閉じる


<<最初から読む

8 / 73ページ

明るさ

委ねても

遠ざかっても

出来て

でも

かちりと

合図を送る

火花が散る

器に入る

落下

でも

明るさは

瞬きした間に

訪れて

ビビットな装いは

喪を包み込む

それは希望

それは祈り

訪れと

桜と

葉っぱ


8
最終更新日 : 2018-04-10 22:46:07

願う

出会って

通り過ぎていく

楽しかったこと

振り返って

嬉しかったことが

とどまる

相槌を

お互いに交わして

親和が深まる

それでも、

同時には会えない

櫂をこいでも

収容能力には

限界もある

なら、

どうするか

消えていく様は

愛が

さざ波ではないと

願う


9
最終更新日 : 2018-04-10 22:46:07

さされ

愛着を感じる人達との

物理的な距離

予定に縛られた日々は

会いにいけない

流されないよう

集中して

迷い込む

縁が癒し

今が

通り過ぎる

何度も

そうじゃない

それでは駄目だ

さされ


10
最終更新日 : 2018-04-10 22:46:07

詩的相槌 (2014 ~)

花火

守られるべきもの

自立性

たま

減少

ミルフィーユ

厳かさ

もや

無題 4

.

置去り

それ

そう

senva

無無明

剥がす

いま


花火

鉛筆で

画用紙に

線をひく

願いを込めて

静かに

美しく

泳ぐ

人の優しさを伴って

エコロケーションで

語り合えば

とけ込んで

自他を区別する必要のない

暖かさ


12
最終更新日 : 2017-11-29 00:02:56


読者登録

mogurato_yukiさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について