目次
第1章  パドルビー
page 1
page 2
page 3
page 4
第2章  動物語
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
第3章  またお金の問題
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
第4章  アフリカからの便り
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
第5章  大旅行
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
第6章  ポリネシアと王様
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
第7章  サルの橋
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
第8章  ライオン総長
page 1
page 2
page 3
page 4
第9章  サルの会議
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
第10章 この世でもっとも珍しい動物
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
第11章 キモメン王子
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
第12章 医学と魔法
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
第13章 赤い帆と青い翼
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
第14章 ネズミの警告
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
第15章 バーバリー・ドラゴン
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
第16章 ホーホーは耳のプロ
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
第17章 海の情報屋
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
第18章 におい
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
第19章 岩
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
第20章 小さな漁村
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
最終章  ふたたび、わが家へ
page 1
page 2
page 3

閉じる


<<最初から読む

124 / 137ページ

試し読みできます
いまや、恐ろしいほどのスピードで、船は波間を駆け抜けていきます。
あまりに速いので、ぶつかってははかなわないと、海の魚が必死でとびのいています。

みんな、とても興奮していました。
みんなが見ているのは、ジップではなく、海のかなたです。
おじさんが飢えているという、その陸地が見えないか、目をこらしているのです。

しかし、何時間たっても、まだ船は走り続けていました。
海は、いつまでも海のままです。
どこにも陸地は見えません。

みんな、おしゃべりをやめ、静かにすわっています。
不安と失望が、しずかにおそってきます。
男の子の胸に、またもや、悲しみが広がっていきます。
ジップの顔にもあせりの色がうかびます。

試し読みできます
ついに夕方です。

まさに太陽が沈んでいる最中、マストのてっぺんにとまっていたフクロウのホーホーが、突然、素っ頓狂な叫び声をあげて、みんなをおどろかせました。

「ジップ! ジップ! おっきい、おっきい岩が目の前に見えるわ。ほらあそこ見て! 空と海のあいだ。お日さんの光が照り返して、金色に見える! においはあそこからするんちゃうか?」

「そう。そのとおり。あそこだ。ついに、ついに見つけた!」

近づいていくと、それは、とても巨大な岩でした。
そのへんの野原くらいの大きさがあります。木も草も……なにもありません。
なめらかな大きな岩で、カメの甲羅のようにつるっとしていました。

先生は船で岩のまわりを船でぐるりとまわりました。

しかし、どこにも人の姿はありません。
みんなは射るような目で必死に探しまわり、ドリトル先生は望遠鏡を船底から持ってきました。

しかし、生きているものはなにも……一羽のカモメも、一匹のヒトデも、いや、一片の海藻すらみつかりません。

じっとして耳をすませます。
耳をピンとたてて、物音をさぐります。

しかし、聞こえて来るのは、さざ波が船の脇腹をやさしく叩く音だけです。
今度は、呼声を上げ始めました。

「おーい! だれかー! おーい!」

のどが枯れるまで上げ続けました。しかし、ただやまびこが岩からもどってくるだけです。

試し読みできます
男の子は、わっと泣き出しました。

「やっぱりおじさんはいないんだ! 村に帰ったら、なんていおう!」

しかし、ジップはいいます。

「絶対、ここにいます。絶対! 絶対にです! においの元はここです。おじさんは絶対にここにいます。断言します! 船をもっと近づけて、ぼくを岩に飛び移らせてください」

先生は、できるだけ船を近づけて、イカリをおろしました。
ジップと一緒に船からでて、岩にあがります。

ジップは鼻を地面に近づけながら、岩の上をすべて走りまわります。

上がったり下りたり。
バックしたり前に行ったり。
ジグザグにくねったり、往復したり、ターンしたり。

ジップをおいかけて、先生もぜいぜいと息が切れてきました。

「ここだ!」

ついにジップが大きな吠え声をあげました。
先生がかけ上がってくると、ジップは、岩の真ん中にあいている大きな深い穴をのぞき込んでいました。

「あの子のおじさんは、この下です」

ジップは静かにいいました。

「あのバカなワシが見つけられないわけだ! これはイヌでないと無理だ!」

試し読みできます
先生とジップは穴の中にはいりました。
地下まで長く続く、洞窟かトンネルの一種のようです。

先生がマッチをすって暗い道を照らします。
ジップはそのうしろをついていきます。

マッチはすぐに消えてしまうので、先生は、何度も何度も何度もマッチをすりました。

ついに道が終わり、岩に囲まれた小さな部屋のようなところにでてきました。

その部屋の真ん中に、腕枕をした、真っ赤な髪の男が寝ころんでいました――なんと、ぐっすりと眠っています!

ジップはその男に近寄って、かたわらに置いてあるものをかぎました。

先生がつまみあげてみると、それは大量のかぎタバコでした。
『ブラックラピー』のかたまりだったのです!

試し読みできます
第20章 小さな漁村

そっと、そおっと、先生は男を起こしました。

ところが、そのときまたもやマッチの火が消えました。

「ベン・アリ! おまえか!」

男は海賊がもどってきたのだと勘違いして、暗闇のなかで先生になぐりかかりました。

「ちがう、ちがう。ワシはジョン・ドリトルというものだ。あんたのおいっ子と一緒に助けにきたんだ」

「ええ!」

この男は、やはり、あの男の子のおじさんでした。
おじさんは、助けに来てくれたことをとてもよろこび、殴りかかったことをあやまりました。

「……ほんとに、すみませんでした」

「大丈夫だ、パンチはたいしてくらってない。暗かったのが幸いしたようだな。わっはっは!」

「では、かわりにこれをひとピンチ、どうぞ」

おじさんは、先生にかぎタバコをひとピンチ(ひとつまみ)渡しました。


読者登録

麻野一哉さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について