twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格300円(税込)
カテゴリー 趣味・生活・芸術 アート , ノウハウ 作者 天川裕司
価格 300円(税込)
タグ 小説作法作品創作法創作ノートメモ書き推敲脱稿作家文学日本文学天川文庫天川裕司記憶習慣トランプ政権放射能ICBMオリジナルオリジナリティ幻想空想幻想小説自然主義文学写実主義文学日記日記文学プロット脚色演出絵コンテ独創強調タイトルインパクト印象文学ジャンル男性女性現代過去未来近未来文章ワードモデル教科書趣味エッセイ描写プライベート空間メタル能力実力デザインオンリーワンクラフト小説家物語カエルカッパ夢幻可能性
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 21ページ (Web閲覧)
45ページ (PDF)
試し読み:2ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
「作家」、「小説家」・・・この言葉にあこがれ、それに「なりたい!」と思ってきた人はどれくらいいるでしょう?

文章や物語をうまく書きたいけれど書けない、斬新な物語を自分の思うように作ってみたいがなかなかうまくいかない。「ああしてみよう」「こうしてみよう」といろいろ工夫して、様々な努力から「オリジナリティあふれる小説」を書こうと四苦八苦してきた人もいることでしょう。

小説家とは、物語を文章によって表現する人のことです。

この小説家がしていることは、実は、普段から誰でもしていることなのです。この誰でもしていることを「さぁ小説を書こう!」とした時に、忘れてしまう人がなぜか多いものです。

なぜでしょうか?

それは「立派な小説を書こう!」と意気込み過ぎて、普段の思考の柔軟性を失っているからです。そのせいで、普段から理想にしてきた「こういう小説を書きたい!」というそもそもの目的を見失っているのです。つまり、自分に潜在している理想を引き出せなくしていることに原因があるわけです。

本書では、この「潜在している理想」をすべて引き出せるようにあらゆる方法を試み、その方法を見つけてもらうために多角的な視点から情報を提供しています。

この本には試し読みが 2 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

なまずくの耐震事件簿の第1.5話と第2話。耐震診断情報を整理して診断書を作成し報告に行きます。果たし...
400円
路地裏流・繁盛店の創り方

この本を開く

全国の路地裏で、商売を成功させている方はたくさんいます。悪条件は考え方次第で好条件になる、というモノ...

この本を開く

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる。やがて色の付いた羊はふえて、普通になり、名前も変わっ...

この本を開く

人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・機械的ロボットは人の作ったプ...

この本を開く

誰もが知ってる桃太郎!でも、なんだか少し様子がおかしいようです。イヌもサルもキジもこんなんだったかな...

もっとみる