閉じる


試し読みできます

12世紀まで

 

日本史語呂合わせ

 

 

 

57 こんな奴国王の金印

 

 

 

107 国王帥升 後漢に一礼な

 

 

 

147 維持難航倭大いに乱れる

 

 

 

239 魏にサンキュー卑弥呼

 

 

 

266 晋へフローム倭の国王

 

 

 

391 作為 倭軍朝鮮出兵

 

 

 

400 

 

 

 

413 いざ東晋へ

 

 

 

421 宋に行く讃

 

 

 

438 みやび 珍、安東将軍

 

 

 

443 済 安東将軍のよさ

 

 

 

462 興、無風 安東将軍

 

 

 

478 武 名は安東将軍

 

 

 

500 

 

 

 

512 百済自由に加耶へ

 

 

 

527 筑紫国岩井の反乱にな

 

 

 

562 新羅、加耶を無に

 

 

 

587 蘇我馬子やな物部守屋滅ぼす

 

 

 

592 崇峻天皇暗殺

 

 

 

593 国際派厩戸王が摂政に

 

 

 

〇文化

 

538 みやびな仏教

 

 

 

588 パチパチ飛鳥寺

 

 

 

◎600 け飛鳥

 

 

 

603 冠位十二階でめる

 

 

 

604 和が大事豪族群れよと十七条

 

 

 

607 群れなして夕日に向かう遣隋使

 

 

 

608 小野妹子まりなさいと裴世清

 

 

 

630 遣唐使とされた犬上御田鍬

 

 

 

643 蘇我入鹿 山背大兄王を自殺させ

 

 

 

645 蘇我入鹿無事殺した鎌足ら 乙巳の変

 

 

 

646 よろしく改新の詔

 

 

 

658 蝦夷は怖い 阿倍比羅夫

 

 

 

663 無残白村江

 

 

 

667 胸元 近江大津宮

 

 

 

670 なれ庚午年籍

 

 

 

672 壬申に難波大津が攻められる

 

 

 

684 柱 八色の姓

 

 

 

689 拍手 飛鳥浄御原令

 

 

 

694 向くよ藤原京

 

 

 

〇文化

 

 

 

607 おなじみ法隆寺

 

 

 

670 法隆寺なぜ火災

 

 

 

680 晴れて薬師寺創建(698ほぼ完成)

 

 

 

681 はい国史の編纂開始

 

 

 

700 

 

 

 

701 大宝律令の思い

 

 

 

708 おやっ 和同開珎

 

 

 

710 なんと平城京

 

 

 

711 人々おかねを貯めろ蓄銭叙位令

 

 

 

712 とにかく出羽国

 

 

 

713 いざ大隅国

 

 

 

718 不比等う養老律令

 

 

 

722 夫婦で百万町歩開墾計画

 

 

 

723 兄さん三世一身法

 

 

 

724 陸奥国に城多賀城

 

 

 

727渤海使来日にな

 

 

 

729 不遇長屋王

 

光明子

 

 

 

740 藤原広嗣の乱指令

 

 

 

743 墾田で私有地なしさなしさ

 

 

 

757 困難だった養老律令施行

 

困難橘奈良麻呂の変

 

 

 

764 無視できない恵美押勝の乱

 

 

 

765 向こうに敵なし道鏡、太政大臣禅師

 

 

 

770 道鏡なれ下野薬師寺別当

 

 

 

784 柱 長岡京

 

 

 

792 (地方)の兵士健児

 

 

 

794 坊主泣くよ平安京

 

 

 

〇文化

 

 

 

712 いにしえの古事記

 

 

 

713 地方の風土記

 

 

 

720 神話に触れる日本書紀

 

 

 

740 恭仁京知れ

 

 

 

741 国分寺用意

 

 

 

751 濃い懐風藻

 

 

 

756 難航路渡る正倉院宝物

 

 

 

759 国際的唐招提寺

 

 

 

770 なれ百万塔陀羅尼

 

 

 

800 晴れ

 

 

 

802 坂上田村麻呂 胆沢城晴れに

 

 

 

810 入れ冬嗣蔵人頭

 

 

 

823 封鎖中大宰府管内公営田制

 

 

 

842 承和の変端に行く伴健岑、橘逸勢

 

 

 

858 藤原良房摂政へ運ばれる

 

 

 

 

 

866 応天門 伴善男

 

 

 

879 畿内官田はなくせぬ

 

 

 

884 走る関白基経

 

 

 

894 白紙を遣唐使

 

 

 

〇文化

 

 

 

804 唐がお呼び空海最澄

 

 

 

805 天台宗

 

 

 

806 真言宗降ろ

 

 

 

828 ハニワ綜芸種智院

 

 

 

900 暮れ

 

 

 

901 追い出された菅原道真

 

 

 

902 延喜の荘園整理令 班田記録オフ

 

 

 

914 三善清行意見封事十二カ条の意思

 

 

 

939 承平天慶の乱 臭く

 

 

 

947 天暦の治のシナリオ

 

 

 

969 藤の腹安和に黒く源高明左遷

 

 

 

988 くわばら尾張国郡司百姓等下文

 

 

 

〇文化

 

 

 

901 おい、日本三代実録

 

 

 

905 王侯 古今和歌集

 

 

 

935 見事土佐日記

 

 

 

974 悲し蜻蛉日記

 

 

 

985 念仏ぶ往生要集

 

 

 

1000 

 

 

 

1017 道長いーな太政大臣

 

 

 

1028 平忠常の乱 不和

 

 

 

1045 実行寛徳の荘園整理令

 

 

 

1051 どっこい前九年

 

 

 

1069 登録 延久の荘園整理令

 

 

 

1083 闇の後三年

 

 

 

1086 院政どうやろ

 

 

 

〇文化

 

 

 

1001 おい、枕草子

 

 

 

1010 先頭 源氏物語

 

 

 

1022 ふふっ、道長法成寺

 

 

 

1052 末法後にどうなる?

 

 

 

1053 凝れた平等院鳳凰堂

 

 

 

1100 人々

 

 

 

1156 保元はいい語呂

 

 

 

1159 国運をかけて源平平治の乱

 

 

 

1167 いい胸毛 平清盛太政大臣

 

 

 

1177 人々泣き鹿ケ谷の陰謀

 

 

 

1179 幽閉で泣く後白河法皇

 

 

 

1180 暴れる以仁王、頼朝

 

 

 

1183 平氏都落ち

 

 

 

1184 柱 公文所、問注所

 

 

 

1185 平氏滅亡、ぶ守護地頭

 

 

 

1189 拍手頼朝奥州平定

 

 

 

1192 いい国頼朝征夷大将軍

 

 

 

1199頼朝が死んでラ十三人合議制

 

 

 

〇文化

 

 

 

1124 藤原中尊寺金色堂

 

 

 

1175 なごむ法然専修念仏

 

 

 

1191 ぐいっ、栄西臨済宗

 

 

 

1195 苦行、東大寺再建供養

 


試し読みできます

13世紀から16世紀

 

1200 どうに

 

 

 

1203 頼家が廃され実朝おさになる

 

 

 

1204 往生頼家

 

 

 

1213 いざ鎌倉和田合戦

 

 

 

1219 逝く実朝

 

 

 

1221 御家不一致をつく後鳥羽院

 

 

 

1223 新補地頭のふさわしい得分

 

 

 

1224 執権泰時にし

 

 

 

1225 連署評定衆の二個

 

 

 

1226 藤原頼経摂家将軍の任務

 

 

 

1232 御家人身につける御成敗式目

 

 

 

1247 宝治合戦の

 

 

 

1249 よく引付

 

 

 

1252 公認 宗尊親王皇族将軍

 

 

 

1268 モンゴルの使者にろうば

 

 

 

1274 神風船なし元軍、文永の役

 

 

 

1275 難後、異国警護番役

 

 

 

1276 博多湾に並ぶ防塁

 

 

 

1281 神風二敗元軍弘安の役

 

 

 

1285 安達泰盛に蛮行、霜月騒動

 

 

 

1297 永仁苦難徳政令

 

 

 

〇文化

 

 

 

1205 王侯 新古今和歌集

 

 

 

1212 1,21,2、方丈記

 

 

 

1220 フレー 愚管抄

 

 

 

1224 不思議親鸞、教行信証

 

 

 

1227 道元帰国にな

 

 

 

1253 日蓮、法華宗のゴーサイン

 

 

 

1274 一遍なした時宗

 

 

 

1300 いざ室町

 

 

 

1317 文保の和談両統迭立とな

 

 

 

1321 院政ふい 後醍醐天皇親政

 

 

 

1324 正中の変にじみ出る討幕計画

 

 

 

1331 元弘の変 難後醍醐天皇

 

 

 

1332 後醍醐天皇の身に隠岐へ配流

 

 

 

1333 鎌倉幕府散々さ

 

 

 

1334 見よ建武の新政

 

 

 

1335 さー来い足利挙兵中先代の乱

 

 

 

1336 建武式目後醍醐天皇吉野へ去ろ

 

 

 

1338 みやび、足利尊氏征夷大将軍

 

 

 

1342 富承認天龍寺船

 

 

 

1350 困る観応の擾乱(52)

 

 

 

1352 公認半済令

 

 

 

1371 今川了俊九州探題意味ないことなし

 

 

 

1378 室町の花の御所にみなし

 

 

 

1391 明徳の乱、山名氏の悔い

 

 

 

1392 いーさ国南北朝の合一

 

 

 

1394 義満太政大臣の

 

 

 

1399応永の乱大内義弘苦苦

 

 

 

〇文化

 

 

 

1322 元亨釈書ふふっ僧伝

 

 

 

1339サンキュー神皇正統記

 

 

 

1342 いーさ承認五山十刹

 

 

 

1356 いーさ語呂菟玖波集

 

 

 

1397 救難金閣

 

 

 

1400 意思

 

 

 

1401 義満遣明船の思い

 

 

 

1404 勘合貿易応じ

 

 

 

1411 当時遠い明と国交断絶

 

 

 

1419 応永の外寇津島重苦

 

 

 

1428 正長の年には徳政一揆

 

 

 

1429 一生不遇、播磨の土一揆

 

尚巴志、一生福、琉球王国

 

 

 

1432 足利義教 明に遣使

 

 

 

1438 騒ぎ永享の乱、鎌倉公方、足利持氏を討つ

 

 

 

1441 義教暗殺、嘉吉の徳政一揆用意

 

 

 

1455 今後足利成氏鎌倉公方

 

 

 

1457 こると義政、政知を堀越公方

 

困難コシャマインの戦い

 

 

 

1467 死むなし応仁の乱

 

 

 

1477 長々と応仁の乱鎮まる

 

 

 

1485 反抗 山城国一揆

 

 

 

1488 パチパチ 百姓持ちたる加賀の国 一向一揆

 

 

 

1493 北条早雲、堀越公方へグサッ

 

 

 

〇文化

 

 

 

1439 サンキュー上杉憲実足利学校再興

 

 

 

1467 雪舟の明へ渡る算用

 

 

 

1471 町の部、寺、吉崎道場

 

 

 

1489 拍手 義政銀閣

 

 

 

1495 連歌の苦行新撰菟玖波集

 

 

 

1496 苦労蓮如石山本願寺

 

 

 

1500 戦国

 

 

 

1510 三浦の乱朝鮮在留日本人

 

 

 

1512 壬申約条 宗氏自由に朝鮮貿易

 

 

 

1523 寧波の乱細川大内ふざけるな

 

 

 

1532 京都法華一揆身に降る

 

 

 

1536 見ろ天文法華の乱

 

 

 

1543 鉄砲で刀も槍も以後よさん

 

 

 

1549 ザビエルだ以後よくキリスト教

 

 

 

1551 大内氏滅び勘合合意ダメ

 

 

 

1560 織田一行群れた桶狭間

 

 

 

1561 川中島出向いた謙信(1553-64)

 

 

 

1565 むごっ将軍義輝、松永久秀が殺す

 

 

 

1568 信長り義昭と京都へ

 

 

 

1570 なぜ姉川の戦い、石山合戦

 

 

 

1571 泣いた比叡山焼打ち

 

 

 

1573 涙義昭追放室町幕府滅亡

 

 

 

1575 火縄銃中込めて撃て長篠合戦

 

 

 

1576 威光なろう安土城築城開始

 

 

 

1580 信長暴れる本願寺と和す

 

 

 

1582 本能寺行こう犯人明智君

 

 

 

1583 賤ヶ岳はさむ戦い

 

 

 

1584 野心小牧長久手の戦い

 

野心スペイン平戸来航

 

 

 

1585 四国平定となき関白秀吉

 

 

 

1586 豊臣秀吉やろー太政大臣

 

 

 

1587 九州平定れ技

 

やなバテレン追放令

 

 

 

1588 武器やばい刀狩令

 

やばい海賊取締令

 

パチパチ天正大判

 

 

 

1590 グレート小田原奥州平定

 

家康へくれた関東

 

 

 

1592 異国に文禄の役朝鮮出兵

 

 

 

1596 苦労サン・フェリペ号事件 26聖人殉教

 

 

 

1597 苦難慶長の役

 

 

 

1598 秀吉死んで異国は撤兵

 

 

 

〇文化

 

 

 

1569 信長、フロイスに向くキリスト教布教許可

 

 

 

1582 ヴァャーニ天正遣欧使節

 

 

 

1587 華の聚楽第

 

 

 

1590 天正遣欧使節、活字印刷機くれ

 


試し読みできます

17世紀から19世紀

 

1600 一路江戸 関ヶ原合戦

 

 

 

1603 徳川幕府お産

 

 

 

1604 糸割符応じ

 

 

 

1607 起朝鮮使節来日

 

 

 

1609 島津氏琉球へ兵

 

オランダは平戸の商館置く

 

己酉条約朝鮮に船

 

 

 

1613 いーさ伊達政宗慶長遣欧使節

 

イギリスは平戸の商館

 

1614 意地悪く方広寺の鐘で冬の陣

 

 

 

1615 大坂夏の陣以後豊臣氏滅亡

 

一国一城令

 

一国、武家諸法度、禁中並公家諸法度

 

 

 

1616 いろいろな所へ行くな。欧州船は平戸長崎へ

 

 

 

1623 イギリスをふさ

 

 

 

1624 西(スペイン)の船来るな

 

 

 

1629 不遇紫衣事件

 

不遇絵踏み

 

 

 

1631 奉書船のサイ

 

 

 

1633 奉書船以外さっさと去れ

 

 

 

1635 鎖国 日本人海外渡航帰国ダメ

 

 

 

1637 皆殺し島原の乱

 

 

 

1639 ポルトガル船

 

 

 

1641 オランダ商館長崎出島用意

 

 

 

1643 資産田畑永代売買の禁令

 

 

 

1649 よく守れ慶安の触書

 

 

 

1651 浪人のヒーロー来い、由井正雪の乱

 

 

 

1655 糸割符今後は相対貿易

 

 

 

1657 江戸城ご難明暦の大火

 

 

 

1669 ヒーロー労苦シャクシャインの戦い

 

 

 

1671 河村瑞賢東廻り海運一路内

 

 

 

1673 分地制限令の

 

 

 

1685 ヤゴ生類憐みの令

 

 

 

〇文化

 

 

 

1603 お産阿国歌舞伎

 

 

 

1612 いにく幕領でキリスト教禁止。全国もダメ通さん(13)

 

 

 

1617 いーな日光東照宮

 

 

 

1620 フレー桂離宮(24)

 

 

 

1630 キリシタン書籍は去れ(輸入禁止)

 

 

 

1654 隠元黄檗宗こしらえ

 

 

 

1657 困難、大日本史(1906完成)

 

 

 

1665 幕府へ向こう、諸宗寺院法度

 

 

 

1682 ヒーローハニー好色一代男

 

 

 

1684 野心、貞享歴

 

 

 

1690 湯島聖堂優れ

 

 

 

1700 自由な

 

 

 

1702 非難鬼 吉良義央を討つ赤穂浪士

 

 

 

1709 新井白石を置く 正徳の政治

 

 

 

1715 海舶互市新令

 

 

 

1716 自由なヒーロー吉宗享保の改革

 

 

 

1719 相対済し令 金の問題幕府どく

 

 

 

1721 どんなに人? 人口調査

 

封印 目安箱

 

 

 

1722 フラの参勤交代、上げ米令

 

 

 

1723 ふさわしい人 足高の制

 

 

 

1732 醜い享保の飢饉

 

 

 

1742 世に公事方御定書

 

 

 

1758 怖い宝暦事件

 

 

 

1767 側用人田沼意次の算用

 

 

 

1778 悩ましいロシア船蝦夷地

 

 

 

1782 パニック天明の飢饉

 

 

 

1783 火山灰で浅間山大噴火

 

 

 

1787 松平定信 の老中

 

 

 

1789 約束アウト旗本御家人負債免除棄捐令

 

 

 

1790 仕事くれ、人足寄場

 

寛政異学のクレーム

 

 

 

1792 国超えて根室来航ラクスマン

 

の外つながってると林子平

 

 

 

1798 詳しく千島探査近藤重蔵

 

 

 

〇文化

 

 

 

1708 おやっ宣教師シドッチ屋久島へ

 

 

 

1715 異国の国性爺合戦

 

 

 

1720 洋書輸入触れ()緩和

 

 

 

1729 石田梅岩心学普及

 

 

 

1765 ほほ笑むこ()鈴木春信錦絵

 

 

 

1774 成し遂げる解体新書

 

 

 

1791 ク海国兵談

 

 

 

1793 救済和学講談所

 

 

 

1797 急な昌平坂学問所直轄

 

 

 

1800 突破

 

 

 

1804 威張れよレザノフ長崎へ

 

 

 

1808 言われは間宮林蔵樺太探査

 

 

 

1825 外国船入国させぬぞ打ち払え

 

 

 

1828 荷は禁制シーボルト事件

 

 

 

1833 散々天保の飢饉

 

 

 

1837 人は皆平八郎に共感し

 

 

 

1839 引き裂く蛮社の獄

 

 

 

1841 容易でない天保の改革

 

 

 

1842 承認天保の薪水給与令

 

 

 

1843 人材人返しの法

 

上知令よさない忠邦失脚

 

 

 

1846 しろ開国 ビッドル浦賀へ

 

 

 

1853 開国のゴーサインが欲しいペリーさん

 

 

 

1854 開国の御用は下田箱館へ 日米和親条約

 

 

 

1858 欧米がいと結ぶ不平等 日米修好通商条約

 

 

 

1860 浪士群れなす桜田門

 

 

 

1862 無に坂下門外の変

 

無二の和宮

 

麦に事件

 

 

 

1863 無残薩英戦争、八月十八日の政変

 

 

 

1864 無視できぬ禁門の変、第一次長州征討

 

 

 

1865 向こう第二次長州征討

 

 

 

1866 人はむむっけんかの薩長同盟す

 

 

 

1867 むなしくも大政奉還江戸終わる

 

 

 

1868 狼狽戊辰戦争

 

狼狽の世論に示す五箇条の誓文

 

 

 

1869 版籍奉還向く政府

 

箱館五稜郭出向く

 

 

 

1871 藩はない廃藩置県

 

差別ない日清修好条規

 

 

 

1872 いやなに田畑永代売買の解禁

 

なに? 国立銀行条例

 

 

 

1873 徴兵令、地租改正はもの

 

 

 

1874 板垣の民撰議院のイー話

 

悲しい佐賀の乱

 

なし崩し台湾出兵

 

 

 

1875 なごめ元老院、大審院、立憲政体樹立の詔

 

ロシアとの仲人樺太千島交換条約

 

 

 

1876 学ぶ不平等日朝修好条規

 

難路、廃刀令、秩禄処分

 

神風連、秋月、萩並ぶ

 

 

 

1877 士族き西南戦争

 

か立志社

 

 

 

1878 縄張り地方三新法

 

 

 

1879 琉球藩なくして併合沖縄県

 

 

 

1880 晴れ晴れ国会期成同盟

 

暴れるな集会条例

 

 

 

1881 除明治十四年の政変

 

はい、国会開設の勅諭

 

自由党

 

ハイ、松方財政

 

 

 

1882 野に立憲改進党

 

パニック壬申軍乱

 

やー日

 

 

 

1884 柱華族令

 

野心秩父事件

 

る甲申事変

 

 

 

1885 ぶ天津条約

 

反抗大阪事件

 

万国に内閣制度で挑みます

 

 

 

1887 華大同団結運動、三大事件建白

 

やな保安条例

 

 

 

1888 パチパチ市制、町村制

 

やはり枢密院

 

 

 

1889 束の大日本帝国憲法

 

害大隈外相遭難

 

 

 

1890 グレードアップ、府県制、郡制、帝国議会

 

 

 

1891 暗い、大津事件、足尾鉱毒事件

 

 

 

1894 苦心して領事裁判権撤廃 日英通商航海条約

 

朝鮮で軍事ぶつかる日清戦争

 

 

 

1895 救国下関条約

 

苦行、三国干渉

 

 

 

1897 苦難金本位制、労働組合期成会

 

 

 

1899 改正条約実施ググッ

 

 

 

〇文化

 

 

 

1811 いい蛮書和解

 

 

 

1814 意地、南総里見八犬伝

 

 

 

1821 深い、大日本沿海與地全図

 

 

 

1838 さわやか中山みき、天理教

 

 

 

1842 いや世に出せぬ人情本

 

 

 

1856 語録、蕃書調所

 

 

 

1858 怖くない種痘館

 

請われる諭吉の私塾(68慶応義塾)

 

 

 

1865 向こう大浦天主堂

 

 

 

1868 無理や、神仏分離令、廃仏毀釈

 

 

 

1870 なぜ、大教宣布

 

 

 

1871 内国、郵便開業、戸籍法

 

 

 

1872 何学ぶ学制

 

新橋、横浜、鉄道?

 

? 太陽暦

 

 

 

1873 禁教高札撤廃で並み

 

啓蒙の、明六社

 

 

 

1875 なごめ同志社

 

 

 

1876 なろー、札幌農学校

 

 

 

1877 なか、東京大学

 

 

 

1879 難句、教育令

 

 

 

1882 野に東京専門学校

 

 

 

1883 闇に光る鹿鳴館

 

 

 

1885 運べ、小説神髄

 

 

 

1886 やろー、学校令

 

 

 

1887 華、東京音楽学校、東京美術学校

 

 

 

1889 拍手、東海道線

 

 

 

1890 暮れ、教育勅語

 

 

 

1892 国の誇り北里柴三郎、伝染病研究所

 

 

 

1896 黒田清輝の白馬会

 

 

 

1898 加われ日本美術院

 

 

 


試し読みできます

自選記事

「天才村木の勉強道場」自選記事

http://tensaimuraki.hamazo.tv/c625692.html

 

「ユーモア、川柳、名言」自選記事

http://murakitatsuo1969.hamazo.tv/c613424.html

 

パブーで作った電子書籍

http://murakitatsuo1969.hamazo.tv/e3157216.html

 

私の人気記事ベスト10 

http://murakitatsuo1969.hamazo.tv/e5145078.html

 

学習

https://www.youtube.com/watch?v=Ejsen0BOrx8&list=PLH9A-9vP2YazqvRA8rUYkt-S20Rp5BiV7

 

 

高校歴史年号語呂合わせ

http://tensaimuraki.hamazo.tv/e7822824.html

 

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)

読者登録

村木多津男さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について