twitterアカウントでログイン

カテゴリー ビジネス・教育・社会 学習・研究 作者 小林 道憲
価格 無料
タグ 不確定性原理相補性原理複雑系内部観測観測実験環境改変ハイゼンベルク量子力学ボーアシュレーディンガーエッシヤーデカルトカオス初期値鋭敏性近代科学ライプニッツオナドロジー宇宙の人間原理ゲーデル記述不安定性自己言及非決定性自己観測ジョン・ケージ自己産出技術
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 50ページ (Web閲覧)
57ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 われわれは、世界の外から世界を認識しているのではなく、世界の内から世界を認識している。また、われわれは、世界の外から行為しているのではなく、世界の内から行為している。そして、その認識と行為が、自己形成的世界を成り立たせている。とすれば、自己と世界、主観と客観を分離して考えた近代哲学や近代科学を乗り越え、存在と認識と行為の深いつながりについて考えねばならない。この論文は、そのような世界内認識と世界内行為の立場に立ち、主観・客観図式を廃棄し、無数の要素の相互連関から自己自身を形成する世界、つまり〈複雑系〉の認識論的基礎を与える試みである。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧