閉じる


試し読みできます

作家の本質

 作家は人脈無かりけり。

 


試し読みできます

テレビくん

 現実におけるテレビくんに成りたいなぁ。

 


試し読みできます

月刊ガロ

 二〇一五年七月二日(一六時五七分)に、一度見たかも知れないその内容を改めて見た。そこで、

「…もっとシュールかと思ったがな…何かが違う。何かまだ、到達してない気分だ…」

と想えた。これに影響された青少年達は多く居たという。何か、「絵の温み」の様なものが、無駄に発散されている気がした。字で描けば如何なるんだろう。俺は未だ「自分が会わなければ成らぬシュル」に会っていないのか。皆、他人(ひと)のシュルである気がする。漫画は下らないと想った自分が確実に在る。俺の理想に下らないのだ。俺が求めるシュルは俺の理想に着地し、根を下す物かも知れぬ。


試し読みできます

目次

1.    作家の本質

2.    二人の女の提言

3.    結婚

4.    家庭

5.    訳の分らぬ

6.    美輪明宏

7.    関東関西―古典

8.    萩本欽一

9.    テレビくん

10.  憶する者には悔いのみ残る…

11.  俗世でする恋愛

12.  俗人

13.  月刊ガロ

14.  親父に対する憎しみ

15. 

16.  俗に言う文学

17.  女脚

18.  過失の文章

19.  自称の一つ

20.  待つ


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)

読者登録

天川裕司さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について