目次
第1章  パドルビー
page 1
page 2
page 3
page 4
第2章  動物語
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
第3章  またお金の問題
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
第4章  アフリカからの便り
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
第5章  大旅行
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
第6章  ポリネシアと王様
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
第7章  サルの橋
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
第8章  ライオン総長
page 1
page 2
page 3
page 4
第9章  サルの会議
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
第10章 この世でもっとも珍しい動物
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
第11章 キモメン王子
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
第12章 医学と魔法
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
第13章 赤い帆と青い翼
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
第14章 ネズミの警告
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
第15章 バーバリー・ドラゴン
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
第16章 ホーホーは耳のプロ
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
第17章 海の情報屋
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
第18章 におい
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
第19章 岩
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
第20章 小さな漁村
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
最終章  ふたたび、わが家へ
page 1
page 2
page 3

閉じる


<<最初から読む

128 / 137ページ

試し読みできます
第20章 小さな漁村

そっと、そおっと、先生は男を起こしました。

ところが、そのときまたもやマッチの火が消えました。

「ベン・アリ! おまえか!」

男は海賊がもどってきたのだと勘違いして、暗闇のなかで先生になぐりかかりました。

「ちがう、ちがう。ワシはジョン・ドリトルというものだ。あんたのおいっ子と一緒に助けにきたんだ」

「ええ!」

この男は、やはり、あの男の子のおじさんでした。
おじさんは、助けに来てくれたことをとてもよろこび、殴りかかったことをあやまりました。

「……ほんとに、すみませんでした」

「大丈夫だ、パンチはたいしてくらってない。暗かったのが幸いしたようだな。わっはっは!」

「では、かわりにこれをひとピンチ、どうぞ」

おじさんは、先生にかぎタバコをひとピンチ(ひとつまみ)渡しました。

試し読みできます
それからは、マッチをすって、また道をもどりました。
おじさんがいいます。

「ベン・アリって、知ってますか? バーバリー・ドラゴンとして有名な」

「ああ、すこしはね」

「海賊になるのを断ったら、この岩に置き去りにされたんですよ」

「ひどい話だ! ところで、どうしてこんな穴の中に?」

「この岩はむきだしで、すごく冷えるんです。夜なんか凍えてしまうんで、ここを住みかにするしかなかったんです」

「そうだったのか。だから、見つけにくかったんだ」

「もう、4日間、飲まず食わずでした。かぎタバコだけで生きてきたんですよ」

おじさんがそういうと、ジップは大きくシッポをふりました。

「ほらね! いったとおりでしょ?」

試し読みできます
やっと、お日様の下まででてきました。
先生は、おじさんにスープを飲ませようと、急いで船へまで連れていきました。

船に残っていたみんなや男の子は、先生とジップが赤い髪のおじさんといっしょにもどってくるのを見て、声をあげてよろこび、船の上で踊りだしました。

高いところにいたツバメは出せる中で一番甲高い声で鳴きました。
ツバメも、勇気のあるおじさんがみつかったので、うれしくて仕方がないのです。
しかし、それが何千も何百万もいるのです。
その音があまりにうるさかったので、遠くの海にいた船乗りは、ひどい嵐が近づいてきたのかと思い……

「聞くがよい、大風が東の方でうなりをあげておるわ!」

……なーんていう風にいったほどでした。

ところで、心の中で、ジップは大いばりでした。
でも、なるべくそれがばれないように、すごく気をつかっていました。

ところが、アヒルのダブダブが、

「ジップ。あなた、すごいじゃない!」

といってくれたとき、思わず、

「いや、別に!」

頭をくいっとあげて、

「イヌっていうのはこういうもんなんだよ。ま、トリには向いてないってことさ!」

試し読みできます
先生は、男の子のおじさんに家の場所を聞き、ツバメにまずはそこへいってくれと頼みました。

来てみると、そこは岩山のふもとにある小さな漁村でした。
おじさんが、自分の住む家を指さします。

イカリを下ろしていると、男の子のお母さんが海岸まで走ってきました。
泣くのと笑うのをいっしょにやっています。
このお母さんは、20日間丘に座って、おじさんと男の子が帰ってくるのをまって、海を見つづけていたのです。

先生はお母さんからのキスの嵐を受けました。
照れ笑いをして、顔をあからめているところはまるで女学生のようです。

ジップもキスされそうになり、走って逃げて、船の中に隠れました。

「キスなんか、ヤだよ! ごめんだ! したいなら、ブタにしてくれ」

試し読みできます
「すぐには出発せず、せめて2、3日は、いてください」

おじさんとお母さんから、そう頼まれたので、先生は土曜日と日曜日、それから月曜の午前中までは、いることにしました。

村中のこどもたちが、浜辺に集まってきました。
停泊している大きな船を指さして、みんなでワーワーいっています。

「すげー! 海賊船だぜ! 7つの海で一番恐い、ベン・アリの船だぜ!」

「あのヘンな帽子のおっさん。あのトレブリヤンのおばちゃんちに泊まってるおっさんが、バーバリー・ドラゴンの船をとったんだって! 海賊に、百姓になれっていったんだって。それってやばくね?」

「ぜんぜん、そんな風に見えねーよなあ。あんなに、たるいオヤジなのに!」

「おい! あれ見ろよ、あのでけー赤い帆! すげー極悪って感じしねー? 赤いと速い感じしねー? すげー!」


読者登録

麻野一哉さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について