twitterアカウントでログイン

カテゴリー ビジネス・教育・社会 政治・社会 作者 マーモン
価格 無料
タグ パリ協定温室効果ガス脱炭素社会地球環境脱原発異常気象脱経済成長再生可能エネルギーエネルギー収支比縮小社会オオマサガス石油枯渇成長の限界エントロピー水素社会資本主義バイオ燃料価値の転換原油価格文明社会IPCCポスト石油クラウジウストリウム基軸通貨気候変動
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

2 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 11ページ (Web閲覧)
33ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
現在社会の問題は、化石エネルギーの使い過ぎです。エネルギーの使い過ぎか否を判断する理論が、エントロピー理論です。エントロピー理論の創始者であるルドルフ・クラウジウスが、1885年に石炭エネルギーの使い過ぎに警鐘を鳴らしていました。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧