閉じる


はじめに

Pubooブクログ e-hon『ひょうたん鯰』 
http://p.booklog.jp/users/axros03


毎日かみさん ①

讃岐発。『毎日かみさん』の頓珍漢な日常を切り取る、不連続Twitter Novel

毎日かみさん


その1_女中編
 

朝のかみさん。洗面所の小窓から、表をうろつくノラ猫を眺めて、

「うわ、また腹ボテ*になっとんちゃうん?」  
*孕(はら)んでいる


「え、なんやて !?」と、ベッドに腰かけて自分のお腹を見下ろす夫。

ようやく起きだした夫、ダイニングで朝のひととき。

「コーヒーもう一杯」「花粉かいな、くしゃみや、ティ~ッシュ!」

「耳かきどこや、靴下穴あいてるわ!」「新聞!なに休刊日てか」

立て続けにかみさんに用事を言いつけていると、

「まるで私って女中やんか!他の用事がでけへんわ!」と大声で不満を。

で、『女中』ってどういう言葉なんだろう、『女の中の女』じゃないよね。

名前が菊だと女中の菊、端折って除虫菊・・・といえば蚊取り線香か、

ふむふむと、コーヒーを啜りながら独りごちる夫。



その2_お使い編


午後、かみさんが買い物に。

こんやの酒の肴(さかな)に『うるめいわし』を頼まれた。

「えっ?いわし、うるめ、それって干物なん?あそ、目刺しなんや」

「よりめ、たれめ、やにめ、とりめ・・・」などと呟きながら出かけた。

「ちゃんと覚えたんかいな、落語の『平林(ひらばやし)』とちゃうんやで」



その3_モテキ編


で、スーパーまでやってきたかみさん、

近所の仲よしおばさんとバッタリ会って立ち話。

「まあ奥さん、いつ見ても若いなあ、昔とちっとも変わってへんわ」

「なんかしてるん、エステとか」「そんなもん、なんもしてへんがな」

「ほんまに昔はお肌ぷるんぷるん、そりゃあもてたわで!」と、

財布から色あせた写真を出して、

 

「これがそん時の写真や、懐かしいなあこの若さ」

「・・・あ、あかちゃん !?」

「そう、この頃がモテ期ピークやったんやなあ!」



その4_北まくら編


長話の末に、ようやく干物コーナーにたどりついたかみさん。

『うるめいわし』を探していてふと、

となりの鮮魚ケースに並べられているお魚に目がいった。

「あのアジ、駄目や!北まくらで寝とるで、縁起悪いなあ!」

とその時、お店の壁の“大鏡”に映った自分の姿を見て、

「うわっいかん、ワタシ“左前”にきもの着てたわ!」と、あわてて家に帰った。

・・・ダンナさんの酒の肴(さかな)はどうなったの。



その5_テレビニュース編


昼3時のワイドショー、

関東の某公園で『セアカゴケグモ』が目撃されたというニュース。

それを見たかみさん

「えっチュランタラかいな、かなわんで毒蜘蛛やろ!」と第一声、

それちょっとスペルが違うんやないか・・・ですぐさま夫、辞書を引いた。

漢字にすると『背垢後家蜘蛛』だった。

 

「なんや汚い後家さんみたいやな」って、ちょっと違うか。

事故にはならなかったが、排水溝とか公園の草むらとか、

隠れるところはいっぱいあるからそのうち、

 

かさかさと這い出てきて・・・うわっ!


その6_一尾買い


かみさん、向かいのおばさんといつもの立ち話。

「きのう、スーパーで『鯛のアラと切り身』を買ってな、

吸い物と刺身盛りを食卓にだしたんや」

「そしたらな、『おいっ!一匹買いしたんか!』いうて、

ダンナがびっくりしとったわ」



その7_卵の特売


洗い物の途中、かみさんに買い物を頼まれた夫、

エプロンしたまま出かけて、スーパーの売り場をうろうろ。

お客さんに店の人に間違えられて

「店員さん、卵売り場はどこかしら?」と訊ねられた。

「はい、卵でしたら向かいのスーパーで特売してますよ」って。



その8_道路工事


家の前で道路工事が始まった。

 

作業員が頭を下げて謝っている、お決まりのイラスト看板が立てられた。

それを見たかみさん、近所のおばさんたちと寄り合って井戸端会議。

「イヤやわあ!最初から頭下げてて・・・また何かやらかす気やで」

「先だっては水道管ぶち破ったなあ」「ガス管やったら怖いやんか」

道の向こうで、ミニシャベルが今掘った穴に落ちてあえいでいた。


その9_ばばばか篇


夕食後の団らん、テレビから歌謡番組が流れていた。

メロディに合わせて両手を器用に振る一歳の孫娘を見てかみさん。

「音感がええやなあこの娘、天才やろか!

大きくなったらピアニストにしよか?それとも作曲家、歌手もええなあ」

「そうなったら歌舞伎座でリサイタルやで、うわっどないしよ!」

「かあさん、そういうの、おしめが取れてから考えよっか」と娘。

「そ、そやな」

 


Photoはネットから無断転載。不可の場合はご一報を。


毎日かみさん ②

讃岐発。『毎日かみさん』の頓珍漢な日常と会話を切り取る、Twitter Novel。

毎日かみさん


その10_ズンドウ編


たまの休日、趣味でクッキングを愉しむ夫が、

かみさんの腰を抱き寄せて歌っている。

~ずん、ずん、ずんどこ~(小林旭のずんどこ節)〜♪♬

「そうだこの感じやんか」「なにがな」

「いやなに、こんぐらいの大きさの寸胴(ずんどう)鍋が欲しいんや」

「・・・!?」



その11_ヘアカット編


夕ご飯のテーブルで向かい合うかみさん。

ヘアサロンで髪をカットして来たのに、夫は何も言ってくれない。

シビレを切らせてかみさんの方から口を開いた。

「鈍感ちゃう、気づかへんの?思い切ってショートにしたんやで」

「いや、気付いてたけど言うの気が引けてなあ」

「・・・!」

かみさん、あれから何日も夫と口を聞いていない。

夫の気遣いが仇になったのか、そこんとこどうなのかなあ。



その12_ナイトメア編


かみさん、ナイトキャップを聞こし召して頬ほんのりと上気。

こんやは月齢十五日、

窓辺から差し込む月明かりが尚更に胸騒ぎをかきたてる。

ベッドサイドの滋養強精『養命酒』は、ほぼカラッポ。

口からは紅い吐息をもらして

 

「ねえ、ぐふふっ♥♡」「うっわあああ〜!」

 

突然、がばっと目覚めた夫、胸にびっしょりと汗をかいていた

 

木の芽どきに見がちな、ナイトメアにうなされていた。

 

「夢やったあ、ほんまに恐かったやないか、この阿呆たれめ!」

 

「こんな時間になんやの、突然起きだして、眠いがな」とかみさん。


その13_和洋折衷編


夕ご飯は外食。

 

「今夜は『和洋折衷』の店がええな」と、かみさん。

瞬間、往年の国際俳優『早川雪舟』の名前を脳裏に過ぎらせる夫。

さらに、せっしゅう、せっちゅうと云うと、八甲田山『死の雪中行軍』、

涙でネズミを描いたという禅僧『雪舟』伝説が思い浮かべる。

それはさておき『和洋折衷』だと割烹もしくは居酒屋、

いやバイキングも候補にあげられる!などと、夫と娘はウキウキ。

結局、かみさんの鶴の一声で『お好み焼き』と相成った・・・ !?

「お好み焼きのどこが『和洋折衷』やねん!」と夫。

「何言うとるの、これ和食ちゃうやろがな!」負けずにかみさん。

「けど洋食でもないで、なあ、さあどっちやねんて!」と娘。



その14_鼾と嬶編


リビングでソファに仰向けに寝そべってかみさん。

両鼻を詰まらせて執拗なピストン鼾(いびき)をかいている。

ポカンとひらいた口を眺めていてふと

 

「鼾と嬶(かかあ)、よく似た漢字やなあ」と。

「あ、いや、それだけのことやから他意はないからね、決して」

誰に言うとはなく謝っている夫、

悲しい習性だね、怯(おび)え性とでもいうのか。



その15_挫折編


お昼のニュースを観ていたかみさん

「うわっ、イタリアの客船が“挫折”したんやて!」

「ちゃうやろ、それ。挫折してどうするんや、“座礁”やろ」と夫。

ちょうどそこへ近所に嫁いでいる長女から電話

「もうすぐ“ぎょうらく”のシーズンや。どっか日帰り温泉でも行かへん?」

「なんやこの娘は、それ言うなら“こうらく”やろ、行楽」

母娘の会話を聞いていた夫、飲んでいたコーヒーを吹きだした。



その16_もち肌編


5歳になったばかりの孫娘はかみさん好き、いつもくっついている。

その日もリビングで昼メロを観ているかみさんに

「もち肌やね」「嬉しいこと言うてくれるわ、この娘」

「けど、もち肌ってどこで覚えたん?」

「テレビでや。ほんまにぷよんぷよんや、ほらここ」

「どこ突っついてんの、そこお腹やんか」

と、とつぜん餅が食べたくなったかみさん、

正月に搗(つ)いたばかりの餅をオーブントースターへ。



その17_鬼の霍乱編


連日の猛暑で体調をくずして、

ソファで横になっているかみさんを心配して、5歳の孫娘。

「じいちゃんが、怖そうな病気の名前言うとったけど大丈夫な?」

「なあばあちゃん、『オニのカクラン』ってどんな病気なん?」

それを聞いたかみさん、のっそりと起き上がってパソコン検索、

画面の文字をぶつぶつと読んでいるかと思ったら、

突然、大声を張り上げて夫を呼んだ。

「あんたなに考えてんの、ほんまにあたしシンドイやで!(怒)」



その18_フカ(鮫)ヒレ編


かみさん、近所のおばさん連中といつもの立ち話。

「うちの旦那いうたら、“フカヒレ”みたいな大酒飲みやから」

「フカヒレ・・・ !?」

「フカヒレって、中華料理のあれかいな?」

「あんた、それやったら“フカ”みたいに飲むって言うんやで」

「フカってごっつい大ぐちやから、大酒飲みに喩えられたんや」

「ほんまかいな大口かいな、あっははは〜♪♬」と、


高らかに大ぐちを開けて笑うかみさん。

Photoはネットから無断転載。不可の場合はご一報を。


料理の基本は【さしすせそ】あ行

料理の基本は【さしすせそ】其の壱『あ』 

阿保弟子っ!なにさらしとんや!それは、いの一番、

違うそっちはハイミーじゃろ!あっちのズルチン持ってこいや!

「それって、使用禁止の合成甘味料!?」 

ということで、阿呆っ!の『あ』。 …To be continued 続かないかも



料理の基本は【さしすせそ】其の弐『い』 

居候(いそうろう)三杯目をそっと出しって、

そっと出せばいいというものでもないわ!

もう10杯目、お櫃(ひつ)カラッポよ。

ご飯炊くからお米洗って、それより薪割りが先よ! 

ということで居候の『い』。 …To be continued 続かないかも



料理の基本は【さしすせそ】其の参『う』


ううっ!なんやこの味、

冷や奴にウスターかけやがったな、阿呆弟子!

いまから水洗いしてどーすんや、お前が食べるんや、なに?要らんってか!

賄(まかな)い食わんと立っとれ! ということで、ううっの『う』。 

…To be continued 続かないかも



料理の基本は【さしすせそ】其の四『え』 


客席から「え゛!」とわななく声。

厨房で聞いた神田川師、「なに!『え』に濁点を付けるほど不味いの?」と。

返ってきた柳川鍋を見て絶句、どじょうが元気に泳いでいた。 

ということで濁点付きの『え』。 …To be continued 続かないかも



料理の基本は【さしすせそ】其の五『お』 


お代官さま、年貢どころか飢饉で食べるものも御座いません!

お腰に提げたキビ団子、一つおらにもおくれえな!

・・・飢饉に強いキビ(黍)からつくる吉備団子、やがて後世名物に。 

ということでお腰の『お』。 …To be continued 続かないかも


Photoはネットから無断転載。不可の場合はご一報を。


料理の基本は【さしすせそ】か行

料理の基本は【さしすせそ】其の六『か』 

勝手知ったる他人んちの台所へお勝手から忍び込み、の『か』。

・・・帰宅してきた娘と母。

「お母さん、晩ご飯できてるわ、ご馳走だよ!」

「ひゃ!台所おぢさんに這入られた!」

「・・・?」 

…To be continued 続かないかも



料理の基本は【さしすせそ】其の七『き』
 

週末のデートは夜景が美しい丘。

「ねえランチに何を食べたか、当ててみない?」と、眼を閉じて迫る彼女、

重ね合う唇。「このスパイスは!」

・・・ということでキスの味でプロファイリング、の『き』。 

…To be continued 続かないかも



料理の基本は【さしすせそ】其の八『く』


新世界の串カツ屋台。

「ソースの二度づけはあきまへんで!」

「足もとに串を放(ほお)ったって、ちゃんと数えてるさかいな!」と、

口喧しい串カツ屋のおばちゃん。ということで串カツの『く』。 

…To be continued 続かないかも



料理の基本は【さしすせそ】其の九『け』
 

「お味はいかが?」と妻が訊く。

ぼこっ、ぼこ・・!と泡立つ煮込み鍋。

お皿から未だかつて嗅いだことのないニオイが漂う。

ひとくち食べて夫、「けったいや!」と。 

ということで、けったい!の『け』。 

…To be continued 続かないかも



料理の基本は【さしすせそ】其の十『こ』
 

すれ違う街の人たちが笑顔で「コマンタレブー?」と声をかけてくる。

わたしは河向こうのビストロシェフ、

腕は一流だが虫の居所が悪い日は店を開けない。

だからみんなが「ご機嫌いかが?」のお伺いを。 ということで挨拶の『コ』。 

…To be continued 続かないかも


Photoはネットから無断転載。不可の場合はご一報を。



読者登録

ひょうたん鯰さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について