閉じる


<<最初から読む

2 / 4ページ

試し読みできます

のうがき

たった一つの筋トレだけど 手編

 

 

【のうがき】

 

 

●座ったままでも効果の高い筋トレだ。

筋トレというよりもストレッチと言うべきなんだろうか。

とても簡単に実践できるエクササイズである。

特に力を使うことも無い。

それでいて、とても効果的な方法である。

 

現代人は足を使わなくなったけれど、手も使う機会が随分少なくなった。

洗濯をしたり、掃除をしたり、重い荷物を抱えたり手を使うのが無くなりつつあり、便利になりボタン一つ押すだけで用が足りてしまう時代になってしまった。

 

足も手も使わない、そんな時代になり、身体を流れる血流が悪くなり、コリや痛みに悩まされ、自然治癒力、免疫力が損なわれ様々な傷病も襲ってくる時代にもなったのである。

人は動かないとダメ、手も足も使って体を動かすことがとても大切なのである。

 

それなのにスマホやパソコンを使用することが多く、肩、首などの血流が悪くなり(悪くなっていると意識できない人がとても多い)、様々な身体的トラブルを抱える人が多くなっているのに拍車をかけている。

 

肩、首などの血流が悪くなると全身の血流が悪くなる。

頭部に流れる血流が悪くなるのは想像いただけると思う。

首から上部にある顔や頭の血流が悪くなるのだから、目、鼻、耳、口、脳などの血流も悪くなってしまっている。

花粉症で悩む人がどれだけ多いことか。

「原田式ウォーキング3」をやり、肩の血流を改善するだけでも花粉症は随分改善できる。

 

「原田式ウォーキング3」も良い方法なんだが、それとは違った感覚で肩を良くしようとするのが今回の「たった一つの筋トレだけど 手編」なのである。

 

座っても実践でき、立っても実践できる、やれば首から下の血流も良くなり、脚が軽い、腰がラク、なんてのも体感できる。

もちろん肩はとても軽くなる。

肩の血流悪化は全身の血流悪化を招いていることも実感していただける。

 

「たった一つの筋トレだけど」と「たった一つの筋トレだけど 手編」を合わせて実践することで大きな効果を生み出してくれるのは言うまでもない。

 

肩こりは万病の元とも言われている。

胃腸にも大きく関与している。

疲れたら、必ずと言っていいほど肩に来る。

すると胃腸の具合が…、なんて人も少なくない。

 

食事していても胃腸が気になり…、なんて人も座っていながら実践できる。

 

胃腸改善強化には●●ヨーグルトを、なんて広告がとても多い時代になった。

ヨーグルトで強くなる人はそれで良いのだが、ならない人も多いはず。

私もそうだった。

ヨーグルトを始め繊維質たっぷりのドリンクなども試した。

試して…、私は良くならないのだと結論した。(ヨーグルトは好きな食べ物ではあるのだが)

胃腸も血流促進が一番効果があると、今では理解している。

 

胃腸、肩こりをはじめ全身のケアーに「たった一つの筋トレだけど 手編」は重宝する健康法だと自負している。

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格1,000円(税込)

読者登録

原田 秀康さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について