目次
八十一章
序 文
はじめに
第一部
第一部
第一章 感覚による認識の予想について
第二章 諸感覚の錯覚について
第三章 運動の知覚について
第四章 感覚の教育
第五章 刺激について
第六章 空間について
第七章 感覚と理解力
第八章 対象について
第九章 想像力について
第十章 異なった感覚による想像力について
第十一章 連想について
第十二章 記憶について
第十三章 身体の中の痕跡について
第十四章 連続について
第十五章 感情の持続
第十六章 時間について
第十七章 主観と客観
第二部
第二部
第一章 さ迷う経験
第二章 観察について
第三章 観察者の理解力
第四章 類推と類似について
第五章 仮説と推測について
第六章 デカルト讃
第七章 事 実
第八章 原因について
第九章 目的について
第十章 自然の法則について
第十一章 原理について
第十二章 メカニズムについて
第三部
第三部
第一章 言語について
第二章 会話について
第三章 論理学と修辞学について
第四章 注 釈
第五章 幾何学について
第六章 力学について
第七章 算術と代数学について
第八章 虚しい弁証法について
第九章 幾らかの形而上学的理性の働きに関する調査
第十章 心理学について
奥付
八十一章

閉じる


<<最初から読む

19 / 46ページ

第十五章 感情の持続

 

 今まで述べて来たことが目指した明らかな結論とは、時間という本能的な認識が何時も規則正しい連続の何らかの観念と、教育上の何らかの救済を仮定していることです。しかし誰もが毎日体験しているこの認識以外に、私たちは自分自身の時間で、あるいはもっと正確に言うと私たちの持続とか老化の、より一層親密な経験を持っていないかどうか自問しなければなりません。この検討は純粋心理学とは何か、心理学者たちと主知主義者と呼ばれている者たちとの討議に関して何らかの観念を与えることが出来ます。

 私はそれ故に外部の対象を考慮に入れたくありませんし、少なくとも私が自分自身と共に沈思黙考して体験するものを知りたいと思います。そして、この夢想的な思考の中で私は又、きちんとして日付の書かれた思い出、つまり対象を形づくったものは何でも消したいと思います。私は感じているものを考えます。それが何処から来て何を意味しているのか知りたくないのです。短い時間でそこに達することを人は願うことが出来ます。その時は何でも混じっていて、対象には薔薇の匂いも無いし色彩もありません。私の裡には、私にとっては、私のためには、印象しかないのです。従って私は唯一の主体の前、又は所謂純粋に主観的なものの中にいるでしょう。少なくとも私はそれに近いものになります。そして私は最早、対象の変化や運動のことは考えません。まして天体や掛時計のことは考えませんが、それでも私には時間に対する直接的な感情を持っている様です。先ずは、もしも私の印象が変われば、最初の印象は全体が全て過去の性格をとって、そして直ぐに突然やって来た印象によって過去の中で、いわば拒絶されます。しかし、私が感じているものを考えれば、まさに如何なる変化も無く、この反省だけが他の全てのものを少しは明らかにします。そして他の全てのものと共に新しい現在の時間を形づくります。反省の無いもう一つの状況は直ぐに過去の中へ移行します。前方から後方へ移行する瞬間的時間のこの鎖は、直ぐに一種の闇夜に陥ります。

 もしも私がこの経験をしなかったなら、時間のことを私に話しても無駄であるとも言って仕舞いましょう。というのも、運動は決して時間のものではないからです。私の腕時計の針は場所を変えて運動していますが、時間を描いているのではありません。時間に固有の性格は、取返しがつかない変化です。過ぎた時間は最早現在であることは出来ません。それと同じ印象が戻って来ても、私はそれを既に感じた者です。どんな春も、既に他の色々な春を体験した人にも歓迎しにやって来ます。その意味ではどんな意識も、あらゆる生き物が年を取るのを見る様に、年を取るのは仕方ありません。その様にして本当の時間の運動は、それ故に私たちにイマージュしか与えません。そして、この時間は私の裡にしかありません。私が身体を想像すると、それらの部分が全て最初の状態に戻って来るのが分かります。そして何度でもその様に戻るのが分かります。従って何も過ぎ去ったりしません。しかし私にとっての証拠は、私が持っている二番目の印象が、最初の印象の代わりではなくて、つけ加えられているのです。私は蓄積するから年を取るのです。

 多くのことを精製させるこれらの指摘は、時間に関する思考の完全な描写に貢献します。描写の材料になります。そして時計の針によって秒が走り回る様に、時間が私たちの裡に並置するものではないことを読者に知らせるのは実際に正しいのです。しかし私が描きたかった純粋な感情による生活は眠りに向かうこと、つまり無意識に向かうことも又理解しなければなりません。私たちはそれを把握出来ません。空間と時間から引き出された隠喩、つまり対象によって、それらの形に基づいて描写することしか出来ません。従って対象は、その明瞭な部分と変化と共に、意識の統一性がなければ、決して私たちの前に広がって行かない様に見えます。何故なら、もう一つの事物は事物でしかなく、この私が全てであるからです。それに反して主体の統一性は、対象の知覚がなければ決して現れません。カントの最も一貫していて困難な思索が齎されたのもそこです。そして人が大変に心を打った言葉によって、自分自身のことしか思い出さないのも真実の様に私には見えます。しかし事物しか思い出さないのも真実の様に見えます。事物の真実は継続した内面の感情に唯一の方向を与えながら、運動のイマージュと全く同一の方法は、私が腕を伸ばす時に感じるものに唯一の方向を与えます。結局のところ私が意識する限り、私とは常に理解力のことです。そのことは少しは余りに便利ですが、大変に子供っぽい分割を取り除くことに向かうしかありません。それらに従って私たちは、例えば時々思考することなく感じることが出来ますし、時々感じることなく思考することが出来ます。分割すること、合体すること、それを同時に行うことは、哲学的探究の主要なる困難です。(完)

 


第十六章 時間について

 

 先ずこの表題を批判し、時間は決して一つでなく、数々の時間があると言うなら、何らかの哲学的精神が明らかにされると思われます。一人ひとりにとっての内面の時間と、対象の中にもその様なものとしての一人ひとりの時間しかないことを理解して下さい。これらの考察は、考えを始めるために、そして先ず時間が太陽とか時計とか星々の様に規則的な運動から成っているという酷い誤りから免れるためには悪いものではありません。だが、そこまでにして置くことだけしか出来ません。私は、この時間という言葉の元に思考するものを述べなければなりません。そして私たちは、全ての人々や全ての事物に共通した唯一の時間を思考します。例えば光よりも速いという観察者の或る運動に従って、変わり易い局部的時間を望む現代の物理学者たちの中でのより一層正確な逆説は、もっと正確に言うと、唯一の時間という概念に属するものになっています。何故なら、それは結局私たちには二つの行動に同一の時間を認める絶対的な方法は無いからです。しかし、もしも私たちが全てのものが同時性の中にあるとしか分からなかったとしても、そのことはまさに意味の無いものであるでしょう。

 腕時計の秒針が文字盤の上を進むのと同時に、一秒ごとに何らかの事物が至る所を通過するのですが、それは前でも後でもありません。私が同時性と呼ぶ二つの変化の関係を、経験の中で私は最悪の場合には決して発見することが出来ません。しかし私の中の一つの変化が、至る所で他の色々な変化や出来事を生まないのを同時に考えることしか私は出来ません。同様に、他のものの前にあることと後ろにあることが、私においては同時にあると考えることしか出来ません。私は、遠くの星雲が凝縮するとか稀薄になったりするのと同時に生きています。星雲にも私にも、共通している星雲にとっての一瞬間があります。もっと正確に言うと、あらゆる瞬間が我々の両者にとっても全ての事物にとっても共通しています。同時に唯一の時に、要するに時間の中で全ての事物は生成します。時間が一方のために中断するとか停止するとか、他方のために継続しているとか考え様とするのは不条理です。これはカントが、二つの異なる時間は必然的に連続するものであるとの、この種の公理で説明したものです。従って二つの空間も三つの空間も、唯一の空間の部分部分であって、共存した部分であるので連続したものです。 あらゆる方法でこの思想を点検して再発見して下さい。そして、この哲学的方法もここで把握して下さい。それは自分に代わる他のものを考察しない様に十分に注意して、私が一つの概念の中で思考するものを知るために考えることです。それはまさに、或る時間は他の時間よりも速くなったり遅くなったりして、他の時間よりも速く進むことも意味する全ての人々に起こることですが、彼らは運動のことを言っているに違いなく、時間のことではないのです。何故なら運動には速度があるからです。あるいは寧ろ色々な運動は速度で比較出来るのですが、同一の時間の中にあるからです。しかし、時間の速度とは良く考えてみると、決して許せるものではありません。何故なら二つの時間の色々な速度を比較するためには、もう一つの時間が必要になるからです。これらの二つの時間とは、数々の時計であることを言っていますが、真の時間は唯一の時間であり、そこで全ての運動が比較され得ることになるからです。

 或る意味で時間についての思考は、哲学者の本当の試金石であると言えます。何故なら、時間には決してイマージュが無く、感知出来る直観も無いからです。従って余りに重大な誤りですが、全く時間に尊敬が欠けていなければならないか、同時とか前とか後とかいう純粋な諸関係だけで把握しなければなりません。空間も同じ種類の軽蔑の機会与えていると言わなければなりません。というのも、空間のイマージュも又、同様に決して無いからです。本当の直線には部分も決してありませんし、自ら描くことも決してありません。空間には大きさも形もありません。空間によって大きさと形を持つのは事物です。そして、ポワンカレの有名は逆説がある所以です。「幾何学者は、チョークで幾何学を行う様に空間で幾何学を行う」。彼が言いたいのは感知できる空間です。大空には大きく広がった青空がある様に純化された空間があります。そして、この想像上の空間は、違いの無い運動でも時間で無いのと同様に、空間ではありません。この運動は、他の全ての運動と同様に、時間の中で行われます。この運動は、空間と時間の二つの変化の同時性を最も良く定めるために、単に便利なだけです。

 時間は決して否定しません。始めも終わりもありません。どんな時間も時間の連続です。時間は持続していて分割出来ません。運動によって時間を表す安易なイマージュから解放されることでしか、まさに明白にならない命題がそこにあります。例えば、時間が分割出来ない瞬間から生まれるかどうか自問することは、運動を時間の代わりにすることになります。それは既に運動のイマージュになっているのです。というのも運動は、偶然の出来事の連続と同様に理解力にとっては別のものであるからです。更にそれは恐らく、空疎な弁証法が永遠を捏造して喜ばれる時間を具体化したためです。ここでもう一度、観念と事物とを見分けなければなりませんが、両者を分離させることではありません。私たちはその様に思考しているのです。そして、私たちが普通の判断力で思考するものを正確に認識する重要さは些細なことではありません。まさしく時間が空間と同じ様に一般的な経験の一つの形式であると結論付けましょう。これらの真実は新しいものではありません。しかし、それらを正しく理解することは常に新しいことなのです。(完)

 


第十七章 主観と客観

 

 これらの言葉は些か不正確ですが、何となく習慣的に使われています。そして、主観と客観という二つの要素の認識を、少なくとも自我のものである形式も関係も無くこれらの印象を、そして結局は秩序立って表された真実の世界全体で対象を、別な言葉で如何に説明するのでしょうか。もしもその考察が結局のところ、ここで弁証法的誤りから身を守る必要が無いとするなら、それは言葉が原因であって、読者もご存知の様に、それは私たちの夢想や夢の骨格を作っていると私が理解すれば十分です。私が語りたいのは、一人ひとりの裡に時間を繰り広げることを思いながらも、自分だけの思い出や隠された思想の使者を用心すること無く論じている多くの哲学者たちの内面の生活です。しかし、お分かりになった様に、それは何らかのイマージュで飾られたり、あるいは寧ろ何らかの実際の事物で飾られて通りがかりに理解出来ても勘違いして、つまり間違って他のものに結び付けた話の展開に過ぎません。それらは常に不完全な知覚であると言って、私たちが言わねばならないことは全て言った夢のことを考えて下さい。何故なら、私の両瞼の上の太陽光線は、本当の世界に目覚める前に私に幻想的光景とか火事とか閃光を想像させる様にさせて、私は直ぐに言葉を書いて完全なものにして私の物語はその後で完成する様になるからです。夢を語りながら、もう一度夢を作り上げているのは明白です。いずれにせよ、その様にして内面の生活は発展して何時も対象を表した印象を作り出しますが、完全な知覚にまで行くことはありません。あるいはその時は目覚めることになります。目覚めることとは、両目と両手の動きで事物の真理を正確に探求することです。私たちの夢は、探求の欠如である知覚の欠如と、批判力による事物の本当の存在の欠如との間の通路でしかありません。それらの怠惰なエッセイが夢なのです。そして、情熱による正確な認識を目指してこのことを良く理解することが極めて重要です。

 又、この内面の生活が如何にして作られるのかも良く見て下さい。幽霊が本物と思っている限り、私は自己の外部にいると考えます。事物の秩序や本当の対象を出現させているのと同じ批判力による以外に、私の裡に入って来ません。事物の真理を推測する、測定された一般的な時間の考えによるのでないとしたら、私が眠ったり夢を見たりしたことを如何にして知るのでしょうか。すると私の思い出は実際の整理された対象になります。それは私がこの世で何時も考えているものであり、過去というよりも寧ろ離れて遠くにあるものです。私が見た町のことを思い出す時、私はその町が他の人々にも存在していると良く考えます。そして、もしも私がその町は破壊されているのを知ったなら、その廃墟が存在していることを考えますし、そこに一つ一つの石とか少なくとも一つ一つの石の粉塵を再び見ることも又考えます。何も失うことの無いこの観念は、ご存知の様に厳格な思想には大変に重要ですが、既に不勉強な人の思い出を支えるものにもなっているのです。時間の記憶が、場所の記憶に結び付けられることを幾ら言っても少な過ぎることはないでしょう。私たちの歴史とは、現実のこの世の旅です。そして私たちの変化は、外部の変化や対象の変化の中で思考されます。そこでは少なくとも位置を変えながら全てのものが失わずにおります。私とは、真の知覚による唯一の連続による自己です。そこでは思い出の原理があり、他のものも引っ掛かっています。最も洗練された人々が先ず事物とか、それらの破片を探しながら自己の昔の感情を求めるのは当然のことです。私はこの世を通して自己を思考するだけです。それは、自意識が外部の事物の存在を十分に証明していると言って、カントが大変曖昧な定理の中で述べていたことです。カントが説明したいのは、いわば主観的な外観による生活から実際の対象へ飛躍することは決してありませんが、反対にそれらの外観が現れるのは実際の対象によるしかないということです。例えば、実際の立方体を見るには透視図によって見るしかないのは極めて明白です。私がそれを見るための方法は、常に立方体があるものとして思考して推測するのであって、見ている儘ではありません。他の処と同様にここでも私は、哲学的考察を用いなければならない難しい点を示すのは止めることにします。対象の無い思想は、規律の無い思想で単にお喋りの様なものです。そして判断力の無い経験も又、事物を把握出来ない様なものとして、この二つの真理は科学の歴史が十分に証明していますが、一般には人に教えることがなくてびっくりさせる様になることを良く記憶に留めて置きましょう。(完)

 


第二部

 

 

 

 

 

第二部 系統だった経験


第一章 さ迷う経験

 

 ご存知の様に、既に単純な知覚には或る一つの方法がありますが、暗々裡です。そのことによって、誰もが予め分かるしるしを解釈する手段が見出されます。その様なものには足音、錠の音、煙、匂いがあります。そして事物や距離を知らせる、輪郭や遠近は言うに及びません。これらの認識は真の探求によって獲得されます。それは偶然性を排除しながら何時も試行を繰り返すことに存するのですが、殆ど何時も逸れる気持ちも無く、変わらない関係の儘でいるよりももっと一層目立った一種のしるしによって、まさに屢々獲得されています。言葉の無い認識が言葉以前に殆ど全て獲得され、その認識は一生を通して自己を完成します。

 そこでは通常の仕事が多く生まれます。船乗りは大変に遠くの船を見分けますし、海水の色によって流れや浅瀬も見分けます。彼はさざ波を見て、突風の来るのが分かります。同様に空模様と季節を見て、雨や嵐を予測出来る様になります。農民も他の色々なしるしを見て予測が出来る様になります。しかし今日では実を言えば船乗りや農民には、決して理解しない観念の伝播と教えられた認識が混じり合っています。そして、それらの外来の助けは寧ろ探求の道を閉ざしています。農民たちが惑星や星々を見ても今では全く知らずにいて、少しも注意することもないと私は気付きました。彼らは暦の中に持っているのです。グロア島の漁師たちは水深を測って前進するための知識を持っていますが、それにはびっくりさせられます。ところがコンパスにしても、彼らは学んだ方法しか持っていません。例えば、港町のラ・ロシェルへ行くために取らなければならない角度を知っているのに、それに隣接するもう一つの角度が彼らの行く処の漁場へ直進する様に導くという観念を決して持たないのです。一枚の地図を利用するには観念から観念への長い回り道を辿らなければなりません。そのためには独りの人間だけの経験では十分でなく、事物を示して語る教育でも不十分です。そこには書かれたものと明示されている言葉が必要であり、それは幾何学の言葉です。

 職人の経験は、取分け加工して作られた対象や道具を知るのに有利な二つの状況に出会う場合には、より一層本当の科学の近くに導いている様に見えます。何故なら加工された対象は、例えば机は対象と同じ形やその使用によって自然と、十分に導かれて継続されている経験の契機になっているからです。そして、この対象は既にいわば一つの抽象になっています。しかし加工された道具も又、より一層抽象的であり、その形は既に幾何学的で力学的な関係を十分に表しています。車輪や滑車やクランクは、楔や斧や釘の様に、有史以前の何処かのアルキメデスが考えた梃子や円や平面を既に与えています。今でも道具は不変の状況を表していて、困難な原因を究明することにおいて既に精神の重荷を軽くして案内しています。この広大な問題を踏破したい人々は機械的な理性によって各道具の誕生と改良を、大鎌の刃の曲線までの文献が極めて少ない歴史を、明らかにするために良く考察しなければならないでしょう。

 全ての仕事が同じ方法で教えてくれないというのは重要なことです。そして、私はここで三つの要点を見分ける様に配慮します。一つ目は職人の仕事です。何故なら、それは何時も付随的な状況を除きながら試行と修正を行い、直ぐに本当の経験に基づいた法則と決定論者の観念へ到達するからです。二つ目は農業で、より一層模索的で慎重です。何故なら、それは雨や雪や雹や霜という主要な原因に働きかけることが出来ないからです。従って農業にとっての希望は、職人の希望とは別ものです。恐らく、より一層待つことや祈ることが加わって来ます。そこから、より一層宿命論的で詩的でもある宗教となって、大空の中に幾つものしるしを探します。三つ目のグループは、犬や馬や牛や象という動物を調教する人々の仕事です。それらの仕事に、指導者や弁護士や裁判官の仕事を私は加えますが、決して皮肉の意味はありません。というのも説得することと調教することは大変に似ているからです。取分け小さな子供たちの教師も、このグループの仕事と認めます。ここでの方法は盲目的に進んで、精神は自然の真理によって狼狽させられます。いずれにせよ、結果と原因は深く隠されていますが、それ故に或る方法が執拗さによって、例えば或る言葉を執拗に繰返すことで、屢々良いものになります。相違とか驚きとか気紛れとか不意の成功によっても、ここでは恐らく物神崇拝者の思想と魔術がまさに強くなりますし、模倣の力によってしるしや言葉も強くなります。

 自分自身の仕事において精神は、最初の真理と誤りを常に読まなければならなかったと言えます。農民は天体の運行や四季の変化に一番良く気付きます。そして職人はより一層正確な関係、取分け幾何学的で力学的な関係を見付けますが、多分非常に精神を制限します。そして結局のところ動物を調教する者は、判断力と意志からと言いたいのですが、お互いが全くの他人の関係で、一緒の農場を管理するまで成功することによって大胆になります。それは未開の猟師たちが追いかける動物の名を小さな声でも決して呼びたくない様なものです。そして私が把握するのは、一貫して大胆な魔術師たちの誤りが職人たちの明瞭で確実なやり方を生むよりも、精神の本当の力強さをより良く示すことです。何故なら、人々は深淵に橋を架けながらこの様に考えるからです。その様に考えるのは有益でさえあると私は言います。(完) 

 



読者登録

高村昌憲さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について