twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格526円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 作者 如月翔悟(paidon)
価格 526円(税込)
タグ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 219ページ (Web閲覧)
218ページ (PDF)
試し読み:141ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 さて、本年の最初は、『アンデルセンの世界』(人魚姫と雪の女王)を予定していましたが、なかなか想うように前に進まず、そこで、「前半部」(マッチ売りの少女、人魚姫、裸の王様)と「後半部」(雪の女王、みにくいアヒルの子)の「二部」に分けて発表しましたが、その「二つの作品」を「一つに統合」して、本来の『アンデルセンの世界』(人魚姫と雪の女王)完全版にしたものであり、その「内容」は、次のようものである。
 まず、『マッチ売りの少女』という作品は、すでに多くの人たちがよくご存知の内容であり、また、『人魚姫』という作品も、そして、『雪の女王』という作品も、非常に有名な作品でありますが、その『雪の女王』という作品は、「七つの話」からできていて、第一話は、鏡とそのかけらのこと、第二話は、男の子と女の子、第三話は、魔法を使うおばあさんの花園、第四話は、王子と王女、第五話は、山賊の小娘、第六話は、ラップ人の女とフィン人の女、第七話は、雪の女王のお城であったことと、その後の話、となり、そして、もう一つは、有名な『みにくいアヒルの子』になりますが、その場合、これらの作品については、例えば、様々な「絵本やアニメ」などですでに何度か見たり読んだりして、その内容も多くの人たちがよくご存知だろうと思いますが、しかし、アンデルセンの「童話」そのものを直接読むということは意外に少ないのではないでしょうか。そこで、今回は、アンデルセンの「童話」そのものの「本文」をできるだけ丁寧に読み解いたものであり、それゆえ、アンデルセンの『童話』に何らかの「興味や関心」がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。

この本には試し読みが 141 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

ケロリーマン&ケロウーマンは静岡県富士市を走る岳南電車の非公認キャラクター。https://www....

この本を開く

一振りの鋼に栄達を託す時代はとうに過ぎ。若者たちはもう、勇者にも英雄にも成り得ない―――******...

この本を開く

スペインアンダルシアのリゾート都市在住15年の日常生活を綴ったブログから抜粋したエッセイシリーズ2冊...

この本を開く

かまねこちゃんシリーズ・スピンオフ作品。 大人の憩いの場バー『化』の常連マーちゃんこと、岡まさあきは...

この本を開く

「胆石症」による「腹腔鏡下胆嚢摘出術」の入院記。大胆に医学的解説を省き、体験と感想、そして病院食を中...

もっとみる