目次
第1章  パドルビー
page 1
page 2
page 3
page 4
第2章  動物語
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
第3章  またお金の問題
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
第4章  アフリカからの便り
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
第5章  大旅行
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
第6章  ポリネシアと王様
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
第7章  サルの橋
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
第8章  ライオン総長
page 1
page 2
page 3
page 4
第9章  サルの会議
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
第10章 この世でもっとも珍しい動物
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
第11章 キモメン王子
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
第12章 医学と魔法
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
第13章 赤い帆と青い翼
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
第14章 ネズミの警告
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
第15章 バーバリー・ドラゴン
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
第16章 ホーホーは耳のプロ
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
第17章 海の情報屋
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
第18章 におい
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
第19章 岩
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
第20章 小さな漁村
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
最終章  ふたたび、わが家へ
page 1
page 2
page 3

閉じる


<<最初から読む

16 / 137ページ

試し読みできます
第3章 またお金の問題

そうこうしているうちに、先生はまたもや金持ちになりました。
妹のサラも新しい服が買えて満足そうです。

患者の中には、病気が重くて1週間ほど入院していく動物もいます。
そういった患者は、よくなってくると、庭の芝生のイスにいついたりして、治ってもなかなか帰りたがりません。
先生やこの家が、とても気にいってしまったのです。
先生もお人よしなので、いさせてほしいと頼まれると断り切れません。

そんなこんなで、動物の数はますますふえていきました。

試し読みできます
ある日、こんなことがありました。

夕方、先生が庭のフェンスに腰掛けて、パイプをふかしていた時のことです。
イタリア人のオルガン弾きが、サルをヒモで引っ張りながらやってきたのです。
先生はそのサルを一目見て、首輪がきつすぎるのと、汚れていて、つらそうにしているのがわかりました。

先生はサルの首輪をはずすと、イタリア人に1万円札をつきつけて、いいました。

「どっか行け!」

イタリア人はカンカンに怒りました。

「これはオレのサルだ」

しかし、先生はいい返しました。

「行かないなら、その鼻にパンチだ! へし折ってやる!」

先生は背は高くないけれど、力は強いのです。

イタリア人は文句をいいながら去っていきました。
サルは、居心地のいいドリトル先生の家に住むことになりました。

ほかの動物は、このサルのことを「チーチー」と名づけました。
これは、サル語で、「赤毛」とか「元気」とか「しょうが」というような意味の、ありふれたことばです。

試し読みできます
またある日、こんなこともありました。

パドルビーにサーカスがやってきたときのことです。
サーカスに、クロコダイルという種類のワニがいたのですが、このワニがひどい虫歯になり、夜中に抜け出して先生の庭にやってきたのです。
先生はクロコダイルのことばでワニと話すと、家にいれてやり、虫歯を治してあげました。

ところが、このワニは先生の家のすばらしさに気づいてしまったのです。
先生の家には、どんな動物にとっても、居心地のいい場所というのがちゃんとあるのです。

ワニは自分もこの家に住みたくなったので、「魚を食べたりしないから、庭の池にいさせてください」と、たのみました。

サーカスの人たちが連れ戻しに来ましたが、あまりにも暴れ狂うので、おそれをなして帰ってしまいました。
でも、家のみんなに対しては、とてもきちんと紳士的にふるまいます。

しかし、ペットのイヌを連れてくるおばあさん連中は、ワニが怖くてたまりません。
お百姓も、連れてきたヒツジや子ウシが、ワニに食べられてしまうと思いこんでいます。

しょうがないので、先生はワニにいいました。

「すまんが、サーカスにもどってはくれんか?」

すると、ワニは大粒の涙を流します。

「どうかここにいさせてください」

そういって、強く強くお願いするのです。

こうなると、先生も帰すわけにはいきません。

試し読みできます
妹のサラが先生にいいます。

「兄さん。あの生き物、送り返してよ。でないと、お百姓もおばあさんも、こわがって全然、来ないじゃない。せっかくうまくいきかけてたのに! このままじゃ、破滅への道まっしぐらだわ。これがラストチャンスなのよ。あのアリゲーター追い出してくれなきゃ、私もう、兄さんの身のまわりの世話しないから!」

「あれはアリゲーターではない。クロコダイルだ」

「そんなこと、どうだっていいわよ! あのいやらしいのが、ベッドの下とかにいるのよ。あんなのが家にいるなんて耐えられない」

「しかし、あいつは約束したよ。だれもかみませんって。あいつはサーカスがイヤなんだ。かといって、ふるさとのアフリカに送るほどの金もない。自分のことは自分でするし、全体として、かなり行儀もいい。そんなに神経質になるなよ」

「私は、あんなのがまわりをウロウロしてるのがイヤだっていってるの。あいつ、床のリノリウム食うのよ! もし、いますぐにあいつを追い出さないなら、私、私、家出るわ! 結婚してやる!」

「いいじゃないか。そうしなさい。それもありだ」

先生はそういうと、帽子をとって庭へ出て行きました。

サラは、荷物をまとめて出て行きました。
先生は、とうとうひとりぼっちで動物に囲まれて暮らすことになったのです。

試し読みできます
先生は、あっというまに貧乏になりました。
それも、いまだかつてなく。

どの動物にもエサが必要です。
家の修理もしないといけません。
やぶれた服をぬってくれる人はいません。
肉屋にはらう金はありません。
金のはいるメドもありません。
大変なことになりました。

しかし、先生はまったくもって平気でした。

「金なんて、めんどうなだけだ」

先生はいつもそういいます。

「あんなもの発明しなけりゃよかったんだ。金がどうしたっていうんだ? 楽しけりゃ、それでいいじゃないか」


読者登録

麻野一哉さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について