閉じる


はじめに

パブーブクログ_「ひょうたん鯰」_Vol1Vol
Vol
1 http://p.booklog.jp/book/19047/read
Vol
2 http://p.booklog.jp/book/34561/read
ときどき140文字超えツイッターノベル( #twnovel )「ひょうたん鯰」、エッセイ擬(もど)き「スナップ印象派」に、ショートストーリーも追加して、暇つぶし進行中。Photo入り!

≒140字物語  ひょうたん鯰
http://p.booklog.jp/book/118396/read


パブーブクログ_「おもしろ印象派」_Vol:1・

Vol1 http://p.booklog.jp/book/19408/read
Vol
2 http://p.booklog.jp/book/60746/read

Vol3 http://p.booklog.jp/book/60746/read (動物篇)

 

オール(ほぼ)オリジナル画像で暇つぶし進行中。
ブログ「新着おもしろ画像」 http://blogs.yahoo.co.jp/axros03 からセレクト。

パブーブクログ「スナップ印象派」_Vol
Vol
1 http://p.booklog.jp/book/61780/read

Vol2 http://p.booklog.jp/book/101219/readスナップ印象派「讃岐の食篇」

Vol3 http://p.booklog.jp/book/63783/read


パブーブクログ「日赤だ!印象派」2009〜進行中)
http://p.booklog.jp/book/79638/read

骨壺をなくした罰当たり住職の話(真宗大谷派・末寺)

http://p.booklog.jp/book/103690/read

嫌われマスコ・狂描譚

http://p.booklog.jp/book/104430/read


1
最終更新日 : 2017-11-12 14:14:26

【記憶の話_壱】

【記憶の話_壱】

近江屋

その昔、通天閣そばの串カツ屋でバイトしていたとき、

手すき時間に『串にさしたちっこい肉を叩いて平たく延ばす』という

作業をさせられていた。これがよく延びるのだ、面積で云うとほぼ3倍。

しかし何を用いて延ばしていたのか、記憶にない、

はて何だったか、スリコギだったか?

そういえばそこの近江出身の爺さん店主、

毎晩、手提げ金庫を小脇に抱えて前傾姿勢で帰宅していた。

その後ろ姿から“お金の本質”を見たようで・・・!

この店、Yahoo!画像を眺めていたらまだあったよ。

ちなみに拙(せつ)、

この所為ばかりではないが串カツはそれ程好きじゃない。



煮麺

行きつけの居酒屋でお酒の〆に

「煮麺(にゅうめん)できますか?」と大将に訊ねた。

すると「あいよ、しばらくお待ちを」と言い残して勝手口から出ていった。

しばらくして帰ってきて拵え始めた。

すぐ隣のAEON系スーパーへ『素麺』(島の光)と

『茄子』を買いに行っていたことを、かなりあとで知った。

煮麺に茄子は当地讃岐の定番だ。お汁(つゆ)はもちろん、

馴染みの『ダシ入り味噌』(マルコメ)を溶き入れていた。

家でいつも食べていだから旨かったが、

ちなみに素麺だと『市販のめんつゆ』と決まっていた。

料理が達者なのかどうか、さっぱり分からん大将だった。


Photoはネットから無断転載。不可の場合はご一報を。


2
最終更新日 : 2017-11-08 14:27:56

【記憶の話_貳】

【記憶の話_貳】

 

本読みのこと

3~5歳のころの娘と息子(5つほど年が離れている)を両側にして、

布団にうつ伏せて絵本を読んだ記憶が、かなり鮮やかに残っている。

あれはハッピー感100%を超えた至福タイムだった。

・・・子どもに本を読んでやるのって、

なんともいい触れ合いだったな、と遠い目で。



義父のこと


ビルマ(現ミャンマー)から無事生還してきた義父(SAIの父)、

インパール作戦には狩りだされていなかったようだ。

結婚して三人の子どもに恵まれて、

家を新築、庭(お気に入り)もつくって順風満帆かと思えた、

働き盛りの四十半ば脳梗塞で死去。麻雀&競輪好きで

酒は嗜(たしな)まない生真面目な性格だった・・・などと聞くたびに、

生きていればどんな付き合い方をしていたのかと。

ちなみに酒以外は拙(せつ)の趣味とおんなじだった。



お袋のこと


私のお袋、断舎利などという、そんな言葉が一般に知られる前から

身の回りをシンプルにする、直列タイプの人だった。

古本屋さん通いでせっせとためた、

スクリーンとか映画の友、キネマ旬報などの『映画誌』。

大学の夏休みだかに帰ってくると、「バザーに出したわで」と、こともなげ。

その他、田舎家は広いからと運び込んだ、

仕事場のマップケースなどの大きな事務系不要品、ある日帰ると跡形もない。

「どこへやったんや?」「ゴミに出した」と平然、

ワタシ唖然!といったことが多々。モノを大切にするのもいいが、

捨てるときはせっせと捨てるの、ありかも。


Photoはネットから無断転載。不可の場合はご一報を。


3
最終更新日 : 2017-11-08 14:31:52

どん兵衛と呼ばれた犬と飼い主の話

近くのSEVEN

二つの十字路、三方を道路に囲まれたSEVEN。

街なかに近いからか、停車中のクルマと客の数がノットイコール( ≠ )。

トイレ利用も多く、順番待ちの人たちが焦燥感を漂わせながらも、

さりげなくドアを注視する。

なにやかやと千客万来なここを、

 

私は『Carrefour* SEVEN』と呼ぶ。

* カルフール=交差点


どん兵衛と呼ばれた犬と飼い主の話


『どん兵衛』と名付けられた

某(なにがし)さんちの愛犬(ミックス=雑種=ハイブリッド)、

そう呼ばれたときどんな気持ちでいるのかね。

あたかも当時、

山城信伍と川谷拓三かけあいの“日清どん兵衛”CMが流行っていた。

ある日、

その某(なにがし)さんに『どん兵衛さん』と呼びかけたらひどく怒られた。

・・・なんだよそれ !?



抹黑≒抹灰


『顔に泥を塗る』を、支那語で綴ると『抹黑≒抹灰』になる。

・・・日支ともに『体面を汚す』という意味。

はそれとして『≒』、たまに見かけるが“未だかつて”使ったことのない記号。

なに!?ニアイコールと読むのか。

ずっと理数系は天敵、苦手だったものな。

ちなみにノットイコールは『≠』と表記する、そうなのか、

さっそく単語登録して積極的に使ってみようか。


Photoはネットから無断転載。不可の場合はご一報を。

 


4
最終更新日 : 2017-11-08 14:36:04

なんでもツイノベ

チーズがブーム

牛が人間を支配する近未来、そこでは人乳由来のチーズがブーム。

「カラダに脂肪が付きにくくダイエットにいいのよ」と、

牛たちが列を成してCOWのだ。

近ごろ品切れ気味で、店頭ではひづめを蹴立てて奪い合い、

「あらOXさん私の前に並ばないでよ、んもーっ!」などと。
  #twnovel


相席旅館


「相席酒場がありゃーすけ、相席旅館なんてのあってもええやおへん?」

「いやいやお客さま、だからといって女性が無料というのはちょっとムリが、

それにここは観光ホテル、ラブホじゃありませんから」
  
#twnovel

と、旅館の玄関で押し問答をしている、

(加藤大介似の)番頭さんと怪しいアベック客。



一升瓶の話


ICUで「オペ中に1㍑の出血がありましたよ」と事もなげに執刀医。

そのときまっ先に思い浮かべたのは、一升瓶(1.8㍑)だ。

1㍑だと、あの“なで肩瓶”のどの辺まで入るんだろ?と。

退院後、足りなくなった血液はお酒で補うことにした。
  #twnovel

さて今夜は、ワイン、日本酒、ウィスキー、それとも泡盛。



パチンコ原罪論


夫さんが転勤辞令を拒否して退職、すぐには仕事が見つからず、

かといって家でゴロゴロしている訳にもいかず、毎日外出してパチンコ通い、

あげく中毒になってマチ金地獄。妻さん、子どもを連れて離婚、

一家離散・・・という陰惨な話を最近聞いた。
#twnovel

パチンコを法律で禁止して、Keirinを推奨しよう。


Photoはネットから無断転載。不可の場合はご一報を。


5
最終更新日 : 2017-11-08 14:39:27


読者登録

ひょうたん鯰さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について