twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , 恋愛 作者 Seno Le Ma
価格 無料
タグ 革命崩壊SF進化戦争近未来歴史DNA
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 2ページ (Web閲覧)
10ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
不死の細胞を持った男は、殺しあう。

《まだ、見たことのない風景を、見ようよ》

現在・過去・未来、時代を飛び越えながら進行する物語。


これは、不死の細胞を持った生命体《穢死丸》の物語の続編です。

細胞が限界なく再生するために、不死である、という発想は、

単純にトカゲの尻尾や、植物をみて考えたものですが、

もしもトカゲの再生が、切り落とされ失われたしっぽだけではなくて、

しっぽから本体まで再生できたら?と考えたのです。

もし、そういう生命体が動物にいたとしたら、《愛する》ことによって、

繁殖するのではなくて、《殺しあう》ことによって繁殖するのではないか、と。

生命の倫理体系そのものについて考えようとしたのです。

《愛する》ことによって繁殖するにもかかわらず《殺しあ》い続ける人間種と、

《殺しあう》ことによって繁殖するにもかかわらず《愛し》続ける《穢死丸》種の交錯。

もっとも、本当は、《穢死丸》種そのものの同士の恋愛を書くべきだったかもしれません。

それは、この作品の世界観が完成した後に、書かれるべきだと思ったので、

この作品では書かれていません。

いま、考えています。もちろんそれは、この作品を解体する作品になるはずです。



2018.05.27. Seno-Le Ma

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧