閉じる


<<最初から読む

5 / 5ページ

五章:幸せの価値観

車でえっちしたあとに女を膝で寝付かせ窓を開けてたばこを吸いながら外を眺め、賢者モードに浸るのが私は好きだ。

 

これからこの子を育て、私の為に稼いでこさせ、私の為に生きる喜びを与え、

私も幸せ、あなたも幸せを作っていきたい。


この本の内容は以上です。


読者登録

たろさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について