twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格300円(税込)
カテゴリー ビジネス・教育・社会 学習・研究 作者 天川裕司
価格 300円(税込)
タグ 表現人間力創造力独創力既存天川裕司天川文庫空想力ポエムエッセイ文学読書文庫作文持久力平和向上思想文化ビジネス学習研究探求自然への探求発掘歴史独自力勉強教科書自由帳自由平等空間プライベートパブ―電子書籍未知の力再現力生産力
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 14ページ (Web閲覧)
43ページ (PDF)
試し読み:4ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
「アイデア」・・・それはいったい人にとって、どのようなものなのか?

これまでに何度も聞いたことがあるこの言葉、この言葉を真剣に考えてみる上で、どのようなものを「アイデア」と呼ぶのだろうか?

「アイデア」という言葉を辞書で調べれば、アイデアとは…「新たに物事を始める際の、中核となる考え、その思考。着想。アイディア」などと、ごく簡単に書かれています。
なにか物事を始める時に、その物事について「こうしよう」「ああしよう」などと思っているそれ自体がアイデアです、そう言っているようにも聞こえてくるでしょう。

しかし一般に「アイデアを出せ」「発想力に磨きをかけろ」などと言われると、なにかふつうでは思いつかないような、突拍子もない事を言われているような気さえしますね。
そう、一般においてよく言われる「アイデア」は、たいてい「新しい発想」、「新しい考え方」、また、これまで人が思いつかなかったような「離れ業から生れる着想」などを指す場合が非常に多いものなのです。

この本の最終目的は、「君を作家にすること」です。
いわゆる作家の作業は、創作の連続、発想のアドリブを表現することです。
「アイデア発想法のエキスパート」になった君は、すでに「君にしかなれない唯一の作家」を表現していることでしょう。

(まえがき)より

この本には試し読みが 4 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

ROCO☆としてイラストを描いています。大相撲イラスト集第二弾!2019年3月場所豊山関応援イラスト...

この本を開く

1971年から1990年までの20年間にテレビ放映された日本の特撮ヒーロー番組に登場する「悪の組織」...

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...

この本を開く

日々の中で、人はさまざまな想いをいたします。しかし、想いは想いでそのままにしておけば、初冬の風に吹か...

この本を開く

誰もが知ってる桃太郎!でも、なんだか少し様子がおかしいようです。イヌもサルもキジもこんなんだったかな...

もっとみる