閉じる


<<最初から読む

8 / 22ページ

試し読みできます

詰らない

 君は「世間に『自分』が影響しなければ詰らない」と言う。それはそう思うからそうなのだ。独自の空間(とりで)を築き、内向に喜びを貫けばそう成らぬ。「世間」は外に在るのと同じに君に在る。

 


試し読みできます

無想の文学

 人は俺の文章を観て「思い付きで書いてる」等と言うだろう。その人に告ぐ。君、俺の内(なか)を冒険して「俺」を纏めてみるといい。その奥行に在る至難が分かる。

 


試し読みできます

目次

1.    一連(ドラマ)

2.    長渕剛への手紙

3.    真夏の寸思

4.    親父の益々以ての頑な

5.    夢日記

6.    今こそ男に神の光を

7.    天川文学改想

8.    詰らない

9.    俗世の虚癖

10.  結婚

11.  口頭

12.  本心のみ

13.  女性との付き合い

14.  母性

15.  作品創作の秘訣

16.  女性(ぼんのう)

17.  女性に対する浪漫

18.  女性との関係―一つ

19.  無想の文学

20.  男だから、女だから


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)

読者登録

天川裕司さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について