目次
第1章  パドルビー
page 1
page 2
page 3
page 4
第2章  動物語
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
第3章  またお金の問題
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
第4章  アフリカからの便り
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
第5章  大旅行
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
第6章  ポリネシアと王様
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
第7章  サルの橋
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
第8章  ライオン総長
page 1
page 2
page 3
page 4
第9章  サルの会議
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
第10章 この世でもっとも珍しい動物
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
第11章 キモメン王子
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
第12章 医学と魔法
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
第13章 赤い帆と青い翼
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
第14章 ネズミの警告
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
第15章 バーバリー・ドラゴン
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
第16章 ホーホーは耳のプロ
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
第17章 海の情報屋
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
第18章 におい
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
第19章 岩
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
第20章 小さな漁村
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
最終章  ふたたび、わが家へ
page 1
page 2
page 3

閉じる


<<最初から読む

45 / 137ページ

試し読みできます
夜は、ヤシの葉でテントを作り、分厚く、やわらかい干し草を敷いて寝ます。

そうこうしているうちに、みんな、たくさん歩くのにもなれてきて、あまり疲れないようになってきました。
すると、旅は、たいへん楽しいものになってきました。

夜になると、歩くのをやめて休みます。
これがまた楽しみです。
木の枝を集めてたき火をおこし、晩ご飯です。
みんな、輪になって座り、ポリネシアの海の歌や、チーチーのジャングルの話をききます。

なかでも、チーチーのかたる物語にはおもしろいものがたくさんありました。

ドリトル先生が書きのこすようになるまで、サルは自分たちの歴史の本というものを持っていませんでした。
こどもに聞かせるためには、全部おぼえていたのです。

チーチーは、おばあさんから聞いたという物語を、たくさんかたってくれました。

昔、昔、昔、とても昔、ノアの洪水よりもっと昔、人間が毛皮を着て、岩の洞穴に住み、まだ火も知らず、料理もせずにヒツジの生肉を食べていた頃の物語。
かつて、巨大マンモスや、電車ほどの長さの恐竜が山々をうねり歩き、木々のこずえをかじっていたころの物語。
そんな物語に、みんなが夢中になりました。

あんまりおもしろかったので、気がつくと、たき火の火が消えていて、あわてて新しいたき木を探しにいくことすらありました。

試し読みできます
さて、宮殿に戻った王の兵隊が、

「先生を見つけられませんでした」

と報告したところ、王は、

「つかまえるまで、帰ってくるな!」

といって、追い出してしまいました。

つまり、サルの国へ向かう先生とみんなは、もう安全だと思い込んでいたのですが、実はまだ、兵隊たちに追いかけられていたのです。

チーチーがこのことを知っていたら、またみんなを隠したことでしょう。
しかし、チーチーはもちろん知りません。

ある日、チーチーは高い岩にのぼり、上からジャングルを見わたしました。

「サルの国はすぐそこです。もうまもなく到着です」

そのとおりでした。

夕方には、チーチーのいとこや他のたくさんのサルと会うことができました。
まだ病気にかかってないサルが、沼のほとりの木々にとまって、先生のことを待っていたのです。

「キャッ、キャッ、キャッ、キャッ! キーキーキーキー」

有名な先生が本当にきてくれたとわかって、おおぜいのサルが、手をたたいたり、葉っぱをゆらしたり、枝をふったり、とんでもない大さわぎになりました。

サルは、先生の持ち物ならカバンでもトランクでも何でも持ちたがります。
大ザルが、まいどのごとく、ぐったりしているブウブウを運んでくれました。
2匹のサルが、病気の仲間に先生の到着を知らせるため、先に走って行きました。

試し読みできます
さて、王の家来どもは、なおも先生のことを追っています。
その耳に、サルのさわぐ声が飛び込んできました。

「なんだ? ――あ!」

ついに先生の居場所をつきとめました。

「いたぞ! あの医学なんとかがいたぞ!」

急いで、つかまえに来ます。

ブウブウをかついでる大ザルは、少しおくれて歩いてましたが、捜索隊の隊長がそっと近づいてくるのに気づいて、あわてて先生に知らせました。

「いかん! 逃げるんだ!」

みんなは、今までこれほど必死に走ったことはないというほど、走りました。

「まてー!」

おいかけている方も走り出しました。
中でも隊長は、死にものぐるいで走っています。

試し読みできます
「うわっ!」

先生は薬カバンに足をひっかけてしまい、泥のなかに転んでしまいました。

「よし、捕まえた!」

隊長はそう思いました。

しかし、この隊長の耳は、異常に長かったのです。
髪は短かったんですが。
そのため、先生を捕まえようと突進したとき、耳が木の枝に引っかかってしまいました。

あとから来た兵隊も、隊長を助けるために止まることになってしまいました。

「よし、今のうちだ!」

そのあいだに、先生は立ち上がって逃げることができました。

走って走って走りました。

チーチーが叫びました。

「やった! あとすこしです!」

試し読みできます
しかし、サルの国にはいる手前で、地面が終わっていました。
そこは崖になっていて、下には川が流れています。

ここが、ジョリンギンキ王国のはずれなのです。
そして、川の向こう側が、サルの国です。

イヌのジップが見下ろすと、断崖絶壁です。

「うぎゃー。どうやって渡ればいいんだ?」

「うわー! 王様の家来が、もうそこまで来てる。見て見て! また牢屋にいれられちゃうよー」

ブウブウがまたブヒブヒ泣き出しました。

ブウブウをかついでいた大ザルが、ブウブウを地面におろし、他のサルに向かって叫びました。

「みんな! 橋だ! 速く! 橋を作れ! 時間がない。隊長の耳がはずれた。カモシカみたいにすっ飛んでくるぞ。元気出して! 橋だ! 橋だ!」

先生は驚きました。
何を使って橋を作るのか、見当もつかなかったからです。

「どこかに板でも隠してあるのか?」

まわりをさがしました。

しかし、先生が次に崖の方にふり返ったとき、すでにもう橋はかかっていました。
生きたサルの橋です。
先生がキョロキョロしている間に、サルは、目にもとまらぬ速さで手をつないで、自分たちの体をつかって橋をかけたのです。


読者登録

麻野一哉さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について