閉じる


<<最初から読む

3 / 5ページ

蘭陵王

蘭陵王

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、Hồがしずかに涙を流しているのを見る。むしろ、激しく泣きじゃくってさえいるのだが、その涙さえも何か語るべき表情を持たず、この美しい表情を間歇的に引きつらせ乍ら、ただ、それは流れ落ちる。私は思い出す。一年ほど前の昼下がり、めずらしく私と妻の寝室をHồはノックした。足先で、しずかに叩いて鳴らしたのだった。妻は結婚式に行っていた。私がドアを開ければ、Hồ は自分の部屋であるかのように音もなく入ってくると、一度、小さくあくびをした後で振り向き、唐突にわたしの唇にキスし、声を立てて笑った。小さく。それが当然の行為であるかのように。天井近くに開けられた小さな通風孔の列が白んだ日差しをそそぎ、もうすぐ雨になることを暗示する。ダナン市の雨季の、お決まりの色彩と暗示。ベッドに横たわったままの私をまたぎ、Hồは私の頬に触れる。Em làm gì ?何を私はしてるの?言い、私の言葉をSao vậy ? たぶんどうしたの? Hồ は聞き取れなかった。音調言語のそれらは正確な音調をなぞられずに唯の音声となって、誰にも触れられることなく消滅して行く。不意に思いついてHồ は、小さく、短い笑い声を立て乍ら私の手を彼のそこに当てる。私は瞬き乍ら、そして短パンの中に差し込まれた私の指先は彼のそこに直接触れるものの、やわらかく薄い巻き毛の触感しか探り当てなかった。私は眉をひそめ、戸惑いを隠さないまま、ややあって、gái ? 女の子?  言う。Hồ は一度聞き取れない振りをした後で、もう一度笑い、ふたたびわたしを見つめ、trái.と言った。男の子だよ。まだ幼さを残した唇は押し当てられ、渇望にまかされるままHồ は私の衣服に手をかけ、剥ぎ取って行く。彼の息がかかり、皮膚が彼の体温を感じ取る。向こうで放し飼いにされた鶏が時にわななき、間歇的に羽音が立つ。私の身体は、あきらかな少女の身体を愛し乍ら、彼は私を愛していた。私を見つめ、Hồ はしばらくの沈黙の後で私にふたたび口付ける。あの時と同じように。私の唇を、彼の乾ききらないペンキが汚したかもしれない。かすかに。なぜ?わたしは思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画家の乾いた血は最早匂いさえ伝えない。君が?なぜ?ちゃいでぃ…、と、Hồ は言った。cháy đi 火を放て?私は、…chảy đi 消してしまえ、Hồ の唇に触れようとし乍ら、一瞬、戸惑い、…Chạy đi 逃げろ、Hồ の言った意味を探り当てる。何から?私はバイクにまたがり、君からか?私はそれを、君のその美しい視線の先からか?走らせるが、君が逃がしはしないはずなのに?私は知っている、Hồは昨日の夜、顔にペンキを塗るに違いない。彼は木彫りの面を撫ぜていた。ペンキを引っ張り出してくる前に、そんなことさえまだ思いつきさえしないままに、それは骨格の太いチャンバ[林邑]風の化け物か神か仏だかの面だが、それが何の動物をモティーフにしているのか、彼はまだ知らなかった。顔に彼がペンキを塗り終わったとき彼は立ち上がり、窓越しの風に顔を晒し、ペンキが乾いていくのを皮膚に感じた。彼は知っていた、彼が聞いたことのある日本の神話の暗殺者のように、風が何かの魂を彼に植え付けるかもしれなかった。すぐ近くのドラゴン・ブリッジの周辺の、夜毎のイベントの騒音が小さくかすかに耳に入ってくるに違いなかった。彼は面をつける。Thô の部屋のドアを足先で叩く。何の遠慮もなしに無造作にドアは開いたに違いないが、鍵などかけることなどなかった。いつものように。やわらかい月の光が降り、離れた先の街灯の向こうは町の照明で朱に染まっている。Thô は不意に驚きの息を漏らしていた。唐突に現れた仮面の小さな存在に、

なぜ?

と、朱の光源の中をいくつものバイクが通り過ぎていることは知っている。その音は連なりあうままに聞こえていた。彼はややあって、その音は聞こえ続けていた。小さく笑い、奇妙なしぐさで踊って見せ乍ら、その音は聞こえ続けていたのだった。彼は声を立てて、笑ったông Thôは凍りついたように動かない。

なぜ?

Thồ は思い出したように自らの唇を指先で撫ぜ、

なぜ?

撫ぜ、押しつぶして確認するように、 Hồ はペンキが乾いたかどうか手で確かめている。風がやわらかく、決して暑くはなかった。Hồは不意に、面をはずしていた。乾ききったペンキが微かに罅割れ声を発さないまま口を広げて目を剥く。Thô の体が崩れ落ちたのに気付いたとき、すこしの衝撃が、しかし確実にThôの老いさらばえた心臓を打ち砕く。使い古され、干からびかけた心臓を。

なぜ?

ささやかな遊びに過ぎなかったはずのそれがもたらした結果を、訝しげに眺め乍らHồは結局のところ自分が何をしたのか確認しなければならなかった。自分は人を殺してしまったのだろうか?Hồは思っている。

なぜ?

猫は一度も鼠を殺したことがない。

なぜ?

例えば、と彼は思った、猫の頭を撫ぜ乍ら、彼が殺すべき人間は彼ではなかったはずだ、と彼は思った。例えば、と、誰を?例えば、彼は思った、彼は、彼を殺すべきはずだった、と彼は思った、彼は、彼の、愛の対象、なのかどうか彼自身にも未だ定かではなかったが、にもかかわらず確実に、そして愛しい彼を、あの、彼を、あんなに不安にさせたには違いないと彼が思ったはずの彼のような存在を、彼は、彼が殺すべきなのでは彼ではなく、君は殺してしまった、彼の、君が誰も殺さなかったその時に、猫がかつて一匹の鼠も殺せなかったというのならば。

夜はまだ浅い。どこかで誰かが始めた飲み会が、その彼の家の前の路面に出されたプラスティックのテーブルを囲んでまばらに繰り広げられている音がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Hồ に呼び出されたAnh は、不意の僥倖に目をしばたたかせ乍らThôの家の前にいつものようにバイクを止め、Hồを待っていた。美しいHồに、Anh はまだ逆らうすべを知らない。彼がキーを半ばふんだくるようにし、Anh を置き去りにしたまま走り出すバイクを、Anh は少しの失望とともに見送るが、やがてAnhHồに加えた深刻な暴力がこの少女の身体を打ち砕いたものの、今、彼はHồに惜しみなく与えなければならなかった。残酷なまでの強姦の果てに加えられた暴力が積み木を一気に崩し果てるように生命活動を破綻させ、そのとき、そして、しかし、まだAnhは満足だった。例え奇妙な面をつけたままのHồ Anh に見向きもしなかったとしても。彼は街路樹をよじ登って3階のベランダに下りた。Hồ は面越しに彼の息が自分の耳の中に反響するのを聞く。Hồが開け放たれたままの窓から室内に入り込んだとき、彼の画家に違いない男は部屋の隅に広げたマットレスの上に横たわっていたのを、Hồ は見る。気付いていた。彼は耳を凝らさなければ聞き取れないほどの寝息を立てていた。何度も研いで使われたために、いつか起こした刃こぼれさえ鋭利に研がれた包丁を、Hồはゆっくりと彼の画家の喉もとに当てる。彼は知っている。このあたりでは有名でなくもないこの画家のことくらいは。目の前の彼は、「奇跡の画家」どころか、唯の不具者に過ぎず、彼はなぜ彼が彼のためにこんなことまでしているのか、明確な根拠の記憶さえ奪われてしまう。彼は、彼の喉もとに押し当てられたナイフに一気に力をこめると、それは彼の皮膚を大きくへこませた後、迸った鮮血から彼は身を背けた。さまざまな色彩、さまざまな形態が形作るあの無数の白のグラデーションは、今、淡い暗闇の中で唯の白い壁の残像にすぎない。この身体が、細かな、或いは間歇的に大きな痙攣を起こし続ける間、何度も彼を刺し続けるが、Anhは今、自分が何をしているのかさえ知らないんだ、と Hồは彼の焦り、追い詰められた表情を見つめながら最期の時に思ったことを、まだ知らないままに、画家の死はThô のそれに比べて明らかに鮮やかさを欠いている。そう、Hồ は思った。まだ、死ねないのだろうか?もう、死んだのだろうか?まだ、死なないのだろうか?いつ?まだ?Anhは、いつ?もう、まだ死ななかったそれがついに死にかけ乍らまだ、いつ?諦めたように、或いは、Hồ は自分のこの行為自体に飽き果てて、Khác…渇いた、と最期のときにHồが呟くのを、彼はナイフの刃を彼のまだ痙攣している衣服の柔らかいところで拭き取り、バイクに乗ると、海沿いの道の夜の風の涼しさがHồの全身を包む。私は知っている。Hồ 、とわたしは思う。Hồ ?そして私は思い出すのだった。確かに、今まで一度だってHồの泣き顔など見たことはなかったのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相変わらず誰もいない私の家の中にそっと入り、シャワーを浴びる。私の家?私に所有権など何もないのだから私の家とは言えない。にも拘らず、そこで毎日生活しているのだから私の住み着いている、つまり、私と、猫と、Hồの家との関係に何も違いなどありはしない。多くの人々がそうであるように。ノズルから降り注いだ水滴がわたしの体をうち、私の体の芳香を狭い空間の中に飛び散らせ、何かが誰かのためのものであったことなどついに一度もなかった。それらは飛散する。細かな光を明滅させてやまない水の匂いに混ざって、薄く、いつもより濡れた自分の体の匂いがする。Thô は言った、すべてのものが私の生を望んだのだと。私の白く華奢な、多くの女たちが溜息とともに、潤の手ってなんでそんなに綺麗なの?女の子のより綺麗じゃ駄目なんだよ、私は自分の手を翳す。自分の手を見せ付けて、彼女は、私を讃えながら、そして私は知っている。そうやって、彼女たちは私の手を自分の手にしてしまおうとするのだ、彼女の欲望のままに。私は、手で顔を撫ぜ水滴を払い落とし乍ら、媚びるように彼女たちはあの開かれた瞳孔の、この目の群れの中で、私は確かにあの画家を殺したのだ。Hồではない。殺したのは私に他ならない。それは比喩ではない。隠喩でもない。記憶が一気に私の体の中で迸る。土砂降りの雨のように。サイゴンの雨期の?台風の中の日本の?どこでもいい。皮膚の下を氷が這い、私は血の気を失う。Bínhたちと別れた後、久しぶりにHồ か、Thô  或いはThơ或いはThố に顔を見せに立ち寄るのは、Long time no see.それだけだ。私はHồ を見つけたに違いない。白いペンキを塗りたくったHồ、絶命したThôの傍らに立ち尽くしている彼を。Hồは私を見つめたに違いない。あの泣きながら突然笑ったような眼差しで、私の視線の先に、Hồは私を見ていた。ややあって、私は立ち去り、Hồはそれを止めようともしない。彼は知っている。私は彼を裏切りなどしない。裏切るためには言葉が必要だ。辞書5ページ分の語彙しか持たない彼に自分を裏切ることなどできようはずもない。憑り付かれたようにバイクに走り乗って、私は街路樹をよじ登ったに違いない。私が画材入れの中から錆びた鋏を見つけだすのに時間はかからなかった。彼の喉もとに突き立てられたそれが、そして私の後を追うしかなかったHồはバイクにまたがったまま街路樹の下で見上げたが、彼は何を思ったのだろう?最期の時に。体の神経系はそのとき、何を認識し、何を識別したのだろう?苦痛を、彼の身体はどのように感じ、その感覚を、どのように処理したのか?ささやかな騒ぎが起こっていた。私は耳を澄ます。髪の毛をぬらしたまま外に出ると、向こうのThôの家の裏口にできた疎らな人だかりから声が立っている。間歇的に非難の喚声が、しかし、それは疎らに消えていくしかない。誰をも救えないままに世界が今自分だけのせいで終わるような表情で、血相を変えてあたふたしているThổが、私を認めると、一瞬で彼はあの陰惨な表情に変わる。彼は立ち尽くし、私を見つめ乍ら、彼は私を殺してしまうかもしれない。いつか。息を吸い込んだ次の瞬間にでも。見上げられた彼らの視線の先には三階建ての家屋のバルコニーの手すりの上に、器用に飛び乗って、あの林邑風の面をつけたままたたずんでいるHồを私は見つけた。何をしている?...Em làm gì ? 私はHồに微笑みかける。そんなところで、何を?飛び降りるつもりもなければ飛び上がる気もない。ましてや飛び立つこともない。笑うしかない。ベランダの奥で、Quần は立っている。戻って来いと言うその強制的な命令にHồは耳を貸そうともしないまま、ただ、たたずんで、何を見ているのか?その視線の先に、先のほうに視線を投げたまま、Go ! と不意に妻が私の手を引いた。後ろから、Go, it’s not your job.とがめるような眼差しで彼女は言い、くだりません、と言ったが、くだらないの語尾変化を未だ彼女には教えていない。私は為すにまかせ、It’s Quần’s  job, not yours.くだらないことに関わるな、と手を引かれて家の中に入りながら、Why? Sao việc của Quần ? はあのしいBoss なのよ彼女He is new boss of them. った確かにそうだった。Thôの私の会った事もない息子たちは何年か前に死んでいて、公式的にかどうかはともかくQuầnThôの現存する唯一の息子なのだから、そうに違いない。彼はあそこを売りさばくはずよ。だって、He will sell out there for somebody, land of them彼にはほかに家があるし、今、cos’ このあたりの土地はhe have house of his own and 高いのだから。私はnow land of Đà Nẵng Dắt. 指をはじいて、紙幣のジェスチャーをする妻のその細い指先を見る。不意に、ややあって、You know ? 彼女は言った。You had baby. 小さく、声を立てて笑い乍ら、額に細かいしわさえ寄せて。You…you go hospital ? 私は、あまりな私の言葉に一瞬笑い出しそうに為り乍ら、完璧に満ち足りた表情のまま、彼女は言った。Now, you are dady, you know? 私は指さきをのばし、そっと、その腹部にふれる。

 

 

 

 

 


沙陀調音取

 

 

 

 

 

 

沙陀調音取

 

子どもの遺影の入ったスマホの修理に出掛けたまま、なかなか帰ってこない妻を待つ。カンボジアの平原がどこまでも広がる。Phởフォーの店の主人が傍らの犬の腹を踏んづけると、長い悲鳴が立つ。熱帯の陽光の中に、更地の、にも拘らず誰も手を付けようとはしない国境近くのそこは、不意に雪が散らつく。私は瞬く。雪のような切片がいくつも視界全体に現れて、わずかばかり上昇したように見え、消えて行く。まだ早いはずだと私が思う。今日ではない。少なくとも、あと数週間は。にも拘らず、私の視界がいくつもの雪の切片を散乱させる。計算上のミスなのか、それともこういうものなのか。周囲の疎らな人々も、時に目をこすり、私が息をつく。例えば、核分裂の青白い炎が眼球の中にしか見えないように、これは見い出されただけの風景にすぎなかったには違いない。明らかに距離感を破綻させた遠い近さの、がついに触れ得ないものに手を伸ばす。本当はどんな風に見えているのか、はついに見えないまま、あるいは、しかいとはがんきゅうのげんじつそのものにほかならない、わたしはそれをあからさまにおもいだすわたしはてをのばしそのままそれはなににもふれないまままばたきわたしは今、熱帯の平原は今、雪に包まれていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.07.07-13

Seno-Lê Ma

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上は、2017年の7月に初めて書いた小説です。

原稿用紙にして90枚程度。個人的には、最も愛着のある作品でもあります。

雅楽の舞曲《蘭陵王》をモティーフにしました。

全体は、《小乱声》《陵王乱序》《蘭陵王》《沙陀調音取》の四章からなり、切れ目なく進行します。一応、雅楽《蘭陵王》一具を踏襲しています。

現代のベトナムが舞台。

あと、5年で世界が滅びてしまうことが物理学的に確定した世界が、舞台です。

ベトナム在住の日本人《わたし》が出会った人々の、ある日の朝の物語。

朝日の中で錯綜する現在・過去・未来。

謎めいた美少年は、なぜ、恐ろしい化け物の仮面をかぶったのか?

老人は、なぜ死んだのか?

雪降る海の絵を描き続けた三重苦の《奇跡の画家》を、一体、誰が殺してしまったのか?

気に入ってくれたら、嬉しいです。

Lê Ma, 2018.04.27 Đà Nẵng, Viêt Nam.

 

 

 

ところで、子どもの頃、ヒロシマで生まれて初めてフィンセント・ファン・ゴッホの絵絵を見たとき、わたしはびっくりしました。

真っ白い建物の庭に日差しがあたって、樹木の緑が茂って、猫が一瞬たちどまった、という有名な絵ですが、

画集で見ていた印象とは全然違って、ひたすら静謐とした絵でした。

よくぞここまで、と想ってしまうほど、キャンパスに根を張ったような絵の具がしっかりと芽生えながら、

まるで森の樹木が決して何も語りかけたりしないように、何も語りかけようとしない、

ただただ健康的で、生気に満ち、美しく、静謐とした絵。

その後、いろんな美術館で見たファン・ゴッホの作品はどれもそうで、

写真には入りきらない絵を描いた人だったんだな、と思いました。

《画家の絵》のモティーフは、そんなファン・ゴッホ体験がベースになっています。

2018.04.28. Seno-Lê Ma. Đà Nẵng, Viêt Nảm.

 

 


奥付


蘭陵王


http://p.booklog.jp/book/120878


著者 : Seno Le Ma
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/senolemasaki0923/profile
 
 
 
 
ホームページ
 
 


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/120878



電子書籍プラットフォーム : パブー(http://p.booklog.jp/)
運営会社:株式会社トゥ・ディファクト



この本の内容は以上です。


読者登録

Seno Le Maさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について