目次
八十一章
序 文
はじめに
第一部
第一部
第一章 感覚による認識の予想について
第二章 諸感覚の錯覚について
第三章 運動の知覚について
第四章 感覚の教育
第五章 刺激について
第六章 空間について
第七章 感覚と理解力
第八章 対象について
第九章 想像力について
第十章 異なった感覚による想像力について
第十一章 連想について
第十二章 記憶について
第十三章 身体の中の痕跡について
第十四章 連続について
第十五章 感情の持続
第十六章 時間について
第十七章 主観と客観
第二部
第二部
第一章 さ迷う経験
第二章 観察について
第三章 観察者の理解力
第四章 類推と類似について
第五章 仮説と推測について
第六章 デカルト讃
第七章 事 実
第八章 原因について
第九章 目的について
第十章 自然の法則について
第十一章 原理について
第十二章 メカニズムについて
第三部
第三部
第一章 言語について
第二章 会話について
第三章 論理学と修辞学について
第四章 注 釈
第五章 幾何学について
第六章 力学について
第七章 算術と代数学について
第八章 虚しい弁証法について
第九章 幾らかの形而上学的理性の働きに関する調査
第十章 心理学について
奥付
八十一章

閉じる


<<最初から読む

4 / 46ページ

第一部

 

 

 

 

第一部 感覚による認識について


第一章 感覚による認識の予想について

 

 誰もが持っている素朴な観念とは、私たちが何も変えられない対象として現れて、その痕跡を受取るしかない風景ということです。有りもしない対象によって延長された世界の中で見るのは少なくとも狂人たちです。彼らの想像力を演技によって事物に混ぜたいのは取分け言葉による芸術家たちですが、彼らは決して騙しません。もしも単に馬の足音を聞いたなら騎士が来るのを期待する様に、誰もが予想するものに関しては決して対象の形がありません。光の戯れによって目に見えない限り、私はその馬が見えません。そして、私がその馬を想像すると言う時でも、せいぜい確固としないで固定出来ない素描を描くだけです。以上は知覚による素朴な観念です。

 しかし、この事例そのものについても批判が既に働くことが可能です。もしも視界が霧で妨げられたなら、あるいは夜になったなら、そして馬に少しは似ているが何か下手な素描の様なものが現れたなら、その時は何でもないものでも実際に馬を見たと時々は断言することがないでしょうか。ここでは本物でも偽物でも一つの予測が、対象の外観を良く理解することはあり得ます。しかし、もしも感知したその事物がその時に変えられても変えられなくても、あるいは単に私たちに間違った言葉が投げられても、今は議論しない様にしましょう。というのももっと適確に次の様に簡単に言った方が良いからです。事物を知覚することは全てが予測です。

 良く検証してみましょう。あの遠い水平線を、私は遠いと見ません。私が遠いと断言するのは、その色彩や、私がそこに見ている幾つもの事物との相対的な大きさや、細部がぼんやりしていることや、水平線の一部を隠している別の様々な対象が干渉していることによるのです。ここで私が断言することを証明するのは、画家たちが遠くの山の知覚を、一枚のカンバスにそれらの外観を模倣して私に与える術を良く知っていることです。しかし私が見るのは、あそこにある水平線です。私が近くの樹木をあそこにはっきりと見るのと同じです。そうして私はそれらの全ての距離を知覚します。この距離の骨組みが無いとすると、風景とは何であるのか私は何も言えません。多分、それは私の両目にはぼんやりと混乱した一種の光に過ぎないでしょう。この話を続けましょう。私は陰影が非常に微妙な大型メダルのレリーフを見ているのではありません。子供が輪郭と色彩を解釈して事物を見るのを学ぶことは、誰にでも容易に見抜けます。更にもっと明白なことは、あそこの遠い処では私はこの鐘の音が聞こえませんし、以下同様です。

 一般に支持されていることは、私たちに教えるのはそれに触れることです。それは純粋で単純な確認によるものであって、如何なる解釈もありません。しかし、それは何ものでもありません。私が立方体の骰子に触れることはありません。いいえ、違います。私は辺と角と、固くてすべすべした面を次々に触り、全ての外観を唯一の対象に結びつけみて、この対象が立方体であると判断します。あなたは他の事例も当たって下さい。何故なら、この分析は非常に遠くまで及びますし、それらの最初の歩みを良く確保させることが重要であるからです。その上、余りに明白なのは立方体をしていて固いこの骰子は全面が白いのであり、それと同時に幾つもの黒い点が付けられていても、私には意味のある一定の行為として確信することが出来ません。私は骰子の全ての面を同時には見えません。そして目に見える面は同時に決して同じ色をしていませんし、同様に他にも同時に私にはそれらの面が等しく見えません。しかしながら私が見ているのは立方体です。等しい面をしていて、全面が等しく白いです。それなのに私はこの事物を立方体に見ますが、その証拠は触れているからです。私が一つの対象に異なる感覚を数々の知覚の結合によって認識することを、プラトンは『テアイテトス』の中で、如何なる感覚によるのかを尋ねていました。

 骰子の話に戻りましょう。私は一つの平面に六つの黒い点を認めました。そこには理解力の働きがあるのを認めることは困難を生じないでしょうし、少なくともその感覚が内容を示しています。これらの黒い点をざっと目を通しながら、そして一つ一つの順番と位置を記憶に留めながら、私はついにそれらの点が六であること、つまり二掛ける三が五足す一である観念を些か苦労して最初に形づくります。計算する行為と、次から次に手と目で外観から立方体を私に認識させるのを認めるもう一つの働きの間に、類似があることをあなたは気付くでしょうか。そこからは既に知覚が理解力の機能になっていて、私の風景に戻るには、最も理性的な精神が信じられない位に自分自身をそこに身を置いているのは明らかです。何故なら、この水平線の距離にも言葉が無いけれども、骰子と同様に考えられますし結論付けられるからです。そして私たちは既にそこでは、私が話した素朴な観念に対して防御態勢を取っているのです。

 もっと近くから見てみましょう。この水平線の距離は数ある事物の中の一つではありません。勿論、事物と私の関係は思考され、推断され、判断を下されたか、あるいは求めている様な関係です。私たちの認識の形式と内容の間で行わなければならないことは、重要な区別を見せることです。風景と全ての対象を支えるこの秩序と関係は、その区別を決定するものであり、そこから現実の堅固で本当の何ものかを生んでいます。これらの秩序と関係は、形あるものであり、思考された機能を明確にするでしょう。そして、狂人とか熱狂者が事物の中での彼ら自身の判断力の誤りを見て、それらを現在の堅固な事物と見做しているとしか見ないのは誰でしょうか。ここで見ることが出来る哲学的認識の手本は、抽象的な言葉によって、より一層高度に定義しています。その様にして最初の歩みが始まるや否や、私たちは如何なる目標へ行くのか大変良く気付きます。そして、どんな問題においてもこの観察は、哲学的探究とその美名を受取りたいと思っているあらゆる無駄な試論を区別するためにも適切なのです。(完)

 


第二章 諸感覚の錯覚について

 

 諸感覚の認識は、距離や大きさや対象の形について間違った場合があります。私たちの判断力は屢々経験に従って明白になりますし、私たちの認識を立て直します。私たちはその時、理解力に良く目覚めます。間違った様々な錯覚は判断力が暗黙の裡に示されているものである程に、それらの事物の外観自体が私たちには変化した様に見えます。例えば、もしも私たちが上手に絵の具を塗った或るパノラマの絵を見たなら、その距離や奥行きは実物のものとして把握していると思います。カンバスは私たちの視線の前では窪みます。従って私たちは感覚に関して何らかの欠陥によって錯覚を何時も説明したがりますし、目も耳も同様に行います。殆ど全ての認識において認めること、理解力の働き、そして結局は対象の形と私たちが取り違える判断力を別のものの中に見抜くことは、哲学的認識においては偉大な一歩を生みます。考察するのに豊富な材料を発見する人々のためには、ヘルムホルツの「生理学的光学」を参照して、幾らかの単純な事例をここで私は説明します。

 確かに私の手の上で重い物体を感じれば、まさにその重さが働いているのであり、私の意見は何も変えない様に見えます。しかし、ここに驚くべき錯覚があります。もしも、あなたが同じ重さの色々な物を誰かの手に持たせてその重さを量らせたなら、鉛の球や木製の立方体や大きな段ボール箱では容量が大変異なっていますので、一番大きな物が常に一番軽く感じます。例えば、ほぼ同じ大きさの青銅の管の様に、もしも性質が同じ物体であるなら、結果は更にもっと微妙に感じるでしょう。もしも、それらの物体を輪や鉤にしてつなぎ留めて歩いても、その錯覚は長く続きます。しかしその場合、もしも目隠しをしていたなら、錯覚は無くなります。そして、私が錯覚であると良く言うのは、それらの想像上の異なった重さは、熱さや冷たさを指に感じるのと同じ位に明瞭になるからです。しかしながら私が連想した状況に従えば、この重さを判断する誤りは理解力に張られた罠から生じているのは明白です。何故なら、一般的に一番大きな物体は一番重いからです。その様にして視覚に従って私たちは実際に一番大きなものが一番重いのを期待します。ところがその印象は、それに優るものは何も与えないので、私たちは最初の判断力に戻ります。そして、私たちは期待した重さよりも軽く感じて判断し、最終的には他のものよりも軽いと感じます。この例で良く分かる様に、ここでもやはり私たちは、関係と比較によって感知しますし、予想が対象の形を理解すると、今度も又間違えるのです。

 視覚の一番有名な錯覚も同様に容易く分析されます。私は、遠近法で街灯と人物がまさに同じ大きさで描かれた絵を特に指摘しますが、私たちは最早測るまでもなく、同じ大きさであるとは思えません。ここには対象を大きく見せる判断力が既にあります。しかし、もっと注意深く点検してみましょう。対象はそれ自体の大きさがどんな大きさにもならないのですから、決して変化しません。大きさは常に比較されます。従って二つの対象の大きさや全ての対象の大きさが、部分部分ではなくて全てが分割されずに、実際に形づくっています。数々の大きさが全体で判断されます。そこから分かることは、物質的な事物は外部的部分で常にお互いに分割されたり形づくられたりしているが、これらの事物に関する思考がその中で一つ一つに分割され得ると受け取られないことを混同してはならないことです。仮にも今は、この区別が難解で何時も思考した儘でいなければならないのが困難であっても、途中では我慢して下さい。或る意味では物質的と考えると、事物は部分的に分割されますが、一つの部分は他の部分ではありません。しかし、或る意味で思考と考えると、事物への知覚は分割されずに部分ではなくなります。言うまでもありませんが、この単一性が形式になります。私は決して先走って言っているのではありません。私たちはこれから直ぐに空間と呼ばれているこの形式を最初の素描として述べなければなりませんし、幾何学者たちが理解力によって沢山の事物を認識しますが、これからお分かりになる様に、感覚で認識しない訳ではないのです。

 困難なこの説明をもっと良く準備するために、私は立体鏡を例にして考察する様に読者をご案内します。それは、この器具の理論と操作が読者に再び慣れる様になってから後になるでしょう。今は既に立体鏡のレリーフが目に飛び込んで来る様です。しかしながら一つのレリーフに似たものは何もありません。問題なのは私たち一人ひとりの両目にとって、数々の同一の事物の外観にも相違があると結論付けられることです。レリーフを作る私たちにとってのこれらの距離は、与えられたデータとしての距離と同じでなく、寧ろ思考された距離であり、有名は次のアナクサゴラス(1)の言葉によって、一つ一つの事物をその場所へ投げ返していることは余りに明白です。「全ては統一されていた。しかし、理解力がやって来て全てを整理したのである」。

 読者は既にお気付きでしょうが、諸感覚による認識には何らかの科学があります。どんな科学も事物の中で、より正確な知覚に存するともっと後で理解しなければならないでしょう。私たちのどんな努力も今後は諸感覚の中に理解力を発見することであり、それは内容と形式常に識別しながら、しかしそれらが別々にならない様にして、理解力の中にも諸感覚を発見するのは大変な努力が必要になるでしょう。その点について常に些か近い処にある論争話を無視する様にするのも、大変に困難な仕事です。そして余り訓練をして来なかった人々にとっては、全ての喧嘩が危険である様に論争話も危険なのです。(完)

 

(1)アナクサゴラス(前五〇〇~前四二八)は、古代ギリシアの哲学者で、宇宙万物の種子秩序が理性によって生じると説いた。

 


第三章 運動の知覚について

 

 事物の運動に関する錯覚は、容易に分析出来ますし、非常に良く知られています。例えば、事物が反対の方向へ走って行く様に見えるためには、観察者が運動すれば十分です。同様に、事物が等しくない運動をすれば、その結果は或る事物が他の事物よりも速く走っている様に見えます。そうして月が昇って来るのを見ても、乗客と同じ感覚になって走っている様に見えるでしょう。同じ種類の効果を生んでいるのですが、もしも乗客が近づいて来る対象に背中に向ければ、背中の地平線が彼の方へ近づいて来る様に感じるでしょう。その点については観察してから説明して下さい。あなたには大して難しいことはないでしょう。それに反して、これらの事例を解釈すること、良く知っていることを一度でも解釈することは大変に困難であり、それは哲学者に必要な精神の果敢な力にとっての試練に役立てることが出来ます。如何なる方向から哲学の初心者が熟考を導くことが出来るのかは、次のとおりです。彼が先ず考察するのは、現実のものになっている運動と、樹木とか月に付与される想像上の運動には如何なる相違も無いことです。如何なる相違も、人々が持っている知覚で理解して下さい。次に注意することは、それらの想像上の運動が少なくとも関係によって知覚されることです。それは作品への理解力をここで更に見せてくれています。そして外観を説明するために一つの運動を思考しながら、それは言葉になっていないけれども、既に厳密に話をするための科学の方法になります。そして、比較される点、次から次に動く位置、一定しない距離のもの全てが現れて、恐らく運動になっているもの全てに固定されて集められていることが取分け理解されることでしょう。従って動くものそれ自体を生む様に何時も場所を変えながら、単にその次に来るものに私たちの運動の感覚が存することは、それどころではありません。緻密なゼノンは良く言いましたが、動くものは絶えず何処にいるのかに正確であるので、決して運動の中には無いのです。それと同じ他の困難は全く分割出来ないものであり、私にはそれを感知したりその全体を思考したりする運動は連続的なものでしかありませんけれども、全ての運動の位置は同時に把握されるものです。従って私たちが知覚として把握するのは、決して運動の出来事ではなくて、実際には動きの無いその観念であり、その観念による運動なのです。認識全体の領域で余りに早く脱線してもお許し頂けるでしょう。これらの分析は決して分割されるものではありません。同様に、私たちがそれらの単一性に目を通して行かせながらも、やはり全てを考慮に入れていることにもう一度注意して下さい。その様にして私たちは行かせる儘にしながらも、その運動を知覚するのです。そうなのです。しかし、前もって用意されて良く保存された道は、数々の定められた地点に引かれた線に沿っていて、一言で言えば不動なのです。その点を少しでも前に考えたなら、運動に関する形式をどんなものでも考えながら好きなだけ与えられる錯覚以上に、検討するのに有益なものは最早何もありません。従ってコルクの栓抜きを回転させただけで、軸に従って移動して行く様に見えます。こう言っても良いのですが、回転していない様です。あるいは又、風車や風速計の軸を別の方向へ向けたいと決めたなら、それらが回転している感覚を外観の中でも変えることが出来ます。その様に定まった点を選択すると、別の運動を生みます。相対的な運動の概念は従って言葉が無くても認識となって現れます。

 運動の知覚としてここで言われたことは全てが触覚にも適用されますし、取分け視覚の手助けがあるにしろ無いにしろ、接触とか緊張によって私たちが自らの運動を持っているとの認識に適用されます。感覚の観念の始めが、色や音が外から与えられる様に、運動にも与えられているというのは内容の無い観念であると容易に考えられます。私が感じた運動に行き着くのは何時も思考された運動によります。そして、運動の一部分も運動から出たものであり、運動全体の中にあります。筋肉の感覚について良く知られている議論は、哲学的な認識とは無縁であることが多分あなたは直ぐに判断を下す様になるでしょう。それは実際に望んだ様に殆ど行うことが出来る言語が、奇妙な対象として叙述されて点検された後で、空虚な弁証法的な理論はもっと遅く理解されるしかありません。(完)

 


第四章 感覚の教育

 

 生まれつきの白内障から全治した盲人たちの〈観察〉は、最も偉大な哲学者たちが何時も見抜いて知っていても、それと同時に哲学者たちの注意を引き起こしていました。それは見ることを学ぶことです。つまり光と影と色彩によって与えられる外観を解釈することにあります。いずれにせよ、確かにこの種の医学上の観察も知るのは良いことです。しかし、私たちの視覚そのものを分析することや、そこで見破ったものを提示されるのを考察することは、もっと哲学的方法に適しています。森の地平線は、視線にとっては遠いものに見せないが、青味がかっているのは空気の層が干渉しているのは大変に明白です。少なくとも私たちは、それが意味しているものを全て知っています。同様に、遠近法を解釈することも知っています。それは柱や窓や並木通りの木々の様に、同じ大きさの対象物が私たちから別々に距離の位置の処にある時、遠くにあればある程小さく見える知識を特に与えてくれます。そちらの方へ注意を向ければ、そのことに気付くのは大変に容易です。しかし、時々は無邪気な理解力が真実を知っているとばかりに、描写したいと思う外観に反対します。例えば余り観察しなかった人が、向こう側の木々の緑は少なくともこちら側の木々よりも遠くにあるのに、同じ緑色をしていると大変良く主張します。もう一人の人は、絵を描こうとしている時に、雨傘の方が大きいのに、何よりも人物の外観を小さく描きたくないのです。私たちの両目は一つ一つの事物を二つのイマージュ(像)で示しているのを、認めたがらない人を私は知っています。しかしながら遠い対象のイマージュが直ぐにでも二つになるためには、一本の鉛筆の様に非常に接近した一つの対象を両目で見詰めれば十分です。しかし無邪気な理解力は、大変に強い理屈を次の様に言って、これらの外観を否定します。「そんなものはないのだから、私は見ることが出来ないのだ」。画家たちは反対に、自分たちの仕事によって事物の真偽に最早注意しませんし、少なくともその様なものとして外観を再現しようと努力することに導かれて行きます。

 運動している事物は哲学者にもっと良いことを教えてくれます。ここでは外観がより一層強くなり、事物の真実は単に見るまでもなく肯定されます。例えば、速く走る乗物に乗って地平線の方へ伸びる一本の道を軸にした車輪の様に、木々や柱が走って全ての風景が回転して行く様に、それでも存在しなくなるのが分かるのを見る妨げになり得る最大限の速さに、逆上する旅行者はおりません。最も偉大な天文学者も、地球が南北を軸にして実際に動いているのを良く知っていますけれども、大空の中を星々が移動して行く様に見ています。それ故にこれらのことを思考するや否や、観察と理性の働きによって外観に倣って事物の真実を構成し直すことを学ばなければなりません。そうしてここでは、目の先生になるのは手であるのは大変に明白です。耳も又教えなければなりませんし、私たちは音に倣って、音を出す対象のものの方向と距離を測ることを少しずつ学びました。つまりそれは、私たちが見て触るために行わなければならなかった動きであり、更にもっと明白なことです。猟師や砲兵は分類化された観察と、体系化された経験でこの教えを続けて行きます。このことに倣って些か勘違いもありますが、子供は見るものを掴み、聞くものを見詰める訓練をする勉強から判断することが出来る様になります。

 最も難しいのは恐らく触れる感覚が、それも教育の一環ですが、それだけで学ばなければならなかったことに気付くことです。盲目になった人が、それ以前には気付きもしなかった触覚の多くの印象を意味づけるために学んでいることは周知のことです。例えば彼が友人の手を握れば、私たちが普通に顔色を読むことよりも、沢山のことを見抜いているでしょう。そこから出発して遡ってみると、柔らかいものや固いもの、つるつるしたものやざらざらしたものについての子供の経験に一つの観念を生むことが出来ますし、数々の事物の味や匂いや色に関しても全てに結論を下すことが出来ます。これらの認識には、私たち自身の肉体の認識に注意して考えなければならないのも明白です。それは直接的なものになり得ないとしても、色々な関係を含んでいる場所とか距離という概念そのものから生じるものです。それ故に、どんな直接的な印象の中に与えられることは出来ません。従って私たちに全て与えられている様に見える肉体の認識と事物の認識においても、実際には全てが学ばれているのです。詳細なことや秩序に関しては、それらを見抜くために有効に訓練することが出来ますが、本当らしいこと以外を望むことに意地を張らないことです。さもなければ緻密で際限の無い議論に陥ることでしょうし、それは真の哲学にとっては無縁のものなのです。(完)

 



読者登録

高村昌憲さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について