閉じる


<<最初から読む

2 / 4ページ

試し読みできます

のうがき

そんな座り方しているから身体が硬いんだ!

 

 

【のうがき】

 

 

●硬い身体は不健康だとの考えが広がっているのか、健康志向の方々は一様に柔軟アップにも力を注いでいる。

確かに、身体が硬いと関節や筋肉も硬くて血流が悪いというイメージがある。

健康アップをはかるには、やはり血流アップが大切なのだとの認識が強いのであろう。

とても良いことであり、大切なことだと思う。

 

運動して血流を良くする、筋トレして筋肉を付けて血流をアップする、どちらも大切である。

 

だが、柔軟運動をしても、なかなか身体が軟らかくならない人もいる。

いくら努力しても軟らかくならないから諦めてしまう人も少なくない。

無理してやると身体を痛めてしまう場合も珍しくない。

 

そんな身体がカチカチの人も生まれた時は身体が軟らかかったはず。

赤ちゃんや幼児は皆身体が軟らかいのである。

だが、いつしか身体は硬くなっていく。

生活習慣の一つである座り方が問題なのである。

椅子やソファーに座るラクな座り方を覚えてしまい、ラクな座り方ばかりしてしまい、筋肉や関節は伸縮や可動域を失ってしまっているのである。

気が付けば、身体はカチカチ。

 

人間の身体って、使わなければ、それらの機能は衰えていくんだよね。

使えば再び蘇るんだ。

筋肉も60代になっても鍛えれば大きくなる、なんて話もあるでしょう。

使えば、ちゃんと機能は成長し進化するんだ。

 

で、この書籍は、座るだけで柔軟アップの機能を高める書籍なのである。

やれば直ぐに効果が現れる。

 

※なお、この座り方は「そんな座り方しているから膝が痛いんだ!」と「そんな座り方しているから胃腸が弱いんだ!」と殆ど同じである。

 

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格1,000円(税込)

読者登録

原田 秀康さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について