閉じる


tovo plus〜あおもりの100家族、わたしたちのこれから。[season 6] No.068

今号(69 家族目)のご家族 ▶

浅井 聡さん・彩さん・詩さん・岳くん

コタロウ(ゴールデンレトリバー)・大吉(ゴールデンレトリバー)

撮影場所 ▶ 青森市港町 青森港(青森市)

 

【インタビュー】

●2011年3月11日のこと、憶えていますか?

▶彩さん「ちょうど私は息子(岳くん)を妊娠中で自宅にいたのですが、結構長い時間揺れたので怖かったです。揺れている途中で停電になって、外を見たら信号も全部消えていました。」

▶聡さん「(自ら経営する自動車整備・修理工場で)仕事をしていました。すぐに停電になったので作業が出来なくなりましたが、翌日には停電が復旧になったのでもう仕事を始めていました。コンビニへ行って食べ物調達しようと思ったけれど、自分たちが行ったときはもうすでにいろんなものが買われてしまった後で、ほとんど何も残っていなかった。ガソリンスタンドはどこもすごい行列で大変なことになっていました。しばらくは仕事で使う車の部品なんかも届くまでに時間がかかってなかなか納品にならなかった…。」

▶彩さん「お風呂で使っている充電式のテレビがあったので、それで八戸や各地津波の映像をみたときはとてもショックでした。ゴールデンレトリバーを2匹(コタロウ君7歳と大吉君2歳)飼っていまして、当時はコタロウしかいませんでしたが、揺れている間は部屋のいろんなところに隠れようとして震えていました。」

▶詩さん「私は5歳でしたが、その時のことは…あまり覚えていないんです。」

▶彩さん「娘は保育園に行っていましたので、揺れがおさまって、すぐ迎えに行きました。市内の信号はどこも停電状態で道路はちょっとしたパニック状態でした。」

 

●心境や生活の変化はありましたか?

▶聡さん「震災後、しばらくは水や食品の買い溜めをしたり、車のガソリンもまめに入れたりしていたけれど、最近はその当時の意識は薄れてきたかなぁ。震災はもちろんだけれど、今はやっぱり北朝鮮の弾道ミサイル発射が怖いですね。Jアラートが鳴るとドキッとします。」

▶彩さん「直後と比べたら、時間の流れとともに震災に対する意識は薄れてきているのかもしれません。でも、6年経った今でもまだ仮設住宅で生活されている方も多くいらっしゃるでしょうし、爪痕はまだ残っていますよね。数年前から家族で年に一度福島県へ行っているんです。犬と一緒に泊まれる宿泊施設へ泊まりに行くのですが、犬用の温泉もあってとても気に入っているところなのでここ数年は毎年行っています。福島県は原発事故の影響で風評被害などありましたが、こうやって年に一度でも訪れることで復興支援に繋がっているといいなと思います。」

 

●10年後のご家族のイメージは?

▶詩さん「病気の犬や動物を助けてあげたいので、10年後は獣医さんを目指して頑張っていられるといいなと思います。」

▶岳くん「大きくなったら何になりたいかまだ決まっていないけれど、これからお父さんにサッカーを教えてもらうので、サッカーが上手になりたいです。」

▶聡さん「いろいろ変化はしているのだと思いますが、今と変わらずそれなりに過ごせていたらそれが一番かな、と思います。」

▶彩さん「10年後…、コタロウはもういないだろうな。大吉も今2歳くらいなので、どうだろう、まだ生きているかな…。犬、二匹いる生活が当たり前になっていて、いなくなるなんて考えられないです。お姉ちゃん(詩さん)はもしかしたら県外に出ていないかもしれないね。そう!いつかパピーウォーカー(盲導犬候補である生後2ヶ月の子犬を約10ヶ月間家族の一員として育てるボランティア)になりたいという夢があるんです。子どもたちが大きくなって落ち着いたら、ぜひパピーウォーカーに挑戦していられたら嬉しいです。」

 

【取材後記】今号よりtovo PLUSのお手伝いをすることになりました笹森まさみです。初インタビューをさせていただいた浅井さんご家族はみんなとても仲良しの素敵なファミリーでした!お話を聞きながら2匹のゴールデンレトリバーに対する愛情がとても伝わってきました。長女、詩さんの将来の夢が「獣医」というのも2匹との日々があってこそ生まれた「夢」なのだそうです。撮影場所はワンちゃんたちの散歩コースでもある自宅からすぐの海!インタビューを通し、今後も素敵なご家族との出会いが楽しみです。(今号No.068のインタビューと撮影:笹森まさみ)

 

【寄付総額】2011年6月〜2017年10月23日まで「¥5,708,704」を、あしなが育英会「あしなが東日本大震災遺児支援募金」へ寄付することができました。ご支援に深く感謝致します。

 

【定期購読のご協力を!】1年間の定期購読を承ります。1,800円(送料・寄付含)/1年間(12号)です。このフリーペーパーは定期購読の皆様のご支援で発行されております。ご支援の程、宜しくお願い致します。ご希望の方は、ウェブショップ(http://shop.tovo2011.com)よりお申し込みください。


1
最終更新日 : 2017-11-01 15:34:24

この本の内容は以上です。


読者登録

tovoさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について