閉じる


試し読みできます

もくじ

原田式ウォーキング3

 

【もくじ】

 

 

●のうがき

 

 

●歩き方


試し読みできます

のうがき

原田式ウォーキング3

 

【のうがき】

 

 

●「原田式ウォーキング2」は足の出し方を考慮し、足腰の痛み、胃腸をはじめとする内臓の働き、肩や

頭部の改善に大きな効果がある。

ウォーキングなるもの、人間の基本動作である。

手や足を動かし、体感も使い、人は歩くことが出来る。

つまり、全身の筋肉などを使い歩いているわけだ。

 

それならば足の出し方だけを考慮するのでなく、手の出し方にも考慮すれば、更に高い効果が売られるはず。

そんな考えを基に、研究を進めてみた。

すると、やはり大きな効果が現れた。

名付けて「原田式ウォーキング3」である。

 

肩がラクになれば、肩で止められていた血液が巡りだし、頭部や内臓、そして下半身にまで巡っていく。

目がラクになり、腰も痛みが消え、膝の痛みも改善されてしまう。など等全身に血液が上手く回りだし痛みや不具合を解消し、元気な身体に持って行ってくれる。

歩く行為は日頃多くの人が実践する基本動作である。

 

そんな行為をちょっと工夫するだけで快適な身体になれる、元気になれるとなると、とても有難い。

立つ、歩く、座るなど日常の生活の中で出来ていく健康作りは不易な健康法だと強く思う。

 

 

◎症例

 ●花粉症

ある小学五年の子供のお母さんから電話「今日は2週間に一度の花粉症のお医者さんへ行く日なので拳法、休ませます」という内容。
以前、親指などで良くしてあげた経緯があるが、自分でやりなさい、と言っても出来ないのが普通。

で、病院へ行き、薬に頼っている。
この日も鼻づまり、喉の痒さがあり、辛いのである。
薬を多用すると副作用があり、お母さんは懸念している。

で、私が喋ったのは「手を振るだけで良くなると思いますから、10分でいいですから、来れませんか?」
で、彼は来た。
右手を30回振らせた。
すると鼻がラク、喉がラクになった。

左手も振らせる。するととてもラクになってしまった。
足踏みも入れて、振らせる練習。
このようにして登下校するだけでも、やってみー。

 

お母さんにも電話して、良くなりましたよ、家でも手を振るのを見守ってあげてください。と伝えておいた。

 

 

 

●足裏カガトの痛み 花粉症 腸

足裏カガトの痛いH君。
もう足裏カガトが痛いなんて、そんな話はしないので、聞いてみた。
痛くないです。
朝起きたら痛みがあるので、家の階段を上ったり下ったりするときに手を振っています。それで痛みが取れます。

そんなH君、花粉症の出来事があったので、H君も右目が痒い、と言い出した。
それでは、ついでなので全員に手を振る方法をさせた。
振る前に開脚しての柔軟度を確認させて。

で、振り方を教え、チィチィパッパと私が先頭で歩行訓練1分。
そして開脚柔軟度の確認。
皆、柔らかくなっていた。

だがH君の目のかゆみは取れていない。
で、H君の右手だけ20回の特訓。
でも、目の症状は変わらない。
そのまま稽古へ。
すると数分後にH君はトイレへ、便が出た。
「目、良くなったやろ?!」と私の弁。
「ええ、良くなりました!」

腸の血流も良くなり、排泄。不要なモノを出すことで身体は快適になり、花粉症も撤退してくれる。

 

●ボディビルダーの肩こり

ジムスタッフのF氏22歳。
ボディビルに燃えている男だ。
今朝はスタッフとして登場。
「原田式ウォーキング3」をして、肩がラクになると言ってきた。
左右の肩がやはり猛烈にこっている。
ボティビルは、過酷に鍛えるんだ。
いつも、常に、常時こっているから、漫然とした肩こりなんだ。
左右のどちらが強い肩こりか?なんてのも判らないまま。
だが、「原田式ウォーキング3」をやると左肩の方が悪いというのが自覚出来てきたという。

 

●ゴルフで肩の痛みが出るが

ジム友の肺気腫N氏。
一昨日、暑い中、ゴルフに行った。
しんどかったようだ。
ゴルフが終わると「原田式ウォーキング3」の手だけを20回やった。
すると、右肩が痛まなかったという。
いつもはゴルフすると右肩が痛くなるのである。

 

●ばね指 八十肩

デイサービスのH子さん80歳。
お友達と会話している言葉が耳に飛び込んできた。
手の指がどうのこうの…。
聞くと、左手薬指がばね指だという。
こんなのカンタンに良くなるはず。
で、「原田式ウォーキング3」を30回やった。
するととても楽に掌を広げられるようになった。
肩が良くないのである、肘から肩にかけても痛かったんだ、それも勿論良くなってしまった。
ばね指、普通ではなかなか治らないんだ。手術とかややこしいことをするようだ。
ばね指も血流なんだ。
ばね指だけではない、指の痛いのも血流が悪いから、まずは肩の血流を良くすれば良くなるのだが、普通のやり方の改善では弱い。

 

 

●歯茎の異変に

ハードに筋トレをやると歯茎に異変が起きていた。
硬いものが噛めなくなったり、歯の間に繊維状食べ物が挟まったりしていた。
最近は、歯茎の異変が無くなっている。

やはり肩こりを取り去れば、歯茎にも良い状態を保ってくれるようだ。
ジムに来ている歯科医師に聞いても、スタッフに聞いても、重いウエイトを上げると歯を食いしばるから歯や歯茎を傷めるのでは?!なんて答えが返ってきているが。
私はベンチプレスで踏ん張っても、絶対に歯は噛み締めないでやっている。
やはり肩こり=歯茎がやせ細る、なんて考えてしまうが。


足裏カガトがブヨブヨしていたんだけれど、それも硬くなってきている。これも肩等のコリが改善され、血流が良くなり足裏カガトのブヨブヨが改善されたのだと思うが。

 

●70肩、80肩

デイサービスでは「安心」に寄稿してくれた杉井小夜子さん(84歳)に「原田式ウォーキング3」を指導。
上腕や肩の痛みがある。
それがものの3分で取れてしまった。自分でやって取れてしまう療法。
危ないので歩かないで腕を振るだけだ。



そんなのを見ていたD子さん。
立ち上がり手を振るだけをやりだした。
D子さんは脳梗塞の影響で?左腕が70肩。水平にまでしか上がらない。
だが、真上まで上がっていて万歳をしてくれた。


また隣のK子さんも同じようにやりだした。
もちろん3分でかなり手が上がるようになった。


 女性3人が快適になってもらった。

お年寄りの方たちは多くの方が肩の不具合を持っている。体調が悪くなる大きな要因だ。

 

 

●肩が軽くなると体が軽い、脚も軽い

「原田式ウォーキング3」で肩を軽くすると、身体も足も軽くなる。

肩関節も大きな関節であり、血流を止める大きな原因になる。

それを流してやるだけでも、全身、脚にも大きな影響を与える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格1,000円(税込)

読者登録

原田 秀康さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について