閉じる


<<最初から読む

59 / 73ページ

お月見草

疑いのない段差を

登っていって

開いた扉の向こうに広がる

青空

日々出される

命令の連続から

解き放たれて

ふっと周りを見渡すと

通り過ぎていた景色の中の

忘れていた風景の日陰で

静かにひっそりと咲く

お月見草

五線譜に流れる

安心と穏やかな幸せは

夜も眠らん


肉球

砂の中に生きる

誇り高い生き物よ

途切れた音の合間に

真実聴こえてくる

空白の彩り

両腕は

投げ出したくなるほどに重いのに

手首は次に進もうとする

地平線から

姿をみせた太陽は

イメージの世界を破って

目を細めさせる

大地を踏みしめた

ふかふかの生き物の

肉球もまた

顔に当たることの

心地よさ


数えることをやめる

あっちがいいな

こっちがいいなと

比べてみるのを

やめてみて

ひい、ふう、みい、よ

いつ、むう、なあと

数えることを

やめてみて

数や量を着せた服を

ほどいてみれば

ツベルクリンが普通にある時代の

夕暮れ時に

縁側に座った

年老いた夫婦が

ふっともたれかかって

手を合わせてみれば

また、今日も今日


一度消えてしまった光の中で

31日と1日の間に

落っこちてしまって

それにも気付かず

なんだか暗いなあと思っていると

どこからか不思議の国のアリスの

鼓笛隊が

チロチロチロと

近づいてきて目が覚める

夢と気付かない夢の中で

ああ、俺はこのまま死ぬのだなと

「流れ」を受け入れそうになった後に

そこから戻ってこれたのは

いつかのドラゴン、

けれども幾らか小さくなった竜の

瞳と目が合って

顔をぺろぺろ

舐められたから

生きる気力というものがもしもあるなら

それは人から与えられるものじゃない

己が積極的に望まねば届かない

たとえ人のための気力であっても

人から支えられた気力であっても

その人に出会ったときに

ときめくことの出来る心の準備があること

光を受け入れられるスペースが最低限、

自分の責任で確保されていること

生地に練り込まれたひとつの種は

忘れられて

いつしか枝を伸ばし

小鳥を喜ばせるようになる


微睡み

日々新たに

古くから

昔から思っていたことを

大切な人達のために

静かに口をつぐんで

ひとこと祈る

風がぴゅーん

車がびゅーん

草の葉の重なった

隙き間で

てんとう虫がかさこそ

ピカソの絵みたいに

暮らしてきたこと

覚えてきたことが

乱雑に

視野を埋め尽くしていくことが

いつしか激しくなってきて

このままいくと

きっともうすぐ

光をみれないと思うような時にも

みえていること

聞こえていること

自分を何かにつきうごかすように

働きかけるもの

そういったものから

体を離して

手を合わせる

指先一つの決まりごとは

縛っていた心から離れて

びゅーっと吹いた

風の中で

大切な人と

生きていられることに

雲は穏やかさと暖かさに

まどろむ



読者登録

mogurato_yukiさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について