twitterアカウントでログイン

カテゴリー ビジネス・教育・社会 政治・社会 作者 マーモン
価格 無料
タグ パリ協定温室効果ガス脱炭素社会地球環境脱原発異常気象脱経済成長再生可能エネルギーエネルギー収支比縮小社会オオマサガス石油枯渇成長の限界エントロピー水素社会資本主義バイオ燃料価値の転換原油価格文明社会IPCCポスト石油クラウジウストリウム基軸通貨気候変動
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

2 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 11ページ (Web閲覧)
33ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
現在社会の問題は、化石エネルギーの使い過ぎです。エネルギーの使い過ぎか否を判断する理論が、エントロピー理論です。エントロピー理論の創始者であるルドルフ・クラウジウスが、1885年に石炭エネルギーの使い過ぎに警鐘を鳴らしていました。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

幼児向け絵本ですが、大人もどうぞ。ジンベエザメのジンベは海より広いのは何だろうと思いました。・・・※...

この本を開く

人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・機械的ロボットは人の作ったプ...
300円
こんなことできるよ2010

この本を開く

仮説実験授業研究会会員によるたのしい授業カタログin特別支援教育。特別支援学級・特別支援学校で実践で...

この本を開く

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる・・・*アルファポリスの絵本ひろばでは「R」が付いてい...

もっとみる