twitterアカウントでログイン

カテゴリー ビジネス・教育・社会 学習・研究 作者 小林 道憲
価格 無料
タグ 信頼非信頼不信思慮勇気中庸動く社会行為の意味行為の価値善悪義務規範倫理学徳論
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

3 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 15ページ (Web閲覧)
16ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
人間が営む社会は、常に動いている〈生きた社会〉である。この動く社会における行為の意味や価値も、また、動くものと考えねばならない。そこでは、行為の善悪も、賞賛される徳も、義務や規範も、目まぐるしく変動し、一定不変のものとして止まってはいない。われわれが賞賛する徳目も、変動する社会のあり方と共に変動し、目まぐるしくその重点を変えていく。この論文は、そのような動態倫理学の視点から見た〈徳〉についての考察である。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧