twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格300円(税込)
カテゴリー ビジネス・教育・社会 学習・研究 作者 天川裕司
価格 300円(税込)
タグ 太宰治畜犬談小説文学昭和初期近現代作家滑稽ユーモア研究試論探究ダザイズムエピソード研究論成果雑誌カルチャーサブカルチャー大衆雑誌民族主義弱者の糧マイノリティ点灯暗喩擬人法空虚脆弱性格破産性格破綻人間夫婦家庭桜桃桜桃忌玉川上水ろまん灯篭王者の心世界的キリスト教無秩序混沌戦争平和無難現代過去未来世情情勢ポチ黒犬予定調和創造
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 22ページ (Web閲覧)
88ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 太宰治の文学には「笑い」を誘発する小説が数多く見受けられる。一般的に太宰には彼自身の凄絶な人生が先走りしている傾向が見られ(注一)、「人間失格」のような「滅びの美学」に裏打ちされたデカダンス的作品が代表作として多く取り上げられて来た。
 様々な論究において騒がれる中、一方で太宰をユーモア作家とする評者がいる事も指摘される。
、先行論等に騒がれる〝ユーモア〟の内に登場する「私」、「犬」、「家内」、とは、作品において、どの様な役割を果たしたのか。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧