目次
第1章  パドルビー
page 1
page 2
page 3
page 4
第2章  動物語
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
第3章  またお金の問題
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
第4章  アフリカからの便り
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
第5章  大旅行
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
第6章  ポリネシアと王様
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
第7章  サルの橋
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
第8章  ライオン総長
page 1
page 2
page 3
page 4
第9章  サルの会議
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
第10章 この世でもっとも珍しい動物
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
第11章 キモメン王子
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
第12章 医学と魔法
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
第13章 赤い帆と青い翼
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
第14章 ネズミの警告
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
第15章 バーバリー・ドラゴン
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
第16章 ホーホーは耳のプロ
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
第17章 海の情報屋
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
第18章 におい
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
第19章 岩
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
第20章 小さな漁村
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
最終章  ふたたび、わが家へ
page 1
page 2
page 3

閉じる


<<最初から読む

122 / 137ページ

試し読みできます
風が西風に変わるのに、3日かかりました。
それは金曜日の朝早く、ちょうど明るくなってきたころです。

いい感じの雨っぽいモヤが、うすい霧のように海上をただよっていました。
風はやわらかく、あたたかく、しめっていました。

ジップは目をさますと、甲板まで走って上がって、風の中に鼻を突き出しました。
そして、狂ったように興奮して、先生を起こしに階段をかけ下りました。

「先生! やりました! 先生! 先生! 起きてください! 聞いてください! やったんです! 西風です。かぎタバコのにおいしかしません。上に来て、船を走らせてください――すぐに!」

「わかった!」

先生はベッドから転がり落ちると、舵をとるために船のうしろにある操縦室まで走ります。
一緒に走りながらジップがいいます。

「ぼくは船のへさきにいます。先生は、ぼくの鼻を見ててください。ぼくの鼻の方向に船を向けるんです。あの子のおじさんは、そんなにとおくないはずです。においがとても強いんです。それに風もちょうどいい感じにしめっています。さあ、ぼくを見ててください!」

試し読みできます
午前中、ずっとジップは船のへさきに立ち、風のにおいをかいで、先生に舵の方向を示しつづけていました。
そのあいだ、ほかのなかまや男の子は、どうなることかと目を丸くしてジップを見守っていました。

昼ごはんの頃、ジップはアヒルのダブダブに頼みました。

「やばい。ちょっと先生呼んできて」

「ちょっと待ってて」

ダブダブが先生を船の後ろの操縦室からつれてきました。

「どうした!」

「あの子のおじさんは、飢え死にスレスレです。すぐに行かないとまずいです」

「どうして飢えてるってわかるんだ?」

「風のなかに、かぎタバコのにおいしかないんです。もし、なんか作ったり、食べてたりしてたら、そのにおいもするはずです。でも、新鮮な水すら口にしてません。あるのはかぎタバコだけ――わしづかみにして、かいでます。どんどん近づいてます。においがどんどん強くなってます。でも、とにかくいそいでください。飢え死にギリギリなのは確かです」

「わかった。ダブダブや。ツバメに船を引っ張るよう頼んでくれ。海賊に追いかけられたときのアレだ」

勇敢なちいさき鳥、ツバメがたくさん空から下りてきました。
またもや、自分たちの体と船を結びました。

試し読みできます
いまや、恐ろしいほどのスピードで、船は波間を駆け抜けていきます。
あまりに速いので、ぶつかってははかなわないと、海の魚が必死でとびのいています。

みんな、とても興奮していました。
みんなが見ているのは、ジップではなく、海のかなたです。
おじさんが飢えているという、その陸地が見えないか、目をこらしているのです。

しかし、何時間たっても、まだ船は走り続けていました。
海は、いつまでも海のままです。
どこにも陸地は見えません。

みんな、おしゃべりをやめ、静かにすわっています。
不安と失望が、しずかにおそってきます。
男の子の胸に、またもや、悲しみが広がっていきます。
ジップの顔にもあせりの色がうかびます。

試し読みできます
ついに夕方です。

まさに太陽が沈んでいる最中、マストのてっぺんにとまっていたフクロウのホーホーが、突然、素っ頓狂な叫び声をあげて、みんなをおどろかせました。

「ジップ! ジップ! おっきい、おっきい岩が目の前に見えるわ。ほらあそこ見て! 空と海のあいだ。お日さんの光が照り返して、金色に見える! においはあそこからするんちゃうか?」

「そう。そのとおり。あそこだ。ついに、ついに見つけた!」

近づいていくと、それは、とても巨大な岩でした。
そのへんの野原くらいの大きさがあります。木も草も……なにもありません。
なめらかな大きな岩で、カメの甲羅のようにつるっとしていました。

先生は船で岩のまわりを船でぐるりとまわりました。

しかし、どこにも人の姿はありません。
みんなは射るような目で必死に探しまわり、ドリトル先生は望遠鏡を船底から持ってきました。

しかし、生きているものはなにも……一羽のカモメも、一匹のヒトデも、いや、一片の海藻すらみつかりません。

じっとして耳をすませます。
耳をピンとたてて、物音をさぐります。

しかし、聞こえて来るのは、さざ波が船の脇腹をやさしく叩く音だけです。
今度は、呼声を上げ始めました。

「おーい! だれかー! おーい!」

のどが枯れるまで上げ続けました。しかし、ただやまびこが岩からもどってくるだけです。

試し読みできます
男の子は、わっと泣き出しました。

「やっぱりおじさんはいないんだ! 村に帰ったら、なんていおう!」

しかし、ジップはいいます。

「絶対、ここにいます。絶対! 絶対にです! においの元はここです。おじさんは絶対にここにいます。断言します! 船をもっと近づけて、ぼくを岩に飛び移らせてください」

先生は、できるだけ船を近づけて、イカリをおろしました。
ジップと一緒に船からでて、岩にあがります。

ジップは鼻を地面に近づけながら、岩の上をすべて走りまわります。

上がったり下りたり。
バックしたり前に行ったり。
ジグザグにくねったり、往復したり、ターンしたり。

ジップをおいかけて、先生もぜいぜいと息が切れてきました。

「ここだ!」

ついにジップが大きな吠え声をあげました。
先生がかけ上がってくると、ジップは、岩の真ん中にあいている大きな深い穴をのぞき込んでいました。

「あの子のおじさんは、この下です」

ジップは静かにいいました。

「あのバカなワシが見つけられないわけだ! これはイヌでないと無理だ!」


読者登録

麻野一哉さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について