twitterアカウントでログイン

カテゴリー ビジネス・教育・社会 政治・社会 作者 フリースタイルな僧侶たち
価格 無料
タグ おてらおやつクラブ仏教僧侶お寺おやつ貧困子どもアイドル
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

753 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 執筆中 ページ数 8ページ (Web閲覧)
9ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
11月20日「フリースタイルな僧侶たち」vol.48を発行しました!
まずは、発行がたいへん遅れたことを深くお詫び申し上げます。誠に申し訳ございませんでした。

さて、お寺にはたくさん集まってくるものがあります。幽霊?
いえいえ、そうではありません、と言い切れないかもしれませんが、そうではありません。
それは、お檀家さんからの仏様への「おそなえ」です。
正直な話、仏様はおそなえを物理的にモグモグ召し上がるわけではないので、おそなえはお寺の人間が仏様からの「おさがり」として頂戴するのが常のシステム。
でも、おさがりを頂戴するのにも限界があり、もったいないことになりかねません。

そんなお寺特有の事情を社会貢献に昇華させた活動をしているのが「おてらおやつクラブ」です。
『「おそなえ」を「おさがり」として「おすそわけ」する』をキャッチフレーズに、貧困の中に生きる子どもたちを支えるおてらおやつクラブ。
今号では、参加寺院のひとつ・薬師山林昌寺の野田芳樹さんを通して、その活動を取材しました。

野田さんがこの活動に対して抱いている想い、願いとはーー
ぜひぜひ、ご一読ください。

そのほか、今号の連載は下記の通り。
・コラム:お寺でよくみかけるけれど なんだろアレ"Vol.2" - 竹林真悟
・漫画:アラサー世代の僧侶たち - 光澤裕顕

フリーマガジン配布マップはこちら:http://www.freemonk.net/freemagazine

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

1971年から1990年までの20年間にテレビ放映された日本の特撮ヒーロー番組に登場する「悪の組織」...

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...

この本を開く

日々の中で、人はさまざまな想いをいたします。しかし、想いは想いでそのままにしておけば、初冬の風に吹か...

この本を開く

tovo が発行するポストカードサイズの小さなフリーペーパーです。311以降の青森県に住むごくごく普...

もっとみる