目次
第1章  パドルビー
page 1
page 2
page 3
page 4
第2章  動物語
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
第3章  またお金の問題
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
第4章  アフリカからの便り
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
第5章  大旅行
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
第6章  ポリネシアと王様
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
第7章  サルの橋
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
第8章  ライオン総長
page 1
page 2
page 3
page 4
第9章  サルの会議
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
第10章 この世でもっとも珍しい動物
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
第11章 キモメン王子
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
第12章 医学と魔法
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
第13章 赤い帆と青い翼
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
第14章 ネズミの警告
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
第15章 バーバリー・ドラゴン
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
第16章 ホーホーは耳のプロ
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
第17章 海の情報屋
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
第18章 におい
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
第19章 岩
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
第20章 小さな漁村
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
最終章  ふたたび、わが家へ
page 1
page 2
page 3

閉じる


<<最初から読む

11 / 137ページ

試し読みできます
しかし、ウマの話は終わりません。

「セーンセ、聞いてくださいな、困ってるんですのよ。人間っていうのは、だれでも獣医になれると思ってるのかしら。あたくしたちにしたら、迷惑な話なんですのよ。ホントは人間の名医になるより、動物の名医になるほうが、よっぽど頭がよくなくっちゃいけないっていうのに。うちのですね。ご主人の息子っていうのがですね。ウマのことは何でもわかってる、つ・も・り、なんですの。先生に一度お見せしたいわ。すっごいデブで、目が肉にうもれてるんです。脳みそが小っさくて、ジャガイモにつく虫くらいしかないんですのよ。先週なんか、あたくしの体にカラシの湿布を貼ろうとするんで……」

「どこに?」

「どこにも貼らせませんよ! 貼ろうとするんで、けっとばしてやったんです。アヒルの池にけり落としてやりました!」

「やるねえ」

「ほんとはおしとやかなんですよ、あたくし。いつもは耐え忍んでおります。静かにしているんですのよ。でも、獣医にまちがった薬を出されるのだけでも限界なのに、あの赤ら顔のマヌケ息子にまでそんなことされるなんて、ああもう、キレルー!」

「その息子とやらにケガは?」

「たいしたことありませんのよ! 上手にけりましかたら。今じゃ、その獣医がマヌケ息子の看病してるんですの、アハハハハ! ところで、あたしのメガネはいつ、できまして?」

「来週にはできるだろう。木曜日にまたおいで。では、お大事に」

試し読みできます
後日、ドリトル先生が大きなグリーンのメガネをウマにあげると、ウマの目は、また前のように見えるようになりました。

のちに、パドルビー周辺では、メガネをかけた動物がいるのが当たり前の風景となりました。
目の悪いウマというものがいなくなったのです。

そんなこともあって、たくさんの動物が先生のところに連れてこられるようになりました。
ことばが通じると、どこがどう痛いか説明できるので、すぐに治るのです。

動物は家にもどると、兄弟や友達にこういいます。
「大きな庭の小さな家のあの先生は、ホンモノのお医者様だよ」と。

試し読みできます
やがて、ウマやウシやイヌだけでなく、野原にいるもっと小さな動物、たとえば、野ネズミ、水ハタネズミ、アナグマ、コウモリといった動物たちも、病気になると、すぐに町はずれの先生の家にやってくるようになりました。

おかげで、先生の家の広い庭は、いつでも動物の患者であふれかえっています。

あまりにその数が多いので、動物の種類ごとに、専用のドアをつくることになりました。
表のドアは「ウマ」、横のドアは「ウシ」、台所のドアは「ヒツジ」と看板を掲げました。
動物は、それぞれみんな専用のドアから出入りするのです。
ネズミでさえ、地下室から入れるちいさなトンネルが用意されました。
みんな、そこに列を作って、辛抱強く、先生が回ってくるのを待つのです。

それから数年のうちに、ジョン・ドリトル医学博士の名は、あたりに住むすべての動物に知れ渡りました。
冬になると、渡り鳥が飛んで行ったよその国で、パドルビーにはとてもすばらしいお医者さんがいると伝えます。

「そのお医者さんは動物のことばが話せて、困ったことがあったら助けてくれるんだって」

このようにして、先生は世界中の動物のあいだで有名になりました。
先生の住んでいるウエストカントリーの田舎でよりも、むしろ外国での評判の方が高いのです。
先生はとてもうれしくて、最高の毎日を送っていました。

試し読みできます
ある日の午後、ドリトル先生は熱心に書き物をしていました。

ポリネシアはいつものように窓にとまって、庭でゆれている木の葉をながめていましたが、いきなり大きな声で笑い出しました。

「どうしたね。ポリネシア」

先生は書き物の手をとめました。

「ちょっと考えてたんです」

ポリネシアはそういうと、また木の葉に目をやりました。

「なにを?」

「人間のことです。なんだかねえ……。人間は自分のことを一番えらいと思ってますよね? 全然、動物のことばをおぼえないくせに。何千年たっても、わかるのは、『犬がシッポををふってるときは喜んでる』だけなのに。バカバカしい!」

試し読みできます
「やっと先生が最初ですよ、私たちみたいに話せる人間は。あー、腹が立つ。なにが、『モノいわぬ動物たち』だ! お前の方こそモノいうな、だ。ふん!」

それからポリネシアはしばらくだまっていましたが、またゆっくりと話しはじめました。

「……知り合いに、7種類もの方法で、『おはよう!』がいえるインコがいるんです。それも口を使わずに。世界じゅうのすべての国の言葉も話せるんです。ギリシャ語も話せます。あるとき、どこかの年とった、えらそうな大学教授がこのインコを飼おうとしたんです。でも、長くは続きませんでした。インコからききました。その教授、まちがったギリシャ語を教えてたんですって。見てらんなかったって。……あのインコ、どうしたかなあ。ときどき思い出します。地理だって、だれよりもくわしかったんですよ。ああ、もしも。もしも人間が空の飛び方を覚えでもしたら、スズメくらいの飛び方でも、いばりちらすんでしょうね!」

「お前さんはかしこい鳥だ。いったい何歳になったかな? オウムと象の中には、そりゃもう、とても長生きするのがいるというが」

「正確なところはおぼえてません。182歳か183歳かのどっちかです。最初にアフリカからイギリスに来たとき、のちに王様になるチャールズ王子が、まだカシの木でカクレンボをしてました。たまたま見たんですけど、とても怖がりのようでした」


読者登録

麻野一哉さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について