目次
八十一章
序 文
はじめに
第一部
第一部
第一章 感覚による認識の予想について
第二章 諸感覚の錯覚について
第三章 運動の知覚について
第四章 感覚の教育
第五章 刺激について
第六章 空間について
第七章 感覚と理解力
第八章 対象について
第九章 想像力について
第十章 異なった感覚による想像力について
第十一章 連想について
第十二章 記憶について
第十三章 身体の中の痕跡について
第十四章 連続について
第十五章 感情の持続
第十六章 時間について
第十七章 主観と客観
第二部
第二部
第一章 さ迷う経験
第二章 観察について
第三章 観察者の理解力
第四章 類推と類似について
第五章 仮説と推測について
第六章 デカルト讃
第七章 事 実
第八章 原因について
第九章 目的について
第十章 自然の法則について
第十一章 原理について
第十二章 メカニズムについて
第三部
第三部
第一章 言語について
第二章 会話について
第三章 論理学と修辞学について
第四章 注 釈
第五章 幾何学について
第六章 力学について
第七章 算術と代数学について
第八章 虚しい弁証法について
第九章 幾らかの形而上学的理性の働きに関する調査
第十章 心理学について
奥付
八十一章

閉じる


<<最初から読む

25 / 46ページ

第三章 観察者の理解力

 

 観念も無く観察する者は観察しても無駄である、と誰もが知っていますし言っています。しかし一般的には事物から余りに遠くへ、指導する観念を探しに行きます。あるいは機械的な規範として事物の傍らでより良く探しに行きます。知覚の分析が、事物そのものを観念によって限定するための準備を私たちは既に行いましたが、偉大な作家たちが大変良く言っていた様に、その観念は事物の骨組みであり、骨格であり、形式だったのです。そのことは数々の事例によって、より一層明白になるでしょう。ヘルムホルツ(1)は見事な『音響学論』の冒頭で、海の波や船の航跡、取分け波が交差し合う橋で、長い時間観察しに行くことを勧めています。ところが無邪気な観察者には、波が波紋の輪を広げて水の上を走っている様に見えます。でも、それは既に外見通りに見る知覚を前提にしていて、間違いであることに気付いて下さい。何故なら注意深く考えるならば、ポンプや花器の水に固体を勢い良く沈めると生じる結果を誰もが知っているからです。水は遠ざかりませんし、その周辺を持ち上げます。そして山の様になっても止まることが出来ずに再び降下して、そこに物体が落ちるのと同様の結果を再度生みます。つまり固体の周りの部分の水を持ち上げます。或る時は水面の上に、或る時は下になって、重力の方向に水が均衡をとる様に次々と行われます。理解力をもって、この新しい知覚に達しなければなりません。それは外見をより一層良く整理することです。これに倣って波の交差も知覚することです。二つの運動が調和し合うと、或る地点では時々水が動かない儘になります。しかし、この静止は二つの運動が共にすることでなければなりません。私が言うのは、目にとっては波の二つの体系があることです。それ無くして真実の対象をあなたはどんなものでも決して知覚しません。目覚めて最初に見たものとか、怠惰な夢の様に朧気な外見を知覚するだけです。その上、この秩序は維持されているに違いありません。少しでも甘えると直ぐに、子供や未開人の物理学の様に全てが混乱します。私はそれを或る日、アヌシーの湖(1)で気が付きました。石で出来た波止場で私は反射する美しい波を観察しました。しかし、理解力の秩序は保持されて、用心深くなっていなければ真実が知覚されることはありませんでした。私が波を走らせて置いた儘でいたなら、直ぐに波の考察は最早奇跡になるしかありませんでした。法則は対象と同時に消えていました。

 もう一つの事例は、内在的な観念のことをもっと良く把握させてくれるでしょうが、それらの観念のみによって事物の明瞭な表象が可能になります。天体の外見は、宇宙形態論で認められる秩序のものとは大分違っております。しかし知覚される事物が、良く行われる描写的な言葉の様に、もしも観念が単に論述だけであると考えたならば、大変な誤りです。日々の星々の運行、東方にある月の変化、太陽よりも遅い変化、或る時は太陽の前にあったり、或る時は後にあったりする金星の出現、軌道を逆行する他の星々の運行、それのどんなものでも屢々雲に隠れて、常に太陽の光からは目に見えない部分があります。目に見えない形式の体系がなければ、記憶にとって明瞭なものは何もありません。これらの形式の関係によって、どんなものでも秩序立っていて測定されます。私は、全然存在しないが少なくとも思考されて仮定されたこの天球のことや、地球の軸のことや、両極のことや、子午線のことや、赤道のことを語りたいのです。それらは建築物の丸天井や柱や半円形のものの様でもあります。それに応えるのは職人の手による、もう一つの幾何学です。振り子で測ることのない日時計の棒と文字盤と子午環と分割された円であり、腕時計であり、その外の色々な機械です。それらのものは、どんな産業もあらゆる科学も数々の観察から、如何にして最も簡潔なものに向かう幾何学と共に一点に集まるのかを明らかに見せてくれます。その時は人々が月の運動を単に示すために、どれ程の莫大な労力を止むこと無く行わなければならなかったかが良く分かります。そして、それは又事物の実質的なものである内在的な幾何学によって、私たちが月をその距離で知るのであり、太陽と惑星とそれらの運動を知るのです。例えば、惑星の運動を再発見して結局のところ保持している外見を知覚するためには、外見の姿が変わって行かなければなりませんでしたが、それは幻想的なものではないからです。それは重力まで及びますし、それを良く理解するには外部の構築を大空の事物にすることではありません。事物の骨組みそのものにすることです。あるいは寧ろ、これらの事物が事物であることを生む形式であって、空虚な夢ではないのです。その形式は一般的言語が大変に正しく言う様に、外見の中に事物を再発見するのを可能にして、最後にはそこに自らを取り戻して再発見します。

 さて、身近な最も簡単な例を見てみましょう。落下する石です。もしも私が見る術を知らないと、それは両目に対する一つの影であったり、あるいは私の身体の震えでしかありません。しかし対象として見る落下は、全く別ものです。というのも、その時は私がその運動と軌道と状況を自ら描かなければなりませんし、そこでは私が慣性と速度と加速を思考する形式がなければ出来ないからです。ゆっくりとした落下にしろ、測定された落下にしろ、科学実験はそれを助けます。しかし職人のやり方は、決して形式を生み出しません。反対に、それは形式を仮定するのであり、あるいは盲目的な模索に過ぎません。身体の落下は、ガリレオが現れるまで最良の精神にとって悪しき夢の様なものでした。形を成さない経験は、取分けそれらが増大すると単独の事物よりも、より一層騙すものであることが十分に物語っていました。それらの経験が理解力に贋金で支払うことは、統計が間違っているのです。慣性と速度と加速と力と数々の分割出来ないものであって、目に見えずに思考され仮定されるこれらの関係が生まれることは、思考された距離が地平線や鐘楼や並木道を知覚するために不可欠であるのと同様に、落下の知覚にとっても不可欠なのです。そのことは常に事物への考察によるのです。又は少なくとも知覚と、その知覚を想像するための不断の努力によります。この世界は決して法則以前に与えられておりません。朝と夕に現れる二つの幻想的な星は、少なくとも他でもなくケプラーの法則に基づいて唯一の金星に結び付いて一つになる様に、法則が発見されるに応じて世界になり、対象になるのです。従って、観念によってこの世界は対象として存在しております。そして結局のところ、太陽とあらゆる天体によって、そしてあらゆる光学によって、樹木の影は樹木の影である様に、外見は外見になります。もしも無学の人々が考えてもいないことをより上手く言わなかったなら、これらの関係はもっと良く目に見える様になるでしょう。(完)

 

(1)ヘルムホルツ(一八二一~一八九四)は、ドイツの物理学・生理学者である。

(2)アヌシーの湖は、フランス東部のオート=サヴォア県の山中にある湖で、レマン湖の南方にある。

 


第四章 類推と類似について

 

 青銅製の馬は本物の馬に似ていますし、青銅製の人間も類推されます。この例においては、類推という言葉には古い意味が含まれていることが分かります。その言葉が示しているのは、感じるためにしろ行動するためにしろ、同じ様な身体を持っている性質の共通性ではなく、まさに理解力だけで語る関係の類似性です。それ故に最も完全な類推は、最も隠されているものでもあります。自己誘導と一般群衆との間には如何なる類似が無いとしても、類推はあります。坂道と螺旋の間に殆ど類似が無くとも、類推はあります。螺旋と風車の間、歯車と梃子の間、電流と水道管の間にも類推はあります。しかし、ここでは理解力の代わりに想像力を用いることを心配して、何らかの類似を捏造しない様に用心します。落下と重力の間にも同じく類推があります。酸化と燃焼と呼吸の間にも類推があります。発熱反応と重量の落下の間、化学的に不動の物体と地球に対する重量の間にも類推があります。磁石と電気磁性試験器の間、ヘルツ波と光の間にも類推があります。円錐曲線と二次方程式の間、接線と微分係数の間、放物線と一連の正方形の升目の間にも類推があります。これらの纏まりの無い事例を列挙するのは、類推の広がりとその問題の難しさを分かって戴きたいためです。同様に、際限の無い発展が無くては提示するのが不可能な、類推の体系という観念から逃れるためでもあります。

 これらの事例を考察して先ず理解出来ることは、類推には時々如何なる類似もありません。時々は精神を惑わせたり、一つの証拠のために比較を行う本来の大雑把な類似によって複雑にさせます。同様に、確かな類推はファラデー(1)の仕事が良い例になっていますが、謂わば良く準備された経験によって確認されます。その他には力強い観察者によって把握されますが、ニュートンが月は地球に落ちると言いたかった時の様に、新しい幾つもの事実を示している単純な何らかの形式によって、その時は常に再建されます。結局のところ、その他には紙上の点と線の様な適当な対象によって、純粋な状態に殆ど組み立てることもあります。簡単な考察によってさえも、類推の源泉と規範は最も高度な数学にあります。そこでの類似はその時には消去されて、様々な対象の相違の中での関係の同一性以外のものを、最早存続させない儘であることさえ確信し得るのです。幾何学者の図形と代数学者の記号を対象と呼ぶのを、私はここで認めることを知らせなくてはなりません。そして幾何学が類似によって、間違った証明を想像力に与えているというのも本当です。図形の厳格さによって申し分なく観察者の両目が訓練するのは、恐らく最も高度な数学においてだけです。その次は物理学者ですが、最初は数学者です。マクスウェル(2)は大きな球状の塊で小さな球状の間の誘電束密度を表した時に、これらの罠を知りました。この力学の規範は余りに粗雑でしたので、誰も騙されませんでした。想像力が自分の道を合流させないで、理解力と共に確かな方法で歩む様に、恐らく想像力を楽しむための技術があるのですが、まさに隠されているのです。

 

(1)ファラデー(一七九一~一八六七)は、英国の物理学者。

(2)マクスウェル(一八三一~七九)は、英国の物理学者。障壁に開けた穴から運動エネルギーの大きい気体分子を一方向にのみ通し、マクスウェルは磁束の慣用単位でもなっている。

 


第五章 仮説と推測について

 

 諸法則に従う理解力の形式である仮説と、多少なりとも調整された想像力の働きである推測とを最早混同しない様に、読者の精神は恐らく今は十分に準備されています。裁判官がこの被告は犯人であるとか、窓から逃げたとか、足跡は彼のものであると仮定する時、裁判官は推測しているに過ぎません。しかし、殺人を犯した挙動とナイフの位置が機械的に結び付くと、二人の足跡による動きを復元しながら、一種の仮説を立てます。というのも、運動は常に精神のものであり、常に再建するからです。それは変化の形式になりますし、際立った変化は運動の中身になります。しかし真実の仮説は、この種の探求においては稀有なものです。犠牲者を眠らせたのはクロロフォルムであると医者が仮定する時、医者は推測しているのです。しかし、分子が交わり合ってクロロフォルムが神経に作用している考えが生まれると、その時は本当の仮説になります。このことでお分かりの様に、推測は存在を設定し、仮説は本質を設定します。そして、学問は余りに多くの仮説に溢れたものでしかないことがお分かりになると思います。存在は決して設定されずに、単に確認されるだけに違いないときっぱりと言いましょう。この点を少しじっくり思考する者は、最近の優れた書物までも両者が混同されていることを発見するでしょう。

 仮説が真実か誤りかを問うことは、その円が存在するかどうかを問うことです。存在するものが円形によって把握するのは車輪です。あるいは楕円形によって把握するのは天体です。そして先ず、球形とか赤道とか子午線とかの諸形式によって定められます。この考えをあなたが受入れたくない間は、マクスウェルの軸とベクトル、その線と管が、同じ種類の助けを齎さないかどうか、その距離がもっと簡単に遠近法や視差の効果をすっかり説明する様になるのかどうかを自問して下さい。

 何度も無視された力は、更に良い例を示します。勿論、力はその体系につけ加えなければなりませんし、体系の外では少しも意味がありません。何故なら直線は小石から出発しないで一点から出発しますし、畑を区切らないで平面を区切るからです。遅くなったり速くなったり屈折したりしない運動は、少しもありません。厳密に言うと、その様なものは少しもありません。変化の無い運動とは、単に惰性で作られているとするなら、一つの観念に過ぎません。それは結び付きの無い運動であり、それ故に何処にもありません。しかし理解力だけがそれを要素として仮定します。それは力学上の直線です。ここから、この世には既に何も把握されない速度が定められます。しかし待って下さい。速度は、速度の速度、即ち加速度を定めることを可能にします。そこから定められるのは、不変と定めている物体に対して等しいとか等しくないとか、測定可能な物体が定められます。以上は落下や重力が見せてくれる様に、関係がある沢山の運動を把握するのに必要なものです。しかし何時も源泉は同じですが、これらの形式とか恐らく他の形式がなければ、一列に並ぶことも円を描くことも無い数々の天体の外見を、羊飼いが見定める術を知らない実際の運動の中で最も単純なものも最早把握する術を知らなくなるでしょう。

 さて今度は、常に二つの動くものの間にあって、事物ではなくて関係であり、少しも腕の努力が無く、衝動も内部の緊張も如何なる事物の中に少しも無い、この力を考えて下さい。何故なら、作られた作品においても余りに一般的でもあるこれらのイマージュは、石の重さが落下する状態として、石の中にあって感情とか思考と言った方が良い様に言われていた時の如く、物神崇拝や神秘の性質を持ったものでしかないからです。これらは未開の思想です。

 原子も又美しい仮説です。それが正しく表しているのは、真の科学に倣った体系において内部が無いものは、何ものでもなく、集められたものも何も無く、全ては外部との関係であるということです。従って大きさは原子と一緒に見ると何ものでもありません。原子が単純に内部の物体であると仮定された観念からは、考察すべきものは何もありません。原子が存在するなら、その次にあなたは自問して下さい。そして、原子の見世物屋の処にまさに通って下さい。あなたは同時に子午線と赤道も見るのを要求するでしょう。(完)                        

 


第六章 デカルト讃

 

 デカルトを理解するのに何時も私たちに欠けているのは知性です。理解するにしろ、反対するにしろ、簡単なのは外観が屢々明瞭であることです。殆どのことが至る所で不可解なのです。どんな人も彼自身のことを多分良く理解しませんでした。勿論、恐らく余りに孤独でした。更に、彼が話す時も孤独でした。彼の言葉は決して吹聴しません。習慣に従った言葉です。デカルトは言葉を創りませんでしたし、宗教も又作り変えませんでしたし、情熱も性質も作り変えませんでした。その全てが一体となっていて、その中で明らかになっていて、大変自然な彼の言葉は私たちにそれを齎します。反対に、言葉の意味を変えることから無縁な彼は、一人の人間の義務の如く、一つ一つの言葉のあらゆる意味を同時に理解します。『瞑想録』の〈神〉とは女性たちの神です。彼はロレート(1)という場所へ行く様にして『情念論』を書いています。そして、あの有名な夜の閃きは奇跡であり、彼の思想です。デカルトはここにいますし、至る所にいます。全体であり分割出来ません。あれ程にも自己に近い処で哲学した人は誰もおりませんでした。感情は何も失うことなく思想になっています。その人物はそこですっかり自己を取戻し、読者は自らを見失います。この暗い視線はそれ以上約束しません。礼儀正しいのですけれども、勇気づけてはくれません。そこからは革命を否認している、余りに軽蔑的な保守主義者の精神を理解しなければなりません。何故なら、自分の若さを何も捨てませんでしたし、全てを変えましたが、組織の中ではなかったからです。少なくとも精神の裡には革命は無く、新しい道もありませんでした。

 きっぱりと思想と延長とを区別するために粘り強く思考したので、最早如何なる困難も次に来る混乱も恐れませんでした。全てが自分の場所に送り返されました。事物の中に引っ張られる儘にならないで、全ての魂が精神の中にあります。その代わりに全ての運動が延長した事物に投げ返され、全ての情熱も肉体に投げ返されます。それは恐るべき事物ですが、便利に良く出来上がったものです。全くの処、全ては上手く行きますし、読者が余り考えることではありません。その代わりに動物機械では決して全て通用しません。常識が容易に別の事物に満足することになるのと同じ理由から、動物機械はそこで抵抗します。何故なら、動物機械は常に疑わしい些細な理由に止まりますが、作者のデカルトが同じ事物をもう一度ここでもっと力強く繰返して言うことを理解しないからです。すなわち、一つ一つの事物においては、部分部分と運動以外には何も無く、どんなものでも延長されていて、欲望とか衝動とか力になるでしょうが、如何なる神秘の魂も思想の胚芽もありません。どんな運動も単に機械的なものであり、どんな物質も単に幾何学的なものなのです。それ故に、犬が主人を見分ける運動には決して気を留めてはならないのです。その上、人間の情熱である怒りや欲望や嫌悪は、自ら身に付けた儘でいる愚か者とはいえ、もっと正確に言うと思想と理性の働きを模倣します。というのも、その中には判断力も認識も証拠も無く、単に動作と騒音だけがあるからです。従って犬が自ら描いた三角形を前にして夢を見たと言うのは全くの過失になるのが唯一の証拠ですので、決して動物が思考する言ってはならないのです。そして何人の人々にとって、この用心も又良いものにならないのでしょうか。ところがデカルトの肖像が理解されるのを、余り期待されることもなく待って、もう直ぐ三世紀になります。(完)

 

(1)ロレートは、イタリア中部のアドリア海に臨んだ町で、聖母マリア信仰の巡礼地である。

 


第七章 事 実

 

 私たちの認識は事実に基づいて調整されて、そこで限定されると何処でも言われています。しかし十分に理解されておりません。経験とは、まさに例外なく私たちの全ての認識の形式です。しかし、どんな観念よりも前に経験が出発することはありません。或る観念と他の観念の間で決定することもありません。事実とは、学問によって構成されて諸観念によって決定され、そして或る意味では全ての観念によって決定された対象そのものです。事実を把握するには、まさに学問的でなければなりません。

 地球が回っているのは一つの事実です。この事実を把握するには、推敲された数々の関係に従って同種類の条件を同様に含んでいる、他の多くの事実を収集してつけ加えなければなりません。先ずは、星々が東から西へ回っていることです。そして全ての天体も同様に、一つの不動の軸の周りを回っているかの如くです。それなのに幾つかの惑星は、見れば分かる様に、それら自体も回転しています。それなのに月や太陽や惑星が現れて来るのが遅いのは、地球が惑星の一つであると仮定すれば説明が付きます。それなのに赤道から極地へ行くと重力が大きくなります。それは力学的観念と物理学的観念を仮定していて、振り子による測定を仮定します。

 しかし、星々が周回していることを最も簡単な事実で確認しましょう。それは未だ繰返される観察と記憶と再現と測定によって確認するしかありません。星々が非常に遠く、或る星々は比較的近いというもう一つの事実に関しては、良く調べてみるなら、それを支える仮設によっていることも十分に注意すべきことです。というのも、最も近い星々は地球の軌道に沿って移動する観察者のためにしか視差の影響を与えないからです。私たちの土台である地球は余りに小さいです。ところが或る星々よりも近い星々があることも事実です。月は太陽よりも私たちにずっと近く、しかもずっと小さいことも事実です。数々の事実の体系は、どんなものでも幾何学的です。重力の加速度が、パリでは毎秒九・八メートルであるのも既に事実です。しかし、それを確認する人にとっては理解すべきことが多くあります。先ずは観念であり、その次にそれらの観念による道具類です。斜面とアトウッド(1)の機械がそれを十分に証明しています。まさに記録する円筒のものです。同時にストップウォッチと回転する幾何学的配列のものです。比熱の測定でも、やはり認識を含みます。それは付随的な認識ではなく、仮説とか仮定された観念がなければ、経験にもならないのです。

 最良のものを認識する学問において、誰もが次々にその様な事例を幾つも発見することが出来ます。器具の様に把握して測定するのに役立つあらゆる推敲された観念を、最も単純な経験の中で発見することは大変な驚きです。単純な事実は歴史にまで及んでいて、ルイ十四世が死んだ年の様に、一連の歴史や批判や天文学の認識も又含んでいるのが分かります。それを強調するのは理由があります。骰子の立方体の形状も又一つの事実であり、立方体による観念で決定されるのが明白である時、両目や両手で把握出来ないからです。このことに関しては、私が以前に言ったことを読者が思い出して貰えれば十分です。(完)

 

(1)ジョルジュ・アトウッド(一七四六~一八〇七)は、物理学者で落下の機械を発明した。

 



読者登録

高村昌憲さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について