twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格526円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 作者 如月翔悟(paidon)
価格 526円(税込)
タグ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 219ページ (Web閲覧)
218ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 さて、本年の最初は、『アンデルセンの世界』(人魚姫と雪の女王)を予定していましたが、なかなか想うように前に進まず、そこで、「前半部」(マッチ売りの少女、人魚姫、裸の王様)と「後半部」(雪の女王、みにくいアヒルの子)の「二部」に分けて発表しましたが、その「二つの作品」を「一つに統合」して、本来の『アンデルセンの世界』(人魚姫と雪の女王)完全版にしたものであり、その「内容」は、次のようものである。
 まず、『マッチ売りの少女』という作品は、すでに多くの人たちがよくご存知の内容であり、また、『人魚姫』という作品も、そして、『雪の女王』という作品も、非常に有名な作品でありますが、その『雪の女王』という作品は、「七つの話」からできていて、第一話は、鏡とそのかけらのこと、第二話は、男の子と女の子、第三話は、魔法を使うおばあさんの花園、第四話は、王子と王女、第五話は、山賊の小娘、第六話は、ラップ人の女とフィン人の女、第七話は、雪の女王のお城であったことと、その後の話、となり、そして、もう一つは、有名な『みにくいアヒルの子』になりますが、その場合、これらの作品については、例えば、様々な「絵本やアニメ」などですでに何度か見たり読んだりして、その内容も多くの人たちがよくご存知だろうと思いますが、しかし、アンデルセンの「童話」そのものを直接読むということは意外に少ないのではないでしょうか。そこで、今回は、アンデルセンの「童話」そのものの「本文」をできるだけ丁寧に読み解いたものであり、それゆえ、アンデルセンの『童話』に何らかの「興味や関心」がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧