閉じる


<<最初から読む

46 / 53ページ

ハダメの歴史

◆秦氏(ハダメ)の歴史

 


■50万年前 「第2次ビクトリア湖の大移動時代」

 


■50万年前 「ハダメ誕生」

 

「ビクトリア湖の大移動時代」に参加したディンカは、現ケニアに「マサイ」、現タンザニアに「ムルング」、現ソマリアに「ハダメ」「イサック」を生んだ。ハダメは、ソマリア人の姿をしていた。

 


■40万年前 「第1次ディンカの大移動時代」

 


■40万年前 「ポーツマス誕生」「アドリア誕生」「アムステルダム誕生」「ロッテルダム誕生」

 

「ディンカの大移動時代」に参加したハダメは、ヨーロッパ各地に拠点を得た。「ポーツマス」「アドリア」「シェラネバダ」「メッサビ」などである。ポーツマスの名の由来はハダメとマサイの組み合わせ、アドリアの名の由来はハダメとシルックである。ハダメ+マサイ=ハダマサイ=ハーダマサ=ポーツマスとなり、ハダメ+シルック=ハダリャク=アドリアとなる。アムステルダムやロッテルダムは、もっと後世に築かれるが、ダムの名の由来はハダメである。

 


■7万年前 「第1次ウラヌスの大航海時代」

 


■7万年前 「テミス誕生」

 

「第1次ウラヌスの大航海時代」の参加者がオーストラリアから地中海に訪れると、ハダメはマサイと組んで「テミス」を生んだ。テミスの名の由来はハダメ、マサイの組み合わせである。ハダメ+マサイ=ダメサイ=タメサ=テミスとなる。テミスは、ロンドンを流れる「テムズ川」の由来であるが、それにより、彼らが古代のブリテン島ので生まれたことがわかる。その後、テミスはティタン神族に参加している。

 


■7万年前 「ハデス誕生」「デメテル誕生」

 

「第1次ウラヌスの大航海時代」の参加者がオーストラリアから地中海に訪れると、ハダメはマサイと組んで「ハデス」を生んだ。ハデスの名の由来はハダメとマサイの組み合わせである。ハダメ+マサイ=ハダサイ=ハデスとなる。ハデスはテミスと同じ組み合わせであるが、「テミス+ハデス」ということになる。その後、ハデスはオリンポス神族に参加している。また、テミスはタルタロスと組んで「デメテル」を生んでいる。デメテルの名の由来はハダメとタルタロスの組み合わせである。ハダメ+タルタロス=ダメタル=デメテルとなる、デメテルも、オリンポス神族に参加している。

 


■1万3千年前 「テミスの大航海時代」

 


■1万3千年前 「ドゥムジ誕生」

 

「テミスの大航海時代」に参加してメソポタミアに逃れたテミスは、現地人と交わって「ドゥムジ」を生み、神々の集団アヌンナキに参加した。ドゥムジの名の由来はテミスである。テミス=デミズ=ドゥムジとなる。

 


■BC539年 「ハドラマウト王国誕生」

 

共和制ローマが台頭すると、エトルリア人はイスラエルに移住した。この時に「エドム王国」が生まれた。同じ頃、エラム王国を喪失したエラム人は、ソマリアに移住してハダメ族と連合した。エドム人は、このハダメ族とエラム人の連合に参加し、3者は共同で「ハドラマウト王国」をアラビア半島南部に築いた。ハドラマウトの名の由来はハダメ、エラム、エドムの組み合わせである。ハダメ+エラム+エドム=ハダラムエド=ハドラマウトとなる。

 


■BC206年 ハダメ族、秦氏と合体

 

「秦」が滅ぶと、秦氏はラハンウェイン族の後を追い、中国を後にした。ソマリアに移住した秦氏は、ここでハダメ族と知り合い、連合体を築いている。この時に、「秦(シナ)」が「秦(ハタ)」と読まれるようになった。ハタ(秦)の名の由来はハダメである。ハダメ=ハタメ=秦(ハタ)となる

 


■BC206年 「秦韓誕生」

 

秦氏は、ラハンウェイン族の構成部族である衛氏、韓氏を連れ、ソマリアを離れて朝鮮半島に移住した。彼らは「衛氏朝鮮」「韓」を築いた。その後、秦氏は「秦韓(唇韓)」を築き、韓から分かれた2つの国、馬韓、弁韓と共に「三韓」と呼ばれた。

 


■BC206年 「グァナファト誕生」

 

一方、朝鮮半島に残留せずに太平洋を渡った秦氏は、メキシコに上陸し、拠点を「グァナファト」と命名した。グァナファトの名の由来はキナ(秦)とハタ(ハダメ)の組み合わせである。キナ+ハタ=キャナファト=グァナファトとなる。

 


■BC206年 「コナート誕生」

 

更に、メキシコを後にしたグァナファト人は北アメリカ大陸を北上し、アイスランドを経てアイルランドに辿り着いた。この時、彼らは上陸地点を「コナート」と呼んだ。コナートの名の由来はグァナファトである。グァナファト=ガナハト=コナートとなる。AD116年頃には、既に「コナート王国」がアイルランドに築かれていた。

 


■AD1世紀頃 「タミール人誕生」

 

ハドラマウト王国が滅ぶと、ハドラミーは南インドに足場を得て「タミール」を称した。タミールの名の由来はハドラミーと同じくハダメとエラムの組み合わせである。ハダメ+エラム=ダメエラ=タミールとなる。

 


■AD1世紀頃 「穂積氏誕生」

 

一方、一部ハダメ族はインドから日本に足を伸ばし、現地人と混合して「穂積氏」を形成している。穂積の名の由来はハダメである。ハダメ=ハザメ=穂積(ほずみ)となる。

 


■AD3世紀 「大和人の大航海時代」

 


■BC296年 「ワルメイ川誕生」

 

中山国が趙の攻撃によって滅ぶと、エラム人、ハダメ族はは「大和人の大航海時代」に参加して太平洋を横断して古代ペルーに移住した。彼らは拠点である河川に「ワルメイ」と命名した。ワルメイの名の由来はエラムとハダメの組み合わせである。エラム+ハダメ=エラメ=ワルメイとなる。エラム人、ハダメ族は、後にペルーを訪れるマオリ族と連合して「ワリ帝国」を建設する。

 


■AD648年 秦河勝、常世神を皆殺しに

 

常世(トコヨ)の名の由来はダキアである。シルクロードを通過したヴァルダーナは蚕の幼虫を本尊に設定して農民たちから有り金を巻き上げることを思いついた。人々は喜びながら全財産を常世神に納めたが、これを淫祀と見抜いた秦河勝が常世神を壊滅させ、解放された農民たちから真の英雄として祭り上げられた。金を取られて喜ぶ人間はいない。つまり常世神にインフラを支配された無力な農民たちは喜ぶフリをしていたのだ。河勝はそれを見抜いた。さもなければ一旦離反者(神を信じない不信心者)として教団にマークされた信者は、家族であれ、友人であれ、そして世間であれ、完全に無視されてしまうのだ。それは、生活・自由の保障を喪失すること、孤独のまま野垂れ死にすることを意味した。

 


■AD851年 「ケネディ誕生」

 

AD850年、黒い異邦人デーン人がダブリンを襲撃すると、コナート人はデーン人の側に付いた。翌年、ノルウェー王オーラフが率いるヴァイキング軍に敗北すると、コナート人はデーン人と共にアイルランドを離れた。コナート人は、一部がスコットランド西部に移住した。この時に「ケネディ」の名が生まれた。ケネディの名の由来はコナートである。コナート=コナーティ=ケネディとなる。

 


■AD997年 「レイフ・エリクソンの大航海時代」

 


■AD997年 「金田氏誕生」

 

「レイフ・エリクソンの大航海時代」に参加したコナート人は、日本人と混合して「金田氏」を形成した。金田の名の由来はケネディ、或いはコナートである。コナート人は、他にも「金(かね)」が付く「金村」「金本」「金山」などの姓を多く残している。

 


■AD9??年 ハーデクヌーズ1世、デンマーク王に即位

 

AD851年、デーン人と共にアイルランドを離れ、デンマークに移住したコナート人から「ハーデクヌーズ1世」が生まれた。ハーデクヌーズの名の由来はハダメとキナの組み合わせである。ハダメ+キナ=ハダキナ=ハーダキナーズ=ハーデクヌーズとなる。

 


■AD1028年 クヌード1世、デンマーク王に即位 「クヌード帝国誕生」

 

ハーデクヌーズ1世の子息ゴームは能登族の系統である。ゴームは、「ゴーム・デン・ガムレ家」を創始した。その後、そのゴーム・デン・ガムレ家から正統なハーデクヌーズの血を引く「クヌード1世」が生まれた。クヌードの名の由来はコナートである。コナート=クナート=クヌードとなる。イングランド、デンマーク、ノルウェーに至る地域を掌握したクヌード1世の帝国は、北海帝国と呼ばれた。

 


■AD11世紀 「ペルー人の大航海時代」

 


■AD11世紀 「波多美氏誕生」

 

「ペルー人の大航海時代」に参加した一行は日本人と混合した。エラム人は「有馬氏」を称し、「波多美氏」を称したハタミ人、「毛利氏」を称したマオリ族と共に北九州に向かった、波多美氏の名の由来はハダメである。ハダメ=ハタメ=波多美となる。

 


■AD1370年 ティムール、初代皇帝に即位 「ティムール帝国誕生」

 

AD1213年、「和田合戦」を機に日本を脱出した和田氏は祖を同じくするタミルの地に落ち延びた。その後、タミール人と化した和田氏はソグディアナに進出した。その後、AD1336年に和田氏の系統に属するティムールが誕生する。ティムールの名の由来はタミールである。ティムールは、ソグディアナを首都に強大な大帝国を打ち建てたが、AD1507年に滅亡してしまう。この後、ティムール王家はイランからインドネシアに移って「ティモール」を得る。

 


■AD1881年 セシル・B・デミル生誕

 


■AD1928年 ロジェ・ヴァディム生誕

 


■AD1943年 モハンマド・ハータミー生誕

 

イラン・イスラム共和国第5代大統領に就任している。1997年~2005年

 


■AD1948年 川勝平太生誕

 


■AD1958年 玉置浩二生誕 「安全地帯誕生」

 


■AD1967年 エレン・テン・ダム生誕

 


■AD2002年 「東ティモール民主共和国誕生」

 

 

 

 

 


マサイの歴史

◆釈迦(マサイ)の歴史

 


■50万年前 「第2次ビクトリア湖の大移動時代」

 


■50万年前 「マサイ誕生」

 

「ビクトリア湖の大移動時代」に参加したディンカは、現ケニアに「マサイ」、現タンザニアに「ムルング」、現ソマリアに「ハダメ」「イサック」を生んだ。マサイは、現マサイ族のような姿をしていた。

 


■40万年前 「第1次ディンカの大移動時代」

 


■30万年前 「メッサニア誕生」「メッサビ誕生」「セーヌ誕生」

 

「ディンカの大移動時代」に参加したマサイは、ヨーロッパ各地に拠点を得た。「シラクサ」「トラキア」「メッサニア」「サラミス」「メッサビ」「プリマス」「ポーツマス」「マルセイユ」「サンマロ」「セーヌ」などである。メッサニア、セーヌの名の由来はマサイとディンカの組み合わせ、メッサビの名の由来はマサイとハダメの組み合わせである。マサイ+ディンカ=マサインカ=マサイナ=メッサニア=サニア=セーヌとなり、マサイ+ハダメ=マサバ=メッサビとなる。

 


■7万年前 「第1次ウラヌスの大航海時代」

 


■7万年前 「ムネーモシュネー誕生」「ステンノ誕生」

 

「第1次ウラヌスの大航海時代」の参加者がオーストラリアから地中海に訪れると、マサイはクリュメネー、ウラニアーと組んで「ムネーモシュネー」を生んだ。ムネーモシュネーの名の由来はクリュメネー、マサイ、ウラニアーの組み合わせである。クリュメネー+マサイ+ウラニアー=メネーマサイニアー=ムネーモシュネーとなる。ムネーモシュネーの娘たちは「ムウサ」と呼ばれたが、この名もマサイに由来している。その後、ムネーモシュネーはティタン神族に参加している。
一方、マサイはディンカと組んで「タウマス」「デイモス」を生んでいる。ディンカ+マサイ=テイマサ=タウマスとなり、ディンカ+マサイ=デイマサ=デイモスとなる。タウマスはポントスとガイアの子として、デイモスはアフロディテとアレスの子として知られている。また、マサイはディンカと組んで「ステンノ」を生んでいる。ステンノの名の由来はマサイとディンカの組み合わせである。マサイ+ディンカ=サイディン=サイデンノ=ステンノとなる。だが、ステンノはタナトスの掌中に落ち、一味の一角として「ゴルゴたち」と呼ばれた。

 


■1万3千年前 「メシェク誕生」

 

「マサイの大移動時代」に参加したマサイは、メソポタミアの地に「メシェク」を生んだ。メシェクの名の由来は「マサイク(マサイの人)」である。マサイク=メサイク=メシェクとなる。

 


■BC7千年 「アヌンナキの大移動時代」

 


■BC7千年 「ミツライム誕生」

 

「アヌンナキの大移動時代」に参加したマサイ族は、北アフリカに入植した。彼らは、クリュメネーと連合し、北アフリカに「ミツライム」を生んだ。ミツライムの名の由来はマサイとクリュメネーの組み合わせである。マサイ+クリュメネー=マサリウメ=マチャリウメ=ミツライムとなる。

 


■BC32世紀 「ドルイド教の大航海時代」

 


■BC32世紀 「陸奥氏誕生」

 

「ドルイド教の大航海時代」に参加したメシュクは、日本に上陸し「陸奥氏」を生んだ。出雲国を離れた陸奥氏は、東北地方に入植し、拠点を「陸奥」と命名した。陸奥の名の由来はメシュキである。メシュキ=ムシュキ=陸奥となる。ドルイド教関連でストーンサークルを知っていた陸奥氏は、足跡として「大湯環状列石」など、小規模な遺跡を築いた。

 


■BC21世紀 「長脛彦の大移動時代」

 


■BC21世紀 「シャカ族誕生」

 

「長脛彦の大移動時代」に参加した陸奥氏は、人身御供の能登族を嫌い、モンゴルを離れてネパールに入植し、「シャカ族」を生んだ。シャカの名の由来はメシェクである。メシェク=メシャカ=シャカとなる。

 


■BC1000年 「ムシュキ族誕生」

 

メシェクは、フリギア王国に「ムシュキ族」を生んだ。ムシュキの名の由来はメシェクである。メシェク=ムシェク=ムシュキとなる。

 


■BC7世紀 「フェニキア人の大航海時代」

 


■BC7世紀 「マスカット誕生」

 

「フェニキア人の大航海時代」を経て、フリギア人の同盟者だったムシュキ族は、インダス流域からアラビア半島に移って「マスカット」の地を得た。マスカットの名の由来はムシュキである。ムシュキ=ムシュキット=マスカットとなる。マスカット人は後にモスクワを建設している。

 


■BC566年 ゴータマ・シッダールタ誕生 「仏教誕生」

 

陸奥氏の後裔シャカ族から仏教の祖であるゴータマ・シッダールタが誕生した。しかし、父方はスッドーダナというサトゥルヌス由来の名を持っていた。つまり、当時のシャカ王国はサトゥルヌスの血統によって王位を簒奪されていた。ただ、シッダールタにシャカ族の血が甦り、能登族の血統バラモン教を批判して「仏教」を創始した。彼自身は、偉大な人物であったが、仏教は後にタナトス一族に簒奪されてしまう。

 


■AD634年 「モスクワ誕生」

 

イスラム軍がアラビア半島を統一すると、一部ムシュキ族はオマーンを発ち、ロシアに移住して「モスクワ」を築いた。モスクワの名の由来はマスカットである。マスカット=マスクワット=モスクワとなる。

 


■AD1237年 「アストラハンの大航海時代」

 


■AD1237年 「メシコ族誕生」

 

「アストラハンの大航海時代」に参加したメシェクは、アステカに入植し、「メシコ族」となった。メシコの名の由来はメシェクである。メシェク=メシェコ=メシコとなる。メシコの名はメキシコの語源でもある。アストラハンの系統からは初代アステカ皇帝アカマピチトリ、第2代アステカ皇帝ウィツィリウィトルが輩出され、第4皇帝にメシコ族の系統のイツコアトルが輩出されている。

 


■AD13世紀 「ニョロ帝国の大航海時代」

 


■AD13世紀 「松井氏誕生」「増井氏誕生」

 

「ニョロ帝国の大航海時代」に参加したマサイ族は、日本に上陸し、現地人と混合して「松井氏」「増井氏」などの名を生んだ。いずれの名もマサイが由来である。マサイ=増井=松井となる。

 


■AD1427年 イツコアトル、第4代アステカ皇帝に即位

 


■AD1440年 「ミスキート族誕生」

 

AD1440年、ウァシュテペック族出身のモクテスマが第3代アステカ帝国皇帝に即位した。ウァシュテペック族が天下を取ったことにより、アステカ族(アストラハン)、メシカ族(ムシュキ)はアステカ帝国を後にする。南方組のムシュキ族は現ニカラグアに移住し、逃亡奴隷と交わって「ミスキート族」を形成した。ミスキートの名の由来はマスカットである。マスカット=マスカート=ミスキートとなる。

 


■AD1440年 「益子氏誕生」

 

イスラム軍がアラビア半島を統一すると、一部ムシュキ族は日本に向かったギルザイ族の船団に加わった。アラビア人の顔をしたムシュキ族は、日本人と混合して「益子」の姓を形成した。益子の名の由来はマスカットである、マスカット=マスコット=益子となる。

 


■AD1521年 松井忠次生誕 「松平康親誕生」

 


■AD1699年 「モスキート王国誕生」

 

AD1699年、ミスキート族は「モスキート王国」を築いている。モスキートを称しているとはいえ、「蚊」とは無縁である。ミスキート族は、スペイン人入植者を度々攻撃した。

 


■AD18??年 ジェスラン・ド・メスキータ生誕

 

メスキータの名の由来はモスキートである。メスキータは、不可能な世界の創造に熱中したM・C・エッシャーの師である。

 


■AD1922年 水木しげる生誕 「ゲゲゲの鬼太郎誕生」

 

水木の名の由来はミスキートである。ミスキート=ミズキート=水木となる、水木しげるは、ジャングルの描写に卓越しているが、これは身体に眠っていた、ミスキート時代を生きた先祖の記憶によるものだろう。

 

 

 

 

◆弥勒(ミツライム)の歴史

 


■BC7千年 「アヌンナキの大移動時代」

 


■BC7千年 「ミツライム誕生」

 

「アヌンナキの大移動時代」に参加したマサイ族は、北アフリカに入植した。彼らは、クリュメネーと連合し、北アフリカに「ミツライム」を生んだ。ミツライムの名の由来はマサイとクリュメネーの組み合わせである。マサイ+クリュメネー=マサリウメ=マチャリウメ=ミツライムとなる。

 


■BC5千年 「セネガル人の大航海時代」

 


■BC5千年 「マー・トゥーレス誕生」

 

「セネガル人の大航海時代」に参加したミツライムは、アイルランドから古代ヨーロッパに移り、現ツールを訪れ「マー・トゥーレス」を築いた。マー・トゥーレスの名の由来はミツライムである。ミツライム=ミートゥーラ=マー・トゥーレスとなる。マー・トゥーレスは、後に「ツール」として知られるようになる。

 


■BC5千年 「戦闘の神テュール誕生」

 

「セネガル人の大航海時代」に参加したミツライムは、ヴァン神族に参加して「戦闘の神テュール」を祀っている。テュールの名の由来はミツライムである。ミツライム=ミトゥライム=トゥーラ=テュールとなる。

 


■BC5千年 「トロイア戦争」

 


■BC5千年 「マー・トゥーレスの戦い」

 


■BC5千年 「アイルランドの神々の大航海時代」

 


■BC5千年 「太陽神ミトラ誕生」

 

「アイルランドの神々の大航海時代」に参加したミツライムは、メソポタミアに帰還し、「太陽神ミトラ」を祀った。ミトラの名の由来はミツライムである。ミツライム=ミトライム=ミトラとなる。その後、残念ながら、ミトラはローマ帝国時代にミトラスとして、タナトス(ドーリス人)によって簒奪されている。

 


■BC32世紀 「第2次北極海ルート時代」

 


■BC32世紀 「マトゥーラ誕生」

 

「第2次北極海ルート」に参加したミツライムは、エニセイ河流域に残留したが、その後、インドに南下して「マトゥーラ」を築いた。マトゥーラの名の由来はミツライムである。ミツライム=ミトゥーライム=マトゥーラとなる。

 


■BC1027年 「マドゥラ王国誕生」

 

BC1027年、「マハーバーラタ戦争」「十王戦争」の後に、パンジャブに入植し「マドゥラ王国」を建設している。マドゥラの名の由来はマドゥーラである。

 


■BC521年 「マトゥーラ誕生」

 

ダリウス大帝の即位を機にイランを去ったマドゥーラ族(太陽神ミトラ)は、次にインドに赴いて「マトゥーラ」を築いた。彼らは、シューラセーナ人と連合し、マトゥーラをシューラセーナ王国の首都に設定した。

 


■BC451年 インドから満州に移住

 

マガダ王国がガンジス流域を統一すると、シューラセーナ王国は滅び、シューラセーナ人とマトゥーラ人はインドを離れて満州に入植した。この時にシューラセーナ人は「粛慎」となる。そして、マトゥーラ人は「ヒッタイト人の大航海時代」に参加して北アメリカに移住する。

 


■BC4世紀 「ヒッタイト人の大航海時代」

 


■BC4世紀 「マイドゥー族誕生」

 

「ヒッタイト人の大航海時代」を経て、マトゥーラ族は現カリフォルニアで足を止めた。彼らは、そのまま現地人と混合して「マイドゥー族」となった。マイドゥーの名の由来はマトゥーラである。マトゥーラ=マイドゥーラ=マイドゥーとなる。マイドゥー族は「前田氏」の祖となる。

 


■AD10世紀 「マヤ人の大航海時代」

 


■AD9??年 「日奉氏誕生」

 

「マヤ人の大航海時代」に参加して現カリフォルニアを離れたマイドゥー族は、日本に上陸し、現地人と混合して「日奉氏」を成した。日奉の名の由来は太陽神ミトラである。太陽神(日)+ミトラ(まつり)=日奉となる。日奉宗頼は、武蔵七党「西党」の党祖として知られている。日奉氏の西党だけでなく、児玉氏(カドモス)の児玉党など、獣人ミマースの後裔が武蔵に集って「武蔵七党」を築いたことは興味深い。

 


■AD1358年 「前田氏誕生」

 

サキャパンディタの系統に属するサーキャ派の一部は、チベットを離れて三河国に移住した。この時に「前田氏」が生まれた。前田の名の由来は日奉氏の前身マイドゥー族である。マイドゥー=マエドゥー=前田となる。前田氏からは戦国時代に活躍した前田玄以、前田利家、前田利長などが輩出された。

 


■AD1539年 前田利家生誕

 


■AD1918年 ニコラス・マドゥロ生誕

 

ベネズエラ共和国第54代大統領に就任している。

 

 

 

 

 


ムルングの歴史

◆フランク(ムルング)の歴史

 


■50万年前 「第2次ビクトリア湖の大移動時代」

 


■50万年前 「ムルング誕生」

 

「ビクトリア湖の大移動時代」に参加したディンカは、現ケニアに「マサイ」、現タンザニアに「ムルング」、現ソマリアに「ハダメ」「イサック」を生んだ。

 


■40万年前 「第1次ディンカの大移動時代」

 


■40万年前 「ミラノ誕生」「リヨン誕生」「マルセイユ誕生」

 

「ディンカの大移動時代」に参加したムルングは、ヨーロッパ各地に拠点を得た。「ミラノ」「リヨン」「マルセイユ」「シェラモレナ」「サンマロ」「チューリンゲン」「ロアール」などである。「ミラノ」「リヨン」の名の由来はムルングであり、「マルセイユ」の名の由来はムルングとマサイの組み合わせである。ムルング=ムルノ=ミラノとなり、ムルング=ムリョング=リヨンとなり、ムルング+マサイ=ムルサイ=マルセイユとなる。

 


■7万年前 「第1次アルゴス号の大航海時代」

 


■7万年前 「ムル族誕生」

 

「第1次アルゴス号の大航海時代」に参加したムルングは、ミャンマーに移住した。この時、彼らは「ムル族」を称した。ムルの名の由来はムルングである。ムルング=ムルとなる。

 


■7万年前 「トゥングル族誕生」「カレン族誕生」

 

「第1次アルゴス号の大航海時代」に参加したムルングはディンカと連合して、インドネシアに「トゥングル族」を生んだ。トゥングルの名の由来はディンカとムルングの組み合わせである。ディンカ+ムルング=ディンカルング=トゥングルとなる。また、ミャンマーに足場を得たトゥングル族は、「カレン族」を生んだ。カレンの名の由来はディンカとムルングの組み合わせであり、ムルングが主導していた。ディンカ+ムルング=カルン=カレンとなる。

 


■7万年前 「ケタガラン族誕生」「クーロン族誕生」

 

台湾に入植したトゥングル族(カレン族)は、単独で「クーロン」を称し、エレクトラと連合して「ケタガラン」を成した。クーロンの名の由来はカレンであり、ケタガランの名の由来はエレクトラとカレンの組み合わせである。カレン=カーレン=クーロンとなり、エレクトラ+カレン=クトカレン=ケタガランとなる。

 


■7万年前 「犬戒誕生」

 

セデック族(台湾)は、意気投合したトゥングル族(カレン族)と共にシベリアに移住した。両者は、ウリゲン、テングリ、エルリクなどの子孫である現地人と交わり「チュクチ」「ディングリング」を形成した。一方、カレン族は「犬戒(キロン)」を築いた。キロンの名の由来はカレンである。犬戒(キロン)は、黒龍江辺りに築かれた。「神統記」では、犬戒(カレン族)は「カロンの渡し守」と呼ばれた。

 


■1万3千年前 「大地殻変動」

 


■BC30世紀 「ヨシュアの大移動時代」

 


■BC30世紀 「アルバ・ロンガ王国誕生」

 

「ヨシュアの大移動時代」に参加したムルングは、エジプトの途上、ソドム王国とゴモラ王国を築いたアルパクシャデと組んで「アルバ・ロンガ王国」を築いた。アルバロンガの名の由来はアルパクシャデ、ムルングの組み合わせである。アルパクシャデ+ムルング=アルパルング=アルバロンガとなる。アルパクシャデがアラビア半島を統治し、ムルングがランカー島を統治することで、アルバ・ロンガ王国は成立していた。アルバロンガ人は、アラビア半島でローマ人、サビニ人、ラテン人と出会った。

 


■BC30世紀 「ランカー誕生」

 

アラビア半島に拠点があったアルバロンガ王国は、セイロン島に移住し、セイロン島を「ランカー」と命名した。ランカーの名の由来はロンガである。ロンガ=ロンガー=ランカーとなる。その後、タナトスの一族、ラクシャサ、魔王ラーヴァナがランカー島を征服する。マハーバーラタ戦争の一環である「ラーマーヤナ」の舞台は、ランカー島とアラビア半島(アルバ・ロンガ)である。

 


■BC1134年 「カリンガ誕生」

 

魔王ラーヴァナがランカー島を支配すると、タナトス一族を嫌ったランカー人は、人跡未踏だった古代ジャワ島に移住し、「カリンガ」と命名した。カリンガの名の由来はディングリングである。ディングリング=グリング=カリンガとなる。カリンガの名はムルングが主導している証である。カリンガ王国は、「マハーバーラタ戦争」にも関わっていた。

 


■BC1134年 「パレンケ誕生」

 

魔王ラーヴァナがランカー島を支配すると、タナトス一族を嫌ったランカー人は、ジャワ島を経て、太平洋を横断した。彼らは、遠くユカタン半島にまで足を伸ばし、「パレンケ」を築いた。パレンケの名の由来はアルバロンガである。アルバロンガ=バロンガ=パレンケとなる。

 


■BC7世紀 「カリンガ王国誕生」

 

「フェニキア人の大航海時代」ニ影響され、ジャワ島からインド東岸に移住したカリンガ人は「カリンガ王国」を築いた。カリンガ王国は、正体不明ながら、経済大国として繁栄した。カリンガ王国は、ヴァカタカ朝がデカン高原を制覇するAD5世紀まで続いた。しかし、その後も折に触れ、AD7世紀、AD11世紀と、何度か復活を遂げている。

 


■BC523年 「夜郎誕生」

 

シスナーガ朝が始まり、マガダ王国が強大になると、ムルングは、雲南に移住し「夜郎(イエラン)」を築いた。イエランの名の由来はムルングである。ムルング=ウルング=イエラングとなる。夜郎は、BC27年に滅んでいるが、夜郎は同族の国であるカリンガと共栄共存したと考えられる。

 


■BC4世紀 「ヒッタイト人の大航海時代」

 


■BC4世紀 「フランク族誕生」

 

「ヒッタイト人の大航海時代」に参加したパレンケ人は、マヤからヨーロッパに移り、ライン河畔に「フランク族」を形成した。フランクの名の由来はパレンケである。パレンケ=ハレンケ=フランクとなる。

 


■BC146年 「ランゴバルト人誕生」

 

ローマとの抗争が激化すると、一部のフランク人はゲルマニアを逃れてバルト海に移住した。彼らは、バーラタ族と連合して「ランゴバルト人」を形成した。ランゴバルトの名の由来はフランクとバーラタ(エピアルテース)の組み合わせである。フランク+バーラタ=ランクバラタ=ランゴバルトとなる。

 


■AD114年 「慕容部(ムーロング)誕生」

 

「ポントス人の大航海時代」に参加せずに、陸路を選んだポントス人、パルティア人は正統な鮮卑を追放し、騎馬軍団を簒奪した。この時、犬戒(キロン)に住んでいたムルングは、慕容部(ムーロング)を称した。ムーロングの名の由来はムルングである。ムルング=ムールング=ムーロングとなる。その後、慕容部は宇文部(ポントス人)、托跋部(パルティア人)の鮮卑に参加している。

 


■AD471年 「鮮卑の大航海時代」

 


■AD471年 慕容部、ピクトランドに入植

 

「鮮卑の大航海時代」に参加した慕容部は、ピクトランドに入植した。彼らは、そこで「鮮卑の大航海時代」の同盟者であるカイトと連合を組んだ。

 


■AD568年 アルボイン、初代王に即位 「ランゴバルト王国誕生」

 

ランゴバルト人は、東ゴート王国を滅ぼした東ローマ帝国を退けてイタリア半島に「ランゴバルト王国」を築いた。AD774年になると、シャルルマーニュ大帝率いるフランク王国軍の侵攻によって滅んでいる。

 


■AD751年 ピピン、初代フランク王に即位 「カロリング朝誕生」

 


■AD768年 シャルルマーニュ、第2代フランク王に即位

 


■AD843年 シャルル1世、初代西フランク王に即位 「西フランク王国誕生」

 


■AD843年 ロタール、初代中フランク王に即位 「中フランク王国誕生」

 


■AD843年 ルートヴィヒ、初代東フランク王に即位 「東フランク王国誕生」

 


■AD877年 隆舜、第12代南詔王に即位

 

夜郎の残党は「隆氏(ロング)」を生んだ。ロングの名の由来はムルングである。ムルング=ムロング=ロングとなる。隆舜は、第12代南詔王に即位し、「大封民」と呼ばれた。治世はAD897年まで続いた。

 


■AD911年 コンラード1世、第5代東フランク王に即位 「フランコニア家誕生」

 


■AD987年 「パレンゲー家誕生」

 

AD888年、パリ伯ウードに西フランク王位を簒奪されると、フランク人はバルセロナに移住して「パレンゲー」を称した。パレンゲーの名の由来はフランク人の祖パレンケである。彼らは、バルセロナ伯ラモン・ボレイに接近して自身の血統を打ち立てた。この時に誕生したのがバルセロナ伯を簒奪したパランゲー・ラモン1世である。

 


■AD1150年 ラモン・バランゲー4世、アラゴン王女と結婚 「アラゴン連合王国誕生」

 

AD1150年、ラモン・バランゲー4世はアラゴン王女と結婚することにより、「アラゴン連合王国」を手中にした。アラゴン連合王国は、サルディーニャ島、シチリア島を領有した。

 


■AD1195年 「マリーン王朝誕生」

 

ヴァイキング時代、慕容部は、カイトと共にピクトランドを発ち、モロッコに入植した。彼らは、「マリーン朝」を開いた。マリーンの名の由来は、慕容部(ムーロン)である。ムーロン=マーロン=マーリンとなる。AD1463年、ポルトガル王国がカサブランカを占領すると、7年後にマリーン朝は滅んだ。

 


■AD1230年 「フランシスコ会誕生」

 

AD1230年、カスティーリャ王国とレオン王国が合同すると、パランゲー家はウンブリアに入植した。AD13世紀、アッシジのフランシスコが誕生した。フランシスコの名の由来はフランスシカ(フランスの人)である。フランシスコは後に「フランシスコ会」を創設する。

 


■AD1235年 スンジャータ・ケイタ、初代帝王に即位 「マリ帝国誕生」

 

AD1224年、アルモハード帝国が崩壊し、タナトス一族によるグラナダ王国が建つと、マリーン朝の残党は南下し、ガーナ王国に移住した。その後、スンジャータ・ケイタが帝王に即位し、「マリ帝国」が建てられた。マリの名の由来はマリーンであり、ケイタの名の由来はカイトである。カイト=ケイト=ケイタとなる。

 


■AD17??年 「カランガスム王国誕生」

 

AD1555年、武田信玄に敗北した木曽義康は、バリ島に移住した。その後、カリンガを後にしたカリンガ人は、木曽氏と組んで、バリ島に「カランガスム王国」を築いた。バリ8王国のひとつに数えられる。

 


■AD1710年 「クルンクン王国誕生」

 

カリンガ人は、デワ・アグン・ジャンベと共に「クルンクン王国」を築いた。クルンクンの名の由来はカリンガである。カリンガ=カリンガン=クルンクンとなる。

 


■AD1753年 「シルカル誕生」

 

シュリーヴィジャヤ時代のジャワ島に潜伏していたカリンガ人は、オランダ東インド会社によって植民地化されたジャワを離れ、故地であるカリンガに帰還した。この時、彼らはカリンガの跡地に「シルカル」を築いた。シルカルの名の由来は「シュリーヴィジャヤのカリンガ」である。シュリーヴィジャヤ+カリンガ=シュリカリ=シルカルとなる。

 


■AD1810年 ラダマ1世、マダガスカル王に即位に即位 「メリナ王国誕生」

 

AD1470年、マリーン朝が滅ぶと、マリーン王家は北アフリカを去り、西アフリカ、南アフリカを周航してマダガスカル島に上陸した。AD16世紀に「アンドレアナ王国」を建てたが、後にラダマ1世が初代即位して「メリナ王国」を建国している。メリナの名の由来はマリーンである。マリーン=マリヌ=メリナとなる。AD19世紀、大英帝国とフランスがマダガスカルを巡って争っていたが、メリナ王家はこれに抵抗した。

 


■AD1830年 オーギュスト・ブランキ生誕 「季節協会誕生」

 

メリナ王国にフランス軍が訪れると、ブランキはフランスに帰還した。この時に「ブランキ」を称した。ブランキの名の由来はフランク、或いはパレンケである。彼は、故国メリナ王国を救うために「季節協会(四季の会)」を設立し、革命運動を指揮した。

 


■AD1839年 季節協会、警察を襲撃

 

ブランキは、「真の市民革命を起こそう」と呼びかけ、パリ市庁舎と警察署を襲撃した。逮捕されたブランキは、死刑判決を受けたが、減刑されて釈放された。彼はすぐに二月革命に参加し、王制を廃したが臨時政府と対立して逮捕された。アフリカに追放された彼は、帰還するとナポレオン3世に逮捕され、33年を獄中で過ごした。ブランキの不屈の闘志は民衆に賞賛され、彼が議員に立候補すると、絶大な人気を博し、当選した。

 


■AD1890年 フリッツ・ラング生誕

 

ラングの名の由来はフランク、或いはパレンケである。

 


■AD1892年 フランシスコ・フランコ生誕

 

フランコの名の由来はフランクである。フランコは、AD1936年にスペイン国家主席に就任し、AD1939年に独裁権を掌握した。

 


■AD1948年 グレン・ブランカ生誕

 

ブランカの名の由来はフランク、或いはパレンケである。

 


■AD1960年 「マルガシュ共和国誕生」

 

AD1960年、メリナ家は「マルガシュ共和国」を建てるが、マラガシュの名は、自分たちがマラケシュ(モロッコ)から来たことを示している。メリナ家は、マリーン朝時代にモロッコを統治していた。

 

 

 

 

 


ザムビの歴史

◆セム(ザムビ)の歴史

 


■7万年前 「ザムビ誕生」

 

中央アフリカの海に暮らしていた「ザムビ」は、上陸し、陸上生活にスイッチした。彼らは、カンボジア人の姿をしていた。

 


■7万年前 「アフリカ人の大航海時代」

 


■7万年前 「チャム族誕生」

 

「アフリカ人の大航海時代」に参加したザムビは、ミャンマーに移住した。この時、彼らは「チャム族」を称した。チャムの名の由来はザムビである。ザムビ=チャムビ=チャムとなる。

 


■4万年前 「太陽神シャマシュ誕生」

 

「ギガントマキア」に参加したミマースは、ゼウスに敗北したため、ギリシアを脱出して台湾に移住した。ミマースは、ザムビと組んでタイ(シャム)に「太陽神シャマシュ」を生んだ。シャマシュの名の由来はザムビとムシシの組み合わせである。ザムビ+ムシシ=ザムシ=シャマシュとなる。

 


■2万年前 「羅ホウ山の大航海時代」

 


■2万年前 「ヤマ神(閻魔)誕生」

 

「羅ホウ山の大航海時代」に参加したシャマシュは、火星に「ヤマ神(閻魔)」を生んだ。ヤマ神(閻魔)の名の由来はシャマシュである。シャマシュ=シャマ=ヤマとなる。ヤマ神は、火星の最高峰「羅ホウ山」で、反自然的な人々を裁き、制裁を加えた。

 


■1万5千年前 「天孫降臨の大航海時代」

 


■1万5千年前 「セム誕生」

 

「天孫降臨の大航海時代」に参加したザムビは、南極大陸に入植し、「セム」を生んだ。セムの名の由来はザムビである。ザムビ=サム=セムとなる。

 


■1万3千年前 「大地殻変動」

 


■1万3千年前 「ノアの大航海時代」

 


■1万3千年前 「スオミ族誕生」

 

「ノアの大航海時代」に参加したセムは、永久凍土から解放されたばかりの現フィンランドに入植した。この時に「スオミ族」が生まれた。スオミの名の由来はセムである。セム=セーム=スオミとなる。

 


■BC5千年 「バベルの塔建設」

 


■BC5千年 「第1北極海ルート時代」

 


■BC5千年 「サーミ人誕生」

 

「第1北極海ルート」を企画したスオミ族は、ラップランドに入植し「サーミ人」を生んだ。サーミの名の由来はスオミである。スオミ=スオーミ=サーミとなる。

 


■BC5千年 「セミノール族誕生」

 

「第1次北極海ルート」に参加したスオミ族は、シベリアを離れて太平洋に出ると、アリューシャン列島を通過、マヤを経てミシシッピ流域に入植した。彼らは、ヌビア人(ノア)と連合して「セミノール族」を形成した。セミノールの名の由来はセムとニョルド(ノア)の組み合わせである。セム+ニョルド=セムニョール=セミノールとなる。その後、セミノール族は、ナワトル族と合流した。両者は、アメリカ・インディアンの母体を形成している。

 


■BC6世紀 「フィン人の大航海時代」

 


■BC6世紀 「コラズム誕生」

 

「フィン人の大航海時代」に参加したスオミ族は、現地を初めて「コラズム」と呼んだ。コラズムの名の由来はカレリアとスオミの組み合わせである。カレリア+スオミ=カレスオミ=コラズムとなる。コラズムは、ハ行がカ行を兼ねる法則により、ホラズム、ホラサンとも呼ばれている。

 


■BC6世紀 「鮮卑誕生」

 

「フィン人の大航海時代」に参加したスオミ族は、レナ河に入植した。金髪・碧眼の白人である両者は現地人と混合して「鮮卑(シェンベイ)」を称した。シェンベイの名の由来はザムビの組み合わせである。ザムビ=ザムベ=シェンベイ(鮮卑)となる。

 


■BC6世紀 「シャンパーニュ誕生」

 

「フィン人の大航海時代」に参加してモンゴルに入植したスオミ族の一部は、北極海ルートを逆走してセーヌ河畔に至り、ボイイ族と連合した。彼らは、得た領土に「シャンパーニュ」と命名した。シャンパーニュの名の由来はザムビとポエニ(ボイイ)の組み合わせである。ザムビ+ポエニ=ザムポエニ=シャンパーニュとなる。

 


■BC6世紀 「ジュネーブ誕生」

 

シャンパーニュから下って現スイスに入ると、彼らは「ジュネーブ」を築いた。ジュネーブの名の由来はザムビである。ザムビ=ザンビア=サナビア=ジュネーブとなる。

 


■BC6世紀 「ジェノヴァ誕生」

 

現スイスから更にローヌ河を下って地中海に出ると、彼らはイタリア方面に入植して「ジェノヴァ」を築いた。ジェノヴァの名の由来はジュネーブである。ジュネーブ=ジュネービア=ジェノヴァとなる。

 


■BC327年 「コラズム族の大移動時代」

 


■BC327年 「ウマイヤ家誕生」

 

「コラズム族の大移動時代」に参加して、アラビア半島に上陸したスオミ族は、現地人と混合して「ウマイヤ家」を誕生させた。ウマイヤの名の由来はスオミとカレリアの組み合わせである。スオミ+カレリア=オミヤ=ウォミヤ=ウマイヤとなる。

 


■AD114年 「スエビ族誕生」

 

宇文部、托跋部は同盟して正統な鮮卑(シェンヴェイ)をモンゴルから追放したが、鮮卑はヨーロッパに帰還し、「スエビ族」となって存続した。スエビの名の由来はシェンヴェイである。シェンヴェイ=シェンヴェ=スエビとなる。カエサルをして「ゲルマン人随一の戦士」と呼ばれた。モンゴル時代に「鮮卑」として騎馬軍団を率いていただけはある。

 


■AD106年 「邪馬台国誕生」

 

トラヤヌス皇帝がナパタエ王国から自治権を奪うと、ナパタエ人はアビシニア人に統治されていたヒムヤル王国に立ち寄った。ナパタエ人は、アビシニア人に不満を持つ一部ヒムヤル人を同行させて、遠くインドシナ半島に移り住んだ。アラビア人の顔をしたナパタエ人は、シャム族と連合して「邪馬台国」を建設した。邪馬台の名の由来はシャムとナパタエの組み合わせである。シャム+ナパタエ=シャムタエ=邪馬台となる。つまり、邪馬台国は現在のタイに存在したと考えられる。

 


■AD146年 「ジャマタエ人誕生」

 

倭国大乱を機に、邪馬台人は卑弥呼の一族(ヒムヤル人)と共に、インドシナ半島を離れてゲルマニアに移住した。ゲルマニアに上陸した邪馬台国の一族は、ゲルマニア人と混合して「ジャマタエ人」を成した。ジャマタエ人の名の由来は邪馬台である。邪馬台=ジャマタイ=ジャマタエとなる。当初、マルコマンニ人(卑弥呼+アラマンニ人)とジャマタエ人の両者は邪馬台国時代からの同盟者とあって、連合していた。しかし、理由は不明だが、ジャマタエ人は同盟者であるはずのマルコマンニに討伐されてしまう。これは、マルコマンニがドルイド教に操られていた可能性が高い。

 


■AD170年 「マーシア人誕生」

 

同盟者であるはずのマルコマンニ人に討伐されると、「ジャマタエ人」は空中分解し、シャム族とナパタエ人に分離して東西に移住した。タイ人の顔をしたシャム族はブリテン島に移住して白人と混合して「マーシア人」を形成した。マーシアの名の由来はシャマシュである。シャマシュ=シャマーシュ=マーシアとなる。

 


■AD192年 「チャンパ王国誕生」

 

ローマ帝国が成立すると、一部ジェノヴァ人は故地への帰還を決行してアジアに向かう。南ベトナムに上陸した彼らは「チャンパ」を称した。チャンパの名の由来はジェノバ、或いはザムビである。ザムビ=ザムバ=チャンパとなる。チャンパ人は「チャンパ王国」を建ててAD1832年まで存続させた。

 


■AD411年 「スエビ王国誕生」

 

「ゲルマン人の大移動」に参加したスエビ族は、ハスティンギ族、ヴァンダル人、西ゴート族、アラン人と共にイベリア半島になだれ込んだ。AD411年、スエビ人はイベリア半島に「スエビ王国」を建国するが、同盟者であった西ゴート族の侵攻によりAD585年に滅亡してしまう。

 


■AD585年 「シャヒ族誕生」

 

スエビ王国が滅ぶと、スエビ人はイベリア半島を発ってカブールにまで足を伸ばした。彼らは、カブールに於いて、スエビを由来に「シャヒ」を称した。スエビ=スェヒ=シャヒとなる。

 


■AD661年 ムアヴィア1世、初代カリフに即位 「ウマイヤ朝誕生」

 

クライシュ族に属したウマイヤ家からは「ウマイヤ朝」を開くムアヴィア1世が輩出された。ムアヴィアの名の由来はザムビである。ザムビ=ザムアヴィ=ムアヴィアとなる。彼の時代には、イスラム帝国は東はコラズム、西はアルジェリアにまで範図を広げた。

 


■AD7世紀 「カブール・シャヒ王国誕生」

 

AD7世紀頃、キンガラが初代王に即位して「カブール・シャヒ王国」を建てている。

 


■AD9世紀 「スーフィー(イスラム神秘主義思想)誕生」

 

シャヒ族は、カブールを拠点に「スーフィー」を生んだ。官僚化したタナトスに支配されたスンニ派による律法主義・形式主義的なシャリーあをを批判し、粗末な羊毛を身にまとった。スーフィーの由来は羊毛とされているが、シャヒの可能性がある。シャヒ=シャーヒー=スーフィーとなる。

 


■AD1026年 「チャップリン誕生」「ジョプリン誕生」

 

AD1026年、シャヒ王国が滅びると、シャヒ族はカブールからイタリアに向かった。アマルフィに上陸したシャヒ族は当地で「コッポラ」を称した。シャヒ族はイベリア半島に移ると「キャプラ」を称した。更に、シャヒ族はブリテン島にまで足を運んでいるが、ハンプシャーには「チャップリン」、北上してノースアンバーランドには「ジョプリン」の名を残した。

 


■AD1096年 ピサ、アマルフィ、ヴェネツィアと共に繁栄 「ジェノヴァ共和国誕生」

 


■AD1096年 「仙波氏誕生」

 

AD1096年、絶好調のジェノヴァ共和国が勢力圏を拡大中、一部はアジアにも進出して拠点を得ようと日本に移住した。イタリア人の顔をした彼らは、山口家継に接近して自身の血統を打ち立てた。この時に誕生したのが「仙波氏」の祖、仙波家宣である。仙波の名の由来はジェノヴァである。ジェノヴァ=ジェンヴァ=仙波となる。

 


■AD1138年 コンラート1世、神聖ローマ皇帝に即位 「ホーエンシュタウフェン朝誕生」

 

スエビ人は「シュヴァーベン」に拠点を築き、「ホーエンシュタウフェン家」となっていた。ホーエンシュタウフェンの名の由来は不明だが、シュヴァーベンの名の由来はスエビである。スエビ=シュエービ=シュヴァーベンとなる。フリードリヒ2世は、魔女狩りの法整備を推し進めた教皇グレゴリウス9世と対立し、破門にされた。だが、彼は第6回十字軍に参加し、エルサレムを無血で奪還した。

 


■AD1252年 サフィー・アッディーン・イスハーク・アルダビーリー生誕 「サファヴィー教団誕生」

 

フリードリヒ2世の子息たちもタナトスの教皇に目をつけられ、ホーエンシュタウフェン朝は滅んだ。AD1250年、フリードリヒ2世は外道なタナトスに嫌気が差し、死んだことにしてヨーロッパを去り、祖を同じくするシャヒ王国を訪問した。その当時、シャヒ王国は既に滅んでいたが、フリードリヒ2世の残党は、シャヒ王国が残したスーフィズムに参加した。
サフィー・アッディーン・イスハーク・アルダビーリーは、出自に関してナゾが多いが、彼は、コンラート2世、或いはホーエンシュタウフェン朝の王族の子として生まれた。サフィーは、後に「サファヴィー教団」を築いているが、サファヴィーの名の由来はシュヴァーベンである。シュヴァーベン=シュファーベー=サファヴィーとなる。

 


■AD1378年 ジェノヴァ共和国、ヴェネツィア共和国と交戦

 


■AD1429年 「シャイバーニー朝誕生」

 

ジェノヴァは、中世にピサやヴェネツィアと頻繁に戦火を交えていたが、AD1381年にヴェネツイアとの百年戦争が劣勢のまま集結すると、不平を抱いたジェノヴァ人は中央アジアに移住した。彼らは、シャンパーニュを由来に「シャイバーニー」を称した。シャンパーニュ=シャンパイニー=シャイバーニーとなる。AD1429年、シャイバーニー家のアブル=ハイル・ハンが初代ハーンに即位し、ブハラ・ハン国シャイバーニー朝を生んだ。

 


■AD1502年 イスマイル、初代カリフに即位 「サファヴィー朝誕生」

 

ホーエンシュタウフェン朝の王族が築いたサファヴィー教団がイランに王朝を開いた。サファヴィーの名の由来はシュヴァーベンである。シュヴァーベン=シュファーベー=サファヴィーとなる。

 


■AD1630年 ガンガ・ズンバ生誕 「キロンボ・ドス・パルマーレス誕生」

 

AD1599年、シャイバーニー朝が滅ぶと、シャイバーニーの王族は、コンゴに移住した。この時に、ガンガ・ズンバが生まれた。ズンバの名の由来はザムビである。ザムビ=ザムバ=ズンバとなる。ジェノヴァの血を引くズンバは、ポルトガルと戦ったが、戦争に敗北したため、奴隷としてブラジル植民地に送られた。彼らは、逃亡奴隷(マルーン)となり、逃亡奴隷の集落「キロンボ・ドス・パルマーレス」を築いた。キロンボ・ドス・パルマーレスには3万人が暮らし、ポルトガル本土の面積に匹敵する領土を有していた。

 


■AD1655年 ズンビ・ドス・パルマーレス生誕

 

ズンビの名の由来はザムビである。ザムビ=ザンビ=ズンビとなる。ガンガ・ズンバの甥にあたるが、強硬派のズンビは、穏健派のズンバを殺害し、ポルトガルに対して強硬姿勢を通した。AD1695年、ポルトガル軍の侵攻により、キロンボ・ドス・パルマーレスは滅び、ズンビは深の裏切りにより、斬首刑に処された。

 


■AD1889年 チャールズ・チャップリン生誕

 


■AD1893年 毛沢東生誕 「中華人民共和国誕生」

 

毛(マオ)の名の由来はミャオである。ミャオ=マオ(毛)となる。

 


■AD1911年 ピクスレイ・セメ、議長に就任 「アフリカ民族会議誕生」

 

AD1911年、ズールー族出身のピクスレイ・セメが「アフリカ民族会議」を創立している。

 


■AD1943年 ジャニス・ジョプリン生誕

 


■AD1964年 「ザンビア共和国誕生」

 

ザンビアの名は、ザンベジ川から採用されたとされているが、実際には、ザンベジの名も、ザンビアの名も、ザムビが由来である。ザムビ=ザムビア=ザンビアとなる。イギリス連邦に蜂起し、独立を勝ち取って「ザンビア共和国」を築いた人々の正体は、ブラジルにキロンボ・ドス・パルマーレスを築いたズンビ・ドス・パルマーレスの子孫と考えられる。

 

 

 

 

◆シュメール人(セム)の歴史

 


■BC5千年 「第1北極海ルート」

 


■BC5千年 「サーミ人誕生」

 

「第1北極海ルート」を企画したスオミ族は、ラップランドに入植し「サーミ人」を生んだ。サーミの名の由来はスオミである。スオミ=スオーミ=サーミとなる。

 


■BC5千年 「シュメール人誕生」

 

ラップランドのサーミ人は、ポメラニア人と交流を重ねたが、「シュメール文明」とは、ポメラニア人とサーミ人の交流を指し、メソポタミアではなく、バルト海で展開されたものだ。この時に「シュメール人」が生まれた。シュメールの名の由来はサーミとエピアルテースの組み合わせである。サーミ+エピアルテース=サーミアル=サミアール=シュメールととなる。

 


■BC40世紀 「シュメール人の大航海時代」

 


■BC40世紀 「チムー王国誕生」

 

「シュメール人の大航海時代」」に参加したシュメール人(サーミ人とポメラニア人)は、バルト海を発ち、地中海に入ると、イサックなどを迎えてペルーを目指した。ペルーに上陸すると、彼らは「チムー王国」を築いた。チムーの名の由来はセムである。セム=セムーチムーとなる。チムー王国で起きたことが、いわゆる「シュメール文明」と呼ばれている。

 


■BC40世紀 シウム、第5代チムー王に即位

 

シウムの名の由来はシュメールである。シュメール=シウメール=シウムとなる。

 


■BC35世紀 「サムエルの大航海時代」

 


■BC35世紀 「志摩半島誕生」

 

「サムエルの大航海時代」に参加したチムー人は、出羽国に移住すると、その後、「志摩半島」に入植した。志摩の名の由来はセムである。セム=セマ=志摩となる。セムは、志摩半島で「神道」を生んだイデュイア(伊勢国)と出会う。

 


■BC35世紀 「シメオン族(ミャオ族)誕生」

 

志摩半島、伊勢国でイデュイアとであったセムは、共同で夏時代の中国に移住した。この時に「シメオン族」が生まれた。シメオンの名の由来はセムとディオーネー(イデュイアの子孫)の組み合わせである。セム+ディオーネー=セムオーネ=シメオンとなる。ミャオの名の由来はシメオンである。シメオン=メオン=ミャオとなる。

 


■BC35世紀 「サムエル誕生」

 

預言者サムエルの名の由来はシュメールである。シュメール=シムエル=サムエルとなる。最後の士師として出現したサムエルは、タナトスに操られた民衆を押さえ込みながら、十和田の縄文人の首長(ダヴィデ)を王として認めた。

 


■BC30世紀 「ヨシュアの大移動時代」

 


■BC2850年 ナルメル、初代ファラオに即位 「エジプト第1王朝誕生」

 

「ヨシュアの大移動時代」に参加したシュメール人はエジプトに進出し、ナイルの雄ヌビア人(ノア)と連合した。この時に、「ナルメル」が生まれた。「ナルメル」には「メナス」という別名もあるが、いずれも個人名ではなく、シュメール人とヌビア人、メネストーの連合体の名称である。ナルメルの名の由来はナイル(ノア)とアムルの組み合わせである。ナイル+アムル=ナイルムル=ナルメルとなる。

 


■BC2750年 「スーマ王国誕生」

 

エジプト第2王朝が生まれると、ナルメルの残党はエジプトを離れてインドに移住した。彼らは「スーマ王国」を築いた。スーマの名の由来はシュメールである。シュメール=スーメール=スーマとなる。

 


■BC932年 「北イスラエル王国誕生」

 

北イスラエル王国が誕生すると、スーマの人々はイスラエルに移住した。この時に「シメオン族」が復活した。

 


■BC7世紀 「フェニキア人の大航海時代」

 


■BC7世紀 「シャム誕生」

 

「フェニキア人の大航海時代」に参加したシメオン族は、タイに移住した。シメオン族は「太陽神シャマシュ」の生誕地を「シャム」と命名した。シャマシュ=シャマ=シャムとなる。

 


■BC7世紀 「司馬氏誕生」

 

「フェニキア人の大航海時代」に参加したシメオン族は、インドシナ半島から中国に移って「司馬氏」となった。司馬の名の由来はシメオンである。シメオン=シマオン=司馬(シマ)となる。

 


■BC327年 「ガンダーラ人の大航海時代」

 


■BC327年 「須磨誕生」

 

「ガンダーラ人の大航海時代」に参加したスーマ人は、神戸に上陸すると、得た拠点に「須磨(すま)」と命名した。須磨の名の由来はスーマである。

 


■AD3世紀 「大和人の大航海時代」

 


■AD3世紀 「マイアミ族誕生」「アイオミ誕生」
 


「大和人の大航海時代」に参加した司馬氏は、マヤのアミ族を由来に「マイアミ族」を称した。マヤ+アミ=マヤアミ=マイアミとなる。マイアミ族は、司馬氏と共にブリテン島に上陸し、「アイオミ」の名を残している。マイアミ=アイアミ=アイオミとなる。

 


■AD3世紀 「スミス誕生」

 

「大和人の大航海時代」に参加してデヴォンに上陸した司馬氏は、イギリス人と混合して「スミス」の名を生んだ。スミスの名の由来はシャマシュである。シャマシュ=サマス=スミスとなる。

 


■AD628年 「ヨハネスの大航海時代」

 


■AD628年 「チャーマッシュ族誕生」

 

「ヨハネスの大航海時代」に参加したスミスは、一部分離して北アメリカに渡った。スミスは、カリフォルニアに上陸して「チャーマッシュ族」を形成した。チャーマッシュの名の由来はシャマシュである。シャマシュ=チャマシュ=チャーマッシュとなる。

 


■AD10世紀 「ジャームッシュ誕生」

 

AD10世紀頃にチャーマッシュ族は2手に分離して新天地へと向かった。東方組はヨーロッパに帰還してドイツ辺りに入植し、「ジャームッシュ」の名を残した。ジャームッシュの名の由来はシャマシュである。シャマシュ=シャーマッシュ=ジャームッシュとなる。

 


■AD1198年 「島津氏誕生」「清水氏誕生」

 

AD10世紀頃にチャーマッシュ族は2手に分離して新天地へと向かった。西方組は日本・九州南部に上陸し、惟宗広言に接近して自身の血統を打ち立てた。この時に誕生したのが、「島津氏」の祖、惟宗忠久であった。島津の名の由来はスミスである。惟宗忠久はAD1198年に「島津」の姓を名乗り始めた。また、英語をしゃべるスミスが九州に来た際、BUTが「ばってん」に変遷が加えられ、九州の言葉として導入された。
また、インディアンの顔をしたスミスは、伊豆にも赴いて「清水氏」を形成している。清水の名の由来もスミスである。スミス=スマズ=島津となり、スミス=スミズ=清水となる。

 


■AD1086年 「シップソーンパンナー王国誕生」

 

司馬光の一族は、宋治世下の中国を後に、高麗王家の一部と共に現ラオスに移住した。シップソーンパンナーの名の由来は司馬、宋、パンノニアの組み合わせである。司馬+宋(ソン)+パンノニア=シバソンパンノニア=シップソーンパンナーとなる。高麗王家は、アヴァール帝国の後裔であるため、過去に支配したパンノニアの名を末尾に加えている。

 


■AD1609年 「島津氏の侵攻」

 

「ヨハネスの大航海時代」の同盟者である島津氏(スミス)が尚氏(スティルス)が治める琉球王国に侵攻し、薩摩藩の属領とした。島津氏は、尚寧王を江戸に連行し、徳川秀忠に謁見させたという。浄土真宗を邪教として弾圧していた島津氏にとっての真意は、沖縄諸島を邪悪な浄土真宗から保護しようという心積もりがあった。

 


■AD18世紀 「アーミッシュ誕生」

 

ドイツに入植したチャーマッシュ族の一部はオランダに移ってAD18世紀初頭に「アーミッシュ」を結成する。アーミッシュの名の由来はチャーマッシュである。チャーマッシュ=アーマッシュ=アーミッシュとなる。移民時代に、ペンシルヴァニア州に移住したアーミッシュは、産業革命が起きてアメリカが近代化しても、電気・自動車を使わない生活にこだわった。インディアンの持つ反文明主義と厳格なカルヴィニストの禁欲主義のハイブリッドといえる。AD1972年、アーミッシュは、連邦最高裁に於いて独自の教育・学校を許可されている。

 


■AD1919年 清水馨八郎生誕

 


■AD1946年 パティ・スミス生誕

 


■AD1949年 トニー・アイオミ生誕 「ブラック・サバス誕生」

 


■AD1953年 ジム・ジャームッシュ生誕

 


■AD1957年 エイドリアン・スミス生誕

 

 

 

 

 


ンジニの歴史

◆秦(ンジニ)の歴史

 


■4万年前 「ンジニ誕生」

 

カメルーンの海岸に水生人として暮らしていた「ンジニ」はオリジナル人類である。彼らは、グジャラート人の姿をしていた。

 


■4万年前 「シンド誕生」

 

異邦の地からきた旅人からアテナイ王国、ゼウスなどの噂を耳にすると、ンジニはカメルーンを発ち、アテナイ王国があるアラビア半島を目指した。アテナイ王国に到着すると、更に世界が広がり、インダス流域に移住した。彼らは拠点を「シンド」と命名した。シンドの名の由来はンジニの人(ジニド)である。ジニド=シンド=シンドとなる。

 


■4万年前 「フッキとヌアの大航海時代」

 


■4万年前 「セネガル人誕生」

 

「フッキとヌアの大航海時代」に参加したシンド人は、インダス流域を離れて故地に近い西アフリカに移住した。この時に「セネガル人」が生まれた。セネガルの名の由来はンジニとテングリの組み合わせである。ンジニ+テングリ=ジニグリ=セネガルとなる。頭部が小さく、手足、指が長いディンカとシンド人の混合により、セネガル人の容貌が生まれた。

 


■2万年前 「羅ホウ山の大航海時代」

 


■2万年前 「秦広王誕生」

 

「羅ホウ山の大航海時代」に参加して火星に移住したンジニは、十王に属する「秦広王(シングアン)」を生んだ。シングアンの名の由来はンジニとカアングの組み合わせである。ンジニ+カアング=ジニカアン=シングアンとなる。ンジニは、ここに収容されたできそこないを裁き、強制労働を課していた。

 


■1万3千年前 「大地殻変動」

 


■1万3千年前 「テングリの大移動時代」

 


■1万3千年前 「月神シン誕生」「イシン誕生」

 

「テングリの大移動時代」に参加したセネガル人は、メソポタミアの地に月神「シン」を祀った。シンの名の由来はンジニである。ンジニ=ジン=シンとなる。また、セネガル人は都市国家「イシン」を築いた。イシンの名の由来はンジニである。ンジニ=ウジニ=ウジン=イシンとなる。

 


■BC7千年 「アヌンナキの大移動時代」

 


■BC7千年 「シナイ誕生」

 

「アヌンナキの大移動時代」に参加したイシン人は、紅海を抜けた後、現シナイ半島に上陸し、世界で最初に「シナイ」と命名した。シナイの名の由来はンジニである。ンジニ=ジニイ=シナイとなる。。

 


■BC5千年 「伊勢国誕生」「神道誕生」

 

スバル人は、セネガル人と共に伊勢半島に住む「岱輿」の元を訪れた。両者は意気投合して「伊勢国」を築き、「神道」を生んだ。伊勢の名の由来はイデュイアとカゾオバの組み合わせであり、神道の名の由来はンジニとイデュイアの組み合わせである。イデュイア+カゾオバ=ユイアゾオ=イザヤ=伊勢となり、ンジニ+イデュイア=ジニデュイア=神道(しんとう)となる。

 


■BC5千年 「バベルの塔建設」

 


■BC5千年 「第1次北極海ルート時代」

 


■BC5千年 「月氏誕生」

 

「第1次北極海ルート」に参加したシナイ人は、レナ河に残留し、現地のモンゴロイドと交わって「キナ族(月氏)」を形成した。シナの名の由来はン時にである。ンジニ=ジニ=シナとなる。シナの名は中国の歴史書に残されていない。しかし、月氏の家族と考えられる「秦(シナ)」や、後の大月氏時代に亀慈(クチャ)と連合して生まれた「クシャーナ」などの名から推測して、月氏の名は「シナ」であると解釈できる。月氏の名の由来は、月神シンであるが、そこからも月氏の本名がシナであることがわかる。

 


■BC1027年 「晋誕生」

 

「マハーバーラタ戦争」を機にシンド人は、インダス流域から古代中国に移住した。インド人の顔をした彼らは、中国人と混合して「晋氏(ジン)」を形成した。晋の名の由来はンジニ、或いはシンドである。BC9世紀頃、晋と衛は春秋戦国時代に討って出るが、月氏(シン)の後裔である秦(キン)は晋(ジン)の兄弟といえる存在であった。
晋は強国であったが、「フェニキア人の大航海時代」を介して中国にやってきた「韓(ルーベン族)」「魏(フェニキア人)」、サイス朝から来た「趙(ツァオ)」が結成した三晋の台頭によって滅びる。その後、晋氏から「金氏(ジン)」「刑氏(ジン)」が輩出される。

 


■BC829年 「太陽神ヴィシュヌ誕生」

 

「アメン神官団の大航海時代」に参加したサバエ人は、ンジニと組んで「太陽神ヴィシュヌ」を祀った。ヴィシュヌの名の由来はカゾオバとンジニの組み合わせである。カゾオバ+ンジニ=バジニ=バジュニ=ヴィシュヌとなる。

 


■BC7世紀 「フェニキア人の大航海時代」

 


■BC7世紀 「シューラセーナ誕生」

 

「フェニキア人の大航海時代」に参加したレビ族は、晋と組んで「シューラセーナ王国」を建設している。シューラセーナの名の由来は、シェラフと晋(ジン)の組み合わせである。シェラフ+ジン=シェーラジーナ=シューラセーナとなる。

 


■BC7世紀 「秦誕生」

 

「フェニキア人の大航海時代」に参加したシュメール人(イシン)は、中国に上陸した。シュメール人の顔をしたイシン人は、現地人と混合して「秦(シナ)」を誕生させた。秦の名の由来は「月の神シン」である。シン=キン=秦となる。その後、祖を同じくする月氏と交流した秦は、援軍を得て強大化し、秦の始皇帝がAD221年に中国を統一することになる。

 


■BC246年 「秦樹立」

 

秦には、シャムから来たシメオン族(司馬氏)やマウンド派のティカル人(日本武尊)も協力していた。この時代に、火薬が開発されている。始皇帝が不老不死の薬の製作を学者に頼んだのだが、不老不死の薬を作るつもりが偶然にも、その過程で火薬が発明されたと言う。

 


■BC207年 「大月氏誕生」

 

BC207年に秦が滅亡すると、秦の一族はモンゴルに帰還して、祖を同じくする月氏と合流し「大月氏」を形成した。

 


■BC206年 中国からソマリアに移住

 

「秦」が滅ぶと、秦氏(月の神シン)は中国を後にしてソマリアに移住した。秦氏はここでハダメ族と知り合い、連合体を築いている。この時に、秦(キン)が秦(ハタ)と読まれるようになった。

 


■BC206年 「秦韓誕生」「秦氏誕生」

 

その後、ソマリア人の顔をした秦氏(はた)は、AD1世頃に朝鮮半島に移住し、韓氏と共に「秦韓」を築いた。秦韓が滅ぶと、秦氏は日本に移住して「秦氏(はた)」を名乗る。

 


■AD45年 「クシャーナ朝誕生」

 

大月氏(シナ)と亀慈人は連合して「クシャーナ朝」を開いた。クシャーナの名の由来はクチャ(亀慈)とシナ(月氏)の組み合わせである。クチャ+シナ=クチャナ=クシャーナとなる。

 


■AD5世紀 「六詔国誕生」

 

クシャーナ人(月氏主導)は、一部が雲南に残留し、「六詔国」を建設した。詔(シャオ)の名の由来はクシャーナである。

 


■AD5世紀 「佐野氏誕生」「園氏誕生」

 

一部クシャーナ人(月氏主導)はクシャーナ人(亀慈主導)と共に日本に上陸した。クシャーナ人は、草野氏を称したが、草野氏から分かれる形で佐野氏、園氏が輩出された。くさの(草野)=さの(佐野)=その(園)となる。

 


■AD648年 秦河勝、常世神を皆殺しに

 

常世(トコヨ)の名の由来はダキアである。シルクロードを通過したヴァルダーナは蚕の幼虫を本尊に設定して農民たちから有り金を巻き上げることを思いついた。人々は喜びながら全財産を常世神に納めたが、これを淫祀と見抜いた秦河勝が常世神を壊滅させ、解放された農民たちから真の英雄として祭り上げられた。金を取られて喜ぶ人間はいない。つまり常世神にインフラを支配された無力な農民たちは喜ぶフリをしていたのだ。河勝はそれを見抜いた。さもなければ一旦離反者(神を信じない不信心者)として教団にマークされた信者は、家族であれ、友人であれ、そして世間であれ、完全に無視されてしまうのだ。それは、生活・自由の保障を喪失すること、孤独のまま野垂れ死にすることを意味した。

 


■AD9世紀 「ケネディ誕生」

 

この時に、「ケネディ」の名が生まれた。ケネディの名の由来はコナートである。コナート=コナーティ=ケネディとなる。この系統からはアメリカ合衆国第35代大統領ジョン・F・ケネディ、ロバート・ケネディ、第40代駐日アメリカ大使キャロライン・ケネディ、ロックバンド「KGB」のレイ・ケネディ、「アルタン」のフランキー・ケネディが輩出されている。

 


■AD902年 「ショナ人誕生」

 

ミャオ族の顔をしたクシャーナ人は、東アフリカのザンベジ川付近に上陸し、現地人と混合して「ショナ人」を形成した。ショナの名の由来はクシャーナである。クシャーナ=シャナ=ショナとなる。ショナ人は、マプングプエ王国、ムタパ王国、トルワ王国など、ジンバブエに君臨した王国の母体を築いた。

 


■AD997年 「レイフ・エリクソンの大航海時代」

 


■AD997年 「金田氏誕生」

 

ヴァイキング然とした姿をしたコナート人は、日本人と混合して「金田氏」を形成した。金だの名の由来はケネディ、或いはコナートである。コナート人は、他にも「金(かね)」が付く「金村」「金井」「金本」「金山」などの姓を多く残している。

 


■AD1028年 クヌード1世、北海帝国を築く 「クヌード帝国誕生」

 

マンスター王国がコナート王国に侵入すると、コナート人がアイスランドに亡命した。その後、コナート人はアイスランド人を率いてユトランド半島に侵攻した。その際、カタル・マック・チョコバルがデンマーク王に即位して「ハーデクヌーズ1世」を称した。ハーデクヌーズ1世の子息ゴームは「ゴーム・デン・ガムレ家」を創始した。
その後、そのゴーム・デン・ガムレ家から「クヌード1世」が輩出される。クヌードの名の由来はコナートである。コナート=クナート=クヌードとなる。イングランド、デンマーク、ノルウェーに至る地域を掌握したクヌード1世の帝国は、北海帝国と呼ばれた。

 


■AD1150年 「ツワナ人誕生」

 

AD1150年頃にショナ人がジンバブエからトランスバール地方に移住した。現地人と混合した彼らは「ツワナ人」を形成した。ショナ=チャナ=ツワナとなる。AD1966年、セレツェ・カーマがペチュアナランド民主党を率いて総選挙に勝利後、ロンドン制憲会議を経て独立し、「ボツワナ共和国」を建国している。

 


■AD18世紀 「ングニ族誕生」

 

ツワナ人は、南アフリカに移住すると「ングニ族」を生んだ。ングニの名の由来はンジニである。ンジニ=ンギニ=ングニとなる。ングニ族は、戦争に備えて武術を発達させてきた。現在の形になったのは19世紀前半のシャカ王の時代と言われている。この時代には軍事力が大きく発達し、「ズールー戦争」ではイサンドルワナの戦いでイギリス軍を破る活躍を見せた。

 


■AD1917年 ジョン・F・ケネディ生誕

 

この系統からはアメリカ合衆国第35代大統領ジョン・F・ケネディ、ロバート・ケネディ、第40代駐日アメリカ大使キャロライン・ケネディ、ロックバンド「KGB」のレイ・ケネディ、「アルタン」のフランキー・ケネディが輩出されている。

 


■AD1937年 ユルマズ・ギュネイ生誕

 

「クヌード帝国」が滅ぶと、クヌードの一族はヨーロッパを離れてアナトリア半島に移った。金髪・碧眼の白人であるクヌード一族は現地人と混合して「ギュネイ」の名を形成した。ギュネイの名の由来はクヌードである。クヌード=クネイド=ギュネイとなる。

 


■AD1936年 金井勝生誕

 


■AD1946年 デヴィッド・リンチ生誕

 


■AD1954年 ジョージ・リンチ生誕 「ドッケン誕生」「リンチ・モブ誕生」

 


■AD1956年 佐野元春生誕

 


■AD1961年 園子温生誕

 

 

 

 

◆愛新覚羅(イシン)の歴史

 


■1万3千年前 「月神シン誕生」「イシン誕生」

 

「テングリの大移動時代」に参加したセネガル人は、メソポタミアの地に月神「シン」を祀った。シンの名の由来はンジニである。ンジニ=ジン=シンとなる。また、セネガル人は都市国家「イシン」を築いた。イシンの名の由来はンジニである。ンジニ=ウジニ=ウジン=イシンとなる。

 


■BC32世紀 「ソドムとゴモラ」

 


■BC1027年 「アテネ誕生」

 

「ソドムとゴモラ」を機に、イシン人がギリシアに来訪、その後、「マハーバーラタ戦争」によってアラビア半島が核兵器で消滅すると、アテナイ人、アデン人(ピュトン)が古代ギリシアに入植し、イシン人と共に都市国家「アテネ」を築いた。アテネの名の由来はアテーナイである。
アテネ人は、スパルタ人と共に好戦的な人々であり、常に戦争に明け暮れていた。「第一次神聖戦争」「サラミスの海戦」「第一次ペロポネソス戦争」「第二次神聖戦争」「第二次ペロポネソス戦争」「シチリア戦争」「コリントス戦争」「同盟市戦争」「クレモニデス戦争」など、ほとんど常に戦闘を繰り返していた。BC267年、マケドニア人の台頭により、アテネ人はギリシアを離れることを決意した。

 


■BC267年 「アザニアー海賊誕生」

 

「クレモニデス戦争」を機に、一部のアテネ人は、分裂して四散した。まだ文明の痕跡がない頃のスワヒリ文化圏に侵入したアザニアーは、好戦的なアテネ人らしく、凶暴な海賊として鳴らした。アザニアーの名の由来はアテナイである。アテナイ=アチェナイ=アザニアーとなる。

 


■BC2世紀 「エッセネ派誕生」

 

アザニアー海賊は、イスラエルに入植した。彼らは、現地人と混合して「エッセネ派」を結成する。エッセネの名の由来はアザニアーである。アザニアー=アッサニアー=エッセネとなる。BC143年、ギリシアがローマの属領と化すと、エッセネ派は、イスラエルに亡命してきたアテネ人を迎えた。イエスの時代、エッセネ派は、パリサイ派、サドカイ派と共にユダヤ教の主な派閥の中心的存在であった。

 


■AD57年 「昔氏王朝誕生」

 

AD44年、ユダヤ王国がローマ属州に併合されると、エッセネ派はイスラエルを脱出し、朝鮮半島に移住した。この時に「昔氏(イェッ)」が生まれた。「昔(イェツ)」の名の由来はエッセネである。エッセネ=イェッセネ=イェッ(昔)となる。昔氏は昔氏王朝(新羅)を開いた。この王朝はAD356年まで続いた。

 


■AD4世紀 「阿史那氏誕生」

 

昔氏王朝が滅ぶとこれを機に、昔氏は中央アジアに入植した。昔氏は「阿史那氏」を称し、上流部に進出してチュルク族を支配下に置いた。阿史那の名の由来はアザニアー、或いはエッセネである。アザニアー=アサナ=阿史那(あしな)となる。

 


■AD552年 トメン、初代帝王に即位 「突厥帝国誕生」

 

AD552年、チュルク族を指揮下に置いた土門が、柔然を撃破して伊利可汗として初代可汗に即位した。この時に「突厥帝国」が生まれた。

 


■AD634年 「役小角誕生」

 

AD629年、唐の李靖が東突厥を討つと、一部が中央アジアを逃れて日本に移住した。一部の阿史那氏は、上野氏と連合して「役小角」を成した。役小角の名の由来はエウエノスとアザニアーの組み合わせである。エウエノス+アザニアー=エウエンノ+オズニアー=エンノ+オズヌ=役小角(えんの・おずぬ)となる。

 


■AD9世紀 「キルワ王国誕生」

 

AD744年に東突厥帝国が滅ぶと、阿史那氏はタヌーフ族を率いて中央アジアからスワヒリに帰還した。阿史那氏はキルワ王国を統治し、スワヒリ文化圏を成熟させた。キルワ王国は、AD14世紀に最盛期を迎えたといわれている。

 


■AD1040年 「スワヒリ人の大航海時代」

 


■AD1176年 朝比奈義秀生誕 「朝比奈氏誕生」

 

「スワヒリ人の大航海時代」に参加したアザニアー海賊はタヌーフ族を率いて日本に移住した。彼らは「朝比奈氏」を生んだ。和田義盛の子として生まれた義秀が、「朝比奈氏」を称したときに「朝比奈氏」は生まれた。朝比奈の名の由来はアザニアーとヴァナラシの組み合わせである。アザニアーに「朝」を当て字し、ヴァナラシ(ウラニアー)に「比奈」を当て字している。これにより、朝比奈の名が生まれた。

 


■AD1185年 「アセン朝(ブルガリア帝国)誕生」

 

「スワヒリ人の大航海時代」に参加したアザニアー海賊は、中央アジアに移住した。彼らはブルガリア帝国に侵入し、「アセン朝」を開いた。アセンの名の由来はイシン、或いは阿史那である。イシン=アシン=アセンとなる。

 


■AD1280年 「アイゼン誕生」

 

AD1280年、アセン朝が滅ぶと、アセン家は東欧に入植した。この時に「アイゼン」の名が生まれた。アイゼンの名の由来はアセンである。アセン=アイセン=アイゼンとなる。

 


■AD1280年 「蘆名氏誕生」

 

AD1280年、アセン朝が滅ぶと、アセン家は日本に移住した。アセン家は三浦義明に接近して自身の血統を打ち立てた。その時に誕生したのが「葦名氏」の祖、三浦為清である。阿史那(あしな)=葦名(あしな)となる。

 


■AD1280年 「椎名氏誕生」

 

AD1280年、アセン朝が滅ぶと、アセン家は日本に移住した。アセン家は千葉常重にも接近し、自身の血統を打ち立てた。その時に誕生したのが「椎名氏」の祖、千葉胤光である。椎名の名の由来は阿史那である。阿史那(あしな)=アシーナ=椎名となる。

 


■AD1521年 蘆名盛氏生誕

 


■AD1547年 蘆名盛興生誕

 

AD1574年、嫡男がいないまま、29歳の若さで病死したと伝えられている。だが、実際にはAD1574年に満州に移住し、ヌルハチらを支えていたと考えられる。

 


■AD1559年 ヌルハチ生誕

 

日本で蘆名盛氏の子として生まれたヌルハチ。彼が2歳の時のAD1561年、盛氏は庶兄・氏方の謀反を鎮圧している。これを機に、盛氏は側室や子供(ヌルハチ、ムルハチ)を満州に移住させていた。

 


■AD1561年 ムルハチ生誕

 

ムルハチが生まれた時のAD1561年、盛氏は庶兄・氏方の謀反を鎮圧している。これを機に、盛氏は側室や子供(ヌルハチ、ムルハチ)を満州に移住させていた。

 


■AD1564年 シュルハチ生誕

 

シュルハチが生まれる前年(AD1563年)から盛氏は。二階堂盛義と交戦していた。更に、二階堂氏救援のために伊達軍が侵攻してきたため、盛氏は側室やシュルハチを満州に逃がしていたと考えられる。

 


■AD1616年 ヌルハチ、大ハーンに即位 「愛新覚羅家誕生」

 

オグズ24氏族に属するドゥグェルは、坂上氏が築いた満州に移住し、「覚羅家(ギョロ)」を生んだ。覚羅の名の由来はドゥグェルである。ドゥグェル=グェル=ギョロ(覚羅)となる。その後、覚羅家は日本から落ち延びた葦名氏と連合し、「愛新覚羅(アイシンギョロ)」を生んだ。アイシンギョロの名の由来はアザニア(蘆名)、覚羅の組み合わせである。アザニア+ギョロ=アイザニギョロ=アイシンギョロ(愛新覚羅)となる。
尚、ヌルハチは、蘆名盛氏の子と考えられる。蘆名盛氏は側室を持たず、子もひとりしかいないと伝えられているが、実際には配下の二階堂氏の台頭に危機感を覚えていた。そのため、あらかじめ、側室や子供を随時、満州に逃がしていた。そのうちのひとりが、ヌルハチというわけだ。盛氏の子、盛興も子がいなかったが、全員で満州に落ち延びたと考えられる。
おもしろいことに、ヌルハチの兄弟、ムルハチの名は盛氏(もりうじ)に似ている。その法則で行けば、ヌルハチは日本名「成氏(なりうじ)」、シュルハチは日本名「城氏(しろうじ)」、ヤルハチは日本名「荒氏(あらうじ)」ということができる。

 


■AD1626年 ホンタイジ、大ハーンに即位 「清誕生」

 

清(シン)の名の由来はンジニである。ンジニ=ジニ=シン(清)となる。

 


■AD1835年 西太后生誕

 

纏足の風習を廃止したり、白人列強と渡り歩き、中国を守ろうとした。そのため、中国仏教によって汚名を着せられた。

 


■AD1944年 椎名誠生誕

 


■AD1952年 ポール・スタンレー(スタンレー・アイゼン)生誕 「KISS誕生」

 

アイゼンの名の由来はアセン、或いはアザニアーである。アセン=アイセン=アイゼンとなる。KISSが成功したのも、他のメンバー3人も中央アジアの血が流れているためだ。ジーン・シモンズ(ポーロヴェッツ族)、ピーター・クリス(コラサン)、エース・フレイリー(フルリ人)。

 


■AD1978年 椎名林檎生誕

 

 

 

 

 



読者登録

大本正さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について