目次
八十一章
序 文
はじめに
第一部
第一部
第一章 感覚による認識の予想について
第二章 諸感覚の錯覚について
第三章 運動の知覚について
第四章 感覚の教育
第五章 刺激について
第六章 空間について
第七章 感覚と理解力
第八章 対象について
第九章 想像力について
第十章 異なった感覚による想像力について
第十一章 連想について
第十二章 記憶について
第十三章 身体の中の痕跡について
第十四章 連続について
第十五章 感情の持続
第十六章 時間について
第十七章 主観と客観
第二部
第二部
第一章 さ迷う経験
第二章 観察について
第三章 観察者の理解力
第四章 類推と類似について
第五章 仮説と推測について
第六章 デカルト讃
第七章 事 実
第八章 原因について
第九章 目的について
第十章 自然の法則について
第十一章 原理について
第十二章 メカニズムについて
第三部
第三部
第一章 言語について
第二章 会話について
第三章 論理学と修辞学について
第四章 注 釈
第五章 幾何学について
第六章 力学について
第七章 算術と代数学について
第八章 虚しい弁証法について
第九章 幾らかの形而上学的理性の働きに関する調査
第十章 心理学について
奥付
八十一章

閉じる


<<最初から読む

31 / 46ページ

第九章 目的について

 

 目的因は王への聖なる処女たちであり不妊婦である、というベーコンの言葉は良く知られています。しかし言葉を信用するや否や、如何にして抽象的で空虚な観念が対象との接触で意義と生命を取戻し、ついに何ものかを把握する助けになるのか、それはあらゆる観念の試金石であることを示すための良い例がそこにあります。確かに、風は菩提樹の種子を遠くに発見された土地へ運んで行ける様に、創造主が羽根を付けたと譬え言われても、何の説明にもなりません。鳥たちが飛べる様に翼を与えたのである、と言っても同じことです。しかし、これらの話を発展させ様と努めると、滑稽さは全く失せるでしょう。何故なら、それでも大樹の陰よりも何処か良い場所に種子を蒔くのに羽根が十分に役立つのは本当であるからです。更に翼の構造を理解したいと思うと、飛行のために作られていることを必然的に推定することを誰も否定出来ません。というのも、その時はこの自然の機械に弓形に反った羽根とか中空の骨とか筋肉の有用性を発見するからです。従って疑問とは、「何の目的のために」から、如何にしてにへ自然と移ります。つまり諸原因と条件を探求することに移ります。鳥の羽根は一方向に並んで弁を作っているから、飛ぶために作られていて、他に理由は無い、等々です。更に、クロード・ベルナール(1)が肝臓は何らかのものの役に立つに違いないと仮定したのは間違っていませんでしたが、それは彼が何かを、取分け如何にしてを探求していることが条件です。そこから分かることは、幾何学とそれらの形式に倣って再建された知覚を決して疎かにしなければ、神学的観念も少なくとも指導的観念として十分に正しいものになり得ます。神は飛ぶために翼を作ったのであると言って或る人が満足しているならば、彼に言葉以外に精神の中には何も無いのです。しかし、飛ぶためには翼が如何にして役立っているのかを認識するならば、彼は所謂諸原因によって事物を知ることになります。そして、神という創作者がそこに付け加わる観念も、事物のものである観念を変えるものは何も無いのです。ダーウィン自身は、暗い洞窟の中の蟹が盲目になる様に、他の蟹に対して有利さを与えることが出来る性質をその中で探求する時でなければならない最終目的を持ち続けます。何故なら不必要な目を持つことが、如何に有害であるのかを点検することは重要であるからです。そして、この様な対象に目的を原因に結び付けるのは、まさに有用性の観念です。というのも、仮定された有用性が目的であるからです。しかし説明された有用性は、お望みのとおり原因であり、法則であり、説明された対象そのものです。

 良く認識しない何らかの力学を研究する時は、このことが良く感じられます。何の役に立つのでしょうか、と各事物のことが自問されます。このことを発見するために、ゆっくりと出来るだけ単独にして原因が何であるのか、あるいはもっと適切に言うなら、体系の中で何に結び付いているのかを探求するために、このものを働かせます。その様にして目的という指導的観念から、原因とか条件を構成する観念へ容易に移行されます。そして、追い求める目的の観念が、もしも述べることを簡単に諦めないならば、常に増え続けて、理論的な神学と同じ様にまさに道具や力学を全て齎すと考えなければなりません。

 最終原因が自然現象の再構築において指導的なものとして既に成功している時は、もう少し曖昧なものになります。例えば、屈折した光は最短の道を通らなければならないとか、一般的に自然は最も簡単な方法で目的を達成しなければならないとか言われます。勿論、これらの虚構は労働を無視して根拠も無く話す人々にとっての作り話に過ぎません。探求そのものの労働においては、自然の目的を考えようが考えまいが、最も単純な仮説を試みるのは常に当然であり、それが十分であるならば常にそれに越したことはありません。そして、ここで私たちは推測の中で労働者の良識に従うのであり、何の疑いも無くプトレマイオス(2)を模倣した何か複雑なものよりも、コペルニクスの体系とか、二つの星よりも一つの金星を好む様になるのです。

 思考するための職業の根柢には、誘惑と外見の闘争があります。どんな哲学も最後にはそこで定義されます。夢の様にのしかかる驚嘆すべき宇宙から自由になって、ついにその幻想に打ち勝つことが重要です。確かに偽りの神々を何時も追い払うためには、正確に列挙することによって、この広大な自然をせいぜい単純なものに帰することにあります。厳格なデカルトの術が誤解されるのは、最も狂った情熱家や予言者や見神者たちが、無為な者たちを増やして力の冷静な列挙によって既に打ち破られていることを十分に分かっていないからです。逃亡も真面目な労働です。(完)

 

(1)クロード・ベルナール(一八一三~七八)は、生物学者で近代実験医学の祖であり、『実験医学序説』(一八六五)は思想界にも影響を与えた。

(2)プトレマイオス(一〇〇頃~一七〇頃)は、古代ギリシアの天文学・物理学者で天動説による「天文学大全」と投影図法による「地理学」で知られている。

 


第十章 自然の法則について

 

 自然の法則は二つの意味に理解されています。その意味で、先ずこの世界には或る単純さと、同一事物への帰還があります。例えば少なくとも六十の単体があって、千でも二つでもありません。固体も同じです。つまり大抵の場合は、同じ形を同じ場所であるのが物体です。もしも流体しかなかったなら、力学を定めているのは何でしょうか。そして常に新しい物体しかなかったならば、化学者も迷って仕舞うことでしょう。そのことは物体が常に持続して行くと言われない良い機会でもあります。ここでは弁証法によってまさしく神まで登ることが出来ます。そして容易で誰でも手が届く理性の働きによって言えるのは、万物の優れた主人が対象も無く、同様に試練も無い人間の知性を望まなかったことです。私が超越的と呼ぶこの種の哲学は、鳥が囀るのと同様に、人間にとって自然でもあります。しかし発展するための本当の力は、百回取り壊されて百回復元される試練の中には決して無く、寧ろ最初は外部の条件と生命そのものが自然に一致した観念の中で、ついには私たちがそれと大変緊密に合致した思想にあります。しかしその観念をもっと追い詰めると、その確認が私たちそのものであるのが分かります。要するに、それが思想の初めであり、継続した発条になるのです。それが希望であり、信念です。もっと正確に言うと、可能な限り思考するための意志です。何故なら、もしも些細なことや子供の頃の外見に気を留めていたなら、際限の無い多様性と奇跡ばかりになるからです。妄想は、途方も無く狂っている様に見えても思想の自然な流れでしかないと言えば言えるのですが、統制が無く、聴衆や幻影や前兆や鬼火を要求する全てのものを断固として無視することもありません。私たちが同意したなら、宇宙は流動体になるでしょう。しかし、判断力はこれらの事物の王です。判断力が保持され得る限りは神の子です。私がこの世を支えているのであり、この世は私と共に落下すると考えるのが私は好きです。選択によって、しっかりと支えましょう。その様なものが哲学の精神です。

 凡そ、その様なものが理性の王国になります。理解力の法律学とは余りに異なります。精神はそこで少しも自由を感じませんが、権力には好都合です。何故なら自然に成り得るとするなら非常に流動であるからです。永遠に渦巻が四季に変わる時、どうにかこうにか距離、方向、力、速度、質量、張力、圧力、数字、代数学、幾何学によって常に支配されることで、思考されなければならないでしょう。物理学は少なくとももっと困難なものになるでしょうが、思考されたものに変わりありません。これらの自然の法則とか形式は、私たちの道具であり器具です。そして、天体の運行が果てしなく複雑になる時、その様にして更に極端な正確さに進む時、私たちは直線と円と楕円では少しも把握しないに違いなく、力と質量と加速によるに違いありません。というのも、これらの要素は運動自体の要素でもあるからです。運動とは形式のものであり、目覚めの最初のイマージュで生まれる如何なるものでもありません。正確に言うと、法則の無い運動は最早如何なる運動でもないでしょう。運動を知覚することとは、今まで十分に述べた様に、同一の儘の動体と連続的に変化する距離の観念と共に諸変化を調整することです。単純な知覚においてさえも、運動とは結局のところ表象され限定され分割され得ないものです。運動そのものが変化の法則です。そして、この法則がより一層完全になって、その継続した道程をより一層明らかにします。つまり運動がより一層運動になるにつれて、実際の運動になります。何故なら、それらの関係は他のものと共に全てがより一層限定されるからです。この方法によって理解力はプトレマイオス(1)の体系から現代の体系へ移行したのです。数々の外見はだんだんと良く結び付き、少なくとも私たちの情熱から離れて、そこで何も変えることなく、占星術師たちの自然の中に秩序を設けました。

 自然が幾何学者の服に大変良く似合っていることに驚嘆する者たちは、二つのことを認めません。一つ目は、彼らが数学的手段によるあらゆる方策とその柔軟さを認めずに、その手段がだんだんと複雑になることです。何時もそれらの輪郭をより良く描き、何時もそれらの関係をより良く把握し、それらの力をより良く向きを決めて判断し、そのことのために直線を歪めることがないのです。これは慣性とか不変の運動、そして他の堅固な仮説の様に、問題には原則を何時も持ち出す人々には良く把握されていなかったことです。曲線運動を記載するために三つの軸を曲げたいと思ったり、あるいは隕石のために赤道を曲げたいと思うなら、同様に愚かなことです。しかしプラトンが良く言っていた様に、曲線を判断して分かるのが直線です。無限のものを判断して分かるのも有限で完結したものです。そして昔からの数字全体が微分計算を齎します。これらの考察によって、どんな認識も経験になりますけれども、どんな法則も何らかの意味では先験的で経験に基づかないと良く理解したいのです。しかしここでも又、観念と事物を強く結び付けることを忘れないで下さい。二つ目の、無視して認めていないことは、数学的形式の枠外にある自然は実際には何ものかであって、存在しているとか存在していないと言うことが出来ると信じる処にあります。この誤りは、既に半分作られていて適当な距離に私たちを押しつける学問を自然と呼ぶ処から来ています。何故なら、星々の東から西への運動の知覚は、大変に理性的な一つの仮説であり、太陽と月の遅延や色々な天体の急な変化と一致しないからです。そして、お分かりになった様に、運動についての幻影さえも堅い判断力や自然が示さなかった仮定から起こります。私たちの数々の誤りは如何なる思想にもなります。でも、自然は私たちを騙しません。自然は何も言いませんし、何ものでもありません。しかし私たちは、少しも注意深い知覚ではない夢想によっても、より良く判断出来ます。それは未だ脈絡の無い自然を如何に表現するのかを少しは分からせてくれます。全ての外観は事物であり、私たちの全ての運動であり、あらゆる処の変化になるでしょう。私たちが人間である限り、それらは思い出であり、計画であり、恐怖でもあります。激しい怒りと涙の大洋です。法則などはありません。それ故に、私たちの仮定した法則がまさに事物の法則であると確信するかどうかを尋ねてはなりません。何故なら、原始時代の自然はその中に秩序があり、運動の背後にも他の運動があり、事物の背後にも他の事物があるのを望むことになるからです。そうではありません。それは寧ろ、創造前の混沌なのです。そして誰も目覚める時には勿論ですが、精神は一瞬ですが水面の上を漂うのです。そこから分かるのは、理解力が経験を支配すること、理性が経験に先行すること、そして少なくともそれらの条件に基づいて経験が理解力と理性の両方を共に明らかにしていることです。(完)

 

(1)プトレマイオス(一〇〇頃~一七〇頃)は、古代ギリシアの天文学・物理学者で天動説の「天文学大全」と投影図法による「地理学」で知られている。

 


第十一章 原理について

 

 諸原理の体系は常に議論になりがちです。というのも、同一の事柄を別の言葉で言えるからです。ここでは辛うじてそのことを前もって言うことにして、きちんとした推論に基づいた認識に入りたいと思います。そして諸原理は、原則とか格言の形式による簡潔な言葉でしかありません。例えば本当のことが確認された予言とか、曲芸師の奇跡とか、あるいはラジウムが発見された時の様に全てをひっくり返す様な何らかの物理的発見を前にして外観が混乱している時に、精神に原理そのものを思い出させるに適したものでもあります。更に、理解力の原理と理性の教えを区別しなければなりません。その両方を体系的に発表しているのはカントで、他には誰も行いませんでしたが、私はここでそれを説明するつもりも要約するつもりもありません。しかし最も重要なことは述べてみましょう。数学はそれ自体で理解力という原理の体系を形成します。つまり、それらの形式の明細目録に基づいて経験の中で何でも構わずに把握しなければなりませんが、そうでなければ全てを把握しても何にもなりません。それは次の種類の様な一般的原理によって示されます。時間と空間の関係によって他の全てのものと結び付いていない経験においては、決して対象も事実もありません。閉じられた体系には決して変化がありませんが、その体系は何らかの不変の量を残した儘にしないで、直ぐに流出を許します。この後者の原則については、変化の定義そのものでしかないことに注意して下さい。余りに変化無しで済ませる言葉は、変化するものを保管しないで、何らかの変化を私たちが思考することが出来ると信じさせます。それはまさに外観に起こるものです。実を言うと、そこには何も保管されていませんし、決して何も取戻しません。しかし、まさしくこの点について、あらゆる注意を払わなければなりません。その様な外観そのものを誰からも認識されないのです。私が、手品師の小球が消えたと言う時、私は二つの事柄を同時に説明しているのです。外観としてはその小球が最早無いことですが、実際には何処かにあることを認識することです。後者の確信が無ければ、前者の指摘は最早意味がありません。永遠に消える外観も必ずありますが、私はそれを誤りとか錯覚とか思い出と呼んで殆ど気にしません。従って手品師への大きな関心事は、小球がそれらの幻影の一つではない考えを私に与えて持ち続けていることです。そこから出発して、理解力の原理に含まれるこの種の証拠を良く把握して下さい。もしもそれが一方では外観に応じて、そして理解力によるどんな働きの前でも全てが現実になる自然と、他方では対象の無い理解力とそれの原理を探求する自然を私たちに与えられたならば、両方の一致は神学上の弁証法に頼むことしか出来なくなるでしょう。例えばそれは諸事物による〈被造物〉である人間が私たちを騙したいと望めなかったことを証明することです。もしもその下に何も無いとすると、大変に貧弱な証明です。しかし、その下に何があるのでしょうか。宇宙の現実は理解力の働きによって、対象が外観の継続した変化に基づいて存続するこの条件そのものによって自らを限定し定義します。立方体は沢山の局面から現れますが、それはまさに不変のものと思考されます。そして、それらの外観は従って方向と距離と運動に倣った外観でしかありません。外観は自らが定めた立方体を最早根絶することが出来ません。対象とは存続するものです。対象としての変化は、その変化に基づいて対象が存続するものです。私たちはここで混沌と秩序を選択する必要がありませんが、実在と虚無とを選択すべきです。秩序は私たちの裡で思い出と感情と計画のものでありますから、前にも言った様に、虚無は事物の秩序によってしか支えられません。「自己と全ての事物は存在するかしないか、選択しなければならない」と私の先生であったジュール・ラニョーは話しましたが、彼が私の記憶の中に残していた幾つかの決まり文句を偶然から理解する前に、私は自分自身のために辛うじて小さな道を描かねばならなかったので、私が彼の弟子であるとは敢えて言いません。

 その証明を明らかにするために私は、有名な因果性の原理に関して『純粋理性批判』の中で十分に推敲されたもう一つのことをつけ加えたいと思います。次の様な証明です。もしも自然が常に連続した現実を私たちに与えたとするなら、その連続は常に何らかの法則で、前のものが次に続くものを決定して別のものではないことを自問することが出来るでしょう。しかし事実として私の知覚においては全てが連続したものです。例えば私が散歩をしている時、一本の道の家々は私にとって次々に続いています。結局のところ私はその中で真の連続と、同時の事物ですが次々に既知になるものと区別しますので、それ故にまさしく因果性に関係している真の連続の真理がなければなりません。そして私が、炎と煙と廃墟が連続した或る現実の町を走り回る時に、この連続した外観を見分けるのもそこからです。要するに外観の連続がある限り、連続の真理は常にあります。別な言い方をするなら、連続に法則が無ければ、決して真の連続はありません。その様にして対象としての連続は因果性そのものです。以上は、理解力の原理を含むその種の証明です。

 理性の原理については、それらの原理はもっと抽象的な段階にあるもので、自然は少しもそれらを支えません。そして精神は健康のために調整される様に、好みによってそれらの原理に従っていると言わなければなりません。例えば、既知の処までの秩序に反して一回しか発生しない事件は、事物の急変というよりも寧ろ、想像力と情熱の働きの所為であることに違いありません。あるいは又、仮説を倹約して簡明にする様に努力しなければなりません。つまり最も簡潔な推論は、既知に倣って未知のものを判断しなければならいのと同じ様に試行すべき最初です。要するに情熱を、つまり感動的な意見を用心しなければならず、それは寧ろ一つも見失うことのない様に大いに気を配って外部の驚異の後を走ることを判断しなければなりません。これらの規則は、経験よりも寧ろ意志のものです。それらの規則があるためには、決して手に取ってはならないから実行されるのは余りに不十分です。正確に言えば、それらは判断力であり道徳的秩序のものです。情熱の罠と言語の容易さを十分に知らずにいる限りは、その価値を感じることも出来ません。要するに精神は耐えなければならず、屈してはなりません。興奮した人々には余り質問しないことです。計算高いやり手の人々にも全く質問しないことです。それは精神という主権者の沽券にかかわるものです。(完)

 


第十二章 メカニズムについて

 

 メカニズムは全ての変化が運動であるという世界観です。例えば気体の圧力は、それらの分子の活発な運動によって説明されます。光は波動です。固体とは引き付けられた原子の組織体です。この宇宙的メカニズムという仮説の中に原子と力と慣性も含んでいなければならないのは、それらの全てがお互いに関連しているからです。理解力がここでは全ての私たちの表象に本来の法則を課していることは確かです。その様に理解しなければなりません。さもないと全てを理解していないことになります。

 しかし、如何なる証明もそれ自体では自立せず、常に何らかの攻撃があり、それらの証明が鉄条網の様に単に防御から離れないなら、衰えて仕舞うのが哲学の大きな秘密です。精神は諸証明の背後にいると強くなりませんが、少なくともその中で常に諸証明を前進させるものです。そして、この宇宙的メカニズムの事例は、まさにそのことを理解して貰うのに適切です。というのも、私たちの表象が少なくとも物質的有用性のためであって暴くものが何も無く、両目と両手で上手く知覚されないかも知れず、恐らく他の道で見抜いたり予知したりしなければならないことを仮定したがる懐疑家や神秘家の攻撃にあなたは何と答えられるのか、ここに哲学がまさしく倫理学であって空虚な好奇心のものでないことを理解させてくれる理由があるからです。

 ルクレティウス(1)は、デモクリトスやエピクロスが最も有名である原子論と言われている多くの人々の探究を果敢に押し進めましたが、情熱や奇跡や予言者や神々に対して断固として意志を緊張させていたこれらの奥深い体系の精神を、生き生きとした光の中に照らして明らかにしました。しかし、囚人は脱走して死にました。驚くべきことですが、酩酊者であったとか、憤慨していたとか、あるいは恐らく何時も根強い熱情を隠すしかない理由のためとか、弟子の裡では共通してある想像力と理解力の取替えによって説明がつくものです。ルクレティウスは事物の建築家と偶像の破壊者をすっかり忘れて、深淵を越えて先ずは単純な運動を目指す精神がついにそれらを試みて複雑にしますが、まるで正確な明細目録を作るために最後には全ての富を把握して戻す網の様です。彼はその中で、メカニズムが自由への方法と道具であると同時にまさしく自由の証明であることを忘れていました。何故なら、自然はこの驚異的な体系を支えていますが、決して与えてくれないからです。

 運動による変化の表象は、まさしく偏見です。そうです。回転する玉突きの球という最

も単純な場合でさえも、数々の外観に運動という仮説を強制するものは何もありません。そして、鋭敏なゼノンが気付いた様に、その球は同一の場所には同一の時にしかないので、運動を見せているのは常に球ではありません。映写機では走る馬は決して同一ではなく、スクリーンに映るイマージュは全てが異なっているのは本当である様に、球は消えると直ぐにその横でもう一つの球が生まれると仮定するのを妨げるものは何もありません。運動とは、単に好きな様に見て選択されているのです。勿論、容易なことではありません。というのも、夢を見るのは最も容易なことで、救世主であり悪魔を祓う人ですが、あらゆる魔術に反対する精神の武器の様なものでもあるからです。メカニズムを吟味する自然によって、精神は不変です。そうです。しかし精神はメカニズムを設けて、維持し、作り出し、余りに複雑にした状況で吟味します。怠惰な物理学者はその証明を見失います。彼は神も精神も忘れて、子供の恐怖と偽りの神々と何処にでもある精神に再び陥ります。寧ろ、物質の中に精神を隠して、あらゆる手段で自分の目的に進む頑なな意志で必然性を歪めます。それの本当の名は宿命と言います。ここに私たちの敵を捕らえます。真の物理学者は反対に、自然の力を持ったあらゆる自由の外観を取り除きます。そしてメカニズムに面と向かい、それと同時に自分の精神を解放します。

 確かに、それは情熱が飛び込んで来るので困難であり、辛いものでさえもあります。一つ一つに形がある数々の木の葉に精神を拒否するのは情熱の戦いです。それらの木の葉の相違が種子の中にある訳ではなく、それらの形と配置の要素が空気と光の中で、炭素で出来た鍾乳石に与える様なものです。こちらではキヅタの形となり、あちらではプラタナスの形を与えますが、濃縮された溶液の中で樹木に似ている結晶を与えることを、まさしく知識になる前に望むのは困難です。その反対に、横になって眠ること、そして種子の中に隠されて目に見えない建築を想像することは簡単です。それは自らの好きな計画を少しずつ実現させることです。これらは霊媒や霊術者の奇跡に溺れて、何も分からないと言ったりテーブルに計り知れない力や隠れた精神を捏造する夢想家たちと変わりありません。しかし、それらの精神の中で打ち勝った精神でなければなりません。ルクレティウスはそこに自らの精神を見失いましたが、デカルトは見失いませんでした。そこを注意することです。(完)

 

(1)ルクレティウス(前九八頃~前五五)は、古代ローマの哲学者・詩人で、エピクロスの思想を継ぎ哲学詩『物の本性について』を書いた。

 


第三部

 

 

 

 

 

第三部 論証的認識について



読者登録

高村昌憲さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について