twitterとfacebookアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション ファンタジー , SF 作者 南海部 覚悟
価格 無料
タグ 理想郷地産地消自立貧富隔離海底2万マイル丹波はだかの太陽
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

5 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 10ページ (Web閲覧)
29ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
京都の北西、山上に拡がる巨大ショッピングモールの残影。
閉店した広大な店舗は、其処に住みついた多くの家族たちにとって、眼下の世界と隔絶する山上のエルドラドであった。
自立して社会との拘わりを絶とうとする家族、無理やり引き戻し社会に取り込もうとする行政、人間の生き方の思惑の違いが、時に険悪な空気を醸し出す。
既存の社会に頼らない理想の生き方を思い描いて、人々が体験する産みの苦しみ。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧