閉じる


台湾民話~台湾の始まり

 過日図書館で台湾民話を紹介した絵本を見つけました。民話を語っているのは

 チュ・ママこと邱月秀さんで新潟県の上越市に住んでいる方です。

邱さんは台湾の高雄出身で日本人と国際結婚し2人の娘さんがいます。

 邱さんはきっと日本で生まれた娘さんたちに民話を語ったのでしょうね。

 

この本は伝えられた台湾民話を邱さんの語り口そのままに音読してもらい

読み手の声で聞こえの民話にするのが本書の意図するところなんだそうです。

 

今回紹介する「蓬莱仙島~台湾のはじまり」は本書の冒頭にあり、この物語は

大正12年出版「生蕃伝説集」で知られるもので、漂流と鯨に乗る男のモチーフが

台湾発見の物語に組み立てられているのです。

どうか皆さんも声を出して読んでお子さんに聞いてもらうと喜んでもらえるんじゃない

でしょうか。

 

 

 

 

 

 

●蓬莱仙島(ほうらいせんとう)―台湾のはじまり

 従前。従前。むかし、むかし。

 少年が川で、つりをしていました。ところが、川に落ちで、

 海まで流されてしまいました。

海をただよっていると、大きなものがちかづいてきました。

 それは鯨でした。鯨が尋ねました。

 

「どうしたのですか」

 「釣りをしているうちに。流されてしまいました。助けてください」

 「私の背中におのりなさい。」

 鯨は少年を助けると。背中に乗せて泳ぎだしました。

 そして、何日も何日もすぎました。少年は頼みました。

 「鯨さん、私は早く家に帰りたい。島を見つけてね」

 「でも私は泳いでいるだけですから」

 少年は鯨の背中で、毎日毎日、島影を探しました。

 ある日、ぼんやりと島影が見えました。

 

「鯨さん、島が見えた。島だ!」

 鯨は少年を背に乗せて、その島に近づきました。

 島には、バナナや椰子、パイナップルの葉がしばっていました。

 鯨に見送られて、少年は島に上陸しました。

 それは見たこともない、小さな島でした。

 太陽は照り輝き、たくさんの小鳥の声がします。

 「なんと美しい、話に聞いた『蓬莱仙島』にちがいない。」

 少年は美しいこの島で暮らすことにしました。

 

小屋を作り、その周りを耕して畑を作りました。

小鳥が飛んできて糞をしました。

 胡瓜(きゅうり)や西瓜(スイカ)などが、芽を出して育ちました。

 小鳥は、ほかにも種を落として行きました。

 畑には、いろいろな野菜ができました。

 

 島の山のほうには、むかしから住んでいる人々がいました。

 みんなは少年の畑を見てびっくりしました。

 山の人々は、狩りをしてくらしていたので、畑を作ることなど知りません。

 畑に植えてある野菜にも、びっくりしました。

 「今まで、こんなおいしいものは食べたことがない。」

 山の人々は少年にたのみました。

 「どうか野菜の作り方を教えてください」

 少年は山の人々に、畑の作り方を教えました。

 

「これが、豊な実りの島、美しい仙島、今の台湾ですよ」

 台湾の人々は今もこのように伝えています。

 完了。めでたし、めでたし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


台湾の人に守られて生き続ける狛犬たち

 

箕面市  市来訓子

 

 

 

はじめに

 

私が台湾を初めて訪問したのは、200012月末のことでした。旅行会社のツアーを利用しましたが、そのとき高雄の壽山公園を案内してくれた台湾人のガイドさんの「これは獅子じゃなくて日本の狛犬さんですよ、とても立派ですね」という解説に衝撃を受けました。確かに壽山公園は嘗て日本統治時代に高雄神社が鎮座していた場所で、現在本殿跡には忠烈祠が建てられています。しかし、まさか狛犬が神社跡に今も無事に生きているとは夢にも思いませんでした。

 

帰国後、早速「台湾の狛犬」について調べ始めましたが、今のようにネットで検索すると情報が簡単に手に入るような状況ではなく、少しずつ手がかりを探すしかありませんでした。

 

そんな中、台中神社の狛犬の存在を教えていただき、また台湾在住で台湾の日本統治時代に関する著書を数多く出版されている片倉佳史さんから、様々な狛犬の話と合わせ、戦後の混乱期に狛犬を守るために穴を掘って埋め隠し、混乱が終わってから掘り出してまた設置したものまであるという話を聞いて、台湾の人たちがあたたかい気持ちで狛犬たちに接して下さっていたことに感動を覚え、大変胸が熱くなりました。

 

壊されることなく残されている狛犬は他にもいるのだろうか、実際に狛犬に会いたい。気持ちの高まりを抑えられず、皆さんからの情報をもとに、狛犬を訪ね歩く旅が始まりました。

 

足を運び始めて数年、私は友人知人とのご縁で出会った、当時皇学館大学理事長を務められていた狛犬研究の大家、上杉千郷先生に、台湾には日本統治時代の神社の狛犬が数多く残っており、中には意図的に保存されている物もある事をお話しました。すると先生はたいそう驚かれ、ぜひ台湾を訪問して実物を見てみたいと強く希望されたのでした。

 

そこで、方々の関係者に打診し計画を立て、2007年秋、とうとう上杉先生と台湾の狛犬たちが対面する旅を実現することができました。

 

その時先生はよく「狛犬にはいのちがありますよ」とおっしゃっていましたが、先生はきっと旅を通して、台湾の狛犬たちの喜びにあふれた息吹を感じ取られたのでしょう。

 

 その後も短い休暇を取りながら、新たに見つかった狛犬や、最初に訪問した時と状況が変わって幸せになった狛犬などを現在もこつこつと訪ね歩いています。

 

本来の使命を失うも、台湾の狛犬は全て打ち壊されてしまったのではなく、中にはその地で暮らす人々に救われたり、更には大切に保存されたものもあります。

 

その中から一例をご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

北投社の狛犬

 

 

 

台北市内の有名な温泉地である新北投に、北投社がありました。場所は逸仙國小のすぐ近くで、狛犬は現在、その小学校の敷地内にあります。

 

片倉佳史さんによると、神社が取り壊される直前、こっそり学校の職員の皆さんが夜陰に乗じて敷地内へ運び込み、土中に埋めて隠したとのことで、早速訪問しました。

 

2004年1月には、狛犬は青く塗られていました。吽は、校舎へ入る階段の脇に台座と共に据えられており、比較的きれいに残されていましたが、阿は向かいの植え込みに無造作に置かれているうえ、耳が一部欠損し、尾は途中からぽきりと折れてしまった状態でした。気の毒なことに口の中には平べったく大きな石が押し込まれていました。苦しかろうと思いましたが、手を入れても取り出すことはできませんでした。

 

その後、2006年夏、神社の狛犬であり、歴史的価値のあるものだからとの理由で、狛犬は植え込みから、学校の正面に移設されました。2007年5月に漸くその姿を目にすることができましたが、立派な姿になっていたものの、阿の尾は折れたままで、口の中の石も取り出されないままで、そこが何とも心残りでした。

 

さらに数年経った2014年のある日、台湾の狛犬仲間から衝撃のメールが送られてきました。「北投社の狛犬の尾がえらいことになっている、とんでもないひどい目に遭わされている」とあり、あわててリンク先を開いた途端、「何てことを!」と叫んでしまいました。阿の尾が途中から折れてなくなっていたところに、本来の形とは似ても似つかぬ玉ねぎのような形の尾が付け足されてしまっています。一体なぜこんなことになってしまったのかと呆然としてしまいました。台湾の狛犬仲間は、何らかの行動を起こしたいと、連絡を取り合っていたようです。熱い心を抱いた仲間たちの活動が実を結んだのか、この事件はテレビやネットのニュースで取り上げられました。

 

その後同年10月に訪台する機会を得たので、現場を訪問したところ、台座の上に狛犬の姿はなく、修理中である旨記された紙が貼りつけてありました。ほどなくして、無事に修理が済んだという話を人づてに聞き、翌2015年1月、狛犬のもとを訪れました。

 

阿の折れた尾は吽と同じ尖った姿になっており、そしてさらに嬉しいことに、口の中の石が取り除かれていたのです。双方とも青色のペンキが塗られていたその色もほぼ全て落とされ、本来の姿を取り戻した狛犬は胸を張り、以前よりずっと晴れやかな表情を見せていました。吽の横には狛犬としての立派な説明プレートが設置されており、これからもずっと、歴史を伝えるとともに、子供たちを護るという任務を背負って頑張ってゆけるだろうと、心から嬉しく思いました。

 

 

 

(補足)阿吽(あうん)

 

仏教の呪文の一つ。

 

阿は口を開いて最初に出す音、吽は口を閉じて出す最後の音であり、そこから、それぞれ宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされた。

 

また、対となる物を表す用語としても使用された。特に狛犬や仁王など一対で存在する宗教的な像のモチーフとされた。口が開いている方を阿形(あぎょう)、閉じている方を吽形(うんぎょう)と言う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


師恩永垂

以前、新社にある山岡先生の記念碑について記しましたが、日本統治時代下にあって殉職された先生方は芝山巌の六氏先生に始まって意外といるのではないかと思っていた所、台中の隣の彰化県にも浅井先生という方が殉職されていました。それで、知人でもある台湾教育史遺構調査をしている玉川大学の教育博物館元学芸員の白柳弘幸先生が浅井先生のことを調べたレポートがあると言うので送っていただきました。今日はそのレポートに基づいて記してみたいと思います。

 

 

彰化県二水郷の二水国民小学(旧台中州員林郷旧二水尋常小学校)校庭の一角に「師恩永垂」と刻まれた25メ―トルの高さの記念碑があります。二水国民小学の石碑に「師恩永垂」と刻まれるまでには、いくつかの変遷がありました。まず、建てられた当初は、この記念碑には「殉職浅井先生之碑」と刻まれていたのです。浅井先生とは男性教師でなく、二水尋常小学校訓導であった浅井初子先生のことなんです。先生は幼少の時に家族と渡台し、二水尋常小学校、台中高女補習科を修了し、1929年(昭和4年)4月から母校の教員となりました。その後、熊本県出身の鉄道員、浅井安喜氏と結婚。1940年(昭和15年)815日の小学校の遠足の時、一人の受け持ち児童が用水路に落ちてしまったのです。落ちた子供を救うために先生は着衣のまま飛び込み、ともに流れに呑み込まれてしまいました。先生は4児の母、享年31歳でした。この事故は翌々日の台湾日日新報で「教児救おうとし、女教員も溺死、郊外遠足中に椿事」と報道されたのです。

 

 

3年後の1943年(昭和18年)321日、学校関係者や二水地方有志が「殉職浅井先生之碑」を建立し除幕式が行われました。「殉職浅井先生之碑」が作られた時、「浅井先生胸像」も作られ、石碑と向かい合うように置かれたのです。当時、二水には台湾人子弟の通学する二水公学校と、日本人子弟の通学する二水尋常小学校があり、両校は隣り合って建てられていました。戦後、2校は統合され、二水国民小学となり、石碑等はそのまま受け継がれました。その後「浅井先生胸像」は撤去され、石碑の文字は「精忠報国」へ、さらに「毋忘在菖」(忘れることなかれの意)と改められました。その後1970年代の新校舎改築時、石碑は放置され、1998年(平成10年)の時、道徳教育に熱心な夏張啓校長が、元々の石碑に「師恩永垂」の言葉を碑として再建したのです。楷書体の美しい文字を揮毫したのは同校訓導主任(当時)の邱慧蘭先生。「師恩永垂」の言葉には「殉職浅井先生之碑」の意味も含め、もっと強く師弟の絆を大切にしたいとする思いを込めたのでした。日本統治下という状況下で日本人教員が日本人の子供を助けようとして亡くなったのですが、こうしたことは台湾人も日本人もないと言います。新調された碑とともに浅井先生のことも忘れられることはないでしょう。


この碑に興味のある方は一緒に行ってみませんか。新幹線台中駅から在来線の鈍行電車に乗り換えて南下すると集集線との起点駅になっている二水駅があります。二水国民小学までは駅から歩いて10分程度だそうですよ。駅周辺にはサイクリングロードもあり、田園の中を散策するのも台湾の秋を楽しむ方法ですよ。

 

 

 


二つの故郷

 

日本でも「湾生回家」の映画が上映されるようですが、大変良い映画ですからぜひご覧になって下さい。本日のメルマガは戦前台中に住んでいたある湾生の引き揚げ時の時の回顧録です。 

 

二つの故郷 

 

                     溝口啓二郎

 

1945年(昭和20年)八月十五日、日本も暑い日だったらしいが、台湾はもっと暑い日だったと思う。正午に天皇陛下の重大放送があると知らされて、われわれはラジオの放送に耳を傾けた。雑音がひどく声も低かったので、「玉音」は聞き取りにくかった。仕事から帰った父が、「けっきょく、降伏だな」と言うのを聞いて、「敗戦」という事実を始めて確認した、というのがあの日のわが家の実態だった。当然、内地人、特に大人達のショックは大きかった。虚脱状態がしばらく続いた。

 

一方、台湾の人達の反応はどうだったかと言えば、満州と呼ばれた中国東北部や朝鮮の人々のように、日本の敗戦を歓呼の声を挙げて迎えるというシーンは見られなかった。私があの頃の台湾の民衆の表情から感じたのは、安堵感と解放感だった。「台湾人として暮らしていける」ということは歓迎すべき出来事だったと思うが、それが内地人に対する報復行為に結びつくことは、台湾ではあまりなかった。台湾人と日本人の関係は戦後も比較的良好だったと思う。

  

あの頃、私の家に「彩さん」と呼ばれていたお手伝いさんがいたが、この女性は敗戦後もずっと我が家で働き続け、われわれが日本に引揚げるまで一緒に住んでいた。帰国の際、彼女が駅まで送ってくれて、プラットフォームでハンカチを目に当てていた姿を、今でも思い出すことができる。

  

私の友人の中には、台湾人の同級生に殴られて学校へこなくなった者もいたが、彼らは皆戦争中に、少数派で弱い立場にあった台湾人の生徒をいじめていたようだ。「報復」を受けても仕方がない過去を持っていたと思う。

  

二中は校長が中国人に変わったが、学校での授業はわれわれが引揚げるまで続けられ、大多数の生徒が出席していた。昔の友人に同総会で会っても、この敗戦後のことが話題になるのは稀であるが、私は戦後の学校生活を結構楽しんだ。興味を持って学んだのは中国語だった。「国語」と呼ばれていたが、予、復習をきちんとして授業に出ていた。この頃から私は語学が好きだった。

  

台湾に住んでいたわれわれは、戦後も恵まれた生活をしていたと思う。戦後職場が接収された後も、引揚げるまで父は給料を貰っていたので生活に困ることはなかった。敗戦国民ではあったが、台湾人の人々と共に、戦争中の抑圧から解放されて、私は伸び伸びとした雰囲気の中で暮らしていた。

  

敗戦後数ヶ月経ち、日本人の引揚が話題になり始めた頃だったと思う。「台湾に留まって台湾人になろう」と父が家族の者に提案した。夕食後、父は家族全員を前にして次のように語った。「今更日本に帰っても仕方がない。こちらに残って台湾人になろう。名前も中国風に変えることにしたい。」と言った。台湾で生涯を終わるつもりでいた父は、敗戦後も台湾に残りたかったのだろう。台湾人の知人の中には、「一緒に仕事をしましょう」と言う人もいたらしい。

 

しかし、結局、この話しは立ち消えになり、翌年の三月故国に引揚げることになったが、あの時父が口にしたわが家の家族の中国名は、今でもはっきりと私の記憶に残っている。父の名は故郷大分県の名勝耶馬渓からとった「馬渓」だった。「引き揚げ」の話は、1946年(昭和21年)の年が明けた頃から次第に具体化していった。

  

終戦の頃、台湾には、軍人を別にして三十万余の日本人がいたらしいが、日本本土の混乱と食料難、台湾での生活に馴染んでいたこと、敗戦国民だったとはいえ、台湾人からの報復がほとんどなかったことなどから、一時は約二十万人が台湾に留まることを希望したと言われる。この事実はそれだけ台湾が、「戦後も居心地のいい場所だった」ことを物語っている。当時に台湾において、父がしたような台湾残留の意思表明は、我が家だけに限られた特殊な現象ではなかったと言えるであろう。もっとも、進んで「台湾人になろう」とまで思った人が、他にいたかどうかについては、定かではないが。

  

しかし、台湾を接収した国民党政権が、大量の日本人の残留(少数の徴用者とその家族を除いて)を許さなかったのと、インフレをはじめとする社会的な混乱が生じたことにより、1946年三月までには、全員が帰国を希望したようである。その頃父は愚痴をこぼしたり、悲観的な言葉を口にしたりはしなかったが、新任の中国人の分(支)局長にポストを明け渡し、手持ち無沙汰だった父が胸中に抱いていたさびしい思いは、私にもわかるような気がする。

 

新しい政府の評判はあまりよくなかった。台湾人の国籍は中華民国となったが、台湾人は「本省人」と称され、中国から新たに渡ってきた中国人は「外省人」と呼ばれ、区別されていた。われわれが帰国する頃この両者の間には反目がすでに生じていた。新政府のことを台湾の人達は「ブタ政府」と呼び始めていた。われわれが台湾を去った後、本省人(台湾人)は、「イヌ去って、ブタ来たる」と言ったらしい。イヌとは日本人をさしていた。イヌは番犬として多少役に立ったが、ブタ(外省人)は台湾の財産を食い散らかして、肥え太るだけだったらしい。もっとも時間的な前後関係からすれば、「ブタ来たりして、イヌ去る」だったと思う。

  

われわれは三月下旬に引き揚げ船に乗って、かつての内台航路の基点基隆を離れた。デッキは追われて島を去る人々で満たされていた。おそらく多くの人達がこの島に骨を埋める覚悟だったのであろう。デッキに立って遠ざかる島影を見るめる大人達の顔には惜別の念が浮かんでいた。船脚が速まるにつれて、私の胸中に次第に別離の思いがこみ上げてきた。「再見(さようなら)」水平線の彼方にかすんで見える故郷の島に向って、私は心の中で叫んでいた。

  

四年前訪台した際、私はこの港町を再び訪れた。あれから半世紀余の時が流れていた。私は港を見下ろす丘の上に立って、記憶にかすかに残る風景をカメラに収めながら、しばし懐旧の情に浸った。「(一年に)三百六十六日雨が降る」と言われたくらい雨の多い町基隆らしく、その日も煙るような小糠雨に濡れていた。

 


台湾花壇の生みの親~呉建堂さん

 

本日、日本教育を受けた人たちを中心とする短歌の会「台湾歌壇」創立50周年の佳節を迎えました。そのことについて21日付けの西日本新聞記事に掲載されましたので、日本と台湾の架け橋になる会のFBに転載しました。興味のある方は下記のサイトにアクセスしてご覧になって下さい。

 

https://www.facebook.com/kinma1951/

 

 

 本日のメルマガ記事はその台湾歌壇の生みの親とも言うべき呉建堂さんについて紹介してみたいと思います。

 

今から50年前と言えば、台湾は中国国民党政権の下でまだ戒厳令が施かれていた時代、医師で歌人の呉建堂氏(1926年・大正15年生まれ、筆名:狐蓬万里)ら11人の短歌愛好者が集まって「台北短歌研究会」を設立し。翌年「台北歌壇」と改名、その後2003年に「台湾歌壇」になったのです。

 

ぼくがこの会を知ったのは1994年に「台湾万葉集」の本が発刊された時です。読者の皆さんの中にも「台湾万葉集」をご存知の方がいるかと思います。ぼくはある雑誌を見て知って、早速本屋に行って、この本を捜し求めたのです。すると、しばらくしてNHKで「台湾万葉集」の特集番組が放送されたのです。1時間半にわたる番組でしたが、「日本人とは何か」とつくづく考えさせられたのです。番組の中で強烈な印象を与えたのは、蕭翔文先生の短歌でした。

 

「日本人になり切らんとして なり切れぬ 苦しみ重ね 戦ひ終えぬ」

  

先生はこう言っているのです。

  

「わたしたちは、自分の気持ちを表すのに文章よりも、歌を

 詠んだ方が簡潔にしかも深い心の表現ができるのです。」と。

  

その蕭先生は自分の娘さんの結婚披露宴の時に

 

「現在を 把握して来し 積み重ね 新しき今日を 迎ふを祝う」

  

と短歌を詠んで、彼女の前途を祝福したのです。すると、

 

娘さんは即座にその場で父親に歌を返したのです。

 

「新しき 今日を迎う 我を支えし 父の巨きな手 母のやさしき手」

 

この時の先生は感激して涙を浮かべていました。しかし、この番組を見た日本人も同様に感動したと思います。ぼくは、このシーンを見て、本当に感動しました。日本人でさえ、短歌の詠める人は少ないのに、この人たちは日本人以上に日本人ではないかと思ったのです。

 

 『台湾万葉集』は上中下三巻からなる歌集で編著者は故呉建堂さん。日本統治時代下の旧制台北高等学校在学中に、万葉集学者で有名な犬養孝先生との出会いが、短歌を今は異国となった台湾に植え付けるきっかけとなったのです。ペンネームの狐蓬万里の名は例え一人になっても命の続く限り短歌を歌い続けていく決意を示したものだそうです。その決意のもとに生まれたのが会員らの歌を集めた『台湾万葉集』全三巻なのです。日本では平成六年(1994)に刊行され大きな反響を呼び、大岡信らの絶賛を得、1996年には『台湾万葉集』が菊池寛賞を受賞。台湾人として日本の文学賞を獲得した第一号となったのです。

 

 その狐蓬万里さんの詠んだ多くの短歌の中からを二つ紹介します。

 

日本語のすでに滅びし国に住み 短歌詠み続ける人や 幾人

   短歌(うた)とふを いのちの限り 詠みつがむ 

   異国の文芸(ふみ)と 人笑ふとも

 また平成八年(1996112日に宮中歌会始にも国交のない台湾の歌人(呉さん)が招待

された際に詠んだ歌から二首紹介します。

 

宮中の歌会始に招かれて日本皇室の重さを知る

 

思ひきや外つ国人と成りし今宮中参内許さるるとは

 

呉さんは199812月に亡くなりましたが、平成七年(19959月に山口県下松市米泉湖畔に

呉さんの歌碑が建てられたとか、そこに刻まれた歌は

  

台湾と 日本の睦み ここに来て 祈りしがあり 平成の代に

 

いつの日か呉建堂さんの歌碑にある場所を訪れてみたいと思います。

 

11人でスタートした会員は現在約120名。日本人が約50名を占め、3040代の若い世代も増えているとか。呉建堂さんの作られた台湾歌壇は高齢者と若い人たち結び、また台湾人と日本人を結んでいます。~みそひと文字(31文字)に込められた思いを永遠に次の世代に詠み継がれていってほしいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



読者登録

喜早天海さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について