬であり、それ以上に見事な美しい乗り手であった!

 共にそれを讃えあった同行の父も今は亡いが、その日以来、馬を駆るなら彼の御方のように、人に仕えるなら彼の御方のような貴人に、というのが、苦しい修業時代をやり抜かせた彼の情熱の、ひそかな支えでさえあったものえある。

 今日この日にその憧憬の貴公子のもとに主従の関係を結ぶ事が出来て、これ以上の僥倖というものは彼には無いのだった。

 幸福に酔うあまり、自分が下級の若騎士の分際でありながら主人の目を真っ直ぐに見返す、などというとんでもない無作法を犯しているのにディカールが気がついたのは、公子が穏やかに彼に笑いかけたその後の事だった。

 彼は耳もとまで恥の感情で真紅に染め、果たして主人が自分を見つめていたのは初めて着る騎士の装束に何かおかしな所があったためではなかろうかと、身動きのままならぬ式典の最中に見える限りの自分の姿に目を走らせながら真剣に悩んだ。

 あまつさえ自分は主の目を見返すような馬鹿な真似をしてしまった!

 さあ、これが為に晴れの式のその日のうちに主従を解かれるような事になってしまうのではないか。

 彼はその日一日中を追われた野兎のようにビクビクして過ごし、事実、歓迎の宴の席での無礼を理由にその日のうちに城を出されてしまう不運な兵士も、毎年1人や2人は必ずいるものなのだが… 少なくとも今年は彼は無事だった。

 翌日には彼は他の数人と共に任地イズルンの森へと出立し、新しい生活に慣れる為の忙しさに紛れて、主命による解雇の危惧も、そして崇敬する主人と直接に目を見交わした幸福な数瞬の事をも、徐々に記憶の隅へと押しやり、忘れてしまった。

 そうでなくとも見習いから登位したばかりの若騎士の生活になぞ、勤めを解かれてしまう機会が気を抜けば度々あったのである。

 けれど孤独に守られた公子には春の陽差しのような明るさの青年は深い印象を与えた。

 彼は生まれて初めて彼の目を見返した者の顔を、決して忘れたりはしなかったのである。




https://www.youtube.com/watch?v=FsUSk08sMUM&index=55&list=PLVBxO3o-avAcDIhDc2GVVdLkDh_BaoK2P
Gregorian - Mercy Street

https://www.youtube.com/watch?v=_y9B7s4roxs&index=56&list=PLVBxO3o-avAcDIhDc2GVVdLkDh_BaoK2P
Gregorian Sky and Sand

https://www.youtube.com/watch?v=ADKeAlKpLmI&list=PLVBxO3o-avAcDIhDc2GVVdLkDh_BaoK2P&index=58
Gregorian - Fix You

 

 

コメント

霧木里守≒畑楽希有(はたら句きあり)
2016年6月16日22:59
 
わ~い♪(^^)♪

ディカールが出てきた~♪♪

(ところまでで、本日終了w)
 


読者登録

霧樹 里守 (きりぎ・りす)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について