目次
八十一章
序 文
はじめに
第一部
第一部
第一章 感覚による認識の予想について
第二章 諸感覚の錯覚について
第三章 運動の知覚について
第四章 感覚の教育
第五章 刺激について
第六章 空間について
第七章 感覚と理解力
第八章 対象について
第九章 想像力について
第十章 異なった感覚による想像力について
第十一章 連想について
第十二章 記憶について
第十三章 身体の中の痕跡について
第十四章 連続について
第十五章 感情の持続
第十六章 時間について
第十七章 主観と客観
第二部
第二部
第一章 さ迷う経験
第二章 観察について
第三章 観察者の理解力
第四章 類推と類似について
第五章 仮説と推測について
第六章 デカルト讃
第七章 事 実
第八章 原因について
第九章 目的について
第十章 自然の法則について
第十一章 原理について
第十二章 メカニズムについて
第三部
第三部
第一章 言語について
第二章 会話について
第三章 論理学と修辞学について
第四章 注 釈
第五章 幾何学について
第六章 力学について
第七章 算術と代数学について
第八章 虚しい弁証法について
第九章 幾らかの形而上学的理性の働きに関する調査
第十章 心理学について
奥付
八十一章

閉じる


<<最初から読む

7 / 46ページ

第三章 運動の知覚について

 

 事物の運動に関する錯覚は、容易に分析出来ますし、非常に良く知られています。例えば、事物が反対の方向へ走って行く様に見えるためには、観察者が運動すれば十分です。同様に、事物が等しくない運動をすれば、その結果は或る事物が他の事物よりも速く走っている様に見えます。そうして月が昇って来るのを見ても、乗客と同じ感覚になって走っている様に見えるでしょう。同じ種類の効果を生んでいるのですが、もしも乗客が近づいて来る対象に背中に向ければ、背中の地平線が彼の方へ近づいて来る様に感じるでしょう。その点については観察してから説明して下さい。あなたには大して難しいことはないでしょう。それに反して、これらの事例を解釈すること、良く知っていることを一度でも解釈することは大変に困難であり、それは哲学者に必要な精神の果敢な力にとっての試練に役立てることが出来ます。如何なる方向から哲学の初心者が熟考を導くことが出来るのかは、次のとおりです。彼が先ず考察するのは、現実のものになっている運動と、樹木とか月に付与される想像上の運動には如何なる相違も無いことです。如何なる相違も、人々が持っている知覚で理解して下さい。次に注意することは、それらの想像上の運動が少なくとも関係によって知覚されることです。それは作品への理解力をここで更に見せてくれています。そして外観を説明するために一つの運動を思考しながら、それは言葉になっていないけれども、既に厳密に話をするための科学の方法になります。そして、比較される点、次から次に動く位置、一定しない距離のもの全てが現れて、恐らく運動になっているもの全てに固定されて集められていることが取分け理解されることでしょう。従って動くものそれ自体を生む様に何時も場所を変えながら、単にその次に来るものに私たちの運動の感覚が存することは、それどころではありません。緻密なゼノンは良く言いましたが、動くものは絶えず何処にいるのかに正確であるので、決して運動の中には無いのです。それと同じ他の困難は全く分割出来ないものであり、私にはそれを感知したりその全体を思考したりする運動は連続的なものでしかありませんけれども、全ての運動の位置は同時に把握されるものです。従って私たちが知覚として把握するのは、決して運動の出来事ではなくて、実際には動きの無いその観念であり、その観念による運動なのです。認識全体の領域で余りに早く脱線してもお許し頂けるでしょう。これらの分析は決して分割されるものではありません。同様に、私たちがそれらの単一性に目を通して行かせながらも、やはり全てを考慮に入れていることにもう一度注意して下さい。その様にして私たちは行かせる儘にしながらも、その運動を知覚するのです。そうなのです。しかし、前もって用意されて良く保存された道は、数々の定められた地点に引かれた線に沿っていて、一言で言えば不動なのです。その点を少しでも前に考えたなら、運動に関する形式をどんなものでも考えながら好きなだけ与えられる錯覚以上に、検討するのに有益なものは最早何もありません。従ってコルクの栓抜きを回転させただけで、軸に従って移動して行く様に見えます。こう言っても良いのですが、回転していない様です。あるいは又、風車や風速計の軸を別の方向へ向けたいと決めたなら、それらが回転している感覚を外観の中でも変えることが出来ます。その様に定まった点を選択すると、別の運動を生みます。相対的な運動の概念は従って言葉が無くても認識となって現れます。

 運動の知覚としてここで言われたことは全てが触覚にも適用されますし、取分け視覚の手助けがあるにしろ無いにしろ、接触とか緊張によって私たちが自らの運動を持っているとの認識に適用されます。感覚の観念の始めが、色や音が外から与えられる様に、運動にも与えられているというのは内容の無い観念であると容易に考えられます。私が感じた運動に行き着くのは何時も思考された運動によります。そして、運動の一部分も運動から出たものであり、運動全体の中にあります。筋肉の感覚について良く知られている議論は、哲学的な認識とは無縁であることが多分あなたは直ぐに判断を下す様になるでしょう。それは実際に望んだ様に殆ど行うことが出来る言語が、奇妙な対象として叙述されて点検された後で、空虚な弁証法的な理論はもっと遅く理解されるしかありません。(完)

 


第四章 感覚の教育

 

 生まれつきの白内障から全治した盲人たちの〈観察〉は、最も偉大な哲学者たちが何時も見抜いて知っていても、それと同時に哲学者たちの注意を引き起こしていました。それは見ることを学ぶことです。つまり光と影と色彩によって与えられる外観を解釈することにあります。いずれにせよ、確かにこの種の医学上の観察も知るのは良いことです。しかし、私たちの視覚そのものを分析することや、そこで見破ったものを提示されるのを考察することは、もっと哲学的方法に適しています。森の地平線は、視線にとっては遠いものに見せないが、青味がかっているのは空気の層が干渉しているのは大変に明白です。少なくとも私たちは、それが意味しているものを全て知っています。同様に、遠近法を解釈することも知っています。それは柱や窓や並木通りの木々の様に、同じ大きさの対象物が私たちから別々に距離の位置の処にある時、遠くにあればある程小さく見える知識を特に与えてくれます。そちらの方へ注意を向ければ、そのことに気付くのは大変に容易です。しかし、時々は無邪気な理解力が真実を知っているとばかりに、描写したいと思う外観に反対します。例えば余り観察しなかった人が、向こう側の木々の緑は少なくともこちら側の木々よりも遠くにあるのに、同じ緑色をしていると大変良く主張します。もう一人の人は、絵を描こうとしている時に、雨傘の方が大きいのに、何よりも人物の外観を小さく描きたくないのです。私たちの両目は一つ一つの事物を二つのイマージュ(像)で示しているのを、認めたがらない人を私は知っています。しかしながら遠い対象のイマージュが直ぐにでも二つになるためには、一本の鉛筆の様に非常に接近した一つの対象を両目で見詰めれば十分です。しかし無邪気な理解力は、大変に強い理屈を次の様に言って、これらの外観を否定します。「そんなものはないのだから、私は見ることが出来ないのだ」。画家たちは反対に、自分たちの仕事によって事物の真偽に最早注意しませんし、少なくともその様なものとして外観を再現しようと努力することに導かれて行きます。

 運動している事物は哲学者にもっと良いことを教えてくれます。ここでは外観がより一層強くなり、事物の真実は単に見るまでもなく肯定されます。例えば、速く走る乗物に乗って地平線の方へ伸びる一本の道を軸にした車輪の様に、木々や柱が走って全ての風景が回転して行く様に、それでも存在しなくなるのが分かるのを見る妨げになり得る最大限の速さに、逆上する旅行者はおりません。最も偉大な天文学者も、地球が南北を軸にして実際に動いているのを良く知っていますけれども、大空の中を星々が移動して行く様に見ています。それ故にこれらのことを思考するや否や、観察と理性の働きによって外観に倣って事物の真実を構成し直すことを学ばなければなりません。そうしてここでは、目の先生になるのは手であるのは大変に明白です。耳も又教えなければなりませんし、私たちは音に倣って、音を出す対象のものの方向と距離を測ることを少しずつ学びました。つまりそれは、私たちが見て触るために行わなければならなかった動きであり、更にもっと明白なことです。猟師や砲兵は分類化された観察と、体系化された経験でこの教えを続けて行きます。このことに倣って些か勘違いもありますが、子供は見るものを掴み、聞くものを見詰める訓練をする勉強から判断することが出来る様になります。

 最も難しいのは恐らく触れる感覚が、それも教育の一環ですが、それだけで学ばなければならなかったことに気付くことです。盲目になった人が、それ以前には気付きもしなかった触覚の多くの印象を意味づけるために学んでいることは周知のことです。例えば彼が友人の手を握れば、私たちが普通に顔色を読むことよりも、沢山のことを見抜いているでしょう。そこから出発して遡ってみると、柔らかいものや固いもの、つるつるしたものやざらざらしたものについての子供の経験に一つの観念を生むことが出来ますし、数々の事物の味や匂いや色に関しても全てに結論を下すことが出来ます。これらの認識には、私たち自身の肉体の認識に注意して考えなければならないのも明白です。それは直接的なものになり得ないとしても、色々な関係を含んでいる場所とか距離という概念そのものから生じるものです。それ故に、どんな直接的な印象の中に与えられることは出来ません。従って私たちに全て与えられている様に見える肉体の認識と事物の認識においても、実際には全てが学ばれているのです。詳細なことや秩序に関しては、それらを見抜くために有効に訓練することが出来ますが、本当らしいこと以外を望むことに意地を張らないことです。さもなければ緻密で際限の無い議論に陥ることでしょうし、それは真の哲学にとっては無縁のものなのです。(完)

 


第五章 刺激について

 

 或る距離があったり、それらの距離を想定する場所の全ての関係から形と大きさが知覚されるものは、レリーフの様に、何時も単に可能な運動による効果があります。その点について長く考えることは重要です。何故なら全ての事物の形式である幾何学の空間があって、しかも事物に似ていない奇妙な性質が生じているのはそこであるからです。例えば、私がレリーフとして知覚するものは現実の凸凹ではなく、その瞬間そのものに触れて知るのであると言いたいのです。私が認識しているのはしるしです。もしも、それらのしるしを事前に持っていたなら、両手で知覚するものを予測させてくれます。このことは距離がどんなものでも真実ですし、予測に過ぎません。その点に戻ります。私は恐らく熟考そのものからあなたの精神に現れる、思索に今は従いたいと思いますが、全てが予測ではないということです。その様なものとしてこれらのしるしは、現在も十分に与えられています。正確に言えば、それは出来事です。そして、もしも私がそれを近くから見詰めたなら、それらは私の両目と両耳と両手の出来事になります。私は耳でぶんぶんいう耳鳴りを誤って解釈するかも知れませんが、兎に角、私が知覚しているのは事実です。それが血管の中を循環する血液のせいでしかないとしても、兎に角、私が知覚しているのは事実です。私は凸凹を誤って見ますが、その光と影を良く知覚しています。そして、その影が私の目の疲労によって起こるものでしかないとしても、もしも私が余りに長く本を読んでいたとしても、激しい光とか暗い夜に変化したりぼんやりしたりする形の儘誤った色を感知するのが本当の様に、その影を感知するのも同様に本当です。偏見から私が指先の重さを間違って解釈することはあり得ますが、それらを感知していることも又あり得ます。更に、もしも私に熱があるために葡萄酒が苦いと思っても、いずれにしても私がこの苦さを感知しているのは本当です。現在は私が推理するものについての何らかのデータが常になければなりませんし、そのものに倣って私は見抜きますし、先に始めます。そうして目に見える現実の運動は、色や光に何らかの変化がなければ、決して感知されないでしょう。私は、身体についての物理的行動によって感じるものに倣って事物を感知します。そして、この最初のデータが無ければ、何も感知しませんし、それが刺激と呼ばれているものです。しかし、それを仮定して、まだこれから重要な二つの点に注意しなければなりません。先ず第一点は、ここで生理学者たちの道を踏み外してはならないことであり、感覚器官又は脳の中で、事物によって生じた肉体的運動を、刺激によって理解したいと思ってはならないことです。その様に話すのも、それは合成された知覚で、大部分が想像力である知覚を述べることであるからです。その知覚によって生理学者は人間の肉体の構造や外部の行動への反撃を想像します。余りに大雑把ですが、大変に一般的なこの誤解を良く考えて下さい。私は所有している知覚を考察しなければなりません。そして、教えられたり推断させられたりしたものを排除して、単に示されていることを決定するために探究しなければなりません。そこから私が二番目に注意しなければならない点に達します。それは如何なる予測も無く、刺激が何であるのかを知ることは、そんなにも容易ではないのです。何故なら、私が良く考えることは、視覚にとってのその情報は並置された色彩の数々の斑点に存在することであるからです。しかし、そこでは既に単純化された知覚の中で私が、凸凹が無くても私の両目には距離感があって一枚の絵に、全ての色彩を齎していることしか見ないのは誰でしょうか。色彩の単純な刺激は確かにもっと単純な何ものかであり、私の肉体のどんな部分でも感受されることはないに違いありません。というのも、その様に感受することとは、既に知覚することであるからです。私は形と大きさと位置を認識するのを欲するからです。従って、純粋な刺激を把握するには、いわば思考すること無く考えなければなりません。夢想とか、半睡とか、最初の目覚めとかの、或る種の名状し難い何らかの状態からは、盲人に視覚が示された時の最初の印象同様に、私たちにも十分に近いものになることが出来ます。しかし、彼はまさしく何を言って良いか分かりません。そして私たちが子供の時の最初の印象を保って置かない以上に、思い出を保って置けません。これらの指摘は、あらゆるものの中で最も明瞭な出来事や、最も良く限定されたものの様に、粗雑な思考体系を排除するためのものです。この体系に倣って私たちの刺激は続いていて、見分けられ、繋がっていて、呼び起こされます。一つの出来事とは、その最初の衝撃や、対象と人間との最初の出会いとは別のものであると私たちは言わねばなりません。内容と形式を区別しなければならないでしょうし、その様にして最も単純な知覚も既にそれを教えてくれているのです。

 知覚と刺激を識別するためにはもっと一層困難で、殆ど探究していない道がもう一本あります。それ故に質と量を考察しなければなりませんし、それらの性格によって明らかにしなければなりません。それは最も困難な思索の中へ直ちに身を投じることであり、読者に最も苦しいものを与える『純粋理性批判』の中の一つの部分です。ここでもう一度大きさとは何か、質とは何かを正確に述べてみましょう。例えば私が線を引いたり、数を数えたりする時の様に大きさが増大する時、質の部分は別のものの儘付け加わっています。例えば光がだんだんと強くなる時の様に、質が増大する時、明るさに付け加わるものは如何なる区別も無く、それに合体します。その光は変えられて、私がもっと強いと呼ぶ光は実際には別の光です。もっと濃い青は実際には別の青であり、もっと強い圧力は別の圧力です、等々と良く言えるでしょう。しかしながら私に増大する光が抗い難く齎されるのは、最も弱い印象から目が眩む閃光までの単なる光の強さです。この大きさは従って単に昔から増大したり徐々に減少したりすることが出来ますし、それを強さと言えるのははっきりしています。しかし、これは純粋な質ではない様に思えます。私たちはここで並置されたこららの強さを私たちの視線で整理するために、はっきり言うのにその大きさを利用している様に思えます。純粋な刺激には決して増大も減少も無く、正確に言えば大きさがありません。しかしながら、少なくとも変化や新しさはあります。説明出来ない不可解なものです。しかし結局のところ多くの人々が試みた様に、生来の直接与えられた印象を描写し様と努める表現に凝りながら、それに近づくことが許されます。以上のことは全てが幾何学以前のものです。しかし、これらの微妙な探究をここでは明らかにして、言語は不完全にしかそれらを表現しないと予測するだけで十分です。記憶に関する特別な研究は、最初の経験とか最初の印象を研究しても無駄であることを、恐らくもっと正確に説明するでしょう。これらの企てには、まさに最も多く解釈している最も大胆な知覚が含まれている様に見えます。(完)

 


第六章 空間について

 

 恐らく読者は、善良な哲学者たちによって大変幸せに使用されている、表象というこの美しい言葉を完全な意味で把握し始めています。事物は私たちに決して述べませんが、私たちは事物を述べます。又は、もっと正確に言うと、事物を表します。私たちの知覚においては、知覚を理解したいと思うのは極めて簡単です。何時も、思い出、復元、経験を要約します。語られた判断力のもので既に科学のものと、直観のものとを区別することは少なくとも有益です。直観力のある人は、少なくとも外観としての直接的な認識の様に論証的なものに反対しますし、研究や反復や理性の働きによって形づくられる認識に反対します。ところが知覚は、何時も言葉と接近と推測によって完全になりますし、注釈をを付けられます。例えば、木々が並んだ一本の線は道を示していると私は思いますし、あるいは三角形の影は鐘楼の尖端を示していると思います。更に又、唸る様な音は自動車の音に違いないと思います。これらの認識は、ありふれた言葉の意味から言うと、直感的なものであると思えるかも知れません。しかし、この章においては最も厳格な意味で、まさしく直感的認識と思われるものを問題にしています。つまり、それらの認識を解釈することであり、事物の様に触れる表象の何らかの性格からも極めて鮮明なものでもあります。

 私は極めて遠い水平線を見ています。私の両目が教えてくれるものに倣って厳格に言えば、他のものと同様にその色彩を良く表していますし、こう言って良ければ距離はありません。しかし、それでも距離があるのなら、事物として私に触れます。それは事物の真実そのものです。私が青味がかったこの色彩から引き出すことが出来るものです。この距離が大変良く私に見えて来て、残りのものも全て見せてくれます。それは一つの事物ではないのですけれども、大きさや形や色彩に一つの意味を与えています。しかし十分に注意して下さい。この距離は少しも水平線に所有されていたものではありません。そうです、事物から他のものへの関係であり、事物から私への関係です。もしも私がその所有されたものを知りたいなら、その距離に目を通しながら取り除きます。或る意味で私は常に表象によっていますけれども、その時は経験を十分に積むことになるでしょう。勿論、その様にして私は今距離を見ていますし、その様にして今感じていますし、その様にして今思考しています。私は距離を知り、可能なあらゆる経験を積みます。距離とは私のものであり、事物のものではありません。私は距離を設けて、線を引き、決定します。本物であろうと偽物であろうと、距離は常に距離であり、分割出来ない関係にあって、実際に歩き回ったものではありません。それらの部分はお互いにつけ加えられます。しかし全てが設けられているので、次々に分割されたり歩き回ったりしますし、或る意味で前もって分割することも歩き回ることも与えています。

 方向も又、同じ性格をもっと明らかにしています。何故なら、方向は私の肉体の回転に関係して事物を整理するからです。しかし、それでも事物ではありません。方向が決定されます。それは形式であって、受け取られたものではありません。空間についての全ての逆説がここに集められます。そして全ての困難が屢々余りに早く通過しますが、まるで作者が捏造したかの如くです。距離と方向は幾何学にとっての二つの武器です。さらに如何なる事物の助けも借りず、黒に対する白、点、線、角という恣意的に考えられた事物について大変に良く知っていても驚くことはないでしょう。でも、余り先走りしない様にしましょう。

 幾つもの距離から私は、深さと呼ばれている距離を選択しました。何故なら、その空間には性格が無くて、設けられているものであるからです。それは経験を決定しますし、より一層容易にそこに現れるからです。今は、あなたの目の前に広がっているか、目に見えない盲目の距離ですが、やるべき努力を決定する様な他の色々な距離を考えて下さい。これらの距離にも又距離があること、つまり分割出来ない関係があって、深さと同種のものであるとあなたは認めるでしょう。そして、きらきら輝く色彩も又表面の色彩として理解しない様にして下さい。あなたが一つの平面上に広げたいと思っている景色は景色自身で平面に描き、豊かであるとか貧しい色彩によって私は見ていて面白いものや悲しいものを理解しているとあなたは信じるでしょうか。この幻想からあなたを逸らせるには、この平面からあなたを離す深さによってしか意味を持たないことを、私は単にあなたに気付いて貰うだけです。そして、斜めに見える数々の表面に関しては、池の表面や山の斜面の曲線の様に、あなたは思考の中で立て直します。その様にして各々の事物に一つの意味と平面を与えますし、厳密な形式の中で外観を理解する時には更により一層明白になります。容量に関しても常に見抜かれて、設けられて、思考されています。というのも分割されたり、他の表面から、そしてその背後にある他の容量から発見されたり見抜かれたりすることがなければ、決してそこに這入って来ないからです。

 恐らく、あなたに最善を教える立方体の骰子にここで戻りましょう。立方体がどういうものであるのか、定義上は同じ辺、同じ角、同じ面であることを誰もが知ることが出来ます。しかし、誰もその様な立方体を見ていません。誰もその様なものに触っていません。立方体の骰子の形をありありと思い描くには、一つ一つの経験では見たり触ったりさせてくれないこの形を、経験の中で維持して肯定することなのです。もっと正確に言うと、既に科学が明らかにしている他からの位置と方向と距離によって、それらの全ての外観と知覚とそれに付随した影までを説明することなのです。ところで、この立方体の様々な外観を描いてみて下さい。そして、あなたが同一の形を認める時には感嘆して下さい。もっと良いことをして下さい。鉄のカーテンレールで作られている様に、全ての辺が目に見える様に立方体を描いて下さい。それから或る時は一方の側面と上方から見て、又或る時は他方の側面と下方から見たとして、二つの面に基づいて立方体を考える訓練をして下さい。形も方向も命令される様に理解する外観をあなたは見るでしょう。その外観は多分、真実の道の中で常に考察への道を教えるものであり、適切な哲学上の経験はそれ以上ありません。要約して言うなら、私たちは空間の中で事物を知覚しますが、諸方向という対象は空間によってしか命じられたり、区分されたり、知覚されたりしないのですけれども、その空間は諸方向の一つの対象ではないと言えるでしょう。空間は連続していると言えるでしょう。つまり分割出来ないものです。空間は大きさや形の父ですけれども、空間そのものには大きさも形もありませんし、結局のところ小石の様に存在するものは何も無いと言えるでしょう。そこから次の様に、空間は有限か無限かという問題が生じて来ますが、如何なる意味も無いのは明らかでしょう。しかし、その点に関しては一度ならず戻って来ることになるでしょう。その困難な課程において、あなたの力を調べてみて下さい。あなたは哲学するとはどんなことであるのかを、今では少しは知っているのです。もしもこの種の探究が喜びを与えないとするなら、神々が現れる前兆の様なものです。本書を読むこともありません。(完)

 


第七章 感覚と理解力

 

 しかしながら少しは先に始めなければなりません。余りに容易に非常に広まったこれらの知覚の探究は、本当の困難に直ぐに赴かなければ遊びでしかありません。それなのに私はそこに固執したいのです。カントが『批判』の中で空間を、理解力の構築としてではなく、感覚の一つの形式として考えたがっていることは誰もが知っています。私は、先立って行う分析によって、科学の諸関係を言葉の本来の意味の代わりにするために、この透明な感覚を備えた一つの空間の枠に入れたイマージュを全て排除する様に導かせるのは寧ろ明白です。カントが申し分なく空間を処理する時には、空間が一つの形式でしかないことを決して忘れません。でも、それは初心者にとって大切なことです。ところで、空間は感受性の一つの形式であるとカントがつけ加えて言う時、次のことを強調しているのです。空間を所有することは、科学が組み立てる理解可能な諸関係にすっかり立ち戻らせることは出来ませんが、それらは明白な認識の形式であるということです。その点については、事物に関して合理的に扱っているアムラン(1)を読んで下さい。

 問題が曖昧になって来るのは、三つの座標が常に一点に固定されている三次元の空間が私たちの経験としての出来事になる、と数学者たちが言って気に入っているからです。しかし必然性の真実にとっては奇妙なことです。この問題は保留にさせて置きます。私が今まで述べて来た空間は、まさしく精神の活動における形式と呼ぶものと異なっていると決して理解しません。数学者たちが代数に騙されるとか、三次元が距離や方向の観念そのものよりも経験上のデータとのあらゆる混合によって純粋でなくなることもあり得ます。しかし、詳細なことに今は這入らないでいましょう。読者を目覚めさせることが重要です。悩ませることではなく、弱さよりも寧ろ隠れている強さを表すことが重要です。

 私は、あるが儘の人間の認識を書き出すことに取分け集中しながら、私たちに遠近の事物を見させてくれる幾何学的形式の予測と、所謂科学の諸形式との間に既に現れている大変顕著な類似を強調します。これらは注意に過ぎません。私は目的を忘れません。そして、体系の中で完成する学説には達しない様にします。議論が人々の間で終わりになる前に、世論や品行の治安は有効に行使することが出来ます。

 刺激に関する学問というものが決して無いことは、重要なあらゆる哲学者たちが、取分けプラトンやデカルトが強く示していました。刺激というこの良く知られている用語の意味を正確に理解するための準備が、私たちには成されている様に見えます。その強さを測るには、長さにしか関係していないのは明白です。例えば、同じ強さの二つの音は、同じ距離の処にある膜に同じ振動を生じる二つの音です。二つの温度は、きちんと同じ量で用意された水銀の膨張で比較されます。カロリーは、氷が水に溶けて変化した重さによって測定されますし、重さそのものは天秤棒が均衡して変化しなくなることで量られます。その様にして科学は、今まで述べて来た幾何学的要素も、感知し得るデータに代えて理解されます。そして、強さを知ることが出来るものはどんなものでも、要するに長さを測ることになります。しかし、そこには科学的な事実しかありませんし、直接的に分析して明らかにしなければなりません。

 知覚とは、厳密に言うと私たちの運動とそれらの結果の予測です。そうして恐らくその目的は、常に何らかの刺激を受け入れたり排除したりすることにあります。まるで私が果実を摘みたいとか、小石がぶつからない様に避けたいと思うが如くです。良く知覚することとは、私がこれらの目的に達するために行わなければならない運動はどの様なものかを、前もって認識することです。良く知覚する者は、行うべきことを前もって知っています。猟師は、鳴き声を聞いて犬たちと再会する術を知っていれば良く知覚しますし、飛び立つヨーロッパ山うずらを発砲する術を知っていれば良く知覚します。子供が両手で月を掴みたい時には誤って知覚していますし、以下同様です。それ故に知覚には真実とか、疑惑とか、誤りがあるのかがその評価になります。遠近法やレリーフにおいては、特に視覚に大変敏感です。ところが聴覚や嗅覚にも敏感で、恐らく盲人が両手で触れる時には訓練された触覚も同じく敏感です。刺激そのものに関しては、疑惑も無く、誤りもありませんが、首尾一貫した真実によることもありません。刺激はそれを人が感じると、何時も現実のものになります。従って幽霊の知覚は間違いです。それは私たちの両目が感受しているものではなくて、消えやすい光とか着色された染みであり、幽霊と思うのはまさに予測なのです。幽霊を見ることは視覚の印象によって推測することであり、手を伸ばすと何かの生き物に触れるだろうと思うからです。あるいはもっと適切に言うと、それは私が窓の前で今見ているものを推測することであり、もしも私が或る動きをすれば、戸棚の前でも又それを見るでしょう。しかし私が現実に感じているものに対しては何の疑いも無く、私はそれを感じているのです。そのことに関しては決して間違いは無いので、そのことに関しての学問も決してありません。私が感じ取ることに関しての研究は、どんなものでも常にそのことが意味するものや、如何に私の動きと共に変化するのかを知ることにあります。そこからお分かりの様に、対象のものとは本質的に位置と形を持っている何らかの事物です。あるいはもっと正確に言うと、対象のものの中にある真実とは、その形と位置と所有するもの全てを決定している空間上の諸関係全体です。今は次のことを熟考して下さい。天文学者は、その様な諸関係によって十分に計測された知覚の後で、地球が太陽の周りを回っていることやその外の類似のことを言い、そしてこれらの運動によって起こること、例えば日食やそれが見える場所を予言するまでの、その様な諸関係を決定すること以外に他のことは行わないことです。今はこれらのことを指摘するだけで十分です。(完)

 

(1)アムラン(一八五六~一九〇七)は、哲学者でヘーゲル哲学をフランスに導入した。

 



読者登録

高村昌憲さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について