閉じる


<<最初から読む

33 / 73ページ

red

毛むくじゃらが

寄りかかって

深く息を吐く

ふーっ

赤に溺れた私は

ワインレッド

もしくはワインレッドの毛に顔を埋める

交換可能なものから

交換不可能なものへ

誰も居ない島で

一人、波の音を聴く

流転する魔王なるものの横を通り過ぎて

がちゃがちゃと音のなる箱の中味を覗き込む

殻が割れて

傘下の教義が水に浸る

逆さまになった月の下で

お月見をして

後で還る


展覧会

ほっぺにキスして

カランコロン

円周を縁取って

屋上の池に飛びこめば

雲の温度が

体にしみこむ

目を開けたままにして

でも口は閉じていて

貴方の思惑が

転がっていった金貨を

踏みつぶさないように

二人の会話の間を

目配せと息づかいで

満たしたら

深く深く

存在を満たして

非存在するものの息づかいに注意する

高く飛んで

雲の上でふざけあったら

ほっぺたでキスを

柔和な竜が

架かる輝きを絵画に描いたら

展覧会の幕が開く会場の隅に住む

猫の家族の毛繕いする姿をみて

「あ、猫だ」と一言と木々の葉の音

愛の有りうる場所で一番安堵できる場所で

野菜スープをことこと煮込んだら

ぽこぽこと泡にゆられて

あまりにくらくらしたので

駱駝に乗ったら

体が楽だ


eternal

彼岸に

立ち止まること

つばを飲み込むこと

手に搾られた布の色

駅に架かる鳩の家

穏やかな波音

ものことが続いて

生きていても

良いと念う

おしゃべりな人は

無言で

盤を交わす


水面

静かな夜

三日月は雲をまとう

穏やかな季節の

心地よい風は

私を包み込む

昼間の喧噪で舞い上がった

澱が沈み

優しい水面の側に座って

針も竿もなく

釣り竿を

垂らす

浮き上がって

空に向かう言葉は

一つずつになる

一瞬

風が冷たくなり

波が立つと

整然さを失った言葉達が

めいめいに踊りだし

収拾がつかなくなるが

そっと目を閉じ

息をつけば

魚籠に魚が入る


名前を呼べる幸せ

こっちに来てほしいから

名前を呼ぶ

名前を呼べる

当たり前の日々

嬉しいことや

楽しいこと

腹が立つことや

我慢ならないこと

いろんなことをひっかけながら

名前を呼ぶ

おあとはよろしくなくて

誰にも変えることは出来ない

関係性の絆

一生懸命に

名前を呼ぶ



読者登録

mogurato_yukiさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について