twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 歴史・時代 作者 大本正
価格 無料
タグ ギリシア神話、日本神話、出雲神話、聖書、マハーバーラタ、ラーマーヤナ、北欧神話、アヌンナキ、シューメ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

13 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 53ページ (Web閲覧)
996ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
人類には35種の異なる人類が存在し、各々にはそれぞれの名前がある。35種の人類の名前は、人類誕生の地アフリカに発見することができる。人類の名前とは、アフリカで祀られている神の名前である。現代人は、みな、彼らの混血である。通常、人類は白人、黒人、モンゴロイドに分類されているが、白人はディンカ、黒人(バントゥー族)はコットス、モンゴロイドはオロクン、オロルン、そしてインド人はキブウカが築いた人種母体である。
人類は、誕生してからすでに名前を持っていた。最初の人類の名が「エス」である。名前さえ知ることができれば、古文書を発見したり、遺跡を発掘したりといった多大な労力をかけることはない。アフリカの神々の名前をトラッキングするだけで、人類の正しい歴史はおのずと明らかになるのだ。顔と身体は人類の記憶であり、名前は人類の歴史である。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧