閉じる


<<最初から読む

29 / 73ページ

いま

後戻り出来ない

光の輝き

目を瞑るほどに

強烈で

停滞した心に

積もる温度

きっといつかを

今にして

鮮やかな厳しさが

貫く

握った琥珀は

いつの間にか消えて

空を掴む右手に

それを差しだす

輝きは

連続した

崖を乗り越えて

瞬く瞬間

乗り越えたものと

これまでに嗅いだもの

切り裂いて

整えて

見掛る

茫々と眺めた町並みを

捨てて

背を向け

一歩踏む


詩的鏃 (2013 ~)

anchor

red

展覧会

eternal

水面

名前を呼べる幸せ

手つなぎ

せめてきれいごとを

ごうごう

グラス

借景

ばしょ

花束

無題 3

étude

感動

くだせぇ

ほぐれる

これから

見出す

もずく

さざ波

夕闇隠れ

露色

息吹

お月見草

肉球

数えることをやめる

微睡み

帰路

メカカモメ

揺蕩い

スープ

加速

つつじと茶、青空

あの

春の空


anchor

夜月が映る海

会合にそっと

錨を下ろす

白い砂の砂漠

巻貝の殻を

見つけたら

心の奥にある

隠した想いを

吹き込む

白色雑音に紛れた日常を

乗り越える

暖色で縁取られた

所作が流されない様に

触れることの出来る温もりの

宛名を記して

錨を下ろす


どうしたの

嬉しいこと

悲しいこと

目に小さな虫が入って

悪が留る

留まれない記憶

思い出すこと

憧れ続けた温もり

手に触れること

祈りの果ての夢は

破れて

泪をながす

泪をながせない

いいえ

私たちは

泪をながす


red

毛むくじゃらが

寄りかかって

深く息を吐く

ふーっ

赤に溺れた私は

ワインレッド

もしくはワインレッドの毛に顔を埋める

交換可能なものから

交換不可能なものへ

誰も居ない島で

一人、波の音を聴く

流転する魔王なるものの横を通り過ぎて

がちゃがちゃと音のなる箱の中味を覗き込む

殻が割れて

傘下の教義が水に浸る

逆さまになった月の下で

お月見をして

後で還る



読者登録

mogurato_yukiさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について