閉じる


<<最初から読む

15 / 22ページ

試し読みできます

傑作

 誰でも、自分で「これは傑作だ」と自作を褒めても、他人にそれが一切受け入れられない場合を知るのではないか。その場合、落胆する必要(こと)は一切無い。それは「傑作」である。唯、他人がその作品を理解し尽(き)れて居ないだけである。自作について一番の理解者がその作者である故だ。他人の作品への感想を掲載した文集を読めば、上記について歴然であろう。

 


試し読みできます

人生の課

 俺の人生に課された試練とは、主に女難の気がする。

 


試し読みできます

目次

1.    俺という作家

2.    邪魅

3.    女の網

4.    作文法

5.    未婚

6.    結婚

7.    作文

8.    鋭文

9.    歌い

10.  音楽

11.  出逢い

12.  日本の力士

13.  文豪―絶句

14.  東京の女

15.  傑作

16.  執筆の機会

17. 

18.  対話の妙

19.  小説作品

20.  人生の課

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)

読者登録

天川裕司さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について