閉じる


<<最初から読む

22 / 22ページ

試し読みできます

目次

1.     はじめに

2.     第一章 『畜犬談論』諸説と同時代背景

3.     第一節 先行研究

4.     第一節 先行研究

5.     私見

6.     第二節 同時代背景に纏わる諸事情

7.     第二章 『畜犬談』における構想

8.     私見

9.     第二節 文体構造における段落分け

10.  私見

11.  第三節 伊馬鵜平と当作品との関係性

12.  私見

13.  第三章 『私』『犬』『家内』への脚色の限界

14.  第二節 「私」の「ポチ」への視点

15.  第三節 「家内」の維持する立場

16.  おわりに

17.  注一覧

18.  参考文献

19.  本文校異

20.  語釈


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格300円(税込)

読者登録

天川裕司さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について