閉じる


お父さん、炎華に訴える。

「この頃、便秘なんだよ。」

 

いきなりの父からの訴えがあった。

いつになく真剣な顔。

 

「んー?いつから?」

「もう、2~3ヶ月くらい前から。野菜食ってないからかなぁ?」

「えー?食物繊維が足りてないのはわかるけど、何日くらいでないとかある?」

「3日出なかったり、2日出なかったり。色々だけど。

出ても、こー 下痢っぽかったり、すごく柔らかかったり。

で、ちょっとだったり。」

 

うーむ。

便秘を甘く見てはいけないということを炎華はよく知っている。

 

ずっと前に、知り合いの奥さんが、

「便秘なのよ。」

と言い出して、

あまりにひどかったのか、健康診断があったのかは忘れてしまったが、

病院に行ったら、結腸癌と診断され、即入院。

だが、一ヶ月で亡くなってしまったという話を聞いている。

 

 

「まだ続くようだったら、先生に話した方がいいよ。」

「うんー。」

 

歯切れの悪い返事だな。

 

 

この10年の間、両親は長年住んでいた所から、

娘である炎華の家の近くに引っ越してきていた。

父はつい最近まで、前の家の、近くの医院に通っていたのだが、

母がこちらの医院に通うことになったため、

どうせ母についていくのだからと、転院したばかりだった。

 

おまけに、

母の通う医院は、内科ではなく脳神経科である。

 

母は脳に梗塞があるためか、血圧が非常に高くなっていたためか、

認知症が始まっているのかはわからないが、

一瞬街並みが真っ黒になって見えなくなり、家がわからなくなったと訴えたため、

慌てて脳神経科へ連れて行ったのが、通う発端であった。

 

 

まぁ、しょうがないか。

言いにくいんだろうなぁ。

 

「先生に言いにくいんだったら、あの中にでっかい胃腸科の病院あるじゃん?

あそこに行ってみなよ。」

 

両親が通っている脳神経科の医院は、医院村とでもいうのだろうか。

一カ所に色々な科の医院がごちゃっとある所なのだ。

そこには一際大きな胃腸科専門の病院もあった。

 

「うん・・

いや、もうすぐ癌研に検査に行くから。

そのときに診てもらうよ。」

「そう?」

 

父は、非ホジキン性悪性リンパ腫、腎癌、前立腺癌を患ったため、

『癌研 有明病院』に半年に一度、検査を受けるため通っている。

もう、完全に治ったからこなくても大丈夫だよ、と言われても、

ひたすら再発が怖いらしく、通っている。

 

普通、『来なくていいよ』と言われたら、喜んで行かないものだろうに。

 

「まぁ、癌研だったら専門だしね。」

 

と、言ったのが4ヶ月前のことだった。

 


この本の内容は以上です。


読者登録

炎華さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について